スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@関ジャニ∞

2012年09月22日 00:00

前略 関ジャニ∞ さま


改めまして、8周年おめでとうございます。
亮ちゃんの「1000人の客席を埋められなかった僕たちが」というセリフが妙に最近はひっかかっている8周年ではありますが。
あ、引っかかっているっていうのはちょっと語弊なのかな。
あの頃僕たちは、っていうことを、私自身も妙に考えさせられるフレーズだったからなのかなぁと思ったり。

8周年を迎えて、そうだな、それこそあの頃は、こんなふうに「関ジャニ∞」がいろんなことができるようになるだなんて、正直思っていませんでした。
お客さんを集められるようになるかなんてわからなかったし、そうだな、まだ三馬鹿が20代半ばだった頃は、ホントに「関ジャニ∞」はこのままだと成立しなくなってしまうんじゃないか、と思った時期もありました。
誰か一人がここで「関ジャニ∞はもういいよ」って言っちゃったら、そのままなくなっちゃうんじゃないか、っていう不安定さがずっとあったような気がします。

でも、この8周年を迎えてから、三馬鹿には三馬鹿にしかわからないモノとか絆があるって他のメンバーがいっても、亮ちゃん一人が電話をもらえなくてすねていても(笑)、誰ひとり「関ジャニ∞はもういいよ」っていう人はいないんじゃないか、っていう感じがしてたまらないんですよね。
正直、6年、7年を迎えた頃の方がメンバー同士がいちゃいちゃしてたとは思うんです(笑)
いちゃいちゃっていう表現もどうかと思いますが、そうね、わかりやすい仲の良さで表現されていた「関ジャニ∞」だけど。
いや、じゃあ仲良くなくなったのか、ということではなく、そうだな、私は常々思っているのだけど、戦隊モノ的仲の良さを手に入れたグループは強いなぁって思うんですよね。
わかりやすくいうと「困った時には誰も裏切らない」ってこと。
普段の距離感って、不思議とこれまでよりももっと開いたりしてる部分もあると思うんです。
でもそれは、「あけたい」と思ってできたものでもなく、「あけよう」と思ってできるものでもなく、自然とあいたその距離感が、絆を更に深くさせていると思うんです。
…わかりにくい、かな(苦笑)
普段はお互い干渉する必要もなければ、ムリに分かる必要もない、っていうことが、自然と受け入れられる歴史を関ジャニ∞もようやく手に入れたんだなぁと妙に思うのです。
でも、誰かが困っている、悲しんでいる、辛いんだ、って時は、全力で支える。
それぞれ方法は違っても、メンバーのためだったら、何をも惜しまないでいられる。
そんな関係がそこにできてきているんだなぁと感じることがあるんです。
よかったな、とただそう思います。
それを手に入れた関ジャニ∞は強いな、強くなっていくな、って思えるから。

あとは、もうひとつ。
関ジャニ∞はどこまでもファンを一緒に連れて行ってくれると感じる、8周年です。
この1年、あなたたちから『Eighter』という言葉を何度きいたでしょう?
こんなに愛されているファンは、どこを探したっていないですよね。
ファンの底辺が増えていく中で、「大きくなっていくことが寂しい」だとか「離れていくのが辛い」だとかいう人もいるにはいるけど、私はこんなに遠くて近い人たちはいないんだよね、と思います。
気づいたら手を差し伸べてくれる、気づいたら背中をそっと押してくれる。
そんな関ジャニ∞が大切にしてくれる、∞erのひとりでよかったな、って思います。

どこまででも大きくなってください。
テッペンみてください。
見下ろした景色がどんなものか、見せてあげたい、見て欲しい。
そう願いながら。

ありがとう。
これからもよろしく。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。