スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「未定『壱』」レポ(2008年2月12日2部)その2

2008年03月28日 09:52

こちらはレポその2です!
その1を読んでいらっしゃらない方はそちらから!



※※※ 以下ネタバレ含みますのでご注意下さいませ ※※※

公演中に少しメモを取りましたが、キーとなるだろう言葉しかメモは取っていません。
なので、思いっきりニュアンスのレポですが、ご了承くださいませ。←さすがに舞台で発した言葉全てはメモできないので(苦笑)
また、一緒の公演に入った方で「そこちゃうよ!」というところがあれば、ご指摘頂けると嬉しいです。
でも、このレポ、難しいです。
それぞれのコーナータイトルはなかはらが勝手につけました(笑)
ちなみになかはらは20列目からの観劇でした。



【VTRその3 言葉遊び】
再びホワイトボードの前に座る二人。
ヒナちゃんがマーカーの蓋側をもって、すばるさんが反対側をもって、引き抜くなんていうラブラブっぷりを発揮した後(笑)「言葉あそび」とホワイトボードにかくすばるさん。
どうやら、言葉の響きを使った遊びをする様子です。
例えば
体育祭』は『だいぶんくさい』に変更されたり、『コチュジャン』は『交通違反』に変更されたり(笑)
アニョハセヨ』→『あの歯医者よ』(ひょっとしたら敗者かもしれませんけどね/笑)
とかあって
ヒナ:「東京特許許可局
すばる:「……豊胸…」←もうこの時点でヒナちゃんは分かってます(笑)
ちなみに、『豊胸ちょっと破壊力』に変化しました(笑)
あとは、『墾田永年私財法』(なんでコレが出てきたのは分かりませんが/笑)→『こんなんええねんはよして』←だったと思う(汗)
未定壱』→『座頭市』(もうこれはゴロだけやん!/笑)
ドラマシティ』(今回の会場)→『どないしてん
ドレッシング』→『ドラッシー
ウエットティッシュ』→『うえっとあや』(上戸彩さんが濡れてる…ってな説明。途中でやめとこ、みたいなことを言ってました/笑)
ちなみに変化前の言葉をふっているのはヒナちゃんで、変化させているのはすばるさん(笑)
すばるさんらしい変化でした(笑)


【関口しんごのいってらっしゃい】
関口宏風味の衣装を着たヒナちゃんがステージに出てきます。そして↑タイトルの番組がはじまった、という設定で、このコーナーは進んでいきます。
関口しんごさんは、中継先にいる渋谷さんを呼びます。
最初はドラマシティのロビーです。
ドラマシティのロビーには何故かスタッフさんが倒れていて…
すばる:「あ!この人が犯人でしょうか!」
とすばるさんが見つけた先にあったものは…う●このオブジェでした(笑)
すばる:「異臭騒ぎです!」(笑)
……次の中継先が、どーしても思い出せないんですよね……。
というのも、その次と、最後の中継先の印象が強すぎて(笑)
ということで、続いての中継先が、ヒナちゃんの楽屋!
すばるさんはヒナちゃんの楽屋をウロウロ。
私服も全開なんですけど、ヒナちゃんのパンツが何枚か披露されます……(笑)
しかも、その中の1枚は
すばる:「みてください!ヘソピつき!」←本当にウエスト部分にピアスみたいな装飾品がついてる(笑)
ヒナちゃんは、「ホントにできへんから!そういうデザインやの!ええやん!」と大声で反論(笑)
そして、更にヒナちゃんの楽屋を散策するすばるさん。
すばる:「村上さんは読書家ということで、今回は3冊、読んでいる本を紹介したいと思います」
そして紹介された本が
1.週末店主
2.コインパーキング事業実践
3.ウラ金はこうして作られる

……金かい!(笑)
ヒナちゃんは「人生の勉強してるの!」と言ってましたけど(笑)
そして最後の中継先が……客席!!
そう、すばるさんが客席に登場したんですよ!
しかも、なかはらの2列前くらいまで来ました!急接近!
相方はすばるさんが近付いてくると、「ちょっ!ちょっと!!」となかはらに手を握れと強要(笑)
落ち着かない様子だったんですが、なかはらは「……顔ちっちゃ。かっこいっ。でも背ぇちっちゃ!」と冷静に思ってました(笑)←なかはらは背がでかいので本気でそう思った(笑)
お客さんにインタビューしている姿を見ながら、今の髪型好きだなぁ…なんて普通に思ったり。
そして、次のお客さんへ移る前に何かを見つけたすばるさん、とりあえず他のところへ…みたいなカンジで反対側へ。
そうそう、誰のファンですか?って聞くんですけど、ここまでの二人はどちらもすばるさんのファンだったんですね。
んで。
そのすばるさんが見つけた!ってところに行くんですが……モモコさん!
ハイヒールモモコさんが観劇されてたんですよ。
長男の仁一郎くんと一緒に。もう12歳…早いなぁ。
で、モモコさん、「村上くんにちゃんと挨拶しとき!」と仁一郎くんに(笑)
仁一郎:「母がいつもおーそれみーよでお世話になってます」←しっかりしてる(笑)
その後きちんとすばるさんにも挨拶した仁一郎くん。
ヒナ:「誰が好きなん?」
仁一郎:「陣内さん!」←即答(笑)
ヒナ:「ジャニーズのん見に来て、陣内さんって!お母さんの血ひいてるなぁ!」と爆笑。
でも、去年の愛媛以来久々に近くで見たすばるさんは、やっぱりかっこよかったです(笑)
今の髪型、好きだなぁ、と思ったよ。


【VTRその4 アブノーマル…?】
えっと、着物を着たヒナちゃんが、画面中央に正座して座ってるんですけど。
その周りをほぼ裸(たぶんTバックはいてるのかなぁ…かなり危ない格好で、なんと前にはモザイク……)のすばるさんが「もうええやろ!」といいながら歩いている、という、凄くシュールな映像でした(苦笑)
えっと、すばるさんはキレイなお尻を見せながら(笑)ずっと「もうええやろ!」しか言わないんですよ。
それにヒナちゃんが「なんやねん!」ってカンジでツッこんでるんですけど…うーん、なんと言っていいのやら…(苦笑)


【ヒナちゃんの落語】
落語をずっとやりたかった、とヒナちゃん。
今までに一緒にお仕事した人で落語家さんは、桂ざこばさん、桂南光さん、桂三枝さん、と大御所ばかりで、誰に落語を教えてもらおうかなぁと思っていたら、一人いた、と。
それは月亭八光!←なかはらは、「ぜったいはっちゃんに教えてもらってるわ」と相方を話をしていた(笑)
八光さんに教えてもらった『道具屋』(だったとおもう)というお話を元に、作られたヒナちゃん落語の開始です。
簡単に説明すると、小遣い稼ぎをしたい男が、人に勧められてフリーマーケットに挑戦する、というものです。
男が売り出したものは、ドラゴンボール47巻、それからDVD『47』(よんじゅうなな…どっちが正面かわかれへんわーって、言ってました/笑)ギター(エリッククランプトンのサイン入り…誰かわからへんけど、並べとけ、って言ってました。ちなみにヤスのサイン入りギターは「これはええわ」と放り投げられていましたが/笑)などなど。
で、実際売り始めるんですけど、最近の事情に疎いらしい男は、ニンテンドーDSのことがイマイチわからなかったり、若い女の子が使う「KY」という言葉がわからなかったり(笑)
隣で同じようにフリーマーケットに参加していたオジさんに「にいちゃん、さっきからしょんべんかけられてるなぁ」=からかわれているなぁ、と言われ、その後若者言葉のアドバイスを貰って、再度挑戦。
ただ、略語を間違えたりとなかなか売れない中、太ったお客さんが。
そのお客さんが「かわいい」とクマのTシャツを選んで、それを試着しはじめるのですが…まぁ、太っているので、いっぱいいっぱいでなんとか着れます。
でも、案の定脱げなくなってしまって、買ってもらわないと…という話になります。
フリーマーケットでモノを売っている男は、「どうせ脱げないだろう」と、元値にタクシー代やら、今日のご飯は焼き肉を食べようとか言い出して、どんどん売値を高く見積もっていくんですが、最後の方には「この際だから家1軒買って…」と、どんどん夢が大きくなっていく状態に(笑)
何度か途中で「脱げませんよね?」(=買うしかないですよね)と確認しながら。
でも、そのクマのTシャツを着た男は、フリーマーケットの男が見積もっている間に逃げ出し、最後のオチは「家一見出し抜かれた」で。
正直、まだまだ訓練のいるところなんだろうなぁ、って思う場面もありましたが(苦笑)、初めての落語にしては、ヒナちゃんうまいなぁ、と思いました。
元々向いているのかもしれませんね。
何かの機会で、またヒナちゃんの落語が見れたらなぁ、と思いました。


【VTRその5 インタビュー】
…このインタビュー、ヒナちゃんとすばるさんがほぼ交互に出てくるんですが、ヒナちゃんは『このライブをやろうと思ったのは何故?』とか『見所は?』とかいう質問に答えてるんですが、すばるさんのは完全におふざけ(笑)
(ちなみにヒナちゃんの答えは、前者は「前から二人でやりたいと思っていた。60、70になって完成すれば」というような内容。そして後者は『二人のかけあい』ってカンジです)
すばるさんへの質問
『渋谷すばるの渋谷は、しぶたに、ではなく、しぶや、ですよね?』→「まぁ、大体『しぶや』って言われます。どっちでもええですけど。まぁ、どっちかっていうと『しぶや』ですかね」
『渋谷すばるのすばるは、車の『SUBARU』とは無関係ですよね?』→「関係ないっちゃあ、関係ないですけど。CMで『SUBARU』って低い声で言われると、思わず見てしまいますね」
『巨乳は好きですか?』→「何をもって巨乳っていうかですよね?自分の母親がFカップやったら、Fカップの人を見たときに「うわぁ、巨乳や!」って思わないかもしれないでしょ?…何が巨乳か、って話やね」
『お尻は前から拭きますか?後ろから拭きますか?』→『前は…障害物がありますからね。だから後ろからです!』
…ってなカンジで。
それをマジメなトーンで語っているので、逆に笑えるというか(笑)
ヒナちゃんがマジメなトーンでマジメなことを語っていたので、余計でしょうね(笑)


【エピローグ】
舞台は再び、プロローグに使われた楽屋セット。
どうやら二人舞台の本番が、今さっき終わった、という設定←この設定の中ではヒナちゃんの落語で終わりみたいで、ヒナちゃんは着物を持って、楽屋に入ってきます。
きるものをきちんとハンガーにかけて、二人はプロローグと同じ位置に座っています。
で、今日の反省、ということで二人は話し始めるんですが…
すばる:「何か確認しとくとこあった?」
ヒナ:「ないっちゃあないけど…まぁあえて言うなら10分間とこの衣装選び?もうちょっと時間短くてもええんちゃうかな、って」
すばる:「…うーん……そう?」
ヒナ:「あっこいっつも伸びるやろ?ぱぱっとやった方がええって。」←凄いはっきり。新聞みながら躊躇なく言い放つヒナちゃん。
すばる:「うん、でも、着替えてるところも込みで、楽しんでもらったらええんちゃうかなぁ、って思うしなぁ」←ヒナちゃんとは対照的に凄く言い難そうなすばるさん。
ヒナ:「ダラダラやっとっても仕方ないやん。もうちょっと短くてもええやろ。」
すばる:「…うーん…あっこはそん時のお客さんとか、その日の空気によって、いろいろ変えてった方がええんちゃうかなぁって思うんやけど……」
ヒナ:「いっつも伸びんねんから、時間通りやったらええねん」
すばる:「いや…」
ヒナ:「お前いつも確認してるやん!その度に時間守れっていうてるけどできへんやん!」
すばる:「時間時間っていうけど、時間だけが全てじゃないやん!」←段々ヒートアップしていく二人。
ヒナ:「わかってる!わかってるけど、時間内で納めるのがプロやろ!」
すばる:「…落ち着いて喋ろうや」
ヒナ:「落ち着いてるわ!」
と、凄く険悪なムードになったところで、しばし沈黙。
舞台上どころか会場中にキマヅイ空気が流れています。
すばる:「……いや、その、さ、俺の意見とか、あんま関係ないやん?」
ヒナ:「せやったらええやん、時間通りにやったら!」
すばる:「…いいたいことあるんやったら、はっきり言えや!」
ヒナ:「じゃぁしっかりやれや!」
すばる:「なんやねん!!」
ヒナ:「お前はええよな。いっつも!好きなことばっかりして!!グループの時もそうやんけ!好きな服きて、好きな歌うたって!」と、つかみ合いになって、思わず二人はお互いを突き放します。
そしてすばるさんは元のソファへ、ヒナちゃんはすばるさんに背を向けた状態で鏡台の前に座ります。
長い長い沈黙、妙な静けさがある会場。
ヒナ:「……お前…俺、聞いてもうてん」
ゆっくり話し出すヒナちゃん。でもすばるさんには背を向けたまま。凄く言いづらそうに話し出します。
ヒナ:「お母ちゃん、正月に倒れたんやろ」
すばる:「!!!」←たぶん言葉があったと思うんですが、思い出せません。やめろや!ってなカンジなんですけど。
ヒナ:「……お母ちゃん、正月に倒れて、気がついたら病院やったって。しょ●(すばるさんの弟の名前だと思う)がたまたまおったから救急車で運ばれたけど…ホンマは東京でやってるときに見にくる予定やったんやろ?」
そんなヒナちゃんの語りに、すばるさんはじっと黙ったままです。
ヒナ:「……俺、お見舞いに行ってきてん。お前、お見舞いにも言ってへんねやってなぁ。見舞いにいって最初に言われたんは、「舞台見に行けんでごめんな」やったわ。自分の方が大変やのに…大阪も間に合えへんかもしれへんって。ごめんなって。…お前のおかあちゃん、いっつもお前の話ばっかりや。楽しそうに仕事しててよかった、って笑うねん。」
すばるさんの表情はあんまりうかがえません。でもヒナちゃんの声は少しずつ涙声に。
ヒナ:「いっつも、お前の心配ばっかしてんねん。今、自分の方が大変やのになぁ。」
ヒナちゃんは背を向けたまま、語ります。
ヒナ:「……なぁ、お前、なんで俺に言えへんねん。そうやって、じっと黙って頑張るのもええけど、無理すんなよ!言うてくれや!俺に、言うてくれ!」
完全に泣いてるヒナちゃん。すばるさんも泣いてたのかなぁ。
ヒナ:「どんだけ一緒におったと思ってんねん!俺に言うてくれや!二人の舞台なんやぞ!お前がおらへんくなったら、でけへんやん!!」
その言葉に応えないすばるさん。再び沈黙。
そして、そのまま上着を取りに行って着込んでしまうすばるさん。
ヒナ:「……歌のこととか言うてゴメン…俺もなんて言うていいかわかれへんかってん……明日、いつも通りでええから。頼むな、すばる。オープニング、普通でええから……頼むな、すばる」
そんなヒナちゃんの言葉を背に、なにも言わずに楽屋を出て行くすばるさん。
すばるさんの背中を見送った後。
ヒナ:「言うんじゃなかったんかなぁ…出逢って12年、ずっと一緒におったなぁ…1年、1年だけ、離れたこともあったけど。…1回だけ、19、ハタチん時、やめようかって言うたこともあったけど。デビューもできへんかと思ってた。けど、デビューして…これからやん、これからやろ!しんどいやんか、黙ってたら。話せよ、話してくれよ!!」なんか妙なリアルさが漂ってて、やっぱり昔の二人を思い出して、少し泣いちゃいました。
ヒナ:「明日オープニング、頼むぞ、頼むぞすばる!」
…と、ここで暗転。
そして、プロローグの時に流れた宝塚レビュー風の音楽が流れ、幕があくと、プロローグの時と同じ、キラキラスーツを着たすばるさんが出てきます。
そして白の大階段を下りてきて、フライング…またハゲヅラ!(笑)
折角感動していた場面なのに、また笑い!(笑)
プロローグの時同様、吊られてる、ってカンジのフライング(笑)
んで、そんなすばるさんの姿に、何故か拍手喝采の会場(笑)
すばる:「…なんかやりにくいって、この拍手!1部の時にやったら喜んだって、誰かから聞いたんやろ!」
その言葉にますます拍手があがる会場。
すばる:「何かちゃうねん!こんなんちゃうねん!!やりにくいわーっ!!もうおろして!」
…どうやら12日1部でそのようなことをしたときにすばるさん喜んだんでしょうね(笑)
そして、ステージに降り立ったすばるさん。
ハゲヅラステテコの格好で、舞台センターに立ち
すばる:「僕たちは、一生ジャニーズのアイドルです!」←まさにアイドル!ってカンジの言い方(笑)そして暗転。
モニターがあるんですが、それが映し出される頃には「♪ワン、ツー、ワンツー、ウーッ!」というヨコの声が。
もしやこれは、『ズッコケ』?と思っていると、すぐに「♪呑んで、のんでー」と『酒と泪と男と女』に変更(笑)
モニターには未定壱に関わったスタッフさんの名前入りテロップが流れてるんですが、それも「できるスタッフ」みたいなカンジでちょっとふざけてるし(笑)、えらくイイ声ですばるさんが歌ってるところに、ヒナちゃんがちょっとしたダミ声で歌に入ってきたりで(笑)
最後の最後まで笑かせてくれました(笑)


【MC】
すばるさんは会場インタビューの時に着ているスーツ姿、ヒナちゃんはプロローグの時に着ているチノパン+Gジャン姿で出てきます。
すばる:「8年ぐらい前からやりたいと思っていたことができました。今まで支えてくれたファンの皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございます」←というようなことを、回数をわけて、とっても丁寧にマジメに、語ってくれました。

そしてそのマジメな話が終わったかと思うと、さっきの拍手はあかん、明日かから禁止!とか、もうあとちょっとですねぇ、という話をしだしたんですけど、何故か突然すばるさんが…
すばる:「あんな、俺、ちょっと思い出してんけど…アンちゃん、ってコがおんねん。ハー●アンちゃんってこ」
ん?カタカナ?とか思ってると
すばる:「ベトナムのコなんやけど。中学ん時からおとなっぽいコやってんけどな。胸も大きくて…」
と、何故かそのアンちゃんのことを話し出すすばるさん。
すばる:「んで、4、5年前に地元の友達みんなで会うてんやんか。なんかな、アンちゃんのそっけないカンジが俺のM心をくすぐんねん」
すばるさんは、ちょっとサバサバしたカンジのアンちゃんのことが凄くお気に入りらしく(笑)そのアンちゃんのよさを語り始めます。
すばる:「んで、ご飯食べた後に、ボーリング行こうって話になって。そのボーリング場の角にあるゲームセンターみたいなところで、プリクラ撮ろうってなって…んで、ユリとリョウスケと俺と4人で撮っててんけど、俺どうしてもアンちゃんと二人で撮りたかったから、二人で撮ってもらってもええ?って頼んでん」
嬉しそうに語るすばるさんを、笑いながら見ているヒナちゃん(笑)
すばる:「んで、アンちゃんも「ええよ」ってカンジで、何も気にしてないで、ってカンジで。ほんで二人だけでとったんやんか。」
その二人で撮ったときの様子を再現してくれたんですが、普通のカップルみたいなカンジで(笑)アンちゃんの肩に腕は回せなかったけど、できるだけアンちゃんに寄って、ピースサインしました、みたいな(笑)
すばる:「んで、まぁ、結構エエカンジで撮り終わって。なんからくがきタイムみたいなのがあるから、って、俺は落書き任せてボーリングの玉とか選んでたんやんか。ほんで普通にボーリングし始めて。プリクラも二人のヤツだけ分割したやつ頂戴な、とか言うててん。ほんでそれを見せてもらったら、ここに(と自分の右側を指すすばるさん)『ころすぞ!』って書かれててん」
しかもその『殺すぞ』がすばるさんは超ツボに入ったらしく、自分のM心をくすぐられた!凄く良かった!と大絶賛(笑)
ヒナちゃんは「俺はわかれへんわぁ」と笑いながら聞いています。
本当はもうちょっと後だったと思うんですけど、アンちゃん繋がりで。
すばるさんはどうしてもアンちゃんと仲良くなりたいらしい。地元の友達で会うことはあっても、二人きりであったことのない二人。
自分の地元は二人きりで会うとすぐに「やった」ことになってしまうからと(苦笑)
でも、なんとかしばらく会っていないアンちゃんに会いたい、と言い出し。
ヒナちゃんも、俺にも紹介してやー、と言い出します。
そっけなく言われてきゅん、となっているすばるさんを傍から見てみたいそうです(笑)
すばるさんは紹介する代わりにアシストしろといってみたり、やっぱりあわせたくない、と言ってみたり(笑)テンション高く話していました(笑)
それと、すばるさんの地元の友達はヘンなやつばかり、という話もしていました(笑)
ゆりはすばるさんよりも小さな女の子らしいのですが、そのゆりは通勤途中原付に乗っている間にとんでもない失態を…(プライベートな話題につき伏せ…)ということを暴露したり、リョウスケは女の子に優しいからモテるタイプだけど23歳まで●●だった…(これもプライベートな話題につき伏せ…)とか、とにかく地元の友達の話を暴露。
そして、ヒナちゃんも知っているという、一度だけ会ったことのある女の子。
すばる:「今、男になってんねん!」
…身体も改造してるらしく、ヒナちゃんビックリ。会場もえー!!と(笑)
ヒゲも生えて、声も低くなっているそうで、そこヘンの男よりも男らしいこと(知らない間に会計を済ましていたり…)ということをするそうで、でもすばるさんは「俺はお前が女やった時を知ってるから、お前に金払ってもらうわけにはいかんねん!」と言ってたみたいです(笑)
で。
すばるさんは如何に自分はMなのか、ということを語ります(笑)
そっけなくされるとそれが凄く自分には響くそうです(笑)
すばるさんのMっ気は信じられないほどアブノーマルなMっ気で(苦笑)
ヒナちゃんも理解できない、といってましたけど、なかはらも理解できませんでした…凄い、ってことは覚えているけど、どんな内容だったかも思い出せないくらい(苦笑)
あと、自分のことを自分でSだ、と言っている人間は本当はSではない、と断定するすばるさん。
Sなことに気付いていない人間が本当のSだそう。
Mの人間は作っている人間はすぐ分かる、それは本当のSではないんだ、って、という話を(笑)
ちなみにヒナちゃんは自分のことをSだとは思っていない、と言っているんですが、すばるさんは「お前はSや!」と断言(笑)
そこで、すばるさん。ヒナちゃんに向かって「なんでお前(ヒナちゃん)は女じゃないねんやろー!」と(笑)
ヒナちゃんのSっ気は自分のMっ気を凄くくすぐられるのに、と(笑)
すばるさんはヒナちゃんに、お前女になってくれ、と頼んでみたり(笑)
でもヒナちゃんは「俺はいやや、女になるんやったら、お前やろ」と言ってみたり(笑)
結局、どちらも男としていたいから、改造はできないなぁ、なんて話したり(笑)
ともかく、すばるさんはMです!という話でした(笑)
あ、あと、すばるが分かるんだったら…と話し始めるヒナちゃん。
ヒナ:「俺の友達で、「僕Sなんですよ」って言い張るヤツがおるんです。そういう場合はSなん?……まぁ、安田っていうヤツなんですけど…」
すばる:「安田はSです!」
ALL:「えー?!」
ヒナ:「そうなん?あいつ見た目ではMに見えるけど」
すばる:「アイツは、そういう性的なところはSです!」
↑その発言をした途端、ヒナちゃんに笑いながらハタかれていました(笑)
それ以外はそうでもないらしいのですが、性的なところはソフトSだそうです、ヤス(笑)
んで、ヒナちゃんはどこもかしこもSで、すばるさんいわく「ハードS」だそうです(笑)
舞台上で、しかもモモコさんのお子さんもいる前で(苦笑)、SだのMだのという話を延々30分(笑)
流石といえば流石です(笑)
すばるさん、すんごくテンション高く、嬉しそうに語ってるし(笑)
そんなすばるさんを見て、「お前、楽しそうやなぁ」と、自分も楽しんでいる様子でした。
そして舞台の最後には
すばる:「今日は俺がドMで、コイツ(ヒナちゃん)がドSだから成り立ってるんだと思っててください」
という発言も飛び出し(笑)終了でした。



あぁ、一応おわった(笑)
最後のMCもそうなんですけど、全てを言葉にするのは難しいです、やっぱり(苦笑)
今日(2月14日)にヨコソロコンin名古屋の参加も決まり、ヤスソロ舞台の参加も控えている中、とりあえずこのレポ終わってよかったです(笑)
見終わってすぐの感想にもかきましたけど、中身がなかったところも良かったですし(笑)
二人の掛け合い、絆も見れて、とても楽しかったです。
でも正直1回でいいかなぁ…(爆)←そう思った理由は1回でも十分満足できるってこともあるんですけど、あんまりたくさん見ると最後の方がかーなりうそ臭く見えてくるんじゃないかなぁ、と。やる方は何回もやってることもあって、見るほうは1回ってのが、イイんじゃないかなぁ、と。



よければどうぞ。
画像


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/437-34e29f6f
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。