『KANJANI∞五大ドームTOUR EIGHTE×EIGHTER』レポ(MC編/2011年12月18日@東京ドーム)

2011年12月21日 00:19

あんまりダラダラやるとほら時間がないってことになってしまうので(笑)
とりあえず名古屋までにはMCはやってしまいたいのよ、ってことで。
あ、17日については仕草だなんだを先にツイートしたんだなぁー。
もうアンコールのツボとか全部まとめて、ってなったらゴメンm(。_。;))m ペコペコ…








*****以下、MC挨拶のレポートとなります。
ニュアンスで表現していること、記憶違い等もあると思いますが、ご了承ください。

※レポは主観を入れないのが基本ですが、ちょこちょこなかはらの感想らしきモノも入っています、ご了承を。
※絶対にネタバレをしたくない方は公演後に覗いてください。ライブのセットリスト及び衣装に内容が触れています。
















【18日MC】

≪恒例・給水タイム≫
ヨコ:「皆さんも給水してください」
ヒナ:「めっちゃ乾燥してるなー」
ヤス:「冬ですから」
(この給水タイムの時、マルちゃんが全員にボトルを配ってるんですが。すばるさんはボトルじゃなくペットボトルに入ってる水を飲んでいて。そしてなぜかマルちゃんはゆうちんのボトルから飲んでました(笑)ゆうちん炭酸飲料とか入れてるのかな?/笑)

≪なんでスーツなの?≫
ヒナ:「マル、なんでスーツで出てきたん??」←18日公演の『パンぱんだ』の際。いつもはTシャツにパーカーというようなラフな格好をして、それにプラスしてパンダの被り物をしているんですが、この日はメイキングに着てきたスーツを着用(ネクタイもちゃんとしてた)していました。
マル:「いやぁ、テンションあがってしまって」
ヒナ:「パンダでスーツて」
ヨコ:「あれ、誰を笑かそうと思ってたん?俺を笑かそうと思ってたん??」
マル:「いや、別にそういうわけじゃないけど」
たつ:「あれアカンで。かわいさ半減やんか」
マル:「いやあれは、パンダのトップクラスの人がでてきたんやで。感謝しないと!」
ヨコ:「あれ、パンダのトップクラスやったんや」
マル:「そうやで。パンダ界の上層部。ここは首都やし。」
ヨコ:「ほんなら感謝せなあかんな(笑)でもあれマルの私服なんですよ」
(会場からえーっという声。きょとんとするヨコ」
ヨコ:「え?みんな知らん?メイキングで着てるやつ。でもなんで着てるん、マル(笑)」
マル:「ここぞという時はスーツかな、って。1回は締めくくりをしておかないと。今回のツアーは真ん中超えたところですから、しめくくっとかないと」
ヒナ:「まだ半分超えたところやから締めくくったらアカンがな」
マル:「いや、そういうことじゃなくてね、こう、気持ちを引き締めるっていうか」
ヒナ:「締めくくりは大阪なんやからさ。」
ヨコ:「そうやで。ここでスーツきたら大阪どうするん?」
マル:「いや、大阪はもっと凄いことになりますよ」
ヤス:「たのしみー?」←お客さんに話しかけている(笑)

≪年末の楽しみといえば≫
ヨコ:「あ、これは俺らだけの楽しみになってるんけど、ほらマルってカウントダウンの時に俺らを驚かせてくれてるやん。ボンテージっていうの?を着たりとか、ガーターベルトとか」
たつ:「あれを見な、俺らの中では1年がちゃんと終われへん」
ヤス:「まだ東京でカウントダウンに参加してた時からやってたもんな」
ヨコ:「長瀬くんとかめっちゃ喜んでくれてたもんなぁ」
ヒナ:「TOKIO兄さん大爆笑してくれたりしてたもんな(笑)お前本番そのまま出たりとかしてるんやろ?」
マル:「そやねん。」
ヨコ:「はじめてやったとき、ジャニーさんが楽屋にきてしまって脱がれへんかってんなぁ(笑)」
ヒナ?:「ってか、あんなんどこに買いにいってるん?」
マル:「最初の年のやつは、下着屋さんに行って選んだんです」
ヨコ:「下着屋さんに行ったん?」
マル:「そうやで。大倉と2人で…あれは確か渋谷のセンター街やったかな」
ヨコ:「大倉も行ったん・ってか2人で選んだん?」
たつ:「いや俺は見守ってたよ。マルちゃんめっちゃ真剣な顔して選んでたでー(笑)」
マル:「っていうか、ことの始まりはゆうちんやんか。ゆうちんが「俺を今年1回はびっくりさせてくれっていう話があって。でも何がいいかなぁって考えてる内に年末年始になって。ほんで大倉と2人でご飯食べに行って、下着屋さんの前を通ってん。これや!って思ったわ。イイ年収めになるな、って(笑)」
すばる:「やるのはエエねんけど、マル、バレんようにやってくれへんかな?」
マル:「え?」
すばる:「去年かおととしくらいに、トイレで着替てたんやって。その前になんかカバンもってトイレはいろうとしてるところ見てもうて。お前なんでカバンもってトイレ入るねん、そんなにか!って思って」
ヒナ:「女子でもないのに」
すばる:「そう。でもマルも何もないとかいうから。でもそのあとトイレから金具のあわさるかしゃかしゃっていう音が聞こえたりして。もう装着してるのがわかんねん。あ、これはそっとしとこって思ったわ」
マル:「(笑)」
すばる:「ツメの甘いのはやめて」
ヒナ:「楽屋のトイレとかあかんでマル。スタッフさんのとこ借りるとか、近くですまそうと思ったらあかんわ」
ヤス:「朝からつけるとかは?」
マル:「あれはムリ。スースーするもん、やっぱり。」
リョウ:「ムリやって。あれボンレスハムみたいになるって」
ヤス:「そうや!俺写メとったわ!(笑)」
たつ:「俺も(笑)」
ヨコ:「なんやったっけ、ちゅうーちゅうー」
ヒナ:「御中元か」
ヨコ:「そうそう!それが言いたかってん(笑)」
マル:「あれはある意味お歳暮やで。視覚的に私を食べてっていう」
ALL:爆笑
ヨコ:「まるぅ、ウケて嬉しそうやなぁ」
マル:「やっとヒットを打てましたぁ!」
ヒナ:「3打数1安打、おめでとうございます」
リョウ:「でもさぁ。アンコールとかでTシャツの下にきてるのがすけてくるやん。汗かいた女の人のブラジャーすけたみたいな」
マル:「それは対策してます。いろいろ衣装さんとかに相談して」
ヨコ:「お前そんなん衣装さんに相談するなや(笑)」
ヒナ:「毎年クオリティーをアップさせていくんか(笑)」
マル:「いややっぱりそこは毎年成長していかないと」
たつ:「なんか彼氏のことを喜ばせたい彼女みたいやな(笑)」

≪今年もおわりですね≫
ヨコ:「いやいやでも、今年も2週間でおわりですね。あと13日か。東京ドームではkinkiさんがこのあとやったりするんですよね」
ヤス:「すげー」
ヒナ:「はやいわぁ」←この時何かイントネーションがおかしくて、亮ちゃんがヒナちゃんの方にくるって振りかえったのが可愛かった(笑)
ヨコ:「今のんいうたんだれ?」
ヒナ:「いや、俺やで」
ヤス:「よこちょ、僕の声こんなん」←なんかちょっと甘い声(笑)
ヨコ:「OK(笑)ってか今年は何した?」
マル:「今年はギルバートグレイプという舞台を1月にやらせていただきまして…」
ヨコ:「お前、誰よりも先に話し始めるな(笑)」
ヒナ:「打席に何回も立つな、お前(笑)」
ヨコ:「立ちたがるなぁ。ていうか昨日妹きてたんやろ?」
マル:「来てました。」
ヨコ:「何か言うてた?」
マル:「Dye D?がかっこよかったって言ってました」
たつ:「妹は誰が好きなん?」
マル:「ヤス」
ヤス:「ありがとう、嬉しいなぁ」
マル:「でも終わったあと、今回初めてかっこいいと思ったって言われました」
ヨコ:「どこが?どこで??」
マル:「なんかこう、トロッコで通り過ぎた時に…」
ALL:(笑)
ヨコ:「ぼやけて見えて、細く見えたからちゃうん?」
マル:「こりゃ1本取られたな(笑)」
ヒナ:「でもホンマに最近、亮とかにも言われるもんな。」
ヨコ:「すばるとかどっくんとかさ、ブタとかマルに言うのやめて。なんか遠まわしに俺にも言うてない?」
リョウ:「言うてないよー(笑)」
ヨコ:「いや、あんか横におる俺も心が痛むねん。でも最近は大倉はそれを聞いてニヤニヤしてるねんな。ananで痩せたからって。」
たつ:「そんなことないで。っていうか横山くんも今細いやん」
ヨコ:「俺もうあかんって。ヒナも太らんよな」
ヒナ:「そうやなぁ、でも飯は食うてるで」
リョウ:「横山くんって何食ってんの?」←至極真面目に聞く亮ちゃんにヨコは一瞬きょとんとなってました(笑)会場は笑いに包まれてましたけどね(笑)
ヨコ:「え?」
リョウ:「だってさ。21時以降はたべないとか、してるのに太るやん。そやったら食生活の問題やと思うからさ」
ヨコ:「でも太るんだよ。いやでも、綱引きやったらそっち4人(すばりょうやすひな)に(よこまるたつが)勝てると思うけどな」
リョウ:「なんで綱引きなん(苦笑)いやでも、負ける気はせえへんけどな」←やたら男前(笑)
ヒナ:「ヨコは運動したらええんちゃう?」
ヨコ:「運動なぁ」
ヤス:「ほらジムいったりとかさぁ」
たつ:「あのお腹の機械のヤツやめたん?」
ヨコ:「やめた!(笑)」
ヒナ:「やっぱりちょっと運動せなな。俺今朝もフットサル行ってきたし。あ、なんか師匠がいいたそうですよ」
すばる:「デブはすぐ太るんですよ!」
ヨコ:「デブいうな、デブって(笑)」
すばる:「もうだらしないですよ、ヒドイです。甘やかしやがって!自己管理ができへんからぶくぶく太るわけですよ。太るやつは太るんです。ポン酢とゴマダレあったら絶対ゴマダレとるでしょ!自己管理なんですよ」
たつ:「いやでも、太ってる方が頼り甲斐があるじゃないですか。(マルの二の腕を触りながら)ほら気持ちいいし」
ヨコ:「(マルの二の腕を触りながら)この二の腕なんか落ち着くやん」
すばる:「デブはそうやってすぐに逃げ道を探す!」
ALL:(笑)
リョウ:「結局甘えてるんですよ」
ヨコ:「ちゃいます。生まれながらの体質です。誰も太りたくて太ってへんわ!」
マル:「でもまたねぇ。この季節はご飯がおいしくて」
(ねぇ、っとヨコたつマルでニコニコ)
マル:「ほら鍋とか。そのあとのシメの雑炊とか!」
たつ:「あ!もう出汁が凝縮されて」
マル:「そしたら甘いのが食べたくなるねんなぁ。バニラアイスとかやったら太るからって気ぃつかって抹茶アイスとかにするんやけど」
ヨコ:「あの。アイス食べるときにスプーンをひっくり返して食べるあの瞬間(嬉)」
マル:「あー!ねられへんなぁ(笑)」
ヒナ:「おいそこのOLたち!」
すばる:「なぁ、今一番何食べたい?」
ヨコ:「俺は…パフェw」←めっちゃニヤケ顔(笑)
ALL:(笑)
?:「なぁエアパフェやって」
ヨコ:「こうやってお菓子(多分ウェハースのこと)さってるやつを、お菓子にアイスがしみて柔らかくなったやつをこうやってハムハムしたい」
たつ:「あー!!ええなぁ!」
ヨコ:「マルは?」
マル:「サーロウィンステーキ!!」
ヨコ:「ほら、想像してみて。シェフがあつあつの鉄板の上にステーキを持ってきました。でも、すぐには食べさせてくれません。焦らされます。」
(このとき大倉、めっちゃツバ飲み込んでます(笑)
ヨコ:「ほらそこにブラックペッパーをかけてぇ」
マル:「あー!!」
ヨコ:「塩もかけました。それにバター」
?:「バターまで」
ヨコ:「いい匂いがしてます」
ヒナ:「大倉めっちゃ吸ってる」
(大倉が目を閉じたまま鼻をすんすんさせてます(笑)
ヨコ:「ナイフをいれた、やわかかいです。当店のお肉は半ナマでもいけますので、どうぞ、っていわれて食べました」
(とよこまるたつはエアステーキ)
3人:「うんまぁww」
ALL:(笑)
マル:「幸せやなぁ」
たつ:「これやったら太れへん」
ヨコ:「でも想像して肉食べに行きたくなって結局食べに行くっていうあるあるがあるけどな(笑)」

≪昨日はどんな人がきてたかな?≫
ヒナ:「昨日はゆずさん、北川さんもきて下さって。今日はドラマの人たちも来てるんやろ?」
リョウ:「ん?俺?(笑)そうそう、犬をかうということの家族もきてくれてます」
すばる:「嫁と子供か」←これツボだった(笑)
リョウ:「あと仁w」
(とここで、3塁側ベンチに座っていた仁にカメラが向き、ビジョンに仁の姿が。黒メガネ黒革ジャン?と黒づくしの格好でした(笑)
ヨコ:「あー!赤西や!赤西元気ー!?」←これには笑いながらうなづく仁くん
ヒナ:「なんか(会場のお客さんが)幻みた、みたいになってるなぁ(笑)」
ヨコ:「赤西元気ー?また有閑倶楽部しよーや!」←仁がきちんと聞き取れず、なんどもいうヨコ(笑)
ヨコ:「なぁ有閑倶楽部しよ!不可能を可能にするやつやろ!ん?不可能を可能…」
ヒナ:「あってるで」
ヨコ:「何か今へんやった(笑)なぁやろうや!仁!昨日田口も来ててん(正確には一昨日)ほらできるやん!赤西!」←これにはさすがに苦笑いの仁くん(笑)
ヒナ:「もううるさいな!」
ヨコ:「なぁやろうや!」←どんだけ赤西好き(笑)
リョウ:「なんか調子のって(笑)」←仁のこと

≪宣伝です≫
ヨコがドラマと映画、そのあとマルそして映画の宣伝をしていると…
リョウ:「あ、今日トラックみたで、ヤスと一緒に」
ヤス:「かっこよかったよ」
マル:「何か嬉しいわ、ありがとう。そして1月からはドラマをやります」
ヒナ:「ヤスもドラマがあるんやろ?」
ヤス:「…あ、そうそうそう」←何か気の抜けた返答(笑)
ヨコ:「おまえなんやねnん。ってか、そのメガネいつからかけてた?」
ヤス:「え、ずっとかけてたよ、虫メガネ…」
ALL:(笑)
ヤス:「いけんいけん」(ダメだ、ってことね)
ヨコ:「お前なんなん?それ大木ボンドか(笑)」
ヤス:「こんなんはやりでしょ、丸めがね。」
ヒナ:「ヤスのファッションは最先端やからな」
ヨコ:「てか、どんな役なん?」
ヤス:「組員」
ヨコ:「え?何?大木ボンドの役?」
ヤス:「(笑)組員です」
ヨコ:「どんなんなん、ちょっとここでやってみて」
ヤス:「え?」
ヨコ:「ここでやってみてや」
ヤス:(足を広げ腰を落として)「うっす」
会場が何かよくわからんわーっていう雰囲気に(笑)
ヤス:「あの怖い人の部下っていうか」
ヨコ:「あぁ。なんか、ゴメンなヤス。なんか謝っとくわ」
すばる:「やす。ええ加減起こってもええんちゃうか(笑)」
ヨコ:「いや、なんか、ホンマごめんな」
ヤス:「よこちょは俺のことどうしたいん?」
ヨコ:「どうしたいって聞かれたら、そりゃ面白くしたい(笑)」
(メンバーは横のことをじっと冷たい目でみてます(笑)
ヨコ:「うわうわっ、何これ、メンバーみんな冷たい目でみてるって」
リョウ:「メンバー一斉で攻めるわ」
すばる:「日サロに連れていくぞ、日サロに!」
ヨコ:(笑)
たつ:「なかなかやけへん!」
ヨコ:「全然焼けへん!昔何回かいったことあるけど、そこの店員さんに『お客さんずっとやけませんね』っていわれたもん」
ヒナ:「そして私事ではありますが、1/3に奥様100人というスペシャル番組がありまして。大倉ロケとか行ったんやろ?」
たつ:「そうそう」
ヒナ:「料理とかふるまったって」
たつ:「そうやねん」
リョウ?:「そんなことしたん?」
たつ:「そうそう、料理作って大野くんにも食べてもらったり」
ヨコ:「何か言うてた?」
たつ:「びっくりしてた!へぇこんなんできるんだ、って。ヤスのこととかも話してたでぇ」
マル:「1/3は実家で見よ」
ヨコ:「なんで発表したん、今。どこで見てもええやん(笑)」
ヒナ:「あと、年末12月28日の、時間がえねぇ、確か、深夜の0時くらいなんですけど(舌打ち)」
マル:「しんちゃん、ナチュラルに舌打ちしたらあかんよ」
ヒナ:「えっと、クイズ番組の司会をさせてもらいました」
ヨコ:「お、とうとうきたな!」
ヒナ:「結構大御所の方とかもいらしゃいまして。いろんな職種の方とかね」
ヤス:「弁護士ともしゃべった?ネットワーク広がった??」
ヒナ:「しゃべってないよ。弁護士さんちゃんとおるから(笑)必要ない(笑)」

≪他にないですか≫
ヨコ:「何か他にないですか?」
ヒナ:「そうですねぇ」
ヨコ:「じゃぁ、俺からお知らせしてもいい?」
ヒナ:「いいですよ」
ヨコ:「昨日、弟がご飯行ったみたいでですね。」
ヒナ:「うるさいです」(メンバーもうんざりの顔/笑)
ヨコ:「兄ちゃん、友達とご飯行きたいからお金貸して、って」
ヒナ:「もういいです。お断りします」
ヨコ:「俺の弟の話もういい?」
ヒナ:「いいです」
会場からえーっという声が
ヨコ:「何(笑)俺の弟情報めっちゃほしがってるやん(笑)」


【最後の挨拶】ヨコ
今日はみなさんありがとうございました。
やっぱり実感しました。
ライブはいいなぁって。
今年はいろんなことがありましたけど、震災とか。
僕たちもライブができるかわかりませんでしたが、こうして皆さんに元気を与えられる、与えられるっていったらおこがましいですけど。まぁ、元気になるのはライブだと思っています。
ありがとうございます。
来年、関ジャニ∞はいよいよ8周年でございます。
8周年は僕たちグループが言い出したことで、盛り上げようと、すごいことしようと考えています。
…今、かなりじらされてるだろ(とここで、たちょがドラムで煽り)
そのドラム気持ちイイですね(笑)ギターなんかでもいいですよ←ヤスにふり
8首年を盛り上げて行きたいと思っています。
一生ついてこいよ!(とここで、ギターでもなんかちょっとヘンな音(笑)すばる:「なんや、その音(笑)」そしてメンバーみんなで笑いあってます)
暖かいグループです。最高です。
(と、ここでベースのぴゅいーんっていう感じの音が。ヒナ:「大丈夫?」すばる:「こんなとこでコントいれたらあかん。マジメなとこやないん?」とかなんとか言いながら、メンバーみんなめっちゃ楽しそうです/笑)
こんなにノリがイイ関ジャニ∞が僕は大好きです。
一生ついてこいよー!




コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. はるか | URL | -

    お久しぶりです

    こんにちは!いつも楽しく拝見してます。
    全ステとのことですが、ブログの方ではあまりレポ更新しなくなったんですね。ちょっと残念ですが、また心境など読める日を楽しみにしてます。
    よい年になりますように。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY