スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっちょんソロコンMCレポ(2008.11.29)

2008年12月02日 20:46

ご報告遅れてすみません、なかはらです。
えっとですね、風邪の方は結構いいカンジで治ってきてるんですけど、実はですね、ケイタイを落としまして(爆)
イイコトと悪いことが言ったり来たりしているような自分の運勢が怖いんですけども(苦笑)
あ、ちなみに、落としたのがJR大阪駅…見つからないですわな、当然(苦笑)
(セキュリティー関連はしっかりしているので、電話帳とかは大丈夫なんですけどね。遠隔操作の手続きもしてしまってるので。皆さんにはご迷惑をかけない状態にはなっていると思うんですが…ってか、電源が入っていない状態が続いているので、壊れているのかもしれません…/苦笑)
明日、新しいケイタイが届くまでは、古いケイタイ使ってます…捨てなくてよかったぜー。
まぁ、もうすぐこのブログも10万HITを迎えるおめでたい日になりますし、戻らないデータみたいなのは殆どないような状態なので、ケイタイのことは明日新しいのが届いたら、すっぱり切り替えてしまおうと思ってはいますが(笑)

と関係ない話をしこたましたところで(爆)
たちょソロレポ、とりあえずMCのみレポってしまいます。
ちょこちょこMC以外のところもアップできるようにセットリストとかは作っていきます…もうセットリストは雑誌とかにも出てますけどね(爆)



※※※ 以下ネタバレ含みますのでご注意下さいませ ※※※

※ 言葉等ニュアンスを含みます。公演中にメモを取っていたわけではなく、後に思い出してメモをとった形なので、入った方の中で「これ違う!」と思うところがあった方はお知らせくださいませ。
またニュアンスであることを、ご了承くださいませ。今回も(爆)思いっきり順不同ですが(汗)こちらもご了承下さい。


【11月29日2部MCレポ】
なんと、後でたちょから報告があるんですが、40分の長い長いMCでした。
時折ぜーぜー言ってる、ポニョなたちょ(笑)
可愛くなったり、オッサンになったり(爆)いろいろでした(笑)

《『旅人』のフリを間違えたたっちょん》
・『旅人』の大サビのフリが踊れなかったたっちょん。いきなりステージ上でぴた、って止まっちゃって。多分違うところのフリを踊ってしまってて、それに気付いて止まった、ってカンジだったんですけど、その直後のMCで(挨拶するところ)「あえて触れずに」いこうとしたんですけど、結局感想の部分を歌いながら踊りなおすたちょ(笑)たちょ:「これが皆さんが見れなかったところです」と言ってました(笑)
・上に来ていたコートみたいな赤い衣装を袖のスタッフさんに渡すときに小さく「チクショー」と言ってました。確かにたちょが踊れないことって珍しいですしね…てかこの日は結構グダグダだったんですけどね、ダンス(爆)
・挨拶の時にお客さんが元気という話もしていたと思います。人間は夜になれば元気になるんですね、みたいな話。29日の1部のお客さんがあまり元気がなかったそうで。眠たいとか、まだ起きてないとか、そういうことがあるんやろうねぇ、と。
《大山田曲メドレーの前に》
・ヤスに注文があるたっちょん。リアクションの時に声が高い、リアルおねえマンズなのはやめてほしい、と(笑)昔は男っぽかったのに!と(笑)
・なんでもジャニ勉とかでそういう系統のゲストが来ると、そのゲストの人と同じようなリアクションをするヤスに、すばるさんが「お前、気持ち悪いからやめろやー」とか、そのゲストの前で言い放つそうです(笑)たちょは「間接的にそのゲストの人にも言うてる!」と一人焦るそうです(笑)
《太鼓コーナー(?)が終わって》
・服や顔についたペンキ(?)を拭くたっちょん。今回は大分顔についてしまったのか、かなり念入り。
東京の時みたいに段差がないので、ステージにぺた、って座って鏡を覗き込んでいる姿…ナルシストチック(爆)
・そしてペンキのついた服を脱ぐたっちょん…ムチムチ…(爆)と、左腕(上腕)に丸い肌色のテープが。
・会場からそのテープについて「なに?」と質問。たっちょん:「これねぇ、アイドルの言うことじゃないと思うんやけど……ニコチンパッチ!」←禁煙ですかー!(笑)まだ1日目だそうですけども。(ってか、今日の時点で続いていれば3日目、キツイ時期なんじゃあなかろうか。)
《無責任ヒーローの振りについて》
・「あんまり言うたらあかんことかもしれんけど(←今回そんなんばっかり/笑)、歌番組とかで新曲を披露するとき、最初のうちはちゃんと踊ってるけど、後半になってくると段々いろんなことをしだす」という関ジャニ∞。
・この間放送された『少年倶楽部プレミアム』での『無責任ヒーロー』は酷かった。とにかくマルちゃんとすばるさんがヘン顔対決をしている。その収録の後に映像をチェックするとき、前室のソファーに座ってみんなで見ているけど、マルスバは2人で、ヘン顔について「やるやんけー!」とたたえあっている、と(笑)
・でも、そんなたちょも、この曲の振りで確認していることが。それはAメロの振り(3馬鹿が歌っているときですね)。『新堂本兄弟』の時、生バンドだしフリはどうするかなぁ、とか言いながらマルちゃんと確認していたそうです。この部分のフリは亮ちゃん、マルちゃん、ヤスくん、たっちょんの4人が行ってるけど、腕を上げて腰をふる振りの時に、マルちゃんとたちょはお腹に肉がついているので後からそのお肉がプルプルと震えてしまうそうで(爆)マルちゃんと2人で震えるよなぁ、って話をしながら振り確認をしていたんだけど、ヤスは震えへんよー、と。←当たり前。アレで震えたら脅威だ(笑)
・ステージ上でも振りをしてみるたっちょん。時間差でくる肉の振るえ(爆)で、太ったか痩せたかわかるらしい(笑)たちょ:「あ、あれ?俺痩せたかも!」←えーっと、それはどういう…明らかに衣装がパッツンパッツンのヤツがあったんですけども……22日とかどーだったんだろう…(爆)
・そんな確認までしているたっちょんだけど、曲中もメンバーのことをしっかり見てる。ヘン顔したりおもしろいことをしだしているメンバーを横目に、ヨコは一人カッコイイ感じだ、と。たちょ:「あんな面白い曲で一人だけかっこいいカンジでやってるねん。こんなカンジで(よろしくどうぞ、とか、1234、の時の、ラッパー風の振り、ヨコがよくやるじゃないですか、あれ)」
・たちょ:「亮ちゃんは俺の隣で、めっちゃ濃いぃ顔して、彫りの深い、リッキーマーティン(だったと思う)みたいな顔して歌ってるねん。かわいいカンジの振りやのに、めっちゃ濃いねん!俺、カメラの方向くんじゃなくてそっち(亮ちゃんの方)を向いてたかったもん!」
・少年倶楽部プレミアムの収録の時、たちょ:「ポッキーのCMの振りしてたの、わかってくれた?」とフリをするたっちょん。そこから新人タレントさんの話へ。
《新人タレントを発掘する?》
・ポッキーのCMに出てる女の子がかわいい、売れる!と断言するたっちょん。なんでも自分が「このこかわいい!売れる!」と思った女の子は、必ず売れるらしい(笑)。北乃きいちゃんとかも早い段階からそう思っていた、と。たちょ:「4年前くらいか?自分も全然売れてへんのに」(笑)
・まるでどこかのプロデューサーごとく、自分が目をつけた清純派の女の子は世の中に出て行くんだ、と自慢する(笑)たっちょん。
・たちょ:「あの(ポッキーのCMの)コにも頑張って欲しいですねぇ。…まぁ、ポッキーのCMに出てる時点で、もう売れてるんやけどな」(笑)
《ソロコン(東京)を見に来てくれたメンバー》
・初日には亮ちゃんが見に来てくれた。亮ちゃんはよかった、と言ってくれるけど、どうしても演出を変更してほしい、と言っていたところがあって、たっちょんがそこを変更(きっとあそこの部分だろうなぁとは思うんですけど、違ってたら申し訳ないので伏せますね。えっと「長くしろ」という指示を亮ちゃんは出していたそうです)するまでの約1週間、毎日のように「変えたか?何で変えへんのや!変えろや、お前!」とちょっと怖いくらい電話をしてきたそうです(笑)最終的には『can!ジャニ』の収録で直接言われたりもして(笑)その部分はこれから後の部分だから、ということで教えてくれませんでした。
・だけどその内容をJ-Webで書くわ、忘れんかったら、とたっちょん。すぐ忘れるから、みたいなこと言ってましたけど、書いてくれると信じていいのね、たっちょん(笑)
・ヤスも見に来てくれた、と。ヤスは終わってから楽屋にいけなかったけど、電話で正面きって「よかったよ」と言ってくれたらしい。じっくり語りかけるようなカンジで(笑)「嘘のないライブでした」「たっちょんの不器用なところも、それはそれでたっちょんの味として出ていて、僕はすごく良かったと思う」と言ってくれたヤス。嬉しかったけど、「なんであんな恥ずかしいことがいえるんかなぁと思う」らしいです(笑)
・そのヤスと同じ日に見に来てくれたヨコ。ヨコは終わってからも恥ずかしがって、正面きって感想を言ってくれなかったそうで(笑)部屋の中をうろうろしながら、よかったよ、とぼそっと言われるんだけど、絶対に目を見てくれなかった、と(笑)
・ヒナちゃんが見に来た日は、たちょが楽屋に帰るとたちょが楽しみにしていたタラスパを既にヒナちゃんが食べていたそうで(笑)「腹減ったから食うた」と普通に言われたそう(笑)そんなヒナちゃんにはハグをされたそうですよ(笑)
たちょ:「ステージとかでハグやったらおかしくないけど、楽屋で2人きりやで!しかも向こうはヒゲ面!2人で、ヒゲ面にハグされるって!!」←(笑)
・ウッチーも見に来た、って話をしてたんですけど(大阪でね)あんまり詳しくは話してなかったと思います。
《VETERAN登場》
・ウッチーやB.A.D.が見に来てくれていたから、久々にMCに登場のVETERAN(伊藤・室龍規・菊岡・浜中・山崎←文字が出ないので許してね。薫太です)たっちょんも「なんか久々で嬉しいわ」と言ってました(笑)
・自己紹介をそれぞれした後、VETERAN一人ひとりについてのお話が。
《ケース1 伊藤政氏の場合》
・マーシーはたちょよりも年上(何度も言われてるなぁ、マーシー/笑)だけどたちょにも(ちなみにウッチーにも)敬語(笑)ちなみにウッチーよりは事務所に入ったのは早かったはずなんだけどなぁ(笑)
・家では何をしているのか、という質問に、「ゲームとか…」と応えるマーシー。基本引きこもり系らしい(笑)
・そんな引きこもり系のマーシーもヨコ(まぁ、ヒナちゃんもすばるさんもだけど)に誘われてご飯を食べに行きます(笑)そんな時はどんな話をしているのか、という質問をするたちょ。伊藤:「飯の話をしています。」 たちょ:「飯の話?飯に行って飯の話をしてるの?」 伊藤:「そうです。『これおいしいなぁ』とか、この店も美味しかったで、とか。横山くんが食べ方を教えてくれるんです。『これはこうやって食べるんやで』とか『こうして食べた方がおいしいで』とか」
・俺ともまたご飯行こうね、とたちょ。伊藤:「はい!是非!!」←またご飯に連れて行ってもらう先輩が増えた(笑)
・マーシーも事務所に入って、10年(たちょが自分と1年しか変わらない、と言ってましたが、うん、そんなもんですねぇ)もうベテランですね、それにしてもベテランって名前は凄いですねぇ、とたっちょん。自分たちでベテランって言うてもうてるんやから、と(笑)
・伊藤:「いや、まだ『ベテラン』じゃないんですよ!ベテランになれるように、そこを目指して…目標です。まだそこまでいってないけどいけるように頑張ってるんです」 たちょ:「んなら、頑張らなあかんな。マーシー、リーダーなんやろ?」 伊藤:「リーダーちゃいますよ!」 たちょ:「なんで?こん中で一番年上やし、やっぱりまとめていかなあかんって!」 伊藤:「はい、えーっと、じゃぁ…」 たちょ:「今後の抱負を言って!」 伊藤:「はい。そうですね。まだベテランにはなってないんですけど……」とまたベテランの説明をして(笑)がんばります、と続けていました。
《ケース2 菊岡正展の場合》
・髪型変えた?とたちょ。今日は撮影があったから、その時にやってもらったまま、と菊岡くん。
・たちょ:「あぁ、セットしてもらったままやからかぁ。でもキクってファンデーション塗ったりしてる…?」みたいな件のところで、他のVETERANメンバーが笑い出します。何?ってな空気に会場がなった時、マーシーが「いや、プライベートでもそんことがあったとか、なかったとか…」みたいな曖昧な言い方をらいながらしていました。結局プライベートではファンデーションを塗ったりはしていない、という話になりましたが(笑)
・菊岡くんはいっつもきっちりしているイメージ、ジャージとか着ていない、ザ・アイドルってカンジ、とたちょが称しておりました(笑)
・そんな菊岡くんとマーシーはあまり仲が良くないと、たちょ(爆)「そんなことないですよ」なんて2人とも言ってましたけど、なんだか余所余所しかったです(爆)
《ケース3 室龍規の場合》
・龍規とはこの間京都にてモーニングを食べたというたちょ(笑)京都撮影中の朝6時(だったと思う)に龍規に電話を掛けたら、まだ寝ていたカンジだったのに出てきてくれて、一緒に朝ごはんを食べた、と。その時にいろんな話をしたそうで、家族構成とかもお話したそう。
・そこから兄弟の話になり、今回の大阪公演は室3兄弟の一番下、将也くんも出演中だという話に。たちょ:「俺、まだちゃんと見たことないから、どのこが弟かわかってへんねん。今おる?」その声に、VETERANメンバーが「まさやー」と口々に呼ぶ。
・登場した将也。龍規:「なんでタンクトップやねん!」将也は黒のタンクトップ姿で登場。お兄ちゃん、恥ずかしかったらしい(笑)
・はじめて将也くんを室3兄弟の1番下のコだと認識した、たちょ。たちょ:「ごめんな。俺が個人的に顔を覚えたいってだけで呼んで←(笑)…ホンマや。龍規と龍太の間の顔してるなぁ
・ここからのたちょは親戚のオジサン状態(笑) たちょ:「いくつ?」 将也:「14歳です」 たちょ:「14歳。中学2年か。じゃぁ、仕事も勉強も頑張りやぁ」 将也:「はい」 たちょ:「仕事もして、勉強もして、地元の友達も大切にして…地元の友達はな、高校行ったら離れていったりするけど、高校卒業したらまた戻ってくるから!あと、好きなコも作って。人生まだまだこれからやから。やりたいこともやらなあかんから!」←あまりのマシンガントークで、途中で酸欠状態になるたちょ(爆)どうやらMCが一番酸欠になるらしい…それってどーなん(笑)
・その話を聞いてる将也の首の動きがまるで…龍規:「おまえ、ニワトリみたいやぞ!」…なんてつっこまれるカンジでした(笑)でも将也、たちょオジサンのお話を一生懸命聞いていて可愛かった(笑)
・龍規と将也は6つ離れた兄弟。龍規:「コイツが一番言うこと聞く弟なんですよ」 たちょ:「3兄弟なんやろ?言うこと聞かへんのは龍太だけやん」
《ケース4 山崎薫太の場合》
・薫太はかっこいいな、とたちょ。いきなり辱められる薫太(笑)「ちょ、待ってくださいよ」とかずっと言ってる薫太(笑)たちょ:「モテるやろ?俺かっこいいって思ってるんやろ?」 薫太:「そんなことないっすよ」 たちょ:「でも道とかで(他の男の子と)すれ違っても『俺勝った』とか思ってるんやろ?」 薫太:「そんなことない……いや、でもジャニーズやったらそういうことも必要じゃないですか!」 たちょ:「そうやわな。人に夢を売る仕事やらかなぁ」
・と持ち上げておいて、たちょ:「いやでもかっこいいよ。薫太は狩野英考に似てるし!」と(笑)会場中が大爆笑です(笑)似ている、とよく言われる薫太。「ちょ、待ってくださいよー!」と否定するもここは関西(笑)『ラーメン、つけ麺、僕イケメーン!』も『スタッフゥー!』もやらされてました(笑)←このとき薫太が笑っちゃうんですけど、相変わらず腹立つ笑い方(笑)してました(笑)
・でも薫太は酷い、という話になる。たちょ:「亮ちゃんに『大倉の嫌いなところをいってみろ』と言われてな。はじめは『ないですよー』とか言うてたんやけど、亮ちゃんに『ひとつぐらいあるやろ?』って言われて『そうっすね……あえていうなら太ってるところですかね』って」←いや、ぷにってるもん、たちょ(笑)
・薫太はそれを指摘されて「アレは錦戸くんが言えっていうのが怖くて…」と言い訳するんですが、たちょ:「へぇ、亮ちゃんのせいにするんや…」 薫太:「いや、ちゃいますよっ!俺が悪いんですっ!」みたいな会話があって(笑)たちょいわく「自分の体型について言われたことは絶対に忘れない」らしいです(笑) たちょ:「デブって言われたことはぜーったいに忘れへんからな!」 薫太:「デブって言うてないっすよ!」←(笑)
《ケース5 浜中文一の場合》
・たちょ:「今日は全然喋ってへんなぁ。」 浜中:「いや、ええねん。普段喋ってるからええやろ」 たちょ:「いつもそんなに喋ってへんやん!」 浜中:「ちゃうやん。いっつもMCとかでは『文は?』とか振られて喋ってるやん。今日は他のみんなが喋ったらええかなぁ、って」 たちょ:「なんでそんなにいつも上目線なん?」←そーなの、文ちゃんは年も一番下だしマーシーやたちょの方が先輩なんだけど、いっつも不遜な態度(笑)を取るんですよね。それが文ちゃんっぽいんですけど(笑)
《たちょの兄弟の話》
・室3兄弟の件で話していたのか、それとも一人になってから話していたのかは思い出せないんですけど、たちょのすぐ下の弟は身体も大きくてたちょに似てぽっちゃりさんらしいですが(笑)一番下の弟はガリガリらしい。背も高くてモテると思われる、とたちょ。
・でもそんな弟が最近はつれないらしく(笑)昔小さかった頃は「兄ちゃん、兄ちゃん」と寄ってきてくれていたのに、今ではたちょが「こ●じー」と背中に寄りかかっていくそうです(笑)
・でも「もうやめてや!自分の部屋に帰って!」とかあしらわれてヘコむらしいたちょ(笑) たちょ:「将来、自分に子供ができて『お父さんと一緒にパンツを洗うのはいやー』とかいわれへんように、パンツだけはキレイにしておこうと思います」(笑)
《ピアノスタンバイ》
・次の曲のためにステージにピアノと林真鳥くんが登場(笑)真鳥の自己紹介がありまして…真鳥ってもう高3だったのね…大きくなったわー(笑)
・真鳥は小さい頃からピアノを習っていたそうで。たちょ:「3歳からやっていたということで」 真鳥:「いや、幼稚園の年長から…」 たちょ:「ええやん、3歳ってことにしとこう!」(笑)
・真鳥はたちょにせがまれて『エリーゼのために』を弾くんですけど、肝心なところで間違えてしまって、会場が「あ。」みたいな静止状態に(笑) たちょ:「さすが関西人やな、ちゃんとオチつけて」
・結局MCは40分…長かったねぇ(笑)
《最後の挨拶》
東京公演の時も同じようなことを言ってたんですが、もうネタバレしてもいいかなぁって、思います。
・この日の公演は千秋楽前日ということもあって「明日が千秋楽だからと言って、何を変えれるわけでもない」と言ってました。でもそれが自分らしくて、いいんじゃないか、みたいなことを言ってました。
・最初はMCも一人で出来るのか、と心配だったけど、話してみるとスタッフさんに早くしろ、と指示をうけるくらいで。意外とみんなに伝えたかったことは多かったんだな、と感じている、と。
・ソロコンをやったことで、自分のいろんなことに気付くことができた。技術的に未熟なところとかも持久力がないことも。でも、グループのありがたみについて一番わかった。グループでいられること、みんなに助けてもらっていること、メンバーへの感謝の気持ちが強くなった。
・ヨコヒナについては、いつもトークを回してくれて、自分が黙っていてもエイトのことをおもしろおかしく伝えてくれる。
・ヤスマルについては、自分がドラムを叩いていてもバンドとしては成り立たない。あの2人がいるからバンドとして成り立つし、支えてもらっている。
・すばるさんや亮ちゃんについては、前に立ってるだけで安心する。その背中を見るだけで安心できる。
・だから、自分はみんなの後ろに座っていて、そこにいるだけで安心できるとか、必要とされているとか、そういう存在になりたい。
このソロコンで学んだこととか、見えてきた課題とかもいっぱい見えてきて、それを克服することを目標にして頑張っていくことで、自分もエイトのメンバーとして存在することを必要とされる人間になりたい。
・っていうような感じで。東京の時はスタッフさんや先輩に支えられてるって話もあったんですけど、やっぱりたちょは『エイトのメンバーに支えられている自分』っていうのを再認識した、ということが強かったようで。他のメンバーにもたちょがいることで支えられたり安心できたり、そういう存在に自分がなりたい、っていう思いが強く伝わってきました。ちょっと伏し目がち、俯き加減で喋ってましたけどね。それがたちょらしい、というか。
《ECだったと思われる(汗)》
・ヒナ神さんが降臨してしまうたちょ(笑)ヒナちゃんがラストにする挨拶を真似て「俺をかっこよく見せてくれるために頑張ってくれたスタッフさんに拍手」とか「大事な、大事な、大事なeighterみんなに拍手」「みんなでバカになろーぜ!」とか言ってました(笑)「村上信五にも拍手ー」っていいもって(笑)


ってなカンジでした。
長いな、これ(笑)
ケイタイからの方、ご面倒ですみません。
レスについては、また後にしますね……疲れた(苦笑)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. あや子 | URL | -

    No title

    以前、コメントさせて頂いたことがあります、あや子です。

    たっちょんとのデートは、とても楽しかったようで何よりです。
    MCレポ、楽しかったです。なんか、しゃべってる姿が想像出来るようで…。東京で聞いたたっちょんの優しい大阪弁のトークを思い出しました。

    たっちょんの大阪弁大好きなんですよね。また、ソロコンで聞きたいなぁ。
    また、やって欲しいですよね。
    いつか、また……

  3. もも | URL | -

    お久しぶりです。
    レポお疲れ様です!!

    私は22日の初日に行ったんですけど、明らか東京の時よりポニョでした。笑

    特に顔とお腹………でも、東京では「痩せたなぁ」て思て心配やったんで、安心しましたけどね。

    初日のレポ書いてるので、お忙しいと思いますが、また見ていただけたら嬉しいです(*´▽`*)

  4. あおい | URL | -

    レポ、お疲れ様です(・∀・)ノあと、ありがとうございましたm(__)m
    コンサートに行った気分になりました☆
    たっちょんはぽにょなとこが可愛いんでしょうかね(笑)

  5. kimidorinko | URL | -

    No title

    こんばんは
    レポありがとう~
    たっちょんのほのぼの感がたまらなく
    いいですよね^^

    今日は中居君の貝を観て来ました。
    150分って聞いてたんですけど
    全く長く感じなかったよ。
    もぉ泣きすぎて頭が痛いです><
    中居君だけじゃなくてツヨポンもよかった!
    やっぱ、役者のツヨポンは凄いです。
    いい映画でした。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/847-ce29248e
この記事へのトラックバック


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。