スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはマジメな話をしてみようと思います(笑)

2011年07月21日 22:31

缶バッチが届くまでは作業が然程ないなかはらさんですけどもー
久々に夜勤をやっちゃったりなんかして、リズム崩れちゃうかなーとか思ったりもしてたんですけど、そこまで大幅なだだ崩れ感はなく。
診断メーカーでしこたま遊んでみたりなんかして。
この診断メーカーだとね、『なかはらあつみ』でも本名でも、亮ちゃんには『結婚したい』と思われるという結果になったりとかするんだよね(笑)
でもヤスくんには『パシリ』『無関心』と散々な結果に(笑)
おかしいな、結構ヤスくんに愛を注いでるつもりなんだけどな(笑)
今日のトラストは結構ジャニーズなお客様が来場だったみたいで。
シゲさんの名前を見ると、なんだか嬉しい今日この頃(笑)
これでエイトメンバーはマルちゃんとすばるさんか。
ヒナちゃんはホンマに大阪で見るのかな?とちょっとドキドキ(笑)

ってなことで。
クラヤス缶バッチプレゼント企画、明日20時には締め切りなのでもう24時間を切ってきました。
当選者の発表は23日お昼~夜に掛けての予定。
さぁて、誰が当選するかなー??
こんなところに書いておきますが、『FOR EIGHT』の缶バッチを申し込み忘れた方や間に合わなかった方は、当選すればちょっとしたいいこともあるかもしれない、抽選だったりするんですが。
あ、『FOR EIGHT』の缶バッチを申し込んでる人もね、一応、いいことあるかもよ、ってなくらいのモノは用意しておりますので、迷ってる方がもしいましたら是非ー。
もうエントリーしている方はこれ以上当選確率を下げないでくれ!って思ったりはしてらっしゃるでしょうが(笑)
あと『FOR EIGHT』の缶バッチ企画で『代金引換』を希望されている方には今日の20時代にメールを送らせて頂きました。
ご確認の上、返信頂ければと思います。

さ、続きにね。
エイトとはそうまぁ関係のない話を書いちゃうよ。
普段思ってることっていうか、なんていうか。
昨日ツイッター上でちょろっとつぶやいたりもしてたんだけどね、ってこと。
















このブログをずっとご覧になって下さっている方はよくわかっていらっしゃる方も多いのではないかと思うのですが、なかはら自身はどちらかというと『ポジティブ』です。
いつぞやに書いたと思うのですが、「やってみないで後悔するならやってみて後悔したい」と思うタイプですし、やってみてたとえ失敗したとしても、それが自分の経験になるならそれはそれでいいじゃないかと思うタイプです。
それが「強い人間」だといわれることも多いですが、逆にやらなくて後悔する人生は何が楽しいんだろう、とかって、極端に言えばそういうことを思ってしまうほど、行動力はある方で。
今回の缶バッチ企画に関してもそうなんですが、「やってみたいこと」が多いと時間もお金もかかるし大変だけど、それによって生まれるものがたくさんあることを知っているからかもしれません。
「ものは試し」じゃないけど、ホントにやりたいことだったら、何とかしてやりたい、そうなりたい、と思うんじゃないかなぁと思うんですよ。
自分で決めたことなんだから、続けてやれることはとことんやればいいと思うんですよ。

だから「やりたいこと」のために努力するというか、そういうことはあまり苦にならないタイプです。
正直言って、なかはら自身は自分自身が持っている元の能力は決して高くないと思うんです。
周りから見て下さっている方はどう思ってらっしゃるのかはなかはら自身には計り知れないところではあったりするんですが、少なくともなかはらの弟妹に比べると、なかはら自身は「どんくさくて不器用」なタイプだったりするわけで。
要領はさほど悪いつもりはないんですけど、瞬発力にかけたりとかね、そういうところもあるんですよ。
親にも「兄弟の中でもいちばん頭の回転が悪い」といわれ続けたタイプなので(爆)
だから、生まれてこの方『努力』はずっとつきものでした。
…小学生の時、県の陸上協議会のリレーの選手に補欠で選ばれたことがあったりしたんですが、その選ばれた理由も『毎日練習に休まずきて努力しているから』でした。
早いだけじゃなくてその努力をかってくれた恩師には感謝しているんですが、そういう経験もあって結構コツコツ努力するタイプだったりするわけです。

なので、なかはらは『どうせ自分にはできない』とか『こんな自分は頑張っても一生一緒だ』と思っている人間はどうしても苦手です。
うん、結構辛辣なことを書くかもしれませんが、上に書いたような文句っていうのは、ただ前にある現実から逃げるための常套句だとしか思えないんですよね。
『ゴリゴリ』じゃないけど、「何千回も夢をみて 何千回もあきらめて」ってことを繰り返してそういう風にヘコむことがあったのならまだしも。
でもそういう人はへコんでもまた努力しようとするわけで。
やってもない人が『どうせ』といって最初から諦めてしまっているのが、なかはらは苦手なんです。

だから、最初どんな人かわからなくて友達になって、「人生を諦める」じゃないけどそういうタイプに出逢ったとき、どうしても「それは違うんじゃない?」って伝えたくなります。
実際伝えることの方が殆どです。
それが直接的じゃないにしても、その伝えたい相手に届くといいなと思いながら。
でも残念なことに、その思いは届かないこともしばしばあります。
何度かチャレンジしても基本的な考え方があまり変わらないなぁと思う人は、どうしてもなかはら自身が「どう接すればいいのか」ってことがわからなくて、どんな言葉をかけても自分は寄り添えない気がして、自然と距離はあいていきます。

そういう出来事がこの2年くらいの間にいくつかあったのですが。
特にブログを通してそういうことがよくあるというか、リアルにお付き合いする人ってのはもう空気でそういう雰囲気ってのを感じ取るというか、あまりないんですけど。
文章だけで物事をやりとりする関係っていうのがどうなりやすいのかなぁと思ったりもするんですが。
なかはらは、そういう風にして疎遠になった人に「冷たい」とよく言われます(爆)
「どうせ、わたしたちの気持ちなんてわからないんだよね」って。
「できる人はできない人の気持ちなんてわからないんだよね」って。

なかはらってそんなに何でも努力なしでできるようになったように見えるんですかね?(苦笑)
最初は何もできないところからスタートしてますよ、なかはらだって。
知らないことも多いし、できないこともめちゃくちゃ多い。
だけど、それをなかはら自身は僻んだことはないに等しいです。
「自分がやったこと」で迷惑かけてるなぁと思うことはありますが(爆)できなければやってみればいいし、知らなければ調べてみればいい。
「何で?」って思うことはとことん突き詰めてみればいいし、完璧にやりたいのなら何度も練習すればいい。
その努力の過程を一切無視して「わたしできないんです」っていうのは何かが違うんじゃないのかい?

…急になんでこんなことを書いたのかと思われそうですが。
ブログに何かを書かれたわけじゃないんですよ、最近は平和にやっております。
缶バッチ業務も順調ですし、ツイッターで何かを言われたとかでもないんです。
うん。
なんかね、このとこ、まぁブログやらを見ていて思ったんですよね。
何をそんなに「自分はできないんです」って言わなきゃいけないんだろう、って。
もちろんネガティブになることはあるだろうし、「自分はできないんです」が正直な自分なのかもしれないですけど。
だからって「自分はできないんです」「自分はムリなんです」っていうのを書いて「私もそうなんです!」っていう人が集まって、それで何ができるんだろう、何が生まれていくんだろう、って。
…うーん、連帯感、なのかな、日本人が好きな連帯感。

ブログは正直な自分を書くところなんじゃないんですか?
と、なかはら自身がこのブログを閉める閉めないで悩んでいる時にはよく書かれるんですが。
正直な自分を全部かけるのなら、それはホントに凄いと思うんですよね。
正直な自分の汚いところだったりとかいやらしいところだったりとか、そういうのも全て書けるという自信がある人が「何を書いてもいいでしょ」って言える人だと思うし、なかはら自身はそういうドロドロした部分をこの場所にありのままに書けるなんてことはないと思うし。
だって、ブログはブログであって、日記ではないんだもの。
この文章の先には、読んでいる誰かがいつもいるんだから、っていつも書いてますけど(笑)
もし、自分がどうしても嫌なことでも、読んでいる人の中にはそれをイイと思っている人はいる。
そう思って書く文章はどうしたって、全部が全部正直な気持ちです、とは言えないわけだし。

ただ、ここに今日書いたのはなかはらの正直な想いをどう書けば伝わるのかを考えて書いた文章です。
全部が全部正直かといわれればそれは違うんじゃないかと思いますし←オブラートに包んでる部分はこれでもある。
読み手によっても印象が違うだろうし、「またそんなきれいごと言ってるわ」と思った人もいるでしょう。
それで文句じゃないけど辛辣なコメントを貰うことがあったとしても、自分の発した言葉にまっすぐで正直であれば、「ごめんなさい」も「ありがとう」もきちんと返せると思うんですよ。
それが個々全てへのレスにならないとしても、何かしらを返せると思うんですよね。
そういう言葉のキャッチボールもできるのが、ブログなんじゃないかな?って。
ブログは個人のためだけにあるものであってはダメなんじゃないかな?って。
個人でいいなら日記でいいわけで公開しなくてもいいじゃない、誰かに聞いて欲しい気持ちを書きたいのはわかるけど、「ありがとう」も「ごめんなさい」も同時に言えないことを書くのは、なんか違うんじゃないのかな?って。
…「自分はムリなんです!できないんです!」っていう人ほど、「あなたには私の気持ちなんてわからない」「わたしにはわたしの考えがあって書いているんだから、考え方や書き方は変えないです」とかっていう気がして仕方がないんですよね。
まぁ、決め付けるとダメなんですけど、少なくともなかはらが覗いたブロガーさんの種類でいえば、そういう人が多くて。
人の意見を聞き入れるのは辛いこともあったりしますけど、噛み砕きもしないでそれを蔑ろにして、でも「わたしはどうせできないから」と言って。
逃げてにげて、何がいいの?って思ったりしてるわけです。

…はは、結構辛辣だな、この記事(爆)
なかはら自身、どんなに泥にまみれたって、前を向いて一生懸命頑張ってる人を好きだな、と思うし。
もっているスキルは確かに差はあるのかもしれないけど、自分にできる精一杯のことをしよう、生きようとしている人が好きだな、って思うし。
関ジャニ∞もそーなんじゃないかな?って思うし←まぁ基本スキルはかなり高い方の集団だとは思いますが(笑)
今日は生き方、みたいなことについて語ってみた記事でした(笑)
たまにはこういうことも書いてみないとね、って思ったりしています。
エイト事とか楽しい事だけじゃなくて、自分自身を正すためにも、たまには、ね。


コメント

  1. ついったの方でも見させてもらいました!

    共感です。
    わたしは自分の気持ちを文章にすることが苦手なので
    なかなかうまく伝えることができないんですが、
    あつみさんの考え方すごく自分に近いと思いました。

    これからも努力を惜しまず生きてきましょうね!!!←
    ポジティブ万歳\(´Д`)/

    ・・・まとまりのない駄文で失礼しましたm(__)m
    これからもブログ見させてもらいます!

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。