BDメッセージ@おーくら

2016年05月16日 00:00

前略 大倉忠義 さま

31歳のお誕生日おめでとうございます
ちょっと早めに準備するかなぁと思いながら1週間前から挑んでいたのですが、このメッセージを書いているのは結局15日になってから(苦笑)
この10年のメッセージを読み返したりして気持ちを整理しようと思ってたんですが、やっぱ今年は1月17日の「幕があいたらいなかった事件」が大きすぎて(笑)結局離れることができませんでした(笑)

いや、ね。
あの日、あの日見た光景は、私は「寂しかった」けど決して「悲しくて辛い」感情ではなかったなぁと改めて思っていたのですよ。
こんなことを言うのは懐古中毒みたいでなんだか嫌だったんですけど(笑)やっぱりメッセージを書くにあたって外せないなぁってなって。
今から書く思いは、きっと万人には理解してもらえないし、きっと貴方本人にも理解してもらえないかもしれない。
私が感じたあの日の想いで。

…デビューしてすぐくらいの時。
確かに貴方は他のメンバーから「遅れて」仲間になったわけだけど、でも明らかに「ポジション」が他のメンバーとは違っていて。
貴方が歌ってないポジションにいようともメンバー誰もが「大倉も!」って言わなかったのか、というくらい、1人デビュー曲を歌わせてもらえなくて。
真ん中で太鼓叩いてるのに、マイクがないどころか、ジュニアが貴方の前を通っていくから埋もれてしまったり、いつだかネタにしてたけど自分のソロの部分もないから抜いてもらえない、抜いてもらったとしても1回あるかないか、みたいな。
同じメンバーなはずなのに、1人出遅れた形になっていた「昔」があって。
それでもあの頃は『関ジャニ∞』は成立していて、大げさな話、貴方がいてもいなくても変わらない場面はあの頃はたくさんあったのだと思っています。
MCで貴方が何もしゃべらなくても成立して、挨拶きちんとできなくてもよかった、あの頃。
それが、ですよ。
あの日私が見た『関ジャニ∞』は、貴方がいないことで「ダダ崩れ」して「不安定」で「未完成」な『関ジャニ∞』だったんです。
そわそわ落ち着かないヨコに、ヘラヘラ笑って過ごそうとするヒナ。
いつもドラムをたたいている貴方がいないだけで、弾きなれた『LIFE』のベースを完全に飛ばしてしまったマルちゃん、貴方の役割まで頑張ってこなそうとするヤスくん
何度も貴方がいつもいる所を見ては「あぁいなかった」と残念そうな顔をする亮ちゃん
そして、思わず涙しちゃったすばるさん。
あの日の『関ジャニ∞』は不完全で成立しなかった。
10年メッセージを書き続ける中で、貴方が名実ともに『関ジャニ∞の土台』になっていく姿をずっと見てきました。
そんなに頑張らないでいいよ、気を張らなくてもいいよと、甘やかせたい気持ち満載でメッセージを綴って、土台である事に執着しないでいいよ、とすら思っていた事もありました。
だけどあの日、改めて感じたのです。
本当に、貴方は『関ジャニ∞』に居場所を見つけて、なくてはならない人になっていたのだと。
…これはホントに、「そんなの当たり前じゃない」と言われてもおかしくない事だから、私の勝手な思いなのかもしれません。
だけど、私はあの日、今にも倒れそうなのに貴方の、『大倉の願い』を倒れそうになりながらも必死でかなえようとするメンバーを見ながら、本当に愛されて良かったね、と思ったのです
愛される人に、必要とされる人になったこと、貴方が努力して頑張ってきたからこそ、なんだなぁと思ったんです。
私は、5年くらい前までは貴方の事を「関ジャニ∞になりたくてなったのに、関ジャニ∞の中に居場所を見つけられない人」だと思っていました。
徐々にそれが薄れてきてはいたけど、あの日本当に実感したんですよね。
貴方が望んだ居場所、そこにあるよ、って。
ぽっかり空いた、ドラム前
ぽっかり空いた、そのポジション
物理的なものだけじゃなくて、ファンもメンバーもスタッフの心もぽっかりあいていて
どんなにみんなが、メンバーがスタッフが、エイターが頑張ってもその穴は埋められない、大きくて深い穴で
貴方がそこにいなくても、貴方の場所はあって…
「大倉忠義が一生いなくちゃいけない場所は「ここ」なんだよ」って
生きてく場所はここなんだよ、って

不完全なものはみせられない、その気持ちはあの日のメンバーからも感じましたし、ファンも「不完全なエイトをみたいわけじゃない」って気持ちもあるでしょう
だけど私は、あの「不完全さ」に、改めて貴方の望んだものが状況がちゃんと手に入っていたんだと思いましたし、改めて貴方のいない関ジャニ∞は、そして「誰かが一人でもいない関ジャニ∞」は関ジャニ∞じゃないんだなっていうことを確信させてくれました。
誰一人欠けても関ジャニ∞は成立しない、そんなグループなんだな、と
不完全なあの日の事を「記録にすべきではない」と思う人もいるでしょう
美化するべきことでもないし、いるべきところにいないという所を見て辛くて悲しかった思いを持った人もいるでしょう
だけどあの「愛情」が少しでも形として残る事になったのは良かったのかもしれません。
あの愛情は、日々のことでわかってはいただろうけど、貴方が改めて自分の事を認めて大切にしなきゃいけないと思った証で、一生捨てられないものだから
…ま、まだ中身は見てないのだけどね(笑)

ただあれをみた貴方はただただ悔しかっただろうなぁと思います。
もちろん「ありがたいなぁ」という気持ちはあったでしょうけど、「あの場所」にいなきゃいけない自分がいなかった、という事がどれほど悔しかったのか、私には想像できない程です。
「今後そのような事がないように」ととってもストイックに気を張りそうな気がしています(苦笑)
でもやっぱ、私は、ツアー中に他のメンバーとご飯いったりお酒呑んだり、ゲームしたりしてほしい(笑)
何にも気にしないで朗らかに笑っててほしい。
…DVDのライブDVDの宣伝をラジオでしているのを聞きながら、そう思ってました。
「僕は出ていませんが」そう言いながら宣伝する貴方の声を聴きながら。
もちろん気を付けられる所は気を付けてほしいのですがね(笑)
きっとこんな形になって悔しいのは貴方だし、いろいろなことを目にして耳にするたびに、自分さえどうにかなっていたら、と何度となく思うのは貴方自身で…きっと開き直れないだろうから、そのうち、全ての責任は自分にあるのだからと思い込みそうで…意外と?ネチネチ陰湿だからね、大倉さん(爆)
確かにファンも「なんやねんそれ」と思う事があったりはしてるけど、全部の責任とろうとしないでほしい
だからって「何も気にしてないよ」ってふりして、自分の気持ちを押し殺して笑ったふりもしないでほしい
難しいこというなぁと思ったでしょ(笑)
いやでも、私は心の底から貴方に笑っていてほしいんですよ。
いつも朗らかに笑っていてほしいんです。
笑って生きててほしいんです
それを、あの日、強く思いました。
「大倉の笑い声は世界を救う」
いつだかにヤスくんがいったけど、大げさでもなんでもなく、貴方が笑って生きていたら嬉しいと思う人間がここにいるんですよ

…どうだ、なかなか重たいでしょ(笑)
いやもちろん私の理想みたいなものがあって「こうなったらいいなぁ」っていうのとかありますよ(笑)
してほしい事だってたくさんある。
だけど私は30歳の貴方に「ただ笑って生きてる事のすばらしさ」を改めて感じさせてもらったきがしています。
本当にありがとう。

31歳の貴方に注文を付けるとしたら。
食べ過ぎないように、美味しいものはほどほどに
無理してるなと思ったらしっかり休息はとって
すこーし体力が落ちてるような気はするので(爆)好きではないけど維持するためのトレーニングはぼちぼち始めた方がいいんじゃないの?
…あれ?注文つけすぎですね(笑)
いやでも、やっぱ、笑っててください。
ちょっと太ってて人生最大の体重になろうとも、ヘタれでお腹がワンパックでも、見切れてても笑っててくれたらそれが一番です


ありがとう。
これからも、よろしく。



…あ、余談ではありますが私の愛すべき相方ちゃんが1/17の事を振り返って「いつも見切れてたけど、ついに見切れきったな!」と言ったのね(笑)←もちろんユーモアよ(笑)
そういうネタで楽しんでくれる相方ちゃんと一緒に、これからも愛情注いでいけたらいいなぁと思ってます(笑)










例年にないくらい重いメッセージになりましたが(爆)
続きに書くのは個人的に思った事なんですけどね
正直、お誕生日メッセージにはそぐわない内容なので、以下は17日以降に読んで頂けるくらいの内容なのですが(爆)










Twitterでもブログでも、元気がでるライブのDVDの装丁を見て「予約したけど買わないかも」みたいなのをちらちら見かけたのだけど。
お金に余裕がなくて仕方なしに、みたいな人以外はできるだけそれは避けてもらいないかなぁと思ったんですよね。
あ、言っておきますが、別にインフィニティの回し者ではありませんよ(笑)
なんでそんな事をいうかと言うとですね
今回の販売形態は「確実に売れるものしか作らない」わけです
今後市場に出す予定はないわけです
なので予約数を見て(若干多めに作ることはあるかもしれませんが(不良品対策のため))どれくらいの枚数を作るかを決めるわけです。
なのに売れないで返ってくるようなことがあるとインフィニティは在庫を抱える事になります
在庫を抱えるってことは「ものが売れない」ってだけではなくて「売れなかったものを保管する場所」が必要なわけです。
DVDの1枚や2枚別に関係ないよね、みたいな事を思う人もいるかもしれませんが、そういう人が増えれば増えるほど、予約したのに買わなかったそれはずっと保管する場所を必要としてしまうので、今後ずっと余計な経費がかかります
処分するにしたって、余計な経費はもちろんかかります。
且つ今後の初版の枚数にも制限されて「予約しても手に入らない」現象が起きやすくなります
だって「予約しても買わない」層がいるのだから、確実に買ってもらえる枚数しか作りたくないじゃない、会社としては、という話です。
インフィニティは所属アーティストが「関ジャニ∞」しかいない弱小企業です(笑)
もちろんJS傘下、もっというと大元はめちゃくちゃ大きい会社なのでつぶれたりはしないでしょうけど(笑)いらない経費は抑えないといけないような弱小企業なので、「予約したけど買わない層がいる」というのは著しい問題なわけで。
正直、在庫を抱える倉庫代とか、いらなくなったものの処分代とか、そんな所にお金をかけるくらいなら、ライブの衣装やセット、もっというと万が一今回のような事があった時のリスクヘッジのためにお金をかけて貰ったほうがどれだけ有意義か、という話でして。
確かに「うーんそれは」と私も思う装丁ではありましたが、お金は落として頂きたい。
落とせる範囲できちんと落として頂きたいのですよ。
「払う所にきちんと払う」姿勢が見られれば、改善されることもたくさんあります。
同じ事務所でもお兄さんたちのグループになると「しかるべきところにお金を落とす」お姉さんのファンが多いので、ファンが望むものを作りやすいといった傾向もよくよくみればあります←よくよく見ないとわからないのか、っていうのはとりあえず置いといて(爆)

…ま、これも結局偏った考え方なのかもしれませんけどね(爆)
私も「ジャケ買い」とか「装丁買い」みたいなことしますしね、ジャケ写とか装丁大事なのは重々承知してるんですよ。
「気に食わない」って言ってる人の気持ちもよくわかる←
でもま、私は、↑にも書いたように、ただ大倉さんが、いや「関ジャニ∞」が笑って生きてくれたらいいなぁって思うような所になってきてしまっているので、そのために落とすお金はヘでもなくなっている、という感じなのかもしれません(笑)
ま、もちろん自分のできる範囲でね。
と、戯言でした←



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. なかはらあつみ | URL | -

    Re: はじめまして

    ぽちさま

    こんばんは、お返事が遅くなってすみません(;´・ω・)
    不買運動についてはね…気持ちとしてはわからなくないけど、「お金払わない」っていう時点で物を売るレコード会社や事務所にとっては「お客様」じゃないのだから、お客様じゃない人のいう事は聞かないのは当然、ってのと、あの事務所に「お客様を獲得するために媚びる」ってことを期待するのが間違ってるのと、ってのは思います(苦笑)
    「こうしてほしい」「こうなってほしい」それを要求すること自体が悪いとはいいませんし、もちろん自分の理想とするものや好みがあるのは当然なので、それを買う買わないは自由ですし、個人で好きなようにすればいいんだけど。
    好きなタレントの「マイナスな情報」を流せば流す程、世間にはいいイメージは流れていかない、いいイメージが流れないと印象商売のタレントは新しい仕事がもらえないし売れないから困る、っていう図式だけはいつも頭に置いといてもらえるといいなぁと思います。
    ファンがマイナスな感情が少なくて良いものにしたい、と努力している部分もきっとあるのになぁ、マイナスばかり見なくてもいいのにな、と←

    SMAPについては、実はとっても閉鎖的にスマブログがあるのですよ←(笑)
    むかーしむかしにスマ版の関係論を書いたこともあるのですけど、ま、今はちょっと見えにくすぎて(苦笑)
    どこかで少しお話できるといいんですけどねぇ

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY