スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のレポ。

2008年03月28日 09:49

とりあえず『エブリデイ!』
昨日も宣言したとおり、エブリデイ!(笑)
本日は熊本公演、今日でライブ連続6日目。
さて、さて。どんなカンジなんやろ。


『痛快!エブリデイ!』(8月14日放送分)
【OP】
桂南光(以下、南光):さぁ、今日はですね、マルちゃんが。全国ツアーで回っとるんでございますけども。
関純子アナウンサー(以下、関):ね。がんばってらっしゃいますね。
南光:えー、どこにおるんでございましょうか?マルちゃーん
関&ピーコ:マルちゃーん
マル:はーい、私はですね、熊本に来ておりまーす
(FOMA映像は、なにやら和室?マルちゃんの背後に障子が見えます。そしてマルちゃんは黒のTシャツで、前髪を何かで上げていてオールバック状態です)
関:はぁー、熊本ですか。
南光:熊本。暑いですか?
マル:暑いですよ。しかもこの会場、熊本城の真横にあるんで
ピーコ:あぁ
関:あ、熊本城
マル:喫茶店が入ってるんですけど、その喫茶店からね熊本城のね、あの石垣が見えるです。
関:へぇ
南光:ふん。
ピーコ:それは、何、なんなの?(笑)
関:いや、なんかマルちゃん、お城好きでしょ?
南光:うん。なんかあんた、年寄りくさい趣味あんねんなぁ。
ALL:(笑)
マル:あの、京都出身でございますさかい。
南光:『ますさかい』(笑)無理やりやん
関:いやいやいや、歴史と伝統がね、はい
南光:なんかおいしいもん食べましたか、熊本で
マル:あのね、熊本ではまだ食べてないんです(悲しい顔/笑)
ピーコ:あら。熊本ほら、からしレンコンがあるじゃない。
南光:そうそう、馬刺しがあります。
マル:あっ、馬刺し(手を叩く)馬刺し昨日の晩食べましたわ
南光:食べたでしょ?
関:あら、食べたんじゃないですか、イイものを
ピーコ:あんなこと言ってんの。あなた昨日食べたもんを忘れるようじゃ、ボケが始まってるのよっ!
関:忘れたら勿体無い
(苦笑いマルちゃん/笑)
南光:そういうのをね、バサシ馬鹿よね、っていうんでございますね
ピーコ:やだぁ、バカだわ、もっと、もっとバカっ!何?落語家とは思えないっ!
南光:はい、どーもすみません(林家三平さんのマネで)
マル:楽しそう、スタジオー
関:あの、熊本は果物もおいしいでしょ?
マル:ふあっ、そっかそっか。
南光:そっかそっか(笑)
マル:果物食べてないです
関:はい、いろいろスイカもね…
南光:(関さんの言葉を遮って)キミの喋りには若さがないっ!
ALL:(笑)(マルちゃんも数秒遅れて笑ってました。)
マル:ありがとうございます←この言い方が超かわいんですけど…音声で載せたいー(泣)
南光:じゃぁ、今日はですね。『エエとこ連れてって』はどこへ行ったんでございますか?
マル:あっ、今日は栃木の宇都宮に行って来ましたっ!
ピーコ:あんた、もしかして、ウチの組合の古いのとついてったでしょ?
関:宇都宮とはどなたと一緒に…
マル:●●ちゃった(聞き取れず、関さんの声とかぶってるんですよ。。この時のマルちゃん、両手を頬に添えて、めちゃかわいい顔しています)楽しみです
南光:ほんまにもう(と、ピーコさんの肩を叩く)まぁ、後で見てもうたらわかりますけども
マル:(ピーコさんに向かって)ほんまに相変わらずですねぇ。
ピーコ:(笑)
南光:後ほど、またね
マル:はい
南光:出ていただきたいと思いますので
関:またマルちゃんのコーナーでね、つなぎますので
南光:どうも、じゃぁ後でね。ばいばーい
マル:はーい、さよなら(と手を振る映像で終了)


【マルちゃんのエエとこ連れてって】
中井雅之(以下、中井):さぁ続いては、マルちゃんのコーナーでございますが、えぇ、今日はですね、えぇ、栃木県の宇都宮市でございます。VTRどうぞ。
《VTR》
(JR宇都宮駅前からスタート。マルちゃんは緑(モスグリーンみたいなくすんだ色)と白のボーダーポロシャツ+ジーンズ)
マル:さぁ、今回の『マルちゃんのエエとこ連れてって』はですね、栃木は、宇都宮に来ております。宇都宮、栃木自体が僕はじめてなんで、何が名産で、何が特徴的なものかって、全然、全くnon知識できたんですけども
ナレーション男性(以下、男):そんな宇都宮の、エエとこ?今回案内してくれるのが、この方。
マル:(笑)(男性がくるくる回りながらの登場です)
??:マールちゃんっ(とマルちゃんの正面に。距離近い/笑)
マル:うわぁ(笑)マジーさんやっ!
男:マツケンサンバでおなじみ、マジーこと真島茂樹さん。実は宇都宮出身だったんです。
マル:栃木、まぁ、宇都宮っていうここの、ここの自体の名物って僕あんまり知らないんですけど、あるんですか?(ここで画面に『↑早くも肩に手が』と出る。なんとマジーの右腕がマルちゃんの右肩に回されている。でもマルちゃん普通/笑
真島茂樹(以下、マジー):あっ、そっか。うーんとね、今っていうかね、ここ20年ぐらいかな?
マル:はいはい
マジー:えーっとね、ギョーザ。
マル:ギョーザ。
マジー:ホントにね、何処って、宇都宮っていうとね、『あ、ギョーザね』…もう言うようになってんの
男:そう、宇都宮は餃子の街。なんと(宇都宮)市内には120軒あまりの餃子専門店がひしめきあっているとのこと。そこで今回はそんな中から、マジーさんが本当においしいオススメの店を、セレクト。今回の『エエとこ連れてって』は宇都宮で餃子三昧っ!
(場面変わって、裏路地系?)
マル:1軒目はどこですか?
マジー:あのね、目の前。あそこに見えるでしょ、ギョーザ!
マル:わかりやすっ
マジー:宇都宮。
マル&マジー:みんみん
マジー:って書いてあるでしょ(笑)
マル:うわぁ
ナレーション女性(以下、女):今回最初に伺った、マジーさんオススメのエエとこが、『宇都宮みんみん本店』(宇都宮市馬場通り4)
マル:ってか、行列できすぎじゃないですか、これっ!まだ、朝ですよ?!
マジー:そうなんだよね
マル:朝から餃子て、いけるんですか?
女:昭和33年に創業した宇都宮みんみんは、常に行列ができるお店として有名。観光客だけではなく、地元の人にまで愛されるみんみんの餃子は1日平均12000個も販売されるそうです。一番人気はこのさっくりとした焼き餃子。
マジー:(指をさして)大将です。
マル:あっ。どうも
マジー:(立ち上がって大将と握手しながら)どーも、ご無沙汰しております。真島です
マル:えっ?知り合いなんですか?
マジー:知り合いですよ、昔から
女:こちらご主人の伊藤さん。宇都宮餃子会の会長さんもされています。それではいただきましょう。これが並んでまでも食べたい宇都宮みんみんの焼き餃子(220円)そのこだわりは、ご主人いわく天候によっても焼き加減を変えるほどだそうです。餡にはさっぱり感を出すため、ハクサイを使用。
マル:いただきまーす(カメラに向かって上目遣い…これいつもやってますけど、計画的?ちょっとこのポーズにやられるんですけど、なかはら/笑)
マジー:焼きたてだからね
マル:(餃子ひとつをいっきに口にほおばりました)うわぁっ
伊藤:1個全部いれる、と。
マル:うわぁ、うぇっ(言葉になってない/笑。そして足バタバタ、手バタバタ、落ち着きなし/笑)こんなさっぱりしてていいんですか?!皮がうまいこと、こう、薄いんですよね。で、中身がぎゅっとなってるから
女:続いてはマジーさん、いかがです?
マジー:ごめんね。おいしいわ。やっぱり久しぶり、半年振りかな、1年ぶりに来たけどね。おいしいわ、ここの
(ここでよく見ると、マルちゃんの食べているお皿重なってます…あら、2皿目だ/笑)
マル:コレ食べてる人は、(いや違う、みたいなことを言った後)これ見てる人は、今日のお昼ご飯、餃子で決まりやね。絶対そそるこれは(といいながら餃子をほおばるマルちゃん。めちゃおいしそう)
マジー:ほんと、おいしい。
女:名人が焼き上げる、珠玉の餃子。行列に並ぶ価値はありますっ!
(場面変わる)
女:続いてご紹介する、マジーさんオススメの餃子専門店は、『中国飯店』(宇都宮市池上町3)こちらは女性でも気軽に入れるお店をコンセプトにした、餃子専門店。オフィス街にも近く、お昼はOLさんで満員だとか。特に女性に人気なのが、この蒸し餃子。あっさりといただけます。
店員:おまたせいたしました
マル:はい
マジー:うわぁ、すごいねぇ
マル:いいなぁ、湯気が立ってる。おいしそうv
女:この餃子定食は、ご飯とスープがついて、お値段なんと400円(安いなぁ)お財布にもやさしい餃子なのです。そのお味は?
マジー:ほんとにうまい(ほおばっているので、はっきりは聞こえませんが/笑)
マル:プリプリしてるっ!
マジー:ん、これね…(とここで、口元を押さえるマジーさん)
マル:熱いでしょ?(笑)
マジー:…ぷりっぷり。
マル:ね。
マジー:うん
マル:焼きとはやっぱり違う、独特なね!ぷるっvとしてて
マジー:好きでしょ、結構。
マル:はい、好きです。中からこう、ぷるっと
マジー:そうそう、ちゅるんちゅるん、ってカンジ?
マル:はい
マジー:なんての、これ?皮が…
マル:唇みたいな…いいんですかね、この表現は?
マジー:なんかちょっと思い出しちゃうなぁ(笑)
マル:(笑)何を思い出す…(と、でも目線は餃子一直線のマルちゃん/笑)
女:餃子の魅力はその食感にもあるんです。
(場面変わる)
男:(画面にはオリオン通りの文字)久しぶりに地元に戻ったマジーさん。
マジー:久方振り
(と、ここで2人の背後から「きゃーっ」と女性の声が)
マジー:あぁ、びっくりした(笑)
マル:激しいなぁ
男:その人気はやはり凄かった。ちょっと歩けば直に人に囲まれる。
マジー:こんにちは
マル:知ってんねんやー
男:結構嬉しそう。やっぱり地元はいいですね。
(場面変わる)
女:そしてやっと辿りついたのがエエとこ3軒目の『イキイキ・ギョーザ』(宇都宮市宿郷1)実はこちらのお店、ある特徴があるんです
マル:これ、何すか??
(画面にそこには驚くべき光景が!!の文字)
女:マルちゃんが見た、ある驚きの光景とは
(映像が壁に掛かったメニュー表…うわ、凄い餃子の種類…。とここでCM)

《CM明けVTR》
男:今回の『エエとこ連れてって』は、宇都宮で餃子三昧の旅(映像は2ステップを2人で踏んでいるところ。踊ってます、マルちゃん/笑)
女:続いて、マジーさんに連れられやってきたのは、『イキイキ・ギョーザ
マル:これ、なんすか?餃子の種類が…
女:ずらりと並ぶメニューの数。実はこちら、400種類の餃子料理が食べられるお店なんです。
マル:ここにあるのは(と背後にあった壁にかかったメニュー表をさします)もう昔からあるってカンジですか
マスター岩月さん(以下、岩月):そうですね。餃子自身はですね、えぇ元々は家庭料理なんですよ。ですから、家庭の数くらい餃子っていうのはできるんです。
女:中にはウニ、うなぎといった海鮮餃子から、フルーツ、チョコといったデザート系までありました。そんななか、2人が選んだのがこちら。和餃子いろいろ(元祖和餃子色々・220円…やすっ)こちらは、チーズ、ニラ、エビ、梅しそ、カレーといった10種類の人気餃子が一度に食べられるセットメニュー。(マルちゃん、なにやら食べています)但し、食べてみないと、中身はわかりません
マル:うんっ
マジー:なに?
マル:カレーっ!
マジー:カレーを食べたかった、僕。
女:続いてマジーさんが食べたものは?
マル:それ、香りがしましたよ、すごく
マジー:…なんだコレ?
マル:なんですか?
女:ここでマルちゃん、助け舟(マジーさん、マルちゃんに食べさせてます)
マル:あぁっ!ん?
マジー:これ、ピリカラ、少し辛いよね?
マル:(めっちゃもぐもぐしています/笑)ピーマンじゃないよね?
マジー:あっ、そっか、ピーマンかもね
女:マルちゃん正解っ!中身はピーマンの肉詰め。
マジー:おもしろいよね。
マル:おもしろいっ!
マジー:おいしいし、面白い。おいしくて面白いから一番いいかもしんない。
岩月:ありがとうございます。
マル:なんでこういう風に…
(とここで切られて、場面変更/苦笑)
女:そして今回、最後に訪れたのは宇都宮イチの格式を誇る、『宇都宮グランドホテル』 その中にある『中国料理 北京』(宇都宮市西原町142)
マル:ホテルの、中華で餃子ってのは、なんかヘンなカンジなんですけど。
マジー:だからそれが宇都宮なのよ
マル:そうですか…いやぁ、ここの餃子…
店員:いらっしゃいませ、お待ちしておりました
マジー:あ、どうもー。
店員:こちらへどうぞ
女:この『北京』は、本場中国の点心職人もいる本格中華のお店。だから、出す餃子も一味違うんです。こちらは、一見すると巨大なパイ。しかしよく見ると、なんと巨大な餃子。その大きさは通常餃子の140個分(『北京のジャンボ餃子 2500円 3日前までに要予約』)ホテルでのパーティーやイベントでは大人気の餃子なんだとか。流石、宇都宮。もちろん、予約をすれば個人でも注文をうけつけてくれるそうです。そんな『北京』で、今回マルちゃんが頂く餃子料理がこちら。豪華な食材をふんだんに使った『餃子のフルコース 白虎』(4800円 2名様以上)
マル:えぇっ?(頬と口元をおさえながら)何種類ですか、全部で?
マジー:あららららら
女:その内容は、この蒸し餃子を筆頭に(オレンジ色とグリーンの透き通った餃子。めちゃおいしそう)フカひれあんかけ餃子や、車えびのチリソース餃子などその数7種類(メニューが画面で流れていますが、割愛させてください…)まさに、餃子と本格中華のコラボなんです。そのお味は…
マル:(食べたのは一番最初の蒸し餃子(緑))あ…なんか上品やなぁ
マジー:これ、なんだろう
マル:うんっ、エビがそのまま入ってる…
マジー:エビがそのままだね
女:続いてはフカひれ餃子を一口で。
マジー:どう?
マル:とろみがイイです。コラーゲンたっぷりってカンジ
マジー:じゃぁ、フカひれと合うんだ。でも、中華味よね
マル:はい。いろんな中華が、餃子として、いろんなバリエーションで●●してるというね(聞き取れず・・)楽しいですね、なんかね。
女:食感、味を楽しむ、まさに究極の餃子。そして最後はこんなデザートが(卵型の揚げたもの?なんか形がおかしい)
マル:うっ!(笑)
マジー:すっぱい…甘い、これ。イチゴだ、これ。
女:そう、こちらは栃木名産のイチゴ「とちおとめ」にあんこをのせ揚げたデザート餃子だったのです。
マル:これ。おいしい。(手づかみマルちゃん)
マジー:これね、ちょっとね、「ビアン」(トレビアンの意らしい)
男:今回の『エエとこ連れてって』は宇都宮で餃子をめぐる旅。人は温かく、名物の餃子はどれも絶品。どうです?宇都宮って本当にエエとこでしょ。
(VTR終わりはマジーさんとマルちゃん、2ステップの後姿でした/笑)

《VTRあけ》
(何か食べている出演者たち)
南光:うーん、あっさりしてるな
中井:1軒目で登場しました餃子を、今みなさんで試食しておりますが。
関:私びっくりしたのがあの、安さです。
ノンスタイル・石田(以下、石田):やすいですね
関:凄い安いですよね。
石田:定食とかも400円でしたもんね。
関:びっくりしました
ノンスタイル・井上(以下、井上):僕知らなかったですけど、餃子って白菜いれたりするんですね。
ピーコ:白菜なの
関:あ、でも白菜の方が方がおいしい…
ピーコ:元々はくさいなの。
井上:そうなんですか?
中井:お味どうですか?
マル:ぶばばぁ(何言ってるかわからん?バンって言ってる?/笑)
(画面下にFOMA映像っ!あっ!ヒナちゃんっ!!)
関:マルちゃん、おいしいー
石田:あれ?
マル:おいしいでしょー?
関:うーん
ヒナ:おはようございます(と言ってると思う。ひょっとしたら最初のマルちゃんもコレ?/笑)
マル:あの、楽屋の方に村上さんが、来てくれました(ヒナちゃん、赤のシャツで、こちらもオールバック)
井上:あ、村上くんや
南光:村上くん(手を振ってます)
ピーコ:何つけてんの?村上くん(多分FOMA画像の乱れなんですけど、ヒナちゃんの顔の中心が白くなってます・・)
ヒナ:おはようございます。お邪魔しています。あのね、ちょっと熊本、のツアー中でして、あの、ちょっとマルの様子が心配やったんでね。今日はちょっとお邪魔させてもらったんですけど、コイツちゃんとやってますか?
国生さゆり(以下、国生):やってないよ
ALL:(笑)
(ヒナちゃん、手を叩いて爆笑です)
マル:今のだれ、今のだれ??
関:やってますよね
中井:今、言うたの国生さん
マル:あっ、国生さん
ヒナ:あっ、どーも
マル:いやぁ、またキレイならはって
国生:ありがとう、大好きv(笑)
石田:おっさんやな、言葉が
南光:まぁ京都の「べんちゃら」ってやつやけどね
マル:(笑)
関:でも、マジーさんと、いい雰囲気でしたね
マル:あ、ありがとうございます
ピーコ:あんたマジコ(真島さんね)とうまくいってるようだったら、帰ってきたらもうダメだよ。
ALL:(笑)
マル:いや、あのまだ、一度もプライベートではお会いしてないんで
ピーコ:(笑)
井上:怒ってるよ、ピーコさんが(笑)
南光:あの、村上くん
ヒナ:はい
南光:あの、マルちゃんてさぁ、なんか年寄りくさくない?
ヒナ:ちょっとねぇ。でも『エブリデイ』やってからね、余計老けたカンジがするんですよね
ALL:(笑)
ピーコ:村上、何言ってるのっ!
石田:番組のせいちゃいますか、それー
ALL:(笑)
マル:毎週ね、ピーコさんに抱きつかれてますから。そっからどんどん…
ヒナ:あの、多分、あんまりマルのエキスを吸わんとって下さい。
ピーコ:それはマジコにってよ、マジコに
ALL:(笑)
マル:あのね、マジーさんの密着度も凄かったですけどね
関:でも珍しい餃子、どれが印象に残りました?
マル:僕はね、やっぱり「宇都宮みんみん」が一番、僕は好きです、個人的に
南光:今頂いていますけど、とてもあっさりしててね
関:うん、おいしい。
ピーコ:あのさ、でっかいホテルの餃子はどうだったの?
マル:あれはデカすぎでしょ、140人前ですからね
ピーコ:(笑)
マル:あれは、パーティーとかには丁度いいんじゃないですか?凄い、目玉的には
南光:ほんで大阪へかえってきたらね、あの、うん、別の餃子、食べに行きましょか?大阪は大阪のうまいのがあんねん。てんぺい、てんぺい
マル:その時は村上さんも
南光:あぁ、村上くんも行きましょか。
ヒナ:あぁ、行きましょ行きましょ。是非ぜひ。お願いします。
関:じゃぁ、ツアー頑張ってくださいね
ヒナ・マル:がんばります。
南光:元気でね。ありがとう
ヒナ・マル:ありがとうございました
中井:来週はですね、金沢市ということで地元のおかみさんに案内して頂くそうです。
南光:それは、俺が行きたいわ


今回はプライベート写真はなかったですが、ヒナちゃんとFOMAひとつの画面で寄り添ってるカンジがめちゃ可愛かったですv
あとやたらと年寄りくさいと言われるマルちゃん。カッコイイとこ見せとかないとダメなんじゃない?(笑)
さて、お腹減った、ほんまに餃子にしようかな、今日のお昼(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/216-77070acd
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。