『KANJANI∞五大ドームTOUR EIGHTE×EIGHTER』レポ(構成編/2011年11月23日@札幌ドーム&11月27日@福岡ドーム)

2011年12月03日 22:47

なんだかんだと忙しくて結局ここまで先延ばしにしてしまってた、構成編レポ。
今更需要もないだろーがと思いつつ、自分のために作ってしまおうかと思ったりしておりますです、はい。
今回のレポは構成編、札幌と福岡ごちゃまぜレポになります。
なかはらが見たところだけじゃなくて、お友達からも情報をもらったところも一応載せておきますね。
何せ、下からしかみてないので、なかはらさんが見逃してるトコ多数なわけです(爆)
ということで。






*****以下、ステージ構成・衣装等のレポートとなります。
※ニュアンスで表現していること、記憶違い等もあると思いますが、ご了承ください。
※レポは主観を入れないのが基本ですが、ちょこちょこなかはらの感想らしきモノも入っています、ご了承を。














■ステージ構成&アリーナ構成

アリーナ構成表、手書きですけど(汗)とりあえずアップしておきます。
これは札幌のアリーナ。
福岡はもう2つブロックが多かったので、花道脇ブロックは8と9って感じでちょっとずれますが、だいたいこんな感じ。

456741397.jpg

メインステージに「2段あり」って書いてるんですが、全部で3段あるっていう意味です(笑)
2段目のところに後に出てくるんですが「もんじゃいオーケストラ」っていう生バンドの人たちが鎮座してます。
管楽器な人が下手側(向かって左側)、中央に弦楽器(たぶんビオラ3にバイオリン3の構成)、上手側(向かって右側)にドラムやギターの人たちと言った感じで楽器がおいてあるんですが。
必要に応じてその人たちがスタンバイする、といったような感じです。
例えば前半のバンド部分は中央の弦楽器隊しかでてきませんが、すばるさんのソロの時はみんな出てくる、とかそういうような感じで。
メインステには中央に階段。
大倉のドラムがそこに直される(あれ?関西弁か。しまうで、いいのか?何が関西弁だ??)ので左右開閉式の階段です。
んで、花道は若干の坂道ですが落差はほとんどありませんでした。
中央の円形ステージは真ん中が3メートルくらいかな?あがります。
バックステージは多分長方形←見えなかった、福岡も札幌も(爆)
バクステ自体はあがりません。
そこから左右に花道が伸びてて、ムービングステージに乗っかれるようになっています。
ムビステはレールが↑のアリーナ構成のところを通ってメインステにいけるようになっています。
あと途中で書きますが、ムビステ以外にもフロートカー(去年でいう山車みたいなヤツ/笑)はピンクと青の2色でなんか変な木がくっついてるやつ←でもサイドのモニターはハート型)や、トロッコ(高速で動く小さいヤツね/笑)、バルーンもあります。
モニターは中央にメインモニター1つ、左右にサブモニターがそれぞれ1つ
福岡の時は会場の関係でメインモニターの上にサブモニター2つでした。
あと見切れ用のモニター2つにバック用モニター1つの構成。
モニター少ない!って言ってた人もいるみたいですが、あれは普通だな。
あれ以上は大きくもできないだろうし、数も増やせないかなぁと思ったりしています。
あ、あと札幌ではメインモニターが7パネ(7パネル)になってて、MCも含めてメンバーマルチアングルになるところが何箇所かありましたが、福岡はサイズの都合上なのか、メンバーが嫌っていったのか(笑)MCは7パネではありませんでした(笑)

■オープニング映像
中村監督が作ったというOP映像は、ショートムービー仕立て。
・バイクに乗った誰かの後ろ姿→それは大倉
・大倉が軽快にバイクで走っていると、背後から誰かが追いかけ追い越す。
・やっきになってそれを追い越そうとする大倉、デットヒートの開始
・前を走っていたバイクが突然急ブレーキ→ヘルメットを取ると、マルちゃん登場
・マルちゃんのバイクのタイヤ付近には蟻の行列が(つまりはこれを踏まないように急停車したんやで、的な)
・その2人の背後から凄い形相で自転車を猛スピードでこぐヒナちゃん(笑)
・その猛スピードで走っていくヒナを見送る、サーフボードを小脇に抱えた亮ちゃん(その前にサーフボードを拾い上げる亮ちゃんの映像があるんですが、叫び声がすごかった/笑)
・そして猛スピードで走っているヒナちゃんは、タクシーとぶつかってしまい自転車ごとふっとばされる(爆)←自転車ごとふっとばされたのはヤスくんの時。このときは自転車を降りていて人(ヒナ)だけぶっとばされる。ご指摘いただきありがとうございます。
・そのタクシーに乗っていたのがすばるさん。頭をかきながら降りてきたものの、ヒナちゃんの顔の前でお札をちらつかせる(笑)
・そしたらヒナちゃんは目覚めて(笑)再び自転車に乗って猛スピード。
・しかし今度はヤスくんの乗ってる車にはねられる(爆)
・車にのってるヤスくんは助手席に外国人女性を連れてなんかチャラい(爆)しかもチューされちゃうしw
・再び目覚めないヒナちゃんに近づいてくる男性→暗転→ちゅーしそうなところまでいってる影→暗転解除になるとそこにはヒナちゃんを抱えたヨコの姿が(このくだり、最初の近づいてきてる場面から「あれ?まさかヨコ?ヨコなん??」っていうところから、暗転解除されて「やっぱりヨコかー!」っていうみんなの興奮度合いがすごかったです/笑)
・そして場面はいっきに球場のロッカールームへ。みんながユニフォーム(初回Aに載ってる縦縞のヤツね)に着替えたり、ヒナちゃんはダンベル上げてたり。そんな場面があって。
・そして7人揃って球場に出ていく、という場面が最後。
メモによると映像は約5分程あるみたいです(笑)

■メンバースタンバイ
順番に名前を読まれながら出てきます。
メインステ上段から階段を降りてくる感じ。
「本日はエイトバーサスエイター○○公演にお越しいただいてありがとうございます。スターティングメンバーの発表を行います」的な感じでスタートしたと思います。
1番:ドラム、大倉忠義 背番号8
2番:キーボード、村上信五 背番号$
3番:ベース、丸山隆平 先番号0
4番:ギター、錦戸亮 背番号69
5番:ボーカル、渋谷すばる 背番号1/2
6番:ギター、安田章大 背番号83
7番:パーカッション、横山裕 背番号45
の紹介。
背番号をしっかり見せるのはマルちゃんヤスくん、くらいだったかなー。
ヨコは札幌も福岡もあっさり階段降りてきていた印象が。
ちなみに札幌ではヨコが黒縁メガネ、福岡ではマルちゃんが黒縁メガネ(ちょっと大きめ)で出てきてます。
あとみんなリストバンドをしてるんですが。
自分の色を付けてたり、そうでなかったり。
リストバンド自体が見当たらなかったり、いろいろですが(爆)
札幌
ヨコ:黒 すばる:オレンジ ヒナ:緑 マル:赤 ヤス:紫 亮:黄色 大倉:青
福岡
ヨコ:黒 すばる:× ヒナ:緑 マル:赤 ヤス:黄色 亮:× 大倉:オレンジ
福岡が全然確認できてないんですよね。
でもヨコは黒っていう(笑)

01 LIFE~目の前の向こうへ~
そしていきなりのバンドスタートです。
ってか、最近はバンドスタートが定番になりつつあるのかな。
衣装は初回Aの写真にもなってるユニフォームを上だけきて、下は別々。
この衣装はイッツマイソウルまで続くんですが。
この時点では全部分かってないけど、この衣装のツボを。
・やっぱり白スニーカーな亮ちゃん(笑)
・そしてやっぱりサルエルなヤスくん(笑)赤チェックで可愛かったけど。
・ヨコは迷彩の短パン。たしかここはゴールドのスニーカー
・マルちゃん珍しく白スニーカー。いつもちょっとごつい靴はいてたりするのに。
・ヒナちゃんの靴には蛍光ピンクのラインが入ってて可愛い感じ。
・すばるさんはジーンズ。こちらもピンクっぽい靴を履いている。
・そして大倉の靴には横に羽が生えている!(笑)例えていうならアラレちゃんの靴。黄色い感じの羽の色だったけど。
札幌のゆうちんのメガネは大丈夫だったけど、福岡のマルちゃんのメガネは大きかったためか演奏中にどんどん下がってきておじいちゃんが老眼鏡をかけている感じになってしまっていたのがなんとも残念(笑)

02 宇宙に行ったライオン
この曲は相方とずっとヨコばっかり見てました(笑)
いやだって、ヨコのパーカッションに新兵器が登場したんですよ、新兵器(笑)
その名もティンパニー!(笑)
ヨコの楽器配置が

ティンパニー 
 ボンゴ
※ヨコの左側にはツリーチャイムもあり。

って感じで、ボンゴは立って演奏(手で叩く)けど、ティンパニーは座って演奏(マレットを持つ)だったので、妙に肩に力が入ってるのと、タイミングを逃さないように大倉の方を一生懸命みながら身体でカウントをとってる姿がいとしくて(笑)
ちなみにBメロのところが一番肩に力が入ってて、サビのところは「1234567タタタンっ!」って感じでめっちゃカウントとってます。
あそこはめっちゃ見逃せないところです(笑)
CDにはその音は入ってないので、ライブでしか聞けない音だし。
ちなみにすばるさんは楽器を置いて歌に徹してます。
2番の亮&ヤスのギターが良かったです。
映像もサーカスのライオンをモチーフにしててかっこよかったです。
でもあそこのメインは横山さんだと疑わない感じです(笑)

03 ローリング・コースター
おぉ、ここでロリコス、って感じでみんなちょっと驚いた感じもありつつ。
ロリコスはヒナちゃんの上達っぷりが見もの。
みんなヤスとリョウちゃんとか、そういうトコばっかり見ちゃう場面ではあると思うんだけど(笑)
ヒナが楽器を弾きながら、お客さんを煽ってますからね。
ちゃんと見てください(笑)

04 ツブサニコイ
ここでヨコヒナすばるは楽器なし、ヨコヒナは前に出てきます。
んで、曲の途中で降ってくるのがハート。
IMAG0567.jpg
結局どこで降ってきたんだっけ?って公演後になって、ここだっただろう、っていう曖昧な感じですが。
アリーナ前方にはちゃんと降ってくる感じかなー。
ちょこちょこリズムの怪しい亮ちゃん(笑)

05 モンじゃい・ビート
メインステ中央、ジュニアも登場。
挨拶後にみんなが円形スタンバイするのがかわゆし。
たぶんここで緑の蛍光テープが前方からふってきたんだと思います。
ちなみにジュニアくんたちがPVのチアガールさんの振り付けをしているので、一緒に踊るのもアリかと。

06 イッツマイソウル
フロートカー移動。
もんじゃいの途中からフロートカー移動にはなりますが。
下手:ヤス リョウ すばる
上手:大倉 ヨコ マル ヒナ
札幌の時はステージ横幅がちょうどだったのか時間は持て余さなかった感じですが、福岡はちびっこ3人組は「今のるの?乗らないの??」みたいな感じで時間をかなり持て余してて可愛かったw

07 T.W.L
バクステ。
なかはらさんは両日ともアリーナだったので、この曲は彼らの後ろ姿しかみてないんですが(爆)
でも後ろ姿が見える人は是非後ろ姿を見てください。
すっごいお尻フリフリしてて可愛いから(笑)
あと最後の人文字のところもヤンマー2人がぎゅって寄ってる感じもめっちゃ可愛いから(笑)
ちなみに福岡ではヨコが最後の立ち位置を間違え、マルちゃんとちょっとずれてるのを最終カウントでジャンプしてあわせにいった感じ。
あと同じく福岡ではスタッフさんのミスでTWLのイントロがもう1回流れてきてしまって、ヒナ:「もう1回やる?」マル:「いこーぜ!」みたいなところもあり(笑)
でもお客さんもノリがいいからか「いえーい!」みたいな感じでしたけどね(笑)

08 輝ける舞台へ
ムビステで移動。
フロートカーと逆位置で帰ってきてました。
ちなみにこの曲はみんなうろ覚え+よく間違える(笑)
札幌ではヨコがほとんど歌えず、福岡では大倉が「まちがえたー」とメロディに載せて歌う始末(笑)←間違っている可能性あり。ItoUの可能性もあるみたいです。覚えてません(爆)
最後までにはきちんと歌えるようになっているのかしら?(笑)

09 スクアクロウ
輝ける~の途中から亮ちゃん居なくなり、ギターを抱えてセンターステージに登場。
普段亮ちゃんがしないような服装で登場(赤チェックシャツ+オーバーオール+黒ブーツ)
ギターは抱えていますが、そして弾いているような感じですが、会場の音は少なくとも亮ちゃんの弾いている音ではありません←間横から見てたからね(爆)
札幌では何もしゃべらずさらっと始まったのに、福岡ではリョウ:「あ、しゃべっちゃった」と(笑)
ちょこっと挨拶してから歌ってました。
ちなみにメインモニターに映像が流れているんですが、スケアクロウ=かかしのアニメーションの映像です。
大サビの春夏秋冬を歌っているところが綺麗なので、是非見てみてくださいな。

10 パンぱんだ
メインステージ中央より登場。
ヨコもマルちゃんもパンダのかぶりもの+手袋で登場するのがもうめっちゃ可愛い!
札幌ではヨコがTシャツ短パンの凄い簡素な格好でしたが、福岡ではパーカーを着ててよりパンダに近くなってました(笑)
えっと何で話してたか忘れましたが(汗)どんどん増えていったという振り付け。
めっちゃ可愛いですよ!一緒に踊りたくなる感じ。
多分2公演、3公演入ったら一緒に踊れるかな(笑)
もうこれは、可愛いのひとことなんですよね!
映像も一緒に流れているんですが、パンダの「りゅうりゅう」と「ゆうゆう」の映像です。
これも可愛いです。
んで途中でジュニアくんたちが大きな風船をもって、アリーナ客席に登場。
その風船が割れてでてくるのが
IMAG0568.jpg
たぶんみんなあれが普通の紙だと思ってるんだと思うんですが。
これ↑なんですよ!ってことで、拾える機会のある方は是非拾って帰ってきてください←なかはらたちは善意の清掃活動とも呼んでいる(笑)でも奪い合いはしないでね。

11 Water Drop
センターステージ登場。
これ、お金かけてもらってるなー!な演出です。
水を使っています。
センターステージが噴水のようになり、しかもメインステに続く花道に水で出来たアーチ(トンネル)ができ、その下をメンバーがくぐり。
メインステ前方からあがる水柱にはレーザーがあたり、歌詞が映し出されるっていう。
タッキーしか使えないんじゃないかと思っていた(笑)あの水の演出を使わせていただいて!
ダンスもラップもかっこよくて、一瞬たりとも見逃せない感じです。
札幌では結構上手にいってたんですけど、福岡は1ポイントだけ水浸しポイントができてしまっていて(爆)ちなみにたっちょん位置でちょっと踊りづらそうでした(爆)
そしてあの水の回りは涼しいです。ひんやりしてます。
衣装がスーツ上下なんですけど、きっとちょうどいいくらい、と思うくらいひんやりしています(笑)

12 Fight for the Eight
メインステ。
なんと『Water Drop』の時から着ていた衣装には電飾が仕込んであって、メンバーカラー(ヨコは白)に光ったり、レインボーになったり。
文章で表すのはちょい難しいんですけど(爆)
とにかく衣装がヤマPのソロん時みたいに光ります(笑)
7色になったり、みんなが同じ色になったり、手袋のところも靴のところも光るので、みててとっても楽しいです。
踊ってるんだけど、その光に目が奪われる感じ(笑)

13 365日家族
メインステ。みんな座って歌ってます。
ヤスくんはサビで手話を披露、たしかすばるさんが上着を脱いでいたのは福岡。
んで、終わりのところにメッセージ。
eightとeighter
愛し逢えるこの関係を
いつまでも・・・
愛してます。
by 関ジャニ∞

すばるさんが言いそうな言葉かな?ですが、文字はすばるさんの文字っぽくはないです。

14 I to U
この曲もみんなちゃんと歌えてなかったり(笑)
今回難しいんだろーな(爆)
この曲で衣装チェンジがあって、トロッコ移動するんですが。
白ベースなんですが、スクエア柄でちょっとぐちゃっとした衣装なんですよね(爆)
ヤスくんの衣装が個性的。
ワンピース(に見えるのか、ワンピース程の長さの上着なのかは不明)に蛍光グリーンのレギンス、なもんで。
札幌では更にそこにまん丸のメガネをかけていて、個性的を通り越してました(笑)。
マルクラの背高いコンビが比較的長めの上着(膝裏まであるような)を着ていたのと、ヒナちゃんが黄色、マルちゃんがピンク、ヨコが紫のパンツを履いてて、珍しいな!と思ってみてました(笑)
やっぱりな、は大倉のムートンブーツくらいですかね(笑)

15 Eightopop!!!!!!!
グッスのペンライトがメガホンの形をしているんですが、エイトメンバーもそれをもってここでは歌います。
ので、あれをみているとグッズのペンラが欲しくなります(笑)
普通に盛り上がってます、みんな好きだね、って感じで(笑)
ちなみにここで銀テが降ります。
IMAG0564.jpg
地方名入りです。
この銀テはスタンドにも飛んできます。
特にバクステ正面の方は期待大かと。

16 Fly High
ムビステでメインステに移動。
大倉が札幌でも福岡でも足を投げ出してたのが印象的。
んでもって、福岡はすばるさんが銀テを使って釣り(銀テを釣り糸のように垂らして、∞erがつかもうとする寸前で上げるっていうの)をやっていて、そればっかり見てました(笑)
すばるさんはとっても楽しそうでした(笑)

17 Dye D?
メインステ。
これね、くそ忙しい曲です(笑)
ドラキュラをイメージした映像(0号室のイメージ、そこで働くホテルマンたちが実はドラキュラだった、的な。あれ?インキュバスなのかもしれないけど/笑)がずっと流れているんですが。
それもかっこいいし、踊ってるエイトくんたち(ちなみにみんなドレスシャツを着てる。ヤスくんのドレスシャツのフリフリ具合が個性的)もかっこいいから見なきゃだし。
でもどっちも見ようと欲張るとどっちもダメな感じ(爆)
忙しいです(笑)
あ、途中の『Dye D?』って囁く声は大倉でした。
ちなみに映像の方ではみんな八重歯ならぬ牙を付けたり濃い目元メイクをしてたりするんですが、キレイなのはヨコ、怖いのはTorn。
そしてなかはらさんたちは札幌で見たときはヒナは自前の歯しかないと思っていた(笑)←福岡で見たときは、いやあれはいくらなんでもちゃんと付けてるな、ってことになりましたけど(笑)


18 wander
メインステ。すばるさんの「あぁあー」って声がドームいっぱいに響きわたって、凄いですよ。
ただなかなか歌詞が入ってこないんだよなー(苦笑)
メインステ上のモニターには歌詞も流れてるんですけどね。

19 急☆上☆show!!
20 ズッコケ男道
21 Wonderful World!!

ここでスタンバイの為にエイトくんたちがはけて、歌っているのは聞こえるのに姿は見えない状態に。
なんとここでバルーンに乗るから!(笑)
えっと、NEWSコンを見たことのある人、あ、去年の東京カウントダウンでも出てきたかな。
の、気球が出てきます。
(※あの辺の音響が悪く、途中から全く聞こえなくなった、という情報もあり。スタッフさん、もし伝わるのなら、改善お願いしますな)
気球は『EIGHT×EIGHTER』と書かれたものが3つと『おもんなかったらドームすみません』と書かれたものが1つ。
1つの方はすばるさん一人で乗ってます(笑)
気球コンビはヒナクラ、ヤスリョ、ヨコマル、です。
下手側から登場して、外周沿いに行きセンターステージの方に2基(ヒナクラとヨコマル)が通っていきます。
残り2基はそのまま上手側に履ける感じ。
とにかくヤンマー仲良し(笑)
そしてヤンマーの乗っているバルーンは激しく揺れてます←多分亮ちゃんのせい(笑)
ヒナクラが一番怖がりかなー?って思ってましたが、福岡でクラは足を隙間から投げ出し、思いっきりバルーンが傾いてたからそーでもなかったのかも。
あ、上下運動が少ないのはすばるさんのバルーンかな。
あと直接みてないんですが。
福岡でヨコマルバルーンはちゅー事件発生みたいで(笑)
ヨコがマルにちゅーをねだって、戸惑いながらもマルがヨコにちゅーをしたそうです(笑)

22 夜な夜な☆ヨーNIGHT
メインステ。
ポップアップで正座した状態であがってくる3人。
白ベースの衣装ですが、蝶ネクタイつき
(大倉:青、村上:赤、安田:黄色)
そして背中には文字入り。
【札幌】大倉:ダル、村上:ビッ、安田:シュ
【福岡】大倉:祝、村上:優、安田:勝
肩すぐ下くらいに天使の羽つき。
途中ジュニアくんたちが運動会の玉入れにつかうようなカゴをもちあるき、その中に入れている紙吹雪を3人の上からちらして回る、みたいなベタな演出もあり(笑)
びーばーしんちゃん!のところはちゃんと∞erみんなでやりましょう、あんまり意味のない歌だけどめっちゃ楽しいです(笑)

23 あ
実は『夜な夜な☆ヨーNIGHT』の最中(3人がセンターステージにくるところがある)に金色の卵がメインステにポップアップででてくるんですが(夜な夜な☆ヨーNIGHTの最中は頭の部分しか見えない)、夜な夜な☆ヨーNIGHTラストでその金の卵が完全に出てきて、3人が「あれ?金の玉子やー!」的なことを言います(笑)
その金の卵には赤字で「す」(○で囲ってある)と書かれているのですが(笑)
それが中央から二つに割れて、なかから出てくるのは全身赤色な衣装のすばちゃん。
赤いフード(でもフードの裏地は左半分赤チェックで右半分緑チェック)赤い羽がついたような上着に、ピチピチの赤いパンツ。(しかも結構きわどいところまでダメージが入ってるパンツ)
そして全部生バンドで、あの曲最強すぎる、って感じで。
ちなみに途中の「ありがとう」は∞erが歌うパートですので、思いっきりだしてー。

24 ミセテクレ
25 Do you agree?
26 HI&high

この前にヤスくんセンターステージにてギターソロ、それを受け継いでメインステで亮ちゃんギターソロ、そのあとたつとマル入る、っていう短めのセッションがありますが。
大倉以外のメンバーはバクステにもいくし自由自在ですが、大倉は固定位置です(笑)
すばる:黒のTシャツ(theThe…って文字いり)ところどころ破けてる(笑)、黒のタイトなダメージジーンズ、ユニオンジャックの柄の靴
ヨコ:ジーンズ素地のつなぎ。右お尻上のところにチェック柄(なんか吊ってる?)靴がゴールドスニーカー?
ヒナ:白7分袖丈Tシャツ、黒ベスト、ジーンズは黒?スニーカーは白地に紐だけピンクっぽい色
ヤス:白地に蛍光ピンクのペンキがはねたような柄のTシャツ、ジーンズ?黒スニーカー←珍しいと思ってみていたら、福岡で見たときはつま先の部分が青でスパンコールみたいなのがついてた。
マル:黒の細いタイをしてて、黒のシャツ。
亮:黒ジャケット、その下にヒョウ柄のベスト、キャップ(黒)、白Tシャツ、黒ブーツ(多分スケアクロウの時と同じ)
大倉:固定位置のため見えづらい(爆)青?紺?みたいなベストを着てたかと。

27 マイホーム
メインステ。
これ終わり方が結構ビックリ(笑)
こうさらっと「じゃぁね、バイバイ」みたいな感じで札幌で終わってしまったので。
福岡でもけっこうあっさり終わった印象が。

■EC
ここでの衣装はツアーTシャツにグッズでチャリティーで売っているワッペンがついてて、下は各々自由に着ている感じでした。
ちなみにだいたいのメンバーが胸元に自分のカラーのユニフォームのワッペンを付けています←ヒナの紫が黒に見えて、なんでヒナだけ黒?ってちょっと思ったんですが、福岡で確認したら紫でした(笑)
バズーカが出てくるのもここかな?
ちなみにバズーカから出てくる中身はツアーTシャツ(サイン入り)です。
ちなみにこの時、大倉は下に黄色のタンクトップを着てて、札幌ではEC始まってすぐから肩テロンになってました(笑)
あと大倉はここで札幌では赤の靴下を履いてたんですが、福岡では黒のボーダー入り白靴下になってました(笑)
多分下衣装は前のブロックできてた衣装だと思われる感じです。
まさかここでフリーダム理論をやられるとは思ってませんでしたが、ちょいちょい抜けるメンバーです(笑)
最後の挨拶で、生バンドチームが「もんじゃいオーケストラ」だと紹介されるのもここ。
ちょっとビックリ(笑)
ちなみにEC終わり、手つなぎの部分、札幌ではヨコ:「何をいわなくても手をつなぎますね、さすがですね」とかなんとか煽って、手をつなぐのを一応まっててくれたんですが、福岡ではまっててくれず、手つなぎをできなかったところもあったようです(苦笑)
札幌ではここでヤスが「どさんこサンキュー!」と挨拶をし、ヨコがそれに大笑い、ハマってしまったようでヤスにならって「どさんこサンキュー!」をなんども言う。
そしてすばるさんが「どさんこ以外の人の方がほとんどやと思うけどな」大倉「どさんこ以外の人もありがとう」っていうくだりがありました(笑)

■WEC
・ひとつのうた(札幌)
・モンじゃい・ビート(福岡)
札幌ではひとつのうたをやってみたけど、いまいちふざけた最後にならないのがしっくりこなかったのか(笑)福岡ではモンじゃい・ビートになってました(笑)
ただ、札幌のひとつのうたも、すばるさんがランニングマンをしだして、その後メンバーがそれに続き、あんなにいい歌なのにネタにする、という事件がおきましたが(爆)
モンじゃい・ビートの方は、センターステージにやってきたすばるさんが何かを見つけマルを呼ぶ→マルはそれを見て苦笑い→すばるさん楽しそうに何かを拾いマルに近寄る→こそこそ話→マルは胸を突き出す(ちなみにマルは上半身裸)→マルの乳首にハート(ツブサニコイの時にふってくるやつ)を貼る→なかなか貼れないのでマルは胸をめいっぱいはり、すばるさんは乳首をグリグリ(笑)→カメラに撮ってもらうまで二人で待機→カメラにとってもらったけどすぐに離れてしまったのでまた待機→長い間カメラにとってもらったので満足して笑う2人、っていうくだりがありました(笑)
札幌では出てきた時にヒナ:「たまには帰ろ!」ヨコ:「今俺らSモードやから。もっと声だせよ!」みたいなくだりがあった後、すばる:「やることが決まってるから出てきてるんですよ」って言ってみたり。
亮:「素敵な札幌の夜をオススメします!」と言って履けてみたり(笑)
最後はヒナちゃんだけが残って「またくるからねー!」とはけていく。
福岡は亮:「素敵な冬の夜をオススメします!」大倉?:「ちょっと早いけどメリークリスマス!」マル:「ちょっと早いけど鬼は外!福は内!」っていってみたり(笑)
んで最後はヒナマルが残ってヒナ:「お前の誕生日やからお前の好きなようにし」マル:「じゃ、1、2、3、ほらしんちゃんも!心がぁ!」「「ぱーん」」で終わりでした。


なんか途中からめっちゃ端折った気もするけど(爆)
ラスト、ECとWECがきちんと拾えてない気がするので(爆)東京の時には確実にいけるよーに頑張ります(笑)
とかいってる内に東京まであと2週間ですな。
早いなー(爆)


コメント

  1. かすかす | URL | -

    お疲れ様です。

    構成…ありがとうございますお疲れ様です~。福岡はスバルが前半飛ばしたのかかなりお疲れに感じたのは私だけですか…あ、あとたっちょんが間違えたのって、I to y やなかったでしょうか…私もかなりうろ覚えですが

  2. 唯 | URL | -

    構成編ありがとうございます。

    なかはら様
    初めまして、唯と申します。初コメですが、毎日のように来てはニマニマしながら色々読ませていただいております。
    オープニング映像の村上さんの自転車のくだりが違ったんじゃないかなーと思ってコメントさせていただきました。

    錦戸君に見送られたあと自転車を乗り捨て(自分は飛び降りながら、自転車は他に停められている自転車の隙間に投げ込む感じ)て走り出したところですばるさんが乗る車に引かれていたかと。

    生意気にコメントしておいて間違ってたら申し訳ありませんv-356
    参考にしていただければと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY