BDメッセージ@すばるさん

2016年09月22日 00:00

前略 渋谷すばるさま

35歳のお誕生日おめでとうございます。
最近はすっかり初老姿が定番になってきて、初老を通り越してただの老人、なんていうのも見るようになってきて(笑)
老けたなぁって思います(笑)

いや、こんな書き方するとただ老けたように見えるけど(笑)
いい意味で、老成したというかなんというか。
しわの数だけ優しさがあるというか、なんというか←
去年も思ってましたけど、また一段と「とげとげしい」部分が少なくなって、まぁるくなって、人に対する優しさや自分が感じる喜びにとっても素直になってきたなぁ、と。
穏やかな年の取り方をして、子供にも優しくなって(笑)
きっとそれが本来の貴方で、貴方の抱えてきたものというのは、それだけ貴方自身にとって大きな負担のあるものだったんだなぁと最近はよく思います。

そんな中でひとつ気になっていること
去年の今頃は貴方の中ではきっと関ジャニ∞のメインボーカルは自分が背負っていくもの、という意識があったのではないか、と私は思っているのですが、2016年に入っては、そういうのを感じなくなってきています。
それはどうしてなのかなぁ、と。
「背負っていくもの」っていう大きな大役を、負担、と感じなくなったのか
それともメインボーカルは自分ではなくてもやっていける、と思ったのか
私はどちらか図りかねているけども、メインボーカル、なんてものは背負わなくてもきっと関ジャニ∞はやっていけるのだろうな、と。
こんな書き方するとなんだけど、貴方はきっと「一人じゃない」ってことをこの1年で余計に感じていたのかなぁと思います。
それは、関ジャニ∞の中での役割どうこうを考えずとも、自然とポジションをみんなが取れるようになったことと、どこか「特別」である横山さんと村上さんとの関係が、まったくの特別というわけではなくなって、下4人と貴方の間にもそれぞれ「特別」な何かが出来上がったからなのかなぁと思っています。
…回りくどいな(笑)
いや、貴方と他メンバーの関係性って、類似するものがない、というか。
渋谷すばる、という人間と関係を持つメンバーの、貴方との関係性の楽しみ方をみていると、渋谷すばるという人間は「仲間でさえも魅了してしまう人間」なんだなぁと思うんですよ。
チャーミングな部分もあるけれど、男もあこがれるかっこよさもあって。
でも崩れた部分すら「仕方ないよね、すばるなら」と思わせるところもあって。
そういう自分とこれからどうやって付き合っていくか、を貴方自身はとても楽しみにしてるんじゃないかなぁと思ったり。

うん、自然に、生きてくれたらいいなぁと思います。
時々そのやさしさからいろんなことをいっぱい考えて、キャパシティーオーバーになってしまってるところを見ると、オーバーするまで考えてないで、自分の好きな事してもいいんだよぉっていってあげたくなるから。
ま、どうしてキャパオーバーになるのかなぁって考えていくと、それは自分のためではなく他人のためなんですけどね(苦笑)
他人のために頑張る不器用さは見ていて微笑ましくはあるけれど。
きっと「渋谷すばる」の周りにいる人たちは、貴方があなたらしくいられることを厭わないと思いますよ。
だって、貴方は貴方が大切にしている仲間にいつもいつも愛情を注いでいるから。
…今年初めに見せた、あの涙が、何を語らずともそれを表しています。
あの時、大倉さんだけじゃなくて、メンバーに、そして貴方を思う、貴方たちを思うファンに、eighterに、めいっぱいの愛情を見せてくれた貴方。
貴方のその愛情が何よりもうれしかったし、きっとあの愛情にみんなが救われていたと思います。
だから、その愛情を自分にもちゃんと注いで、貴方があなたらしくいられるように、と願ってやみません。

もう35歳、十分気を付けてはいるだろうけど、体には気を付けて。
無茶なゲームやお酒も控えて(笑)←最近みんなとご飯いったりして楽しんでるって聞いてるから(笑)ストイックに整えなくなってそれも結構ほっとしてる(笑)
でも、貴方の思うままに、楽しんでくれたらいいなぁと思っています。

ありがとう。
これからもよろしく


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY