スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう書いていいのかわからないけど。

2008年03月28日 09:52

久々の連日更新なのに、ちょっと…いや、大分かな、ネガティブなことを書きます…たぶん。
ネガティブかどーかは、書いてみないとわからん(笑)
後半は『有閑倶楽部』の第5話の感想を書きます。



うーんと、最近思うんですが。
更新頻度が少ないブログって、実際のところ楽しくないですよね(苦笑)
毎日変わらずのお客様が来てくださっているのが、カウンタやアクセスログをみていてもわかるのですが(とは言っても、そのカウンタとアクセスログは、昨日記事を書く前に6日分纏めてみた、ってカンジなんですけど)
それを見ていると、ちょこっとの申し訳なさが心の中に湧き上がってくるわけで。
コメント欲しいよー、とか我侭言ってたのがちょっと前だから、余計。
自分自身が忙しいので、と理由はつけていますが、ちょこっとドコか、睡眠時間とか、関ジャニ∞を見る時間とか、はたまたSMAPを見る時間とか、を削ったら更新できるかも、とか思っちゃうからかもしれないんですけど。
ブログを見に来て、更新されていないと、楽しみにしていると余計、がっかりしちゃうってことを自分も経験しているので、更新もないのに来てくださっている方に申し訳ないなぁって。
……こんなことを書くと、気の良い常連の方には「まーたそんなこと言って」とか言われそうだなぁとは思うのですが(苦笑)
かと言って、時間を削って書くには、まだ一歩出ない感じなんですよね(苦笑)
時間を削ってまで、と、どこか思っている自分がいるってことなんですけど。
…具体的に言うと、「どーせこのままブログ更新しなくても、困る人いないし。」とか「このブログが自然消滅したって、突然なくなったって、どーってことないだろうし」とか思っちゃうっていうことなんですけど(苦笑)
自分でも凄く悲観的だなぁ、と思うのですが(汗)。
更新していないので、コメントやメッセージがないのも当たり前なんですけど、「更新してもどーせコメントもらえるわけでもないし」とか思っちゃうこともあって(爆)
日々の忙しさに負けて、事実お客様が来てくださっているのを目の当たりにしているのにも関わらず、こんな風に思う自分がイヤで嫌で。
先日、介護=自分の仕事、の研修を2日間受けにいったんですけど、そこで講師の先生が仰っていたんですね。
自分の時間を大切にして、家族を大切にして、仕事がある、と。
介護って仕事は、自分の時間、自分を大切にしないとダメだよ、ってその先生は仰っていたんですが。
仕事、仕事じゃなくてどこか息抜きしなきゃ、って思うんですけど、絶対これは仕事の忙しさに自分が負けてる、本当なら自分の時間としてとっても有効的な、このブログの更新だったりを、こんな風に悲観的な感覚へと変えてしまっている自分が、情けないというか。
仕事でミスしたりイヤなことがあったりすると、どーも責任感が強いらしい私の中ではそれを引きずりすぎて、自分の時間をもてないことも。
要するに、いろんなことに仕事を引っ張りすぎているような気がするんですよね。
もっといろんなことを楽しみたいです。
なんかいろんなことに疑心暗鬼になったりするのもイヤだし。
でもとりあえず、生横山裕に会える、12月!とか思って頑張れるかな?
写真集も今週だし、DVDもあるし。
明日は超ローカル番組も見れることだし(笑)23日ははなまるにたっちょんですしね。
よし、なんか楽しくなってきた(笑)
あ、でも今日の『少年倶楽部』はどーだったんでしょ?
なかはらは見れないのです(泣)
どなたかレポか、もしくは映像ヘルプくれないかなぁ(泣)


ちょっと書いてすっきりしました(笑)
これで心置きなく『有閑倶楽部』の感想に移れます(笑)
では、『有閑倶楽部』第5話の感想へ。
めちゃ楽しみにしていた、清四郎メインの回ですよー!!
ジグソーパズルをしている面々、「野梨子は昔から好きでしたからね」の台詞にまず萌える(笑)←幼馴染萌え。
そして悠理の試験の結果が言い渡される場面、ちらりと見えた「菊正宗清四郎 500」の文字と「白鹿野梨子 499」の文字。
野梨子の499点は、何の教科で間違えたのかが逆に気になるのはなかはらだけでしょうか?(笑)
99位で学年最下位の悠理……3クラスぐらいなのかな?この学校(笑)
ってか53点…ダントツの最下位だ(笑)
可憐は240点で89位…それでも10番しかかわらないし(笑)
ちなみに魅録と美童の成績はわからないですねぇ…でも全員退学になりそーだし、成績なんて関係ないか(笑)
悠理ママの妄想……確かに悠理は女の子っぽくないけど、それを育てたのは貴方なんですけどねぇ…(苦笑)。
そんなママに勝てる人はいない…後に悠理パパは凄い人、って出てきますけど、それを抑える悠理ママが一番凄い人(笑)
有閑倶楽部の面々が、悠理の結婚を茶化している場面。
可憐がまいた花びらが清四郎のコーヒーカップの中に。
それを指で掴んで取っている清四郎の姿は、アドリブ全開、素でしょ(笑)
そしてそこへ来る悠理ママ…強烈な格好…ってかかとうかずこ、スゲエ(笑)
お見合いの場面。
おっさんたちばっかりですけど、まぁ、有閑倶楽部のメンバーが言ってるように、仕方ないかもねぇ。。。
悠理の頭でも、自分の有利な方向が見えてるんですけど…あんなに強い嫁を持ちたくないと思うのは、私だけでしょうか…いや、どこか悠理ママを彷彿とさせる…(笑)
悠理より強くて知性も兼ね備えた人物……やったね、清四郎!(笑)
三蔵法師と孫悟空の格好が意外と似合ってるし(笑)
清四郎はダメですわ!」の野梨子に萌えたなかはら(爆)
いや、幼馴染の感情じゃないでしょ、これ。
なかはらは、原作を殆ど知らないので、勝手な想像をするんですけど、なかはらの好みとしては清四郎と野梨子が普通にカップルになってほしいんですよね。
ドラマの中の清四郎(@ヨコ)と野梨子(@香椎さん)は二人並んだときのビジュアル的にも、なかはらの好みなんですよ。
病院の前で清四郎がお姉さんと会う場面。
普段のヨコには弟的要素はないのに、こうしてドラマで見ると「姉さん」の台詞が似合うから凄い。
そしてどこかコンプレックスがある清四郎も好き(笑)
空手の型をやっている清四郎…どこか力の入れ具合がおかしいですけど(爆)剣菱財閥を継いでくれといわれ、正座している姿は凛々しいよね。
再び有閑倶楽部のメンバーが揃ったところ。
野梨子が清四郎を叩く場面…あれはまた、それで凄いなぁ、と思う…いや、だって、美童は「ブラザーコンプレックスみたいなもの」と言ってますが、ブラコンにしたって、野梨子の男の基準は清四郎、ってところが。
だから叩いたんだよ、ってことに超萌えました(笑)
そして再び幼馴染萌え!(笑)
昔話をする野梨子、そして昔話の中の清四郎と野梨子…うん、すごっく好きだな、なかはらは。
「清四郎を強くしたのは悠理」というのは魅録ちゃん、間違ってるんじゃなかろうか。
そうそう、清四郎を信じていた野梨子が、清四郎を強くしたんだっちゅーの!
魅録、そこは間違えちゃダメだよー(笑)
『婚約記念決闘』って何?(笑)
「…そんなに僕との結婚がイヤですか……」…ちょっと野梨子相手に言わせたいと思ったのは、余談(爆)
悠理に勝った清四郎を見つめる野梨子…これ複雑な心境ですよね、お互い。
もういっそのこと、清四郎は野梨子のことがすきだったらおもしろいのに(爆)
しかも清四郎も野梨子も実は自分の気持ちに気付いていないのに、意識し始めたりしたら、もっとおもしろい(笑)←勝手な妄想、申し訳ない(汗)
記者会見の場面。可憐の鏡を覗き込む美童…ここまでナルシストだと女の子にも近いと思うのはなかはらだけでしょーか…。
そして今回は魅録パパはここだけなのね(笑)それはそれでおいしいなぁ(笑)
そして、会見でケンカをし始める悠理の両親を横目に、「1人足りない」といわれる清四郎の表情……わかってるんだけどね、みたいな表情が凄い、心をくすぐられました…やっているうちに清四郎って役がなじんできたんだろうなぁ…だんだんとヨコの演技もなかはらの中ではしっくりくるようになってきたよ(爆)
「かぁちゃん本気で怒ったぞー!」の後。決済の書類が残ってる、というところね。
「若」と呼ばれている悠理パパがツボ(笑)
そしてその「若」に実権を譲られてしまう清四郎…清四郎くんは高校生…普通なら世界でも有名な大企業の社長はそんなことしないんですけどね(笑)
「まさかこの年で高校生につかわれるとはねぇ……」というトコロなんですけど……「どうみても子供」に見えなかったのはなかはらだけでしょうか!?(爆)
てかメガネ!!(あれ、私物だそうで)もうメガネ男子に萌えてるってちょっとマニアックかもしれませんけど、すんごい萌え!!
「会長代理、すこーしはお休みにならないと」……この台詞がそれらしくて好きv(笑)
『Do you like it?』が『どらやき』、『Come together』が『かむと餃子』に聞こえる悠理は凄い!ある意味尊敬!(笑)
あとナイフとフォークの意味がない食べ方も凄い!(笑)
「オレンジオレンジ、オレんちのオレンジジュース」…これは田口くん作なんでしょーか……くだらなさがイイですけど(笑)
剣菱家にて…清四郎の顔色が悪いのはメイクのせいもあるでしょーけど……なんかリアルに怖い…ヨコに当てはめちゃうよ……
この時の清四郎はいやなヤツなはずなのに、なんかヨコに当てはめてみるからかもしれないですけど、「清四郎は頭のどこかでわかってるよ」と思っちゃう自分がいる……。
魅録に倒れちゃうよ、といわれるところも「仲間の気持ち、わかってるんだよ。でも、悔しかったんだよ、自分にできないことがある、って言われるのが」みたいなカンジで受け取っちゃいました。
野梨子と清四郎が戦う場面。
いつもは清四郎の十八番の台詞を野梨子が言ったときの、清四郎の表情が、なんともいえん、良い顔です。
手加減してるカンジとか、野梨子が「卑怯ですわよ」と言っているところの背中合わせのカンジとか、幼馴染萌えですよーv
そしてその後、野梨子が転んだところとか…もう、なかはらの妄想の中では、清四郎は自分の大切にすべき存在が野梨子だと気付いていればいい、みたいなとこまでいっちゃってました(笑)
そしてそこへ来るのは魅録。「魅録相手なら遠慮せずにすみます」といいながら、清四郎は戦いたくないのに、と思ってれば、もっとイイ(笑)
でも、清四郎と魅録が戦っている場面は、お互いかっこいいですねぇv
この1週間、ろくに眠っていらっしゃいませんでしたから」…これがヨコ本人とリンクしちゃって、なんだかちょっと、無駄にドキドキしちゃいました……。
でも撮影自体は大変だっただろうなぁ…こういうのって型を覚えないとダメだし、タイミング合わせないといけないし、カメラもいろんな方向から撮ってるからたぶん何回もおなじようなこと繰り返しただろうし。
「清四郎!何してるんですの!がんばりなさい!」
この台詞にKAT-TUNの曲も重なって、そして清四郎の表情!
イイシーンだ!
「ダメーっ!!」の野梨子は(最低なはずの)清四郎を思ってればイイ(笑)
雲海和尚が出てきたときの、清四郎の表情とか好き。
でももっと好きなのは、有閑倶楽部の面々を見上げる清四郎の表情。
子供っぽい、あどけない表情で。
26歳男子、十分大人なはずなんですけど、キレイな顔だからかもしれないですけど、好きだなぁ。
でも魅録と握手するときに見上げた顔は、いつもの清四郎なんですよね。
あと、清四郎が「生徒会長」と言われているところも。
今回の清四郎(@ヨコ)は表情が凄く豊かで、監督と話し合った成果が出てますよー。
あと最後のオチ、美童の顔だけなかったところ。
あれ、実は最初に野梨子がゴミ箱に捨てたときに、理事長がみつけた時に紛失した、と思っているなかはら(笑)
来週の予告の前に、原作プレゼントのところ。
役が抜けた話し方のヨコに比べて、役に入りまくっている田口くん(笑)
役が完全に抜けたヨコは、仁くんの鎖骨を触ったりと(笑)完全にお遊びモード…さっきまでの清四郎じゃないみたい。
そして来週は野梨子メインの回、Y&J勢ぞろいの回ですね!
小山くんはドラマにゲストで出ると、半分悪役みたいな役しかもらえないんでしょうか…クロサギといい…(笑)
あの小山くんの顔がそういう風なところを誘うんでしょうか(笑)
次回は清四郎が野梨子の変化にちょっとあわててたら、なかはらの妄想は成立するんですけどね(笑)


さて、このあとはコメントレスしますー。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/346-a6c0df91
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。