スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんじゃに(200回記念)

2008年03月28日 09:43

続きをずっとうっていってたら、初めて文字制限にひっかかりました(苦笑)
本文って2万文字制限なんだ(苦笑)
それにひっかかるってどういうこと?(苦笑)
ってなことで、とりあえず、後半2/3はココへ記載。


前半はこちらから

・第4試合『追いつけ!飛びつけ!フライングディスクキャッチ!!
・ルールは『約30mの距離まで投げられたフライングディスク(フリスビー)を走ってキャッチ。各チーム4人づつ2回チャレンジ。キャッチした回数の多いチームの勝利。』
・「挑戦者はこいつらや」ということで、静止画。ほんじゃに町はヤス、亮、ヒナ、すばる、お笑い町はモンキッキー、猫、団長、小力、です。
・なっちゃん:「では先行チームほんじゃに町から、錦戸さんの挑戦です」ということで、ほんじゃに町は亮ちゃんからスタート。
・亮ちゃん、そういわれてハニカミスマイルを浮かべながらの挑戦です。
ほんじゃに町亮ちゃんの挑戦、ディスクは28m付近に落ちるんですが、どうも亮ちゃん、ダッシュのタイミングが遅かったのか、程遠い位置におり、しかも途中でダッシュするのを諦めた模様(苦笑)結果、失敗
・マル:「諦めたやろ!」 亮:「ごめん」(と軽く左腕を上げる) ヒナ:「まだ1回あるから、チャンス」
・続いてお笑い町、「誰からいきますか」と言ってるその後ろで、マルちゃんとすばるさんがなんかじゃれあってる。お互い向き合って何か言ってますが、内容までは不明。
・小力:「じゃぁ、いきますよ」ということで、着ていたジャージの上を脱ぐ。下のTシャツの背中にも「小力」の文字が…みたいな件を言ってると、ジャージの上を預けたほかの芸人さんが、そのジャージを投げます。
・それに小力、「おい!」とキレる(笑)それで周りから「キレた?」とかなっちゃんも、「あれ?あれあれ?」とあのギャグを煽り、最後にはヨコの「完璧キレましたね!」をきっかけに「キレてないですよ」
・モンキッキー:「始めて綺麗にできた、これ」…ほんとそうですね(笑)今回の放送の中でも始めて綺麗にできたパターンです(笑)
・実況:「長州小力、若かりしき日にはジャニーズ事務所に履歴書を送った経験があります」
・会場から笑い声。更に『※本当の話です!!』というテロップ(笑)
・手を叩きながら笑うマルちゃん、笑いながらすばるさんをみるんですが、そのすばるさん、マルちゃんを見上げつつ、なぜか若干ヘン顔気味。(ヘン顔っていうか、キスを迫ってるともとれる、なんなのかよくわからんような顔、ってことでヘン顔/笑)
・そしてお笑い町小力の挑戦、25m手前ほどに落ちたディスクを見事にキャッチ、成功
・実況:「さぁ、ほんじゃにのエース登場です」と紹介されつつ、ほんじゃに町2人目のチャレンジャーはヒナちゃん。
・その実況の後ろでヨコがなんかアドバイス的なことを言ってるんですが、なかはらには意味不明…「なんか、早めとか自分でおいだしたら」みたいな風に聞こえるんですけど、実は違うこといってるのかも(苦笑)
ほんじゃに町ヒナちゃんの挑戦、25m付近で若干右に旋回するも、ヨコの「はやっ!」という言葉通り、俊足を飛ばしたヒナちゃん、余裕のキャッチ、成功
ヤス:「めっちゃええ走りやん」 ヒナ:「いや、ここはジャニーズみしとかんと」
・だからオカンキャラはどこいってん!(笑)
・実況:「さぁ、団長がスタートラインに向かいました」と、お笑い町は団長の挑戦。なぜかクラウチングスタートをしようとしています(笑)
・なっちゃん:「そのスタートでいいですか?」と問いかけるも、結局そのままでスタート
お笑い町団長の挑戦、28m付近で若干左に旋回、結構いい走りだったんですけど、旋回することで届かず、失敗
・ヒナ:「しぶやん」 すばる:「おねがいしやす!」(お願いします、なんですけど、勢い良すぎてなんかそんな風に聞こえます/笑) ヤス:「いい気合でしょ?」
ほんじゃに町すばるさんの挑戦、走っている最中、4m手前くらいで、カツラが脱げる(笑)も走り続けます。25m付近からかなり右に旋回、ダイビングキャッチするも、数センチの差で取れず、失敗
・すばるさん、腹ばいの状態で、床を叩きながら悔しがる。ヤスも高い声で「惜しい!」と。
・ディスクを持ってみんなの下へ帰ってくるすばるさん、芸人さんが「帰ってくる間がたまらん」というように、ディスクを持って帰ってくるすばるさんの表情は若干恥ずかしそう(笑)
みんなの元へ帰ってきたすばるさん、ヒナちゃんとなっちゃんの方を向きながら、すばる:「ちょっとねー遅かったかなぁー」と顔をくしゃっとさせるぐらいの笑顔。
・ヒナ:「はしんのがね」 すばる:「そうそう」
・この間のすばるさんの表情がやわらかくて、いい表情でした。
お笑い町猫の挑戦、若干ダイジェスト気味(爆)26m付近で右に旋回。旋回した時点で追いつく気配もない猫(笑)、当然失敗
・ナレーション:「ここで関ジャニ∞チームはエース安田の登場や!」…ってエースが2人おるやんけ!(笑)
・実況:「安田団長は失敗しています。本家安田章大はどうだ?」…ってま、エイトの番組だから『本家』でもいいのか?(笑)安田団長だって「本家」だと思うけどなぁ(笑)
ほんじゃに町ヤスの挑戦、25m付近でジャンピングキャッチ、かなり余裕での成功
・芸人(多分TKO木下):「余裕やん!」 マル:「かっこつけた!」
確かにかなりかっこつけのヤス(笑)女キャラ全く無視!(笑)
・続いてお笑い町モンキッキーの挑戦、26m付近でキャッチしようとするも、掴みきれず、しかもそのディスクを右足で踏んで転倒(苦笑)、失敗
・なっちゃん:「なんか余裕あるように見えましたけど」 モンキッキー「…………」(話さず口パクで右腕が痛い、的なことを言う)
・するとすかさず、ヒナ:「しゃべれや!!」と、モンキッキーの頭を叩いたツッコミを入れる。
周りに芸人さんがわんさかいるのに、ツッコミが誰よりも早いヒナちゃん(笑)
・1回目が終了し、2??1でほんじゃに町(ナレーションも関ジャニ∞と言い出した/苦笑)のリード
・ヒナ:「メンバー変わってもいいっすよ」をきっかけにいろいろな人が出てきます。←先に宣言(笑)
・TKO木下:「じゃぁ、やらしてください!」とここでボケ。小声でなんか言ってて、エイトメンバーにも「何か言うてる!」と楽しそうに言われます(笑)
・ヒナ:「呪文や、呪文。何か唱えてはる。」
・芸人:「もうちょっと大きくいうて…ん…ポメラニアン」
・それにマルちゃん、過剰ウケ(笑)
お笑い町木下の挑戦、26m付近で飛び込みキャッチ(スライディングができなかったらしい、足から飛び込んでいってました)、成功。周りからも「すげー」と声が飛ぶ。
・ディスクを持って戻ってきた木下に、相方木本:「木下、ごめん。今、生えぎわが引くことなってる」
・すばる:「なんかでてる!」と木下の額がアップに。カツラがずれて、生えぎわから生えぎわ状態に(苦笑)
・ヒナ:「子供みたら泣きますよ、それ」ってくらい、怖かったです(笑)
・実況の人が「さぁ、一回目は失敗に終わった錦戸亮」と言っている間、亮ちゃんがスタートラインに向かう様子が流されるんですが、亮ちゃん小さな声で「がんばります、あんまなんも○○」といってる…聞き取れない(泣)
ほんじゃに町亮ちゃんの挑戦、20m付近でディスクが失速、余裕で取れると思ったその時、右手片手だけで取ろうとした亮ちゃん、ディスクをはじいてしまい取れず失敗
・ほら、アルティメットの時に「ディスクは両手で!」って言われたでしょ!とツッコミを入れるなかはら(笑)
・会場からもメンバーからも「あー!!」と悲鳴、芸人軍団からは指さされながら非難。
・会場から「えー!」と声が上がる中、亮ちゃん、会場に向かって「何がえー、やねん」とつっかかっていきます(笑)
・そして更に「えー!」の声が上がると、亮ちゃん:「だまれ{%ikari%}」
・その様子に会場のお客さんは笑顔で拍手。「見れた!」ってことでしょうね(笑)
・その様子を見た亮ちゃん、一応暴れるフリ(笑)ヒナちゃんとヤスに止められてます(笑)
・すばる:「あれ?キレてる!」をきっかけに周りから「キレてんの?」と聞かれた亮ちゃん、当然あれをやるしかないわけで(笑)
亮:「キレてないですけど」…とやった後、やってしまった状態の亮ちゃん(笑)右手を頭にのせて、苦笑い中(笑)
お笑い町木本、若干ダイジェスト(苦笑)、25m付近でかなり右に旋回…うーんあれは取れないだろう(苦笑)、失敗
・ナレーション:「そして関ジャニチームは最終兵器を投入」というのに加え、テロップは「アンバランス丸山登場!!」。マルちゃんのアップです。
ほんじゃに町マルの挑戦、ディスクを投げる人の方を向きながら走っていたマルちゃん、3m付近で転びかけるがなんとか持ち直し(その時にカツラもとれる)加速して、27m付近でキャッチ、見事成功
・カメラにピースサイン、ダッシュでみんなのところに戻ってくるマルちゃん。マル:「とりました!」の顔はアイドル丸山でした(笑)
・お笑い町はヒロの挑戦。モンキッキー:「行け!メタボリック
・それをうけて、実況:「なんとここで、ヒロ登場です。ミスターメタボリック!」…さすが関西人、こういうところははずしませんね(笑)
お笑い町ヒロ、18m付近で取れそうなんですけど、若干左に旋回してしまい、取れず、失敗
・ヒロさんすぐに土下座、みんなに「はや!」とつっこまれてました(笑)
・ヒナ:「とどめでたっちょん!」 ヨコ:「いったれ、いったれ!」 たっちょん:「いきましょか」
・ってなことでたっちょんの挑戦。『たっちょん』がツボだったのか、芸人さんたちにも「たっちょん!」と声をかけられながら、たっちょんはスタートラインへ。その声に右腕を上げ応えるんですが、その顔が笑顔!かわいいv
ほんじゃに町たっちょんの挑戦、18m付近で失速、かなり余裕をもってのジャンピングキャッチ、成功
・キャッチした姿はアイドル大倉でした(笑)
・この時点でほんじゃに町の勝利決定なんですが、お笑い町からの提案で、3つのディスクを同時に投げてもらい、7人全員で取りに行って、取った数だけポイントにして!ということで、実施。
・結果は、みんな同じ方向に走ったりして(笑)1枚も取れず(笑)、ほんじゃに町の勝利
・最終対決『よけて!逃げて!生き残れ!バトルドッチボール
・ルールは『1つのコートに両チームが入る。外野は各チーム1人づつからスタート。コート内のチームが全滅すれば負け。(外野からあてても、コート内への復帰はなし)
・ほんじゃに町はヨコ、お笑い町は団長が外野スタート…ヨコらしい(笑)
・最初のボールはバスケットの最初と一緒、ジャンプボールで獲得権を争い。ジャンパーは、すばるさんと猫ひろし。
・すばるさん、予想通り勝って(笑)、そのボールをヒナ→ヨコの順で回す。
・すぐにヨコはボールをなげ、猫にあたり、猫ひろしOUT
・すばる:「よっしゃー!」の声が響いていました(笑)
ボールはお笑い町、団長へ…となぜか、味方であるTKO木下に当てる(笑)
・木下:「びっくりしたわ!」 団長:「あの、顔だけ見てたら、敵や!思て」 木下:「頼むわ」 団長:「人間として敵や、思て」
・そして再びボールは団長へ。しかし、外野反対側にいる猫にパスしようとふんわりしたボールを出したところ、ヒナちゃんがそれをジャンピングキャッチ
・そしてそのまま、外野のヨコへパス。ボールはほんじゃに町へ。
・ヨコ、コート(正方形のコート)をダッシュで半周し、勢いよくボールを投げる。そのボールに小力があたり、長州小力OUT
・たぶん、ちょっと場面がカットされていると思うんですが(汗)、再びヨコがボールを持っています。
・多分1/4周くらいゆっくり歩いてからボールを投げ、モンキッキーに当たる。モンキッキーOUT
実況:「またしとめた!」そうそう、ヨコ、ほんとうにしとめるのがうまい!
・ボールはお笑い町団長へ。団長→モンキッキーとパスし、あてようとするも、誰も当たらず。そのボールが小力へ。小力から団長へパス、亮ちゃんの足元を狙うも、亮ちゃん、うまくジャンプしてよけてセーフ
・そしてそのワンバウンドのボールはたっちょんの股間にあたったらしい(笑)
・なぜかその後ろで小力が膝を押さえてました(笑)
・その間にボールは団長のもとへ。そこからモンキッキーへパス。モンキッキーのあてようとしたボールをヒナちゃん取ろうとするも、とりそこね、ヒナOUT
・実況:「エース村上、アウト!」…実況のこの人の中で、ヒナちゃんは『エース』なのね(笑)
・なっちゃん:「ヒロさん、ゴム、鼻にかかってます。大丈夫ですか?」←この発言の前に、なっちゃんに向かってそれを報告しているヤスの姿あり(笑)
・お笑い町ヒロ、多分カツラをつないでおくためのゴム(幼稚園の帽子についているような顎のところにかけておくカンジのゴム)が鼻に引っかかってます(笑)
・実況:「全く気にしません、ヒロです」ということで、そのまま試合続行(笑)
・そしてお笑い町ボール。団長→モンキッキーへ。そのモンキッキー、今度はたっちょんに向かってボールをあてにいき、たっちょんの膝元にあたって、たっちょんOUT
・今度はほんじゃに町ボール。ヒナ→ヨコへ。ヨコ、あてようとボールを投げるときにすっぽ抜けて(苦笑)、ボールはお笑い町モンキッキーへ
・そして、それに反応が遅れ、モンキッキーとの距離が近くなっていたマルちゃんがあたり、マルOUT
・そのボールはすかさずヨコがキープしていましたが。責任は取る男、横山(笑)
・すばる:「やや、怖い!」…雑誌なんかだと、大きい人の後ろに隠れてた、って書いてあったので、怖いんでしょう(笑)だってこの時点で中にいるのは、ヤスと亮ちゃん、それからすばるさんですもんね(笑)
・ほんじゃに町のボール、ヨコ→ヒナ、ヒロに当たるもそのこぼれ玉を床につく前にTKO木本がキャッチ。ヒロセーフ
・木本そのボールをモンキッキーへ、モンキッキーは亮ちゃんをあてにいき、これも足元を狙っていって、亮ちゃんジャンプするもかすめるように当たってしまう。亮ちゃんOUT
ここでほんじゃに町2??3の劣勢へ
・しかもお笑い町のボール。団長が投げようとしているその時、TKO木下、頭脳プレーを見せよう、とジェスチャー(笑)なんでも、自分が立っている後ろにヤスが隠れているから、ボールを投げたら屈む、そしたらその後ろのヤスに当たるだろう、という作戦だったらしい(笑)
しかし団長が投げたボールは、ヤスの手前でワンバウンド。あっさりヤスはそのボールをとってしまう(笑)
・そして味方に投げてました。ここで場面カットされ、ヨコがボールを持っているところへ。
・ヨコ→たっちょん、すこし間をおいてヒナちゃんへ。ヒナちゃんはそのボールをすぐ、両手でヒロに投げるも、ヒロ、キャッチ。
・すばる:「足元、足元狙って!」…そうなんですよ、ヒナちゃんの投げたボールは、ヒロのお腹より若干下、ってトコだったんですよね。あの肉布団で衝撃も吸収されちゃいますって(笑)
・ボールはお笑い町へ。小力がすばるさんにあてようとするんですが、すばるさん見事にキャッチ。すかさずヨコへ。
・このときのすばるさんの渡し方がかっこいいんですよぉ。なんか長年はぐくんできたコンビネーション的な(笑)
・そしてすばるさんからボールを貰ったヨコ、すかさず投げTKO木下に当たる。TKO木下OUT
・場面カットされ(苦笑)ボールはほんじゃに町、たっちょん。たっちょんはヒロにあてようと投げ、そのボールをヒロははじくんですが、浮いたボールをTKO木本がダイビングキャッチし、ヒロセーフ
・そこからTKO木本がモンキッキーに投げるんですが、横からヨコがでてきて横取り(決してしゃれではない/笑)
・ほんじゃに町のボール、ヒロにターゲットを決めたように見せかけて、速いパスをたっちょんへ。たっちょん、ヒロの足首を狙って見事命中。ヒロOUT
・実況:「頭脳プレー!横山頭脳プレー!!」
・そうヨコもいいプレーなんですけど、ここはたっちょんもいいプレーでしたよ。きちんと足元でしたもん。すばるさんも、拍手しながらたっちょんの方へ寄っていってました。
この時点でほんじゃに町2??1の優勢へ
・お笑い町のボール。団長、軽くコートの外を走ったんですが、実況の「おっと、ランニングプレーにきた!」にあおられ、コートの外周を走り出す(笑)
・それにあおられ、小力も何故か走り出し(しかも、団長とは逆回転)そして、小力と少し間隔をあけて、TKO木下も小力と同じ方向に走り出す。
・と、そこで、団長とTKO木下が衝突(笑)その時こぼれたボールをたっちょんが横取り(笑)
・そしてたっちょん、すかさずヨコへのパス。
・場面カットされ(苦笑)ボールはヒナちゃんの元へ。このとき既に、すばるさんはカツラが脱げてる状態。前髪を頭のてっぺんで結んだ状態。かわいいv
・ヒナ→マル、マルちゃんふんわりしたボールでたっちょんへ。そのボールを小力が横取りしようとジャンプしてきますが、たっちょんが競り勝ちます。
・そしてそのボールを勢い良く投げ、TKO木本、そのボールを取り損ねて、木本OUT
これでほんじゃに町の勝利!たっちょん、ガッツポーズですv
・マル:「やったーやったー!」 と言ってる中、ガッツポーズのたっちょん、かなり男前。しとめてやったぜ、的な(笑)
・メンバーは「イエーイ!」とハイタッチしています。
・なっちゃん:「ということで、全てのゲームを終えた結果、4対1で関ジャニ∞の勝利!」
・ナレーション:「罰ゲームやでぇ。」のきっかけで場面かわる。
・なっちゃん:「超強力 ビリビリ静電気!!」
・罰ゲーム執行人は『サイエンスレンジャー 船田智史先生』…以前オカンコントの時も静電気ありましたけど、あれの時の先生ですね(笑)ってか、サイエンスレンジャー?(笑)
・今回はほんじゃに放送200回記念ということで、たっぷり充電(笑)エイトメンバーが面白そうに充電していきます(笑)←このへんダイジェスト
・充電できたところで。ヒナ:「こっからっすよ」 ヨコ:「うわ、めっちゃおもろい!」 とほんまに楽しそう(笑)
・手をつないだお笑い町メンバー、充電されたコップをもっているのはモンキッキー、それに触れるのはヒロ。 ヒロ:「こういうのムリって」と少々ビビリ気味(笑)
・ヒロが触れた瞬間、つないでいた手を離し、後ろに転がるお笑い町メンバー。流石にいいリアクション(笑)
・すばる:「これおもろい、痛そう、いたそうや!」…この声は聞こえるんですけど、映像はリアクションしている芸人さんたちです(苦笑)
・モンキッキー:「よっしゃわかった。みんなでおもしろくなろうよ!!」
・エイトメンバー(特にすばるさん、ヤス、ヒナちゃん)が勝ったんやから!と反論するも聞き入れられず、全員で罰ゲームが決定(苦笑)
・すばる:「じゃぁ、杉本さんも」 逃げようとするなっちゃんに すばる:「なんでそんなんいつも言うの」となっちゃんも参加することに(笑)
・そしてすばるさんの「松本さん!」の一声で、会場から「松本」コールが(笑)ほんじゃにプロデューサーの松本浩さん(42歳)も参加することに(笑)
・お笑い町とほんじゃに町、それからなっちゃんと松本Pが入り乱れて手をつないでるんですけど、何故かすばるさんの横には亮ちゃん。ここだけ同じチームの仲間同士(笑)
・充電のコップをもってるのはヒナちゃん、そしてそれに触れるのはモンキッキー。
・放電の瞬間、後ろに転がるリアクションをとらなかったのは、なっちゃん、松本P、ヒロ(ヒロは体系的にちょっとムリがあったみたい/爆)そしてヨコ!アイドルですか?(笑)
・「痛いー!」と口々に言うメンバー。ヤスの声が高く高く(笑) すばる:「もう俺、これイヤヤ!」 眉間に皺がより、座り方もおねえさん座り(正座を崩した座り方)に。
・すばる:「勝ったやんか!なんでやねんな!」の声に会場からも笑いが。
・最後、ヒナ:「どうもありがとうございました」と挨拶し、お客さんの方へ振り返り、お客さんにも挨拶。ヨコだけその場面が映ってませんでしたが、他メンバーはみんなお客さんに挨拶していました。


はぁ、長かったー(苦笑)
あとで新規記事にも書こうと思っていますが、やっぱり関西ローカルな番組とかからレポしていった方がいいんですかねー。
ローカルでしか手に入らない雑誌とか、昨日のちちんぷいぷいとか。
よく考えたら、あとは全国で見れるもの多いですしね(笑)
まぁ、他はレポート形式にせず、感想だけってのもありだな、と思ったなかはらでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/54-c25dac91
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。