9月9日SMAP誕生日に思うこと。

2008年03月28日 09:51

今日はSMAPの16回目のバースデイです。
このことは散々SMAPブログに語ってきたので、ここでは別に重要なことではないのですが(笑)
なかはらは、この16回のバースデイをずっとずっと、お祝いしてきました。
でも、一番最初、1歳のお誕生日をお祝いしたときには、それを想像していませんでした。
きっとどこかで飽きてしまって、いつかはSMAPと関係のない人生を送っているんだろうなぁ、と。
なのに。
こうしてお祝いしている自分がいます。
なんだか不思議な感じもしますが、実は必然だったんだなぁ…って思います。
SMAPのメンバーの言葉や動きに一喜一憂させられる日々…あぁ、彼らに使ったお金を貯めておけば、きっと今頃お金持ちだっただろうに(笑)
なんて思うこともありますが、それ以上になかはらは大切なものを与えてもらいました。
きっと彼らを好きになっていなければ、知ることのなかったもの、考え方、そしてお友達。
常にべったり一緒にいるかといわれればそうではないけれど、お金では買えないものをもらっています。

そんな中、なかはらは関ジャニ∞と出会いました。
もちろん、なかはらはずっとジャニーズが好きだったので(笑)現在のエイトのメンバーがJr.時代どんなことをやっていたかも知ってきますし、見にも行ってました。
番組も自然に見てきましたし、ジャニーズ繋がりのお友達のおススメで、KYOTOKYOも松竹座も見に行ったことがあります。
「チケットあるねんけど、一緒に行けへん?」みたいな。
その時、実は物凄く『ピピッ』とくるものはありませんでした。
何だか楽しい人たちでしたけど(笑)
でもそれは、(なかはらにとっては)Kinkikidsや嵐とも同じで、決して関ジャニ∞に魅力を感じなかったというわけではないんですけど。
そして3年ほど前。関ジャニ∞がいよいよデビューするぞ!という頃。
なかはらは急に、『関ジャニ∞』に心惹かれました。
何が、どう、とかそういうことではなく、本当に『ピピッ』とくるものがあっただけ。
でもそこからは、彼ら『関ジャニ∞』に転がり落ちるだけ(笑)
今でももちろん、SMAPにも影響を与えられていますが、関ジャニ∞という存在にもまた、人生において影響を与え続けられているわけで。
こうしてブログをしていることだって、このブログで出会った人たちだって、私の人生をかえていくことになっているわけで。
…アイドルって凄い、と思う瞬間です(笑)

そんな中、このブログにも事件が起きてしまいました←こう書くと大げさだな(苦笑)
実はSMAPブログがオープンだったときにも同じような事件が起きているので、正直「またか…」と思いました。

でも、これは『関ジャニ∞』という存在が、大きくなってるが故なんですよね。
上にも書いているように、なかはらだけではなく、いろんな人が、いろんな人生を送っているののにも関わらず、この『関ジャニ∞』という存在に、影響を与えられているからこそ、なんだと思うんです。
何ヶ月か前にKinkikidsの騒動(苦笑)についてこのブログにも書きましたが、自分の人生を大なり小なり左右されているからこそ、その想いは大きくなることもしばしばで。
でも、人はただそれだけに人生を左右されるわけではないし、育ってきた環境ももちろん違うわけですから、時として違う考え方にも出会うでしょう。
そして、自分の価値観と違うからと、腹の立つこともあるでしょう。
…わかるんですよ、攻撃される理由も、それを気にしないでいいということも。
でも……悲しいのが一番かな。
結構、自分で『振り返り』をしながら、文章を作ってきたと思っていたので。
自分の考えを書くのがブログだし、自分の体験を書いて何が悪い、ってカンジもしないでもないですけど(苦笑)
やっぱり、見て気持ちいいものにしたい、って思いながら、文章を作ってきたつもりでしたから。

例えば。
あるブログで関ジャニ∞を批判するものを見た、ということにしましょう。
でもそのブログを書いている人は、関ジャニ∞のことを好きだ、と言っている、と。
「お金を払っているお客様を十分楽しませるべきだ」
…厳しい意見ってのは、こういうカンジのものが多いと思うのですが、なかはらはその意見、それだけの文字を見るのなら、「ごもっともだ」と思います。
出来上がったものを見て「楽しくない」と感じることについてはどうしようもないですが、ライブなんかは特に、あの空間に「楽しくない」という空気が流れるのだとしたら、そしてその原因がライブに出演している人が流している空気だとすれば、それは改めるべきだと思うし、プロではないと思います。
不機嫌だから、そのライブを不機嫌にしていい、というものではないと思うから。
好きだからこそ厳しい意見を、という考え方は、なかはら自身は間違っていないと思います。

でもなかはらのブログって、あんまりそういう意見って書かないじゃないですか(笑)
決して厳しい意見を持っていないってわけではないんですけど、なかはらがこのブログを書くときに、もし「嫌だった」ことを書くとしたら。
「じゃぁ、その時の自分はどうだったのか」と振り返って、自分のことを振り返って、そして、周りの環境も見て、最後に彼らを見るようにしています。
そしてその先に、自分と同じように、その人たちを好きな人たちがいて、その人たちと一緒にあの空間を楽しんだ人もいる、ということも考えます。
それはテレビでも雑誌でもいえることだと思いますが。

誰のためのブログでもなく、自分のためのブログだからこそ、なんですけど。
自分の価値観だけでモノをみていると、何も見えなくなってしまうから。
吸収できるものは吸収して、更に成長できるものにするため、といっても過言ではないかな。
…人のね、悪いところを見つけるのは簡単なことなんです。
だからこそ、人のいいところを見つけないといけないんです。
自分が「嫌だなぁ」って思っていることも、角度を変えれば、「あぁ、そういうことか」って、思えたりもするし。
人の想いに寄り添うことって、凄く大変なことで難しいことだけど。
そういう風に、生きていきたいから。

今回、本当にいろんな人に励ましていただいて、こちらのブログでもそうなんですけど、今はクローズになっているSMAPブログの人にも。
そんな人の想いに応えたい、と思っても、なかなか立ち上がれないでいた自分に、凄く腹が立ってました。
でも、腹が立っているでけでは、何も始まらないこともわかっているので。

一番はありがとうございます。
そして、ごめんなさい。

全ての人が気持ちのいいブログなんて、できないのかもしれませんけど、これからも関ジャニ∞を愛して、そしてその先に自分と同じように彼らと一緒に過ごしている人がいることを頭に置いて、これからもブログを楽しんでいけたらいいな、と思います。


…次に書く記事はきっと、普通です(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/272-0c2c3c20
    この記事へのトラックバック


    ENTRY