スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『十祭』 最後の挨拶まとめ 錦戸編

2014年08月25日 21:26

もう亮ちゃんはとにかくずるいやつ←
味スタは壮大な前ふりだったんですね(笑)




※24日以外はメモを取っていますが、24日は公演中にメモを取れず後に覚えてるだけの分をありったけメモして(笑)そっから文章に起こしました。故、ニュアンスの部分が多々あるとは思いますが、できるだけ忠実に挨拶を再現したつもりでいてます←
※最後に書かれている感想はなかはらの個人的意見で、メンバーが実際にそう思っているとか、eighterならだれもが思うとかそういうことではありません。






【2014年8月9日 味の素スタジアム】
皆さん今日はありがとうございました。
10年経って今ここに立ててることが…いろんなことをやりましたけど、今年も24時間テレビの方をやらせてもらう事になったりだとか、ホントに皆さんのおかげ、スタッフさんのおかげっていうのをこれからも頭に入れて、普通に頑張るんじゃなくて死ぬ気で頑張っていきたいと思います。
そうですね…頑張ります。
ありがとうございました。

【2014年8月10日 味の素スタジアム】
皆さん、今日はホントにありがとうございました。
そうですね…10年前デビュー…デビュー前からいれたらもう少し前からになるんですけども、何でしょう、偶然なのか必然なのかは分かんないですけど、集まって。
そん時に「10年後どうなんねやろ?」と考えた時に、まさかこういうステージに立っているとは思ってもみなかったですし、まずここまで連れてきてくれたのもスタッフさんの、皆さんの力だったり、何か、ホントにこんなところに連れてきてくれてありがとう。
そうですね、10年で…これから先まだ何があるかはわかんないですけども、もっと想像できないぐらい僕たちと言えるように、頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします。
何でしょう…めっちゃ頑張ります。
今日はありがとうございました。

【2014年8月23日 長居ヤンマースタジアム】
皆さん、今日はありがとうございました。
楽しんで頂けましたか?
僕たちも凄い楽しいです。
ここに出てる時だけじゃなく、リハーサルだったり、ジャニ勉の楽屋だったり、そういう何でもないところが楽しいって思える環境ていうのはやっぱりいいなと思いますし、このメンバーがいて、支えてくれるスタッフさんがいて、何よりこうして来てくれるみんながいて、楽しいなって思えてるんやろうなってホント思いますし。
何やろうな…10年前、よく最近聞かれるんですけど、「10年早かったですか?長かったですか?」って聞かれるんですけど、10年はやっぱり10年ですし、僕的には何もなかった(どうとも思っていなかった、の意だと思われる)んですけど、気づけば10年やったっていう…。
まぁ10年ってホントに長いようで短かったかなと思いますし。
でも10年前、ここに立ってるなんて想像もできなかったですけど…なんでしょうね、もし10年後があるなら、もっと想像のつかないような僕らでいたいなって、ホントに思います。
これからも皆さんで一緒に楽しんでいけたらなと思いますので、末永くお付き合いお願いします。
今日はありがとうございました。

【2014年8月24日 長居ヤンマースタジアム】
皆さん、今日はありがとうございました。
10年、10年か…って感じなんですけども、ホントになんか思い起こしたらいろんな事があって。
(NEWSを)掛け持ちして、抜けて、こっち(関ジャニ∞)に専念して、ってなったりとかして。
その時もそうやったんですけど、みんな常に…いろんなスケジュールの問題やったりとか、いろんな事があったのにも関わらずいつも笑って迎え入れてくれて。
あとは、なんやろな、個人的なことを言わせてもらうと、僕のプライベートな問題で皆さんを心配させたりがっかりさせたりうるような事があったとしても、愛想つかさずにいつも迎え入れてくれて。
今こうしてイベントをやってて、皆さんの近くに行ったら、笑って手振ってくれてるのを見てたら、ホンマに頑張らななぁ、と。
うん、すごい思いました。
僕が「関ジャニ∞」っていうグループの中に居場所を見つけられたように、皆さんにとって「関ジャニ∞」っていうグループが落ち着ける場所だったり、何か帰ってきたくなるなって場所になるように、僕個人的にも、グループとしても、本当に頑張っていきたいと思うので、これからも愛想つかさずに僕たちのことを好きでいてくれると嬉しいです。
今日はありがとうございました。




【亮ちゃんの挨拶・感想】
もうさっきも書きましたけど、味スタの時はホント亮ちゃんってこういうのへたくそだよなぁって思って(笑)
でも、しきりに最近「頑張るよ、頑張らないと」って言い聞かせてる気がして
この2つ前にすばるさんがとっても力強く前を向いている挨拶をしていたから余計、亮ちゃんは何をそんなにおびえることがあるんだ、と思ったりしていましたけど。
それで長居にやってきて、関ジャニ∞でいることが楽しい、と不器用ながらにいって。
Twitterでは書きましたけど、結局短かったんかい!っていうツッコミを入れる不器用な挨拶だけど(笑)それでもエイトにいた事、いることが好きで楽しいんだな、って思って聞いて。
んで、最後、24日の挨拶の破壊力ですよ。
正直、NEWSのことは全部吹っ切れたわけじゃないんだろうけど、亮ちゃんってやっぱ孤独だった時間も長くて、今もひょっとしたら孤独なのかもしれない、と思っていたから。
居場所がある、と思えているってこと、んでもってファンをeighterを愛してるよって思ってること、がストレートに伝わってきた挨拶で、最終日にして錦戸ずるい、な感じです(笑)
ただ、亮ちゃんにいってあげたいのは、どんなに迷惑をかけたとしても、錦戸亮という人間が関ジャニ∞に、メンバーそれぞれにとって必要だから、迎え入れるわけで。
必要だと思っているからこそ、笑ってくれるわけで。
それを、その存在意義を生み出したのは、他でもない、錦戸亮自身だということを、認めてあげていいと思う。
彼らは確かに優しいけど、優しさだけで仲間入りさせるような人間ではないと思うし。
亮ちゃんが頑張っているからこそ、愛想つかさないわけで。
頑張るのは素敵なことだけど、無理をしない程度に。
自分を愛して、他人を愛して、それでまた笑ってほしいなぁと。
最終日、雨でぬれるステージで転んでしまって、あおむけで天井を見ながら大笑いしている亮ちゃんを見ながら、そう思っていましたよ、と。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。