スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!! 2015年12月13日 札幌まとめ

2015年12月13日 23:00

レポまとめということで。
Twitterに載せていたものをこちらにうつしてきました。
公演中に超高速メモで頑張ってはいますが、ニュアンスの所もあります(;´・ω・)









【セットリスト】
手書き(落ち着いて書き直した分)
経過時間やステージ位置記載

CWJMqtFU8AAjww_.jpg





【MC】
村:改めまして関ジャニ∞でーす
全:どうも
渋:ようこそいらしゃいました
大:おひさしぶりです
村:はじめましての方と、ご無沙汰しておりますの方が、いらっしゃいますかね。
大:存在してますね
渋:ありがとうござい
錦:早いスタートですね、3時(15時)スタートですからね
村:そうですよね
丸:汗ふいたりとか、みなさんも
錦:ちょっとふいていい?
丸:お化粧等々
(このあたりでヤスが村上さんにお水を渡そうとしているのだけど距離感かなり近くて村上さんがびっくりしている
錦:モニュメントでてくるかもしらんし←これなんだ??
安:15時公演というのは…前回とかも15時でしたか??15時ではなかったですよね?ちょっと早いんじゃないですかね
大:でも初日ですもんね
村:初日ですよ
安:おまたせいたしま村:グッズは皆さん、いろいろと見ていただけましたか?
大:前回から僕らのプロデュース業がはじまり…
村:そうね、それぞれ担当したものがありますけども(会場が)キレイですね、今回は
大:ペンライトすごいキレイやねぇ
丸:ホンマやなぁ
(客がペンラをふる
村:ありがとう、ありがとう
大:それってもちやすいの?普通?
村:普段の形と今回、どっちがもちやすいん?
丸:持ちやすい人手あげてー
渋:あ!
安?:結構持ちやすいんや
丸:イマイチと思う人手あげてー…あげられてるわ!
大:ま、いろんな意見がね
安:2/3くらいは持ちやすい感じかなぁ
村:持ちやすいの人が多かったな
大:これからはタンバリンですね
安:そうやなぁ…って毎回タンバリンも困るやろうけどな
丸:関係ないよ(笑)
錦:そうやね、あれもだって何回もこれやないこれやないって何回も何回も打ち合わせしたもんね
大:タンバリンの大きさとかね
錦:そうそう。ラバーなのか、ぷらっちっくなのか(プラスチック関西弁(笑)
村:まぁね、喜んでいただけてるんであれば
横:ありがたいね
丸:あの、パンフレットもね。なんかこうアイドルならではの仕様になってて
錦:はい
安:いっぱい写真があったから皆さんうれしかったりするんじゃないですか?
村:いや、見ごたえありますけどね
丸:そっか、まだ見てない人もいるんだ、だから
大:何か、アイドル誌の大特集組んでもらった、みたいな
錦:そうそう
村:しかし皆さん、ツアーもはじまりましたが、いろんなとこでいわれてると思いますが、2015年ももう終わってしまうという中でね、今年もありがたいことにまた紅白出させてもらえることになりましたので
横:そうですね、ありがとうございます。皆さんのおかげです、ホントに
村:皆さんに支えていただいての
丸:ホントありがとうございます
村:ちょっとね、まだ、何歌うかとかはお楽しみではありますけど…もう…今年もダメでしたね、丸山くん、流行語はね
丸:いけませんでしたねぇ
大:今年なんか推してた言葉あったんですか?
丸:去年の末から「ボロネーゼ」というのをねやってたんですけど
安:きいてないっすね(笑)
丸:でもちょっとすごい個人的な欲求が入ってしまってるっていうのがあったのかな
村:個人的な欲求?
丸:ちょっと目立ちたいなみたいなところがあったんで。そういうのがあると邪念があると流行語って選ばれないじゃないですか
村:あ、ちょっと何いうてるかわからないですけど
丸:あ、今ずっと英語でしゃべってました
村:そうなんですか、日本語でぜひ
丸:でもポリネシアン…
村:ポリネシアンはすごい浸透したよな!
丸:ほんまでっかTVこわ!って思いました。でも不思議なもんでまだ今回ポリネシアンのうちわを見つけてないんです
村:そら丸山さんにみんなが気をつかってるんじゃないですか?
丸:そうですよね…あ、作ってきてる人いるわ
村:こういうの、ポリネシアン的にはどう思うんですか?いろいろラジオとかでいってたじゃないですか。ポリネシアンってうちわやられてもどうこたえていいかわからへんわ、みたいな話もあったじゃないですか
丸:そうですね
村;でも作ってきてるんですよ
大:だから、この初日までにどう(ポリネシアンうちわに)応えるかって考えてきたんですか?
丸:一応、考えました
村:そっか
渋:…ラジオでいってる時点で一番ポリネシアンですけどね
丸:まぁね、たしかに
大:だいぶ準備してるやん(笑)
安:そこでも、ですからね
丸:(ポリネシアンといわれる行為については)無意識やからさぁ、いってもらわなポリネシアンかどうかわからんのよね
村:でも初日いましたよ
大:なんて(リアクション)するん?
安:そうや、なんて返してほしいんやろ?
丸:だからポリネシアンに返しますよ
錦:…どういうこと?
丸:うちわ見ました、(なんかぷいっとへそ曲がってるようなリアクションをしている)こうですね
安:えー…
大:ちょっとだってしかとしてるやん
?:ねちっこくないやん
丸:ねちっこく?
大:ねちっこーい人やん
横:マルって?
大:うん
(何かやろうとして、痰が絡んだ丸山さん
大:(笑)
村:体調わるいんか?
大:なんではきそうになったん(笑)
安:急に体調わるなった
丸:ねちっこさを…
丸:…なんていうのかな…
大:マルちゃんっていろいろ返してくれるから
村:そうそうサービス精神でな
横:期待してるんじゃない?ファンのみなさんも
丸:じゃ次どっかいった時見つけた時にやります、その瞬発的ポリネシアンを
横:お楽しみってことですね
丸:お楽しみに
横:うん
村:たぶんたいしたことは出てこないと思いますけど
安:先にいうときますけど
村:ご了承ください
丸:後悔させてやるからな!
錦:どういうこと?後悔させてやるって
(さっきからマルちゃんの言ってることはわからない錦戸さん←
村:それ、掘ってもあの温泉もうお湯でえへんで、あかんあかん
大:なんもない、なんもないよ!
村:源泉ながれてますからね…うちわとか、ヤスは応えるの?(ファンサするの?
安:応えられるやつは応えますけど、でも歌ってる時に森進一やってっていわれても…
横:えー!できるんちゃうん?できるよ!
安:むりむりむり!
横:森進一さんは歌手なんやから
渋:いつなんどきいけるんじゃない、歌手やからね
横:そうやん、森進一さんは歌手やん。そりゃできるよ、やろうとしてないだけやわ
安:そっか←単純(笑)
横:うん
安:さっきちょうど○○歌ってるときくらいにでてきてん
横:○○で1回やってみて
村:○○いけんちゃう?
(○○、は曲名。一応伏せてます)
(ヤスくん歌いながら森進一顔真似)
安:無理やって!
大:いけんで!
安:俺の中でクオリティがめっちゃ下がってる感じがすんねん
大:(うちわを持ってる)その人はめっちゃ喜ぶけど、あとの人は何やってるかわからへんな
村:(笑)ただふざけてると思われるやろな
安:基本的に舌が前にでてくるから歌ってる時に言葉が伝わりにくくなる
渋:そろそろ怒られますよね
安:ホンマに伝えんといてくださいね、SNSとかやめて下さいよ←すみません
渋:(笑)
村:亮は(うちわに)応えるの?
錦:僕?僕はなんかそういう要求はないですね。
村:なんとかやってっていう?
錦:なんか要望です。『前髪あげないで!』とか。『サムライせんせいお疲れ様!』とか
大:メッセージやん(笑)
錦:手紙、手紙!
村:でもちゃんと届いてんねんもんな
錦:いや、見てますよ。ま、でも見てたらちょっと思いますよね。
錦:なんか応えた方がいいのかなぁとか。でもそれで前髪下ろしたらなんか違うし、みたいな
村:(笑)葛藤してんの?
錦:お疲れ様って出てきたら「ありがとう」って思いますけど
村:あぁそやな。わかりやすいしなぁ
錦:うん
村:すばるは?やるん?
渋:僕はもう完全に好みで選んでます
村:好みというのは…
渋:自分の名前とか、自分とか人とかじゃないくて、かわいかったり、おっぱいでかかったり
村:(笑)
渋:自分がぐっとくる
村:アホや(笑)
渋:これもひとつの出会いやと思うんですよ
村:そりゃそうですよ、出会いは出会いですから
渋:ばーっとみててあれ?って気になった人ってすごいでしょ
村:そりゃきれいな人もいるでっしょうけど
渋:そういう、素直に反応した人に手をふります
村:体が反応した人に
渋:だから素通りされた人は好みじゃない
村:正直でしょ!うそつけないんです、彼…大倉は?
大:僕は、手振ってくれてる人に手振る感じですかね?歌ってる時にたとえば今なんやろ、『アウっ』ってやつとか、こういうのが目に入ってきたらなんか「アウっ」っていうてまいそうにならへん?いや歌詞とんだりしそうなのよ。なるべくがんばるけど…
横:『アウっ』って見えたら『アウッ』っていいたなるん?喋ってていいたくなったらいうてみてよ
大:喋ってていうたらおかしいやん
横:普通に喋ってていいたくなったらいうてみて
大:いやいや、普通に喋ってるけどね、そういうことになりたくないから、あまり集中してみられへんだけで、そうじゃない場合も『アウっ』よ
横:(笑)
大:ぱってみたらいっちゃうから
横:ぱってみたら言っちゃうん?
大:言っちゃうねん
横:我慢しろよ!アウっっていうなよ
大:アウっとはいわんけども、俺の名前書いてくれてるのとかはね凄い嬉しいしあと顔とか、あと金髪のうちわやから今回わかりやすいからアウっ
横:(笑)いうなって!
大:だって(『アウっ』のうちわを持った人が)真ん中におんねんもん
横:いうなって。我慢しろやプロなんやから
大:プロって我慢せなあかんの?
横:(笑)
大:何その定義?!
横:そこは『アウっ』
大:いうてもうてるやん!
丸:なにそれ?うつんの?
横:(笑)
大:なにそれ、フリにつかわないで!フリにつかわれた!
丸:横山は?←呼び捨て
大:(笑)
横:僕ですか?基本的にまぁまぁしますよ、ファンサービスは。ファンサービスしかしないですよ
渋:へーそうなんや
錦:『しゃくれて』とかやったらどうするんですか?
横:それはもう日常ですから
錦:日常??
横:もう成立してるんで
大:なにその自虐やめぇや(笑)
横:あぁやっていわれたらそうやって対応しようって決めてん、もう
大:でもどういう(うちわ)のが多いんですか?要望とかって
横:『かめはめ波して』とかさ。ホンマにされたらどうすんねん、とか思いつつ。ホンマにしたら死んでしまうからね。かめはめ派とか
安:そのうちわもってる子がベジータとかかもしれへんやん
大:(笑)
村:そっちかー!
横:その発想はなかったわ!
村:その切り口かー!
大:横山くん、悟空なの?←
安:かもしれん
大:こわいやん
横:その発想確かになかったわ
村:でも(かめはめ波)やんの?応えんの?
横:そりゃもうしてますよ、一応ね。村上さんどうなんですか?どんなんがあるんですか?
村:俺基本的にやらないです。
安:やらないんや
錦:思いっきり断ってるんすよ
村:ツバかけたり
大:唾かけたり?
村:1回あったんですよ、『唾かけて』って(うちわ)
安:すごいな!(笑)
村:『どついて!』とか
大:なんかドMな人がきてるやん
安:そうやん
村:なんかおかしなってきてるから
大:趣旨がおかしい。だからたまに『パーンして』とかっていうのをやってくるんですけど、そんなんもうNGですよね
丸:あと今日誕生日とかってきらいでしょ
村:今日誕生日、大っ嫌いですね、僕。そんなん我々のスタッフにもいっぱいおるわけですから
大:そうね、個人情報垂れ流しですからね
村:今日誕生日の人いますか?…ほらおるでしょ、はい、おめでとうございました
丸:ちゃんと伝えてあげてるんですけどね
大:こういうアイドルもいるんです(笑)
村:でも手はふりますよ、手ふったりとかはしますけどピンポイントのやつって細かいのとかもあるでしょ。特に丸山さんのファンの方に多いと思うんですけど。すごく昔のギャグあるじゃないですか。僕らでもあんま覚えてないような。たまーーーに『テキサスして』とか
丸:あれは結構簡易的な…
村:知ってます?
安:わからへんやろ
村:知ってるって方?知らない方?(知らない人1/3くらい??)でも知ってるって人の方が多いんや
大:え、俺が忘れた…
丸:忘れんなよ!いくよ、うー「テキサース!」←テキサスはお客さんがいう
村:(客に)声でてへんで!
大:…それやったわ
横:(笑)(空気がヘンになったので)こうなるのわかるやん、今の
大:いや見たかっただけやん
横:大倉、最近マルにめっちゃわるいで!
大:悪ないって、今のは純粋な質問じゃないですか、どういうギャグでした?って
横:で、マルもその気になってやるやろ
丸:だってうれしいもん
横:嬉しいもんちゃうわ
村:ボロネーゼは?
丸:ボロネーゼはしってますよ、いきますよ「ボロネーゼ」
村:…いやいややってる感はありましたけど
横:知っててどうするん?
丸:え?
村:知ってたら楽しいからや、そら
錦:え、それって何なん?
横:何なんっていうたらあかん
錦:ちゃうちゃう、ギャグなん?
丸:ギャグっていうかコール&レスポンス
横:それもみんなしらんやん
丸:そういうのりやったらついてこれると思うで。SAY!Ho!Ho!ボロネーゼ!パーン!テキサース!
村:それ言う手も繰り返してるだけやん!
横:それはせいっほー!があるから…
大:だってもう、セイっていうてもうてるやん!
丸:だからC&Rやからギャグかっていわれると確かにそうじゃないかもしれん
横:それは錦戸さんの意見が正しいわ、みんなただ単に「ボロネーゼ」いわれただけやもんな
丸:テレビとかで「丸山さん一発芸のパーンやってください」って。でもコンサートやから成立するわけであって
錦:そうや、普通に言っても全然おもしろくないもんな
丸:そうやねん
錦:おもしろいやつじゃないんやもんな
丸:『PON!』とかでさ…
錦:いやおもしろいヤツじゃないよな!
横:そこはいってあげて(マルにむかっていっている)気になってるから、彼(錦戸)
丸:…いまなんかいれてる?
錦:うん
横:おもしろいかおもしろくないか言ってほしいって。言ってあげて
丸:えー…楽しい!
大:一緒に楽しいやつね
横:楽しい大事やな
丸:楽しいやつやな、解釈を間違えられると…
錦:合言葉なん?
丸:そうそう
大:でも『PON!』でしてっていわれたら返してくれる人がいないもんね
丸:そうそう…何いってんの?←わかっていなかったらしい
全:(笑)
村:共演者の人で返してくれる人がおったらええけどって
横:パーンが一発芸って浸透してるから。違うんでしょ?C&Rするためのものなんでしょ?
丸:そうなんですよ、C&Rのためにあるもんなんで。ちょっとね、新しいギャグ考えますわ
大:俺、ぶんぶんぶーんって凄いすきなんやけどな!
村:あぁ、あれ勢いあるしな!
丸:♪けんがいの、ちょうせーんしゃ!ぶんぶんぶーん!
(すばるさんが何かをおなかあたりにくらったリアクション、ヨコはそれを見て笑っている)
横:ちょっとまって!これマルがブーンっていったらすばるが「おぅ」っていう流れなんなん?そこが一番おもしろいねんけど
大:ダメージってなんなん?
村:それはいってもわからんやん(笑)
横:お客さんがぶーんていったらすばるが「おぅ」っていってるんですよ。これようわからへん、もう1回やってもらっていいですか?
(マルが再び歌う、やっぱりおなかに何かをくらったらしいすばるさん)
安:これつたわらへんよ
渋:これは、これは…
錦:楽屋におる雰囲気なんですよ
渋:これは言うことじゃない
錦:うん
横:なにをやってるんって思って
丸:ドームでそんなんやってもわからへんもん
村:そりゃそうや楽屋のやつや
大:横山くん、10年一緒におってわかってないねんもんな
横:いや何をやってるの?って思ってさ。言わないとお客さんが「アイツ真ん中で何やってるん?」って思うやろ
渋:今の何万人のヤツも強かったけど、あのジャニーズのやつ
丸:へいせいじゃんぷの
丸:アイツが一番強いねん
村:あれどんな歌やった?
丸:そこの部分だけでいいですか?
村:いいよ
丸:♪謎のラブミサーイルっ
渋:おぅっ!←またやっている(笑)
大:つよっ!これが一番強いんや!
横:なんなんそれ??
村:あの、北海道の特典の映像みていただけました?夏休みやっていうてきた時のバスの中の会話もわけわからんかったでしょ
大:そうやね
渋:あぁいうのダメですね
村:太平洋のくだり…あれなんやったん?
大:でもあれ太平洋ににてたんですよね?
村:僕が地図開いて日本海側?太平洋側がいいかな?っていう話をしてたんですよ。そしたら急に始まったんですけど
渋:あれはでも…ダメだよね
村:あれこそいつものノリやんか
大:ホンマに楽屋の折るときの感じやからね
丸:でも北海道感で浮かれてたからね
横:でも面白かったね、北海道ね
大:たのしかった。横山くん凄いフリスピー楽しんでたもんね
丸:フリスビーやってたっけ?
安:楽しそうにやってた
横:なぁ。ちょっとお酒入りすぎてたやつやろ?
村:あれひどかったで
横:あれもうようみんわ、怖くて。なんかサイコロふってたやつやんな?
大:サイコロふってたやつ
丸:これで名前が出た人売れるってやつ
村:いうてた
横:村上ばっかり出たやつやろ
大:そうそう。むっちゃうれるやん!って
横:で、これでたらありがとうっていうとかいって思いっきり自分でたやつな。
丸:自分にありがとうってやつな(笑)
横:そういう特典も見ていただけたら嬉しいですけどね
大:BBQばっかりしてるよね
横:俺ら節目節目に肉焼いてるから
渋:あのホタテのくだりがたまらんわ!
安:あれでも北海道ならでわですよね
渋:あれはもう何回みてもたまらん!
横:北の大地がそうさせたんやな
渋:ホタテない!いうて
丸:ホンマになかってんもん!
横:わからない方は見ていただいたらおもしろいと思います
渋:最後はホタテある!いうて
大:もう食べられへんようになったもんな(笑)
丸:亮ちゃん、口ぱんぱんになったやつ
村:ようあんだけ入ったよな(笑)
渋:あれはたまらんわ
錦:だからあれ1回出したらボールぐらいあったからな
安:なってたなぁ
横:(野球の)軟球くらいになってたよな
村:楽しい思い出、また北海道で作らせていただきましたけど
大:ねぇ
村:見てないという方はそちらの特典もアルバムについてますので、ごらんになってください。さぁ、じゃぁ後半戦の準備いきましょ


【ヒナスバ】
(全員そろってのMCはここまで。この後、渋谷&村上、ユニットのお話。←ステージに二人だけ残る

渋:ふたりでやるよー

今回二人でやることでいろいろ取材を受けた、と話しだすすばる。「どうですか?」と。付き合いも長いし同い年だし、と
感慨深いですよ、初めては15歳だし、と。

渋:であった時は彼(村上)は裸にオーバーオールきてました、と
村:一生言われるな、これ(笑)

裸にオーバーオールを着てたのは1月。「別に寒ないねん!」っていうてた、ピアノなんて触ったことなかったヤツとドームで二人で音楽をやることなんか想像してなかった

渋:もしピアノがめっちゃうまくてもあのオーバーオールみたら一緒にやってなかった、くらいの衝撃は(笑)

レコーディングも一発どり、緊張感でてますよね、と。レコーディングであんなに緊張したことないという村上さん。
すばるの提案でやったけども関ジャムが始まってつき3曲か4曲はやっている。だから「マジか?」となった。でもやった後の今までにない感覚は自分でも「まだ知らない自分がいるんか」という風に思った、村上さん。ゆっくり聞いていただければ

渋:…どうする?やめる?今やったら間に合うで?まだ間に合いますよ、走ってにげたら!
村:まじで?
渋:ギリまにあいますけど…
村:…やろか。
渋:やりますか!

←ここの二人の阿吽の呼吸がとってもよかった
すばるさんが「ここからたたないと立つ準備がありません」っていってる後ろで村上さんがピアノぽろぽろしてたの
とってもよかったよ

【渋谷挨拶】
渋:ありがとう。ありがとうございます、あの、ありがとう。あの今年のライブはこんな感じです。あの、今の今日の現時点での表現はこんな感じですっていうライブです。僕らが言いたいことは今皆さんがひとりひとり個々に感じてる事、それが僕らの言いたい事なんで
今回、アルバムから「元気」っていうひとつテーマを設けてやってきたんですけども何かすごくこう、どうとでもとれるような、元気って言うテーマ、いろんな形いろんな捕らえ方解釈があっていいと思うんですけど、僕らなりのそれは今日のこのライブのこんな感じですっていうことなんですけど…ずっと昔からやってますけど、いつだって目の前にあるものを一生懸命やろうってことで、決して一気にのし上がってきたようなグループではないですし、ひとつひとつみんなで一歩一歩階段をあがってきたようなグループだと思ってるんで、これからもそこは変わらずに。今回もこのライブもアルバムもそうなんですけど、できることを一生懸命やる、できないことはやらない、できないから。それでいいと思うんですよ、僕らは。で、ひとつひとつをそうやって常に、無理せずにでも全力で、続けていくことによって、なんか関ジャニ∞っていうひとつの大きい形になっていけばいいかなぁって。だから…今はこんな感じです。でも今の自分たちの表現が、ホントに最高の傑作やって思ってるんで、ただそれに満足したことは1回もなくてもっともっとこれからも常に、前だけをみて、上だけをみて、まだまだ見たことない景色とか、行ったことない場所、まだまだやったことない事もたくさんあるんで、これからもなんか自分らにしかできないことを何やろうって模索しながらずっとずっと続けていきたいなと思ってますんで、これからも関ジャニ∞をぜひかわいがってやってください。今日はホントに寒い中、遠いとこまで会いにきてくれてホントに感謝してます。ありがとうございました。ホントに最高のツアースタートがきれました
今日の今感じてることを僕らも忘れずに、最後年明けツアーファイナル大阪まで突っ走っていきたいなと思いますんで、またこれからも関ジャニ∞をよろしくお願いします。
また会いましょう、ありがとうございました。

【錦戸挨拶】
錦:皆さんありがとうございます。とても楽しくやらせていただいてます。何でしょう、ま、北海道で僕たちはじめのツアー、初日やってますけども、元気が出るCDというアルバムを作るときに、北海道に来てみんなで和気藹々とする時間を過ごしたときに、ふ、と思いつきで作ったお歌があるんですけど。それっていうのはなんか言いだしっぺ僕で。みんなに無茶振りもいっぱいしたと思いますし。
(曲を作って)僕自身は「みんなのこと今こんな風に見えてるんや」って、整理することもできて…なんか、なんやろいい機会になった、歌があるんです。(←自分でいって笑っている)そうなんです。でも、嘘はないですし、そこに。こうやって皆で歌える状況ってのは凄く嬉しいですし、そんな歌をここで1曲、聴いておくんなせぇ。お願いします(はにかんでいる)

たぶん、これで一通りお話が終わったらしい、「彼女たち」のパートを除けば←彼女たち、の所が後々おもしろくなってくるとはこの時は想像してなかった(笑)
ここがどのくらい変化があるものなのか見えないから、とりあえず今回はしませんね←
とりまざっくりと感想をいうと、楽しかった!
公演時間はアンコールも含め2時間45分くらい。
変化球のとことそーでないとことがあったのは確かだけど、関ジャニ∞っていろんな武器で、目いっぱい元気にしてくれるな、って思ったの。
関ジャニ∞の武器、すばるさん「できないことはやらない」って言ってたけど、「できないことをずっとやらない」わけじゃなくて、「できないことをできないと認める」ってことなんだろーな、と解釈したわけで。
ホントにいろんな「関ジャニ∞」が詰め込まれてたよ
ま、たぶんこっからいろいろ練れてくるんでしょ、と思いつつ。
初日特有の「誰も知らない」感はたまらなくよかったし、やっぱくせになるよな、と(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。