スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ語る。

2008年12月05日 01:21

ってか、殆どSMAP関連なような気もしないでもないんですけど(苦笑)
一応ね、語りますよー、ってことは宣言してたものもあるんで。

まずは、カウコンの季節がやってきました、ってことで。
申し込みは済ませてきましたが…当たる気があんまりしないでもないんですが(苦笑)
でも今年も行きたい、ってか去年よりも今年の方が断然行きたい、ってカンジなので。
一般でもいいの、それが2階席であったって!
ということで、当たらなかった場合ギリギリまでチケットを探す日々は続くと思いますが(苦笑)
えぇ、今年も参加してみせますよ、絶対に←どこへの意気込みなんだ、っていう(笑)

そして突然話はかわりますが。
『私は貝になりたい』を見に行ってきた感想を。
えぇ、ケイタイを落とした日、まさしくそれを見に行ってたんですけど。
実は見る前仕事をしてから言ったんですけどね、その日に101歳のおばあちゃんとお話してましてですね。
「戦争は二度とおこしちゃいかんことなんや」
なんていわれてたんですよ。
なんてタイムリーな、ってカンジで、やっぱり映画を見ていても、その人の言葉がずっしり来るカンジで。
密かにどういう結末なのかってことは知ってはいたんですけど…まぁ、相方(と見に行ったんですけど)とも言ってたんですけど、映画を見てこんなにも重い気持ちになるのは久々だなぁ、って。
なかはらのお仕事は、そういう時代を生き抜いてきた人たちと共にある仕事だから余計なのかもしれませんけど、涙するポイントが多くて、瞼が重い、っていうね。
ネタバレになるのであんまり書けないんですけど(まだまだ絶賛放映中なもんで)「ひょっとしたら今目の前にいるおじいちゃんはこういう境遇にいたかもしれない」とリアルに感じると、余計いろんなことを考えるわけで。
『戦犯』という罪は、戦争に『負けた』からこその罪なわけで。
もしあの戦争に『勝って』いたのなら、日本は今も軍事国家だったんでしょうか?
天皇を崇拝して、戦争をこちらから仕掛けるような国になっていたんでしょうか?
あの戦争の後に『戦犯』を犯したと処刑された人は、今も生きていたんでしょうか?
全てが推測でしかない話になってしまいますけど、ヒナちゃんの舞台じゃないけど、もしもあの時、日本が戦争に『勝って』いたのなら…豊松(中居さんの役名)の人生はどうなってたんでしょうか?
…ねぇ、ヘンな想いでしょ。
もちろん『戦争』自体を起こしてはいけないことだし、勝っただの負けただの、そんな思いを持っていることもダメだと思うんですよ。
でもね、本当にいろいろ考えさせられる映画でした。
101歳のおばあちゃんの言うことばが本当に身に沁みた、というか。
俳優さんはね、やっぱりちょい役で出演している俳優さんですら素晴らしい、っていうか。
なんかみんなステキな役者さんばかりで。
それはツヨポンもだったんですけど。
あの人はあぁいう役が似合いますよねー。
ちょっとしか出てこないのに、凄くインパクトがありましたよ、あの大西さんって人。
ちょい役ではないんですけどね、石坂さんがね、やっぱり凄かったなぁ。
なんだろうなぁ、あのたたずまいは。
ちょっとしびれました。
そして役者・中居正広。
彼はやっぱり、ぴたっとはまった時に凄い力を発揮する人で。
正直言って似合わない役とか、はたまたできない役とか、そういうのもある俳優さんだと思うんですけど、うまく作品を選んで、ってかそういう自分にあった作品にめぐり合えることで評価が上がっているような気もします。
今回は家族愛のシーンと孤独(最後らへんとか特に)のシーンのギャップというか、落差というか。
そういうところの芝居の違いとか、吾郎さんがスマステで言っていた表情だと思われる、なかはら自身もびっくりした表情とかもあって。
改めて「この人凄い!」って思った作品でした。

「この人凄い!」つながりでは、『情熱大陸』中居正広編ですよ……。
これだけ密着されてて、こんなにも『理解できない人』で終わるのも凄いなぁって思いましたよ、ホンマに(苦笑)
なかはらはかれこれ20年、彼をイチファンとしてみているわけですけども…まぁ、最初のころはなかはら自身が幼かったこともあって、彼がどんなことを思ってどんな生き方をしているかだなんて考えてもいませんでしたけど。
あのVTRを見ながら「あぁ、中居正広らしい」って思ったところはいくつかあって。
はぐらかしている所とかも含めてね。その芸風(笑)に似合わない真面目なカンジのところとかはやっぱり「中居正広」だなぁって思いましたよ。
TOKIOさんの番組の『5LDK』の時の話じゃないですけど、見えないところでの努力ってのが、『トップ』にたつ人間には絶対あるんだなぁと思わせるようなVTR…まぁ、実際そうなんでしょうけど。
一応ね、関ジャニ∞メンバーが目指すべきところというか、今現在はあの世界のトップクラスとして働く彼、彼らSMAPは、わかっちゃあいるけど、まだまだ走り続けているというか。
「まだまだ汗をかかないといけない」
なんていうんですよ、中居さん。
エイトさん、追いついて、更に追い越そうと思ったら、まだまだ先は長いぞ、って思わせるというか。
なかはらeighterでもありSMAPファンでもあるので、どっちにも走っていて欲しいと思う気持ちがあります。
SMAPには関ジャニ∞なんかに抜かされるんじゃねーぞ、的な思いを。
関ジャニ∞にはSMAPなんて蹴散らしてしまえばいいんだ、的な思いを。
凄く相反する気持ちなんですけどね(爆)
関ジャニ∞の中で中居さんに一番近いスタンスだなぁと思うのはヨコです。
だけどヨコに中居さんほどのマメさはないなぁって思います、正直(苦笑)
だって、映画を撮っているときの気持ちを、撮っている間に書き留めてそれを見て舞台挨拶とかキャンペーンで話す内容を決めようとか、そんなことはしないと思うんですよね、ヨコ←もししてたらゴメンね(汗)
いろんな意味で計算しつくされた「出し方」をするところは似てるんだけど、マメさはないっていうか。
そういうところをフォロするのがヒナちゃんかなぁ…だからあのコンビは『ニコイチ』であるべきなのかもしれないなぁって思ったり…ってか2人がかりで挑みますか?(笑)
いや、それでもいいんだと思いますよ、人数だって多いわけだし。
一人でくってかかれなかったら、みんなで挑む。
それくらいの壁なんじゃないかなぁ、エイトさんにとっては、って思いました。
…こっちブログはエイトブログなのになぁ、結構エイトさんに辛口気味だ(爆)


えっと、今日はコメレスしません。
ちょいとお疲れ気味で(苦笑)
たくさんコメントいただいているのにすみません。
皆さん、お祝いして下さって嬉しいです。
コメレス遅くなってもいいようでしたら、またコメント寄せてやって下さい。
今日の続きにはちょこっと思うところ。
お付き合い頂ける方はどうぞ。




今日はちょっと自分にとっては試練の日でした。
それは相方を『怒る』ということ。
以前に話したかもしれないんですけど、なかはらの相方は職場の同僚です。
同い年で働き始めた年も一緒。
同じ立場からスタートして、異動やらなんやらを経て、今も同じフロアで働いてるんですが。
大きく変わったのが、『立場』で。
なかはらは去年の9月から、相方である彼女の『上司』になりました。
ここで分かる方もいらっしゃると思うのですが、なかはらのお仕事の中にある『人材育成』。
それはプライベートでめちゃ仲良しの相方にも、漏れなく行わなければならない仕事なわけで。
仕事は仕事、プライベートはプライベート、と分かっていても、どこかで彼女をフォロする自分はいるし、甘やかしてしまう自分がいることはわかっているわけで。
でもさすがに今日は、これは言わないとダメだ、ということがおきまして。
がっつり1時間くらいいろいろ言葉を考えて、彼女を怒りました…。
いつもの『指導』よりも、体力も精神力も使い果たしてしまったような気がします(苦笑)。
彼女自身をヘコませてしまったのも明らかにわかるから余計なんですよね(苦笑)
いろんなジレンマと戦ったような気もします(苦笑)
こういう出来事があると、学生の時って甘いことを言ってたんだなぁ、と思ったりします、あの頃の自分に向かって「それがしんどいと思うなよ」って言いたくなります。
だけど、あの時の自分にとっては、それが「しんどい」ことだったわけで。
だから否定しないでいようと思います。
だって、今の自分にとって「しんどい」ことも、何年か後にはいろんなものを消耗すらしない行為になっているかもしれないじゃないですか、実際になかはらの人生におてはそういうコトがあったわけだし。
過去の自分は否定しないであげたいなぁと思います。
でも、過去の自分を否定しないで、今の自分も否定しないで生きていくには、今できること、今やらなければいけないことをしっかりやらないとダメなんだと思います。
「やらなきゃ何もはじまらない」じゃないけど。
「あの時こうしておけばよかった」と後悔するかもしれないけど、「あの時やらなかったからこうなったんだ」よりは後悔は少なくなるだろうし。
今日彼女を「怒った」ことで何が変わるのか、良い方にも悪い方にもあるかもしれないけど、何かが変わるかもしれないからね。
…でも、相方もさすがだなぁって思ったのは。
「怒った」後に、メールでだけどカウコンの申し込みの打ち合わせをしたんですよ。
普通に、何事もなかったかのように。
やっぱその辺りは2人ともプロでいきましょうよ、ってカンジなのかなぁ(笑)
この関係は年齢や立場が変わっても、続けていきたい関係だなぁと改めて思いました。


コメント

  1. すばりんこ | URL | -

    No title

    なかはらさん、こんばんワンツー!!
    ご無沙汰してます!遅れましたが、めでたく10万ヒットを迎えられたようでv-238最近、忙しくしていてなかなかコメント残せずにいましたが、相変わらず毎日のように覗かせていただいてましたよ☆(笑)
    ホントに私にとっては日課になっているので、楽しく拝見してます☆
    私も中居くんの映画見たいな・・・と思っています。
    以前、違うキャストのを見た時は私も見た後、多くのことを考えさせられました。何より、戦争は二度と、何があっても起こしてはいけない、それを強く感じました。当たり前の感情だけど、戦争を経験してない私たちには昔起こった現実をしっかり受け止める事が大切ですよね。
    まじめ~なコメントしてますけども・・・うん、とても大事な事ですよね。
    ではでは、今日はこの辺で失礼します(笑)
    また遊びに来ますね~☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/849-1ca17572
この記事へのトラックバック


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。