BDメッセージ@マルちゃん

2016年11月26日 00:00

前略 丸山隆平さま

33歳のお誕生日おめでとうございます。
今年のお誕生日は自身がMCを務める生放送番組で迎えられる、というとてもタイミングの良い感じで(笑)
どんなスタートを全国にみせてくれるか、楽しみにしているわけですが。

32歳の貴方は…そうだなぁ、まずはベースのスキルがまたひとつ上がったなぁというのは大きな収穫かなぁと思います。
これまでよりもずっと「落ち着いて」できるようになってきた中で、あの、1/17の、とんでもないベースを見ていると、なんだか心がとっても揺さぶらたのも事実です。
うん、貴方にとってあの状況はとても怖くてしんどかったのかもしれないけど、貴方がどれだけ頑張らなきゃってやらなきゃって思ってたのか、があそこに現れていた気がして(笑)
最近はベースを構える位置が上の方で、それがビジュアル的にちょっと残念って私は思ってますが(笑)それでもやっぱりスキルが上がってきたことの方が嬉しいなぁって

あとはそうだな、なんといっても『マクベス』に挑戦したことが大きかったのかなぁと思います。
私も1度だけその姿を見に行くことができましたが、「いつも見せない顔」を見せていたような気がします。
うん、あれを見ながら思ったんですよね。
貴方は本来なら「器用」なんだなぁって
いや、別にすんごい不器用だと思っていたわけではないのだけど(笑)やっぱり球技が苦手だったり、ダンスを覚えられなかったり、とどうしても表に出てくる場面は「器用になんでもこなせない」所ばかりで
歌にしてもお芝居にしても、貴方はホントはとっても器用で
与えられたものの枠の中で「表現をする」ということは『マクベス』を通してまたひと段階あがったのかなぁ、と思いました。

ただここまで書いておいて何だけど、器用というか、独自の世界をもっているように見えて、自分のこだわりを捨てる事が躊躇なくできるからこそ、ってところも見えたりしているのですよ、うん。
よく言えば柔軟性がある、悪く言えば人に合わせちゃう、っていう
昔からそれはあるのだけど、いろいろ「プロデューサー」的なお仕事を垣間見るようになって、そういう貴方の気性の部分が、貴方自身をたくさんたくさん悩ませているんだろうなぁと感じるようになってきました。
不器用に見えて器用、だけど、自分の気持ちをコントロールする、もっというと「自分に影響する他人の気持ちから受ける影響のコントロール」についてはとことん不器用で
貴方自身は、自分の思うようにすれば自分は「風変り」だと思っているのだと思います
うん、正直それは否めないかもしれない
独自の世界観に私もついていけないところはある(笑)
だけど、見え隠れする「遠慮」は、しなくていいんじゃないの、と何だかとっても切なくなるのですよ。
ファンの求めているものがなかなか見えない事を不安に思ったり、自分にはその能力はないのだと卑下したり、そんな気持ちが見え隠れするというか
…エゴサなんてしなくていいじゃない、って(笑)
いや、真剣なお話ですよ、顔色なんて窺わないでいいと思いますよ
メンバーを、ファンを、周りにいる人たちを、楽しませたいと思う気持ちこそが、貴方の中にあればそれで。
媚びなくてもいい
…けどまぁ、ちょっと人とは違っている部分があるのだ、ということは自覚して頂いて(笑)
おいていかないでね。
どうせなら、貴方の世界に巻き込んで、笑顔をたくさん咲かせる人であってください。

ありがとう
これからも、よろしく


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY