BDメッセージ@おおくら

2018年05月16日 00:00

前略 大倉忠義 さま

33歳のお誕生日おめでとうございます
最近は30代らしからぬ(笑)落ち着きも少しでてきたように感じて、大人になったなぁというよりは「オッサンになってきたなぁ」と思う事もしばしばではありますが(爆)
こうして年齢を書いてみると、「まだまだこれから」ですね

今年の1年、なぜ「落ち着きてきた」と凄く感じるようになったのかというと、たぶん32歳になる前からそうだったんだろうけど(笑)仕事に対しての想いとか、人間に対しての想いとか、そういうのを主にラジオを通して聴く機会、貴方からすると「いう機会」が多くあって、それによって「あぁ、この人しっかりした考え方のある大人なんだなぁ」と感じる場面がたくさんあったからだと思います
「関ジャニ∞」にはじめはなれなかったあの時、そうとう悔しい想いをしていたのはわかっていたはずなのだけど、あの時よりも何倍も貴方はきっといろんな悔しい想いを抱えて、それがあるから今があるんだという事がわかってるんだろうなぁと、きちんと伝わってくる機会が多かった
のと、改めて貴方は「ファンの欲しい言葉をくれるなぁ」っていうのを感じたから

今年はどうしたってすばるさんの事があるので、そこに絡めて考えてしまうけども
「それでもそんなすばるくんを僕は嫌いになれなかった」
あの言葉にどれだけ助けられたのか
きっと嫌いになっていれば楽だったのかもしれない
自分勝手だと怒って泣いて喚いて、関ジャニ∞を「捨てた」すばるさんの事を罵れたのかもしれない。
だけど少なくとも私は、貴方のこの言葉ですばるさんは関ジャニ∞を捨てたんじゃないと思ったし、「捨てられた関ジャニ∞」になる気なんてさらさらないんだ、って事もわかった。
凄い不貞腐れた態度で、自分でも言ってたけどあの場で感情を爆発させていた貴方は「子供みたい」で
だけど、自分たちと歩んでくれない、歩めない、そんな未来を貴方はきっと悔しい、と思ったんだよね
音楽に負けてしまった、それが悔しい、って
でもね、きっとわかっていたはず
その悔しいって気持ちは「大好きだよ」ってのがあるからだって事が
だから「嫌いになれなかった」んだよ、って事が
…この頃貴方は「曲げられない自分」を積極的に表に出すようになったけど、その曲げられない自分を「曲げない」わけじゃないんだよね
大好きなんだよ、って伝えたそれが、私にはそう見えてますよ、勝手な妄想だけど(笑)
そういう所、横山さんとも似てるなぁって思う、すばるさんのいう「長男気質」ってそういう所なのかなぁって思ったりもする
曲げられない思いがある限り、厳しい想いを口にする機会も増えている
だけそれははっきり思いを伝えても、最後の最後には他者の想いを大切にできるから
自分の大切な人になればなるほど、貴方は最後には「頑張ってね」と応援できる人だから
すばるさんの事での一連の発言には、そんな気持ちを勝手に私は感じ取っていました
あっているのかわからないけど、改めてそんな貴方が好きだなぁって思いましたよ
普段そんなにデレないけど(笑)私は貴方を好きになってよかったなぁ、って思ったんです

33歳の貴方の1年はきっと、これまでに見た事のない景色の連続で、自分の見ていた景色がない事の喪失感も新たな景色を見る事での感動もあるのだろうと思っています。
でもきっと、それに「悔しい」と思いながらも、きちんと向き合って「楽しむ」んだろうなぁって思っています
そんな貴方と「過去を忘れることなく」「新たな道を見てみたい」
私はそう思っています
だから、身体には気を付けてね(笑)またお腹壊さないでね(笑)
昨年の舞台以降、演技もまたちょっと良くなったと感じたし(笑)ドラムは言わずもがな、重さが欠点にもなっていた所がどんどん変わってきてるし、「成長」が見えるだけに
時には洗濯物に囲まれたソファーでダラダラして(笑)出前頼んで、みんなに甘やかされる末っ子でいてください(笑)
8割方クマでも愛してるよ(笑)

ありがとう。
これからも、よろしく。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY