BDメッセージ@ひな

2014年01月26日 00:00

前略 村上信五さま

32歳のお誕生日、おめでとうございます。
すっかり、毎日のようにメディアにいる存在になっていくあなたをみながら、ホントはそこまで銭ゲバでもないのになぁと見守る毎日(笑)

いやね。
あなたはホントに義理堅い人だなぁと思ってみているわけですよ。
義理堅い、というのがなんだか適切ではない気もしますが、メンバーのためならどんな自分でもいい、ってのが、もう崩れないようになってきてるよなぁと思うわけです。
対応が雑とか大雑把とか、どんなことでもポジティブに向かうとか。
今となっては本当のあなたの性格にはなっているんでしょうけど、やっぱりそれは「後付け」されていったもので。
エイトでいるから、ジャニーズでいるから、タレントでいるから、身につけていったものだと思うのですよ。
私は見ましたよ、どんなに「雑」で「大雑把」な対応をしようとしても、実は細やかで気ぃ遣いで、人を喜ばせたい、みんなを楽しませたい、という気持ちがダダ漏れなのを、この前のツアーで何度も。
その時その時の対応は、アイドルらしからなぬと言われてもおかしくないものも多かったですけど(笑)
それでも、やっぱり心意気は、実は誰よりも「アイドル」なんじゃないかなぁって思いました。
ホントは誰よりも気遣いをしている、自分がどう思われても、自分と関わっている人が後に良かったと思うことができたらそれが一番。
そんなあなたの姿を、ツアーだけでなく、この1年はホントによくみたように思います。
あなたのファンがどう思っているかは知りませんが、実は私、ライブの最後に自分との戦いだと言ってステージを走り回るの、嫌いじゃなかったんです。
周りがね、どう思ってるかとか、どう感じるかとか、そういうのを無視してたまにはやってもいいんだよ、って思っていました。
それが「あなたらしい」といわれればそうではないんだけど(笑)、何も気にしなくていい、っていう部分では、自分との戦いと称されていたあれを見るのは嫌いではなかったんです。
そう私は、あなたが自分がどう思われるかとか気にしないのではなく、気にして自分らしさをどんどん失っていくのが怖くもあったんです。
特にこの1年は、長年横山さんとやってきたラジオ番組を、横山さんの卒業という形で失って、丸山さんが悪いといっているわけではなく、むしろ丸山さんがあなたのしんどい心を助けているなぁと思うこともあるんですけど。
横山さんがしていることを「俺知らんなぁ」っていうことが増えていく中で、ある意味、横山さんと一緒にいることで作られてきた「村上信五」が崩れていくのも怖かった。
結果、そんな弱い人ではなかったんでしょうけど(笑)
でも、ホントに、私にはあなたは「自分らしい」を作られることを拒否しない、できない、人なんですよ。
メディア露出がこれだけ増えていくと、ホントの自分がいなくなってしまわないかと、そんなことばかり考えてしまいます。
メンバーもファンもひとつもそんなことは望んでませんよ、と。
だからメンバーやファンのために、「自分らしさ」を失わないでよ、と思っています。

ホントは細やかで傷つきやすくて、誰よりも負担を背負うことを躊躇しないあなたへ。
辛い時にはつらいって言えますように。
イヤなことがあったときにはイヤっていえますように。
支えなきゃと思うばかりでなく、支えてあげるからよっかかってくださいね。

ありがとう、これからもよろしく。


コメント

  1. あんず | URL | -

    突然すいません

    ひっそりとこのブログ、読ませていただいている、大学一回の、兵庫に住んでるeighterです。ほんとうに、本出版して欲しいくらいに、心にドン!とくる文章で、いつもいつも涙ためながら読んでます。わたしもそう思っててでも文章で表すことがうまくできなくてっ…って気持ちなここに全部書かれてて、ほんとうに好きですヽ(;▽;)ノ
    これからも、ひっそりと読まさせていただきますね!

    素敵です、ヽ(;▽;)ノ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY