スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存確認発信中

2008年11月22日 22:14

怒涛の4連勤が終わったと思ったら、今日も休日出勤だったなかはらです(泣)
えぇ、明日時間作りたかったんですけど、明日も残業しないと間に合わないかなぁ…29日は確実に休みたいんでねぇ……ライブ参加の日。
ということで、超私信。
ゆかちゃん、23日、やっぱり時間が作れなかったよー(苦笑)
ちょっと頑張ってみたんだけど、今日も疲れて帰ってきちゃった…明日も仕事しなきゃ、いろいろ間に合わないわ(苦笑)

さて。
今日はヒナちゃん舞台の当落発表ありましたが、ダメでしたー、全滅(泣)
webの申し込みは去年も外れたんですよね…一般で復活を狙うしかないんですかねぇ……えぇ、マジで(苦笑)
行きたいなぁ、行きたいんだよっ!
あと、今日の出来事といえば、関テレさんの特番ですね。
ヨコヒナ夫婦が出てました←なんで夫婦って呼ぶかって?いや、だって、最後に「当たった方がグアム旅行ペア旅行」っていうゲームにヨコヒナが挑戦したんですけどね。そこでどっちがあたるか、って話になった時にヒナちゃんがヨコとは一緒には行かない、って言った後、即座にヨコが「なんで!一緒に行こうで!」と(笑)結果、そんなこと言ったヒナちゃんが水を被るという、罰ゲームを受けるハメに(笑)
あ、そうそう、ハワイに行って来たというヨコ。
ちょっと焼けてました。
だけど普通の人とそう変わらない色になっていた、ってだけですけども(笑)
あとビジュアル面でいうと、ヨコヒナどちらとも企画の中で学生服(ブレザーですけど)を着てて、二人とも結構違和感なかったです。
ヒナちゃん、ヒゲがかーなり濃くなってたけど(爆)
番組の中では、50周年を記念して、いろんな部門(リポーター部門とか、マドンナ部門とか、そういうカンジで)の大賞を決めよう、みたいなカンジの企画が主だったんですけど、「関西発 アイドル部門」の大賞を関ジャニ∞が受賞した、ってことでヨコヒナが出演していました。
あとは大阪のオバちゃんがエイトのことをどんな風に評価しているのか、っていうところの話と(笑)
5点満点中4.1点と高評価でしたよー。(イケメン度、おもろい度、華アリ度、関西貢献度、知的度、将来性を5点満点で評価して、その平均)
イケメン度:4.3点 将来性:4.3点 と高い中、知的度:2.8点でしたけどー(爆)
ヨコが「全員中卒」発言(実際は全員じゃないですけど)してましたよ(笑)
ヒナちゃんは「SMAP中居の跡継ぎはこのこ」なんて言われてね、よかったじゃないですか。
ヨコへのコメントは「白い。」でしたけど(笑)←しかも焼けてるから今はあんまり白くないという、残念な結果に(笑)

あとコメントとかでちらちら頂いている、『女性自身』の話。
実際見れなかったー、って方も多いみたいなので、かいつまんで内容紹介。
辻仁成さんとすばるBANDメンバーの対談だったわけですけども。
・辻さんが行く頃には4人はガンガンに演奏中だったらしい(笑)
・辻さんは以前に息子さんきかっけでDVDを見ていて「真剣にやってるんだ!凄い」と思っていた
・すばるさんは辻さんのライブ映像を見た。それで「自分と近いんじゃないか」と感じた。それは辻さんも同様で「自分の若い頃に似ている」と思った。
・辻さんいわく、4人で立っている姿がちゃんとバンド。やすばは自分達の世界がきちんとあって、遊んでいる。
・すばるBANDとしての初めての演奏曲は、ハイスタンダードの『はじめてのチュウ』の英語版のカバー。カバーのカバーをやった(笑)
・マルちゃんは辻さんが自分探しをどうやってしていったのかが気になるらしい。
・500人のハコでライブをやる辻さん。すばるBANDに対バンする?→すばる:「覆面していきます!」
・辻さんはたちょのドラムが凄い好き。「めちゃくちゃうまいしカッコイイ」「今は叩いている姿がロックしている」
・たちょいわく、亮ちゃんが前にたつと亮ちゃんに合わせるカンジになるけど、4人でやると全員でやろう、みたいな自由なカンジがあるらしい。
・↑について、すばる:「亮は自分持ってるから」
・辻さんいわく、ヤスのギターもうまい、うまいというか達者。
・マルちゃんはベースをやってて気持ちいい瞬間はホンマに少ないらしい。そんなマルちゃんのことを辻さんはベーシストっぽい、キャラも一番好きと。変顔もすごく好きらしい(笑)
・マルちゃんは、気持ちいい瞬間がなくなってしまったらベースをやめてしまうと思っている。だけどそれが最近変わりつつあるから、自分に対して期待できそう。
・↑について、辻:「真面目だ、やっぱり」
・すばるさんは焦らずに、でもフロントマンとしては演奏(ギター)を練習しないとと思っている。
・辻さんはすばるさんのことをロッカーの目をしていると評す。
・辻さんからメンバーへ「不安はあるか」という質問
・マルちゃんは自分にたいしての不安はなし。でも大人的な問題で流されたくないから、自分を持っていようと思う。
・ヤスも不安はなし。自分のことを信頼して進んでいけばいい。
・すばるさんは不安もロック魂もなし←昔はムチャクチャやったなぁと(苦笑)。ライブに来てくれるお客さんを楽しませる、ってだけ。それがロックなのかはわからないけど、あえて言うなら「アイドル」だろう。
・たちょは俳優もやってるけどどう?と辻さん。たちょは「俳優は楽しいけど、僕らはジャンルを決めない仕事。だから俳優というよりアイドル」
・↑にしたいして、辻:「凄い大人だなぁ」
・ヤスが真面目な話をしだすと笑い出すメンバー(笑)でも本当はマルちゃんが変顔してた(笑)
・マルちゃんの変顔タイミングは絶対に逃さないたちょ(笑)
・変顔のコツはあるのか、という話から、エイトの中でスター性が一番あるのはマルちゃんだ、と辻さん。←マルちゃんは不安になった時に占いにいったりしたけど、それを言われたことはないらしい(笑)
・今後はすばるBANDでレコーディングしたりライブやったりしたい。辻さんはプロデューサー?
・バンド名「変顔」でどうだろう?(笑)
ってなカンジでした。

で、そんな自分をもってる亮ちゃんのオリジナル曲@NEWSアルバム、相方からCD借りて聞きましたー。
亮ちゃんの作る詞って、ホンマにストレートですよねぇ。
普段シャイなカンジを推してるのに(笑)
曲に関しては「あぁ、亮ちゃんはこういう曲が好きなんだろうなぁ」って思うカンジなんですけどね。
もうぼちぼち、違う色を出してもいいんじゃなかろうか、って思ったりもする。
いや、すばるさんとかでもね、「あぁ、すばるさんっぽい」とか思うんですけど、亮ちゃんの方がそれを色濃く感じるんですよね、なかはらは。
たまには「こういう変化球」ってのがあってもいいと思うんですよね。
色があるのが悪いことではないんですけどね、「そうきたか」っていうのが亮ちゃんには出来ると思うので。
そういう意味で幅が広いのはヤスかなぁ、やっぱり。

あ、そうそう。
今日、この間の少クラプレミアムの映像を頂きまして、見たんですけども。
太一さんのアレンジ、さすがでしたー。
楽器の選択からして間違っていなかったのかもしれないんですけど、スタッカートを効果的に使ってたカンジがします。
でもそれにあわせて歌い方を変えていった二人も凄かったです、やっぱり。
特にすばるさんの大サビの歌い方とか、鳥肌たちましたよ、マジで。
ヤスが男性的ですばるさんが女性的っていうスタンス自体は変わってないんですけどね、なんだろうなぁ、あのカンジ。
こういうのがメディアで大々的に出たら、(例えばゴールデンの歌番組とかでね)、一気に関ジャニ∞の印象って変わるんじゃないだろうか、って思ったりもするんだけどなぁ。
あとはステージリポートのたちょ。
コレを見ていると今週末のライブがホンマに楽しみ!
大阪公演、今日からですねー。どんなカンジやろか。
でもま、この回は「シゲさん」ですよー(笑)
シゲさんにめちゃくちゃ笑わせてもらいました(笑)
なかはらはシゲさんのスタンス、好きになりましたけどねぇ、敵を作ったかなぁ(笑)
シゲさんはね、あぁいうキャラで居た方がいいですよ。
いろんな意味で(笑)

さて、続きにコメントレス、拍手レス+ちょこっと考えていることです。
お暇ある方はお付き合い下さい。
ゆかちゃん、kimidorinkoさん、はるかさん、のんちゃん、あおいさん、雪紀さん、ありがとうございました!







【コメントレス】
11月19日 ゆかちゃん
ライブは楽しかったかい??
最近の若いコたちにはビックリだったとは思うけど…えぇ、こういうこと書くと若くてもしっかりしたコとかもいるからどーかと思うんだけどね…ホンマにびっくりする時があるもん(苦笑)
23日だけども↑にも書いたように時間が取れなかったよ、ホンマにゴメン(苦笑)
ウチの相方も23日は遅出だからね(苦笑)
大阪の街はいい人が多いから、エイトくんたちしかり(笑)きっと大丈夫だとは思うけども。
困ったらメールしておいでねー。

11月19日 kimidorinkoさん
えーっと、会議では寝ないですみました(笑)
とりあえず風邪は引いてないけど、インフルエンザの予防接種をこの連勤中に受けて身体はだるかったですけども(苦笑)
中居さんの映画はいつ観ようかなぁって思っています、えぇ。
休みが微妙にないんですよねー、いつ行こうかなぁ。

11月19日 はるかさん
いつもコメントありがとうございます。
えぇ、4連勤はとりあえず終わったんですけどね、明日は確実に残業、その次は深夜勤ですわー。
深夜勤の前に、しょーちゃんの舞台の振込みだけ行ってこようかなぁ、とかそんなカンジのスケジュールなんですけどね。
『女性自身』の実際はご覧になりましたかー?これからの可能性がいろいろありそうな内容でしたよね。

11月20日 のんちゃん
ブログ休止なんですねぇ、ちょっと寂しい。
受験との両立は大変…なんだろうなぁ、自分がそういう受験をしたことがないからなぁ(爆)
結構適当に生きてきたと今更になって思います(苦笑)
息抜きに遊びに来てね、ねーさんは連勤にもめげず頑張るので(笑)

11月21日 あおいさん
かいつまんで話ましたけど、女性自身。読めるなら原本を読んだほうが良いかと。
白黒ですけど、私服らしきメンバーのお写真ものってますしねー。
ハニトーのライブについては↓で。
うーん、なかなか難しいです(苦笑)

【拍手レス】
11月21日 雪紀さん
『女性自身』については↑みたいなカンジです、えぇ。
どーだろ、雰囲気だけでも伝わりましたかねぇ。
∞くんたちが出ている雑誌は、最近ホンマになくなるのが早いなぁって感じています。
関西に住んでいるから余計なのかなぁとか思ったりもしてたんですけどね(笑)
昔に比べると、出ている雑誌も格段に増えたのでおっかけるのも大変だし(苦笑)
でもま、おっかけちゃうんですけどね。




ここからはお時間ある方はお付き合い下さい。


コメントレス等々で、ウチくんのライブについての自分の複雑な気持ちを書いたりしてたんですけどね。
うん、今も凄く複雑で、正直このままだと見に行けないかなぁって思っています。
申し込みの案内を見ても、躊躇してしまった自分がいて。
申し込みはしてないんです。

ウチくんがまた、歌を歌うために、踊るために、メインとして舞台に立つ、ってことを素直に喜んであげたいのになぁ、なんでこんなに複雑な気持ちなんだろう、って思います。
まぁ、でも……怖いんだと思います。
いろんなことが。
8人の関ジャニ∞が見たいって思っているのは変わりないんですよ。
昔の映像とか見ていても、たちょがお兄ちゃんになったりしているところもありつつ、すばるさんが猫かわいがりしているウチくんの姿をみつつ、やっぱり見たいなぁ、って思ったりもするんですよね。
それに、成長して変わっているであろう、ウチくんの姿、時間っていうのを共有したいって気持ちもある。
それは関ジャニ∞の他のメンバーのソロライブや舞台を見に行きたいと思う気持ちと殆ど変わりがないと思う。
だけど、今の、今までの歩幅が違った成長っぷりも見てきているから。
これから揃ってやりましょう、ってタイミングが今じゃないだけで、これからもある可能性はあるのに。
…もしかしたら8人になることで、いろんなことが変わってしまうかもしれない、っていう怖さもあるし、もっと最悪なことを考えたりもする。
ソロならまだしも、新ユニットなんてことになったら…?
これが、関ジャニ∞に戻ってきました、一緒にステージに立ちました、って話だったら、何も怖くなかったのかもしれない。
ソロじゃなくて、他のジュニアと一緒じゃなくて、関ジャニ∞としてコンサート復帰って形だったら。
8人になって何かが変わるかもしれない、ってか変わらないとおかしいんだから変わるんだろうけど、「芯」がね、変わらない気でいれたと思うんです、ウチくんのステージ復帰が8人だったら。
きっと、東京Dで見れなかったあの光景を、見に行きたいと思っただろうし、ウチくんを含めてエイト全員のことを改めてまた、もっと応援したい、って気持ちにね、普通に素直に、そう思えたと思うんです。
もちろん、今だって応援したくないわけじゃないし、応援しているんだけど。
…難しいところで、複雑なところなんですけど……
真正面から喜んであげられない自分がいることが苦しくて悲しくて。
逆に言えば、なかはらにとってはいつまでたってもウチくんは『関ジャニ∞のウチヒロキ』なんでしょうけど。
見たいのは、関ジャニ∞のウチヒロキなんだなぁ、って。
NEWSファンの方には申し訳ないんだけど、なかはらにとってはそうなんだなぁって。
なんかすっごく心が狭いような気がしてならないんですよね、こんな自分。
泣けてきたりして。

でもね、願いごとはひとつなんです。
ウチくん自身が、そしてヨコが、すばるさんが、ヒナちゃんが、マルちゃん、ヤス、亮ちゃん、たっちょん自身が、どう思ってるのかなんてなかはらにはわからないけど。
とにかく彼らが納得して、彼らが幸せになれますように。
そうなる結果になりますように。
ひょっとしたら、自分にとってそれは納得できない結果になる可能性もある、ウチくんのソロライブだけど。
悲しくなったり辛くなったりするかもしれないけど、8人みんなが納得して幸せを勝ち取れるような結果になりますように。
そればかり願います。
自分はウチくんがひとりスポットライトを浴びている、その姿を今直視することはできないけど。
彼がライブをするその日は、それを願っていようと思います。

あとはジュニアファンの方へも。
なかはらはね、ジュニア、特に関西ジュニアのコたちも応援していますから。
やっぱりその辺りも含めて複雑なんです。
なんでこんな復帰の仕方にしたの?ってところが疑問に残っている段階で、楽しめないよな、ってのもあるんですよね。
こんな風にいろんな想いを持ってみている自分が、嫌らしいってのもあるんですけどね、なんだか後ろめたいというか。

どんな形でも与えられたものの中で、どれだけ自分が立ちまわれるのか、どれだけそこから新しいものを作り出せるのか、っていうのは、どの世界も変わらないことなのかもしれないし、チャンスはいつ巡ってきて、いつなくなるものなのかなんて、どの人生でも当たり前にあることなんだろうけど。
とにかく、彼らが幸せでありますように。
楽しくて、嬉しくて、そんな結果が訪れますように。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. kimidorinko | URL | -

    No title

    お疲れちゃんです~
    いやぁ私も落選ですよ・・・
    やっぱソロコンは当たる気がしないな・・・
    特に大阪はダメだぁ~
    1人でも多くのヒナ担さんが当選してれば
    いいな~と思っております。
    関テレ。ありがとうございます。
    なんとなくの雰囲気がわかっただけでも
    うれしいです^^

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/840-fcaf4513
この記事へのトラックバック


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。