スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた間があきましたが(汗)

2011年04月25日 01:09

どうもー。
こちらはかなり久々ですね(汗)仕事がなんだか落ち着かない感じで毎日5時半起きの勢いのなかはらですけどもー(苦笑)
それでも寝に入る時間が早くなるわけではないので(汗)なんとなく疲れをやりすごすしかない日々(汗)
ツイッターを覗いてくださってる方にも「今から仕事いってきまーす」くらいのご報告になっていることも多いんですが(汗)

そんな中、関ジャニ∞は相変わらず活発(笑)
『TWL/YPS』も発売になり(相方とメイキングはTWLの方が好きだけど、PVはYPSの方が好きだっていう意見が同じだったりしたんですけどね)、しんちゃん映画を漸く見に行くことができ、そしてドラマ『犬を飼うということ』『生まれる。』も始まり、『アカン警察』みたいな新番組もはじまり、『ジャニ勉』もパワーアップし。
ある芸能ニュースサイトで駒井さんが「今年は関ジャニ∞がくる」みたいな記事を書いていましたけど、ホントについていくの、大変(笑)
なかはらさん家のHDDはスマさんと関ジャニ∞さんだけでなく、JINにもおわれてるカンジやしなー(笑)
あ、そうそう、マルちゃん出演映画『ワイルド7』もやっと情報解禁になって、関ジャニ∞何気にいろんな免許もってない?みたいなカンジになってきたし(笑)←スキューバーとか大型バイクとか、船舶とか、手話とか…って殆どヤスくんだけど(笑)
そんな中すばるさんとゆうちんは毎日のように遊び(笑)←もうこれホンマにツボ。モンハンとか抜きにしてもツボ(笑)
レコメンで木曜日の牛丼事件(笑)をメンバーに誇らしげに報告したり、ハニカミが公開でハニかんでみたり(笑)
なんかホンマに関ジャニ∞仲良しやなーって、ほっこり。
いろんな嫌なこととかその瞬間はやっぱり忘れているよなぁとおもったり。

だからなんなのか。
ここで話したことあったかなー??
ツイッターでは一時期凄く話してたんだけど、なかはらさんは最近またよく関ジャニ∞の夢を見ます。
多分ツイッターで話したのは、スイーツ王子やらおしゃれ王子やらご飯王子の話だったと思うんですが。
ものすごく非現実的(笑)
ご飯の王子様の大倉がかわいいみたいな(笑)
でも、今見てるシリーズ(私ヘンなクセ?なのか、夢の続きをよく見るんですけど)は、結構まっとう(笑)
でもホントにエイトが仲良しで、自然と笑顔になる感じの夢が多くて。
「予知夢」だといいな、と自分的には思っているような内容で。
…関ジャニ∞が大きくなることには、応援するスタンスもあるから、なかはら自身が「いいな」って思ってるだけなんですけどねー。
うん、この間も誰かがツイートしているのを見て思ったんですよね。
急に、っていうと語弊があるかもしれないけど、明らかに今までとは違う力の入れ方をしてもらって、『今』離れていくファンもいるだろうし『これから』好きになる人もいるっていう過渡期というか。
いろんな人がいろんな思いをめぐらせる時期なんだなぁと。
ここでも何度も話しているように、なかはらはSMAPを日の目を見ない頃から応援してきて、それこそCDがミリオンがバンバンでている時代に10万枚も売れなかった、オリコンの最高位は10位なんてこともあったりしてて。
今日いいともの増刊号で慎吾が話してたけど、SMAPはデビューして12枚目で漸くオリコン1位を獲得したグループで。
そんな時期からずっと見てて、悲しいかな何度かやっぱりそういう『過渡期』みたいな時期があって。
多分、今の嵐にもそういう時期は何度かあっただろうし、まぁ、私がわからないだけでいろんなグループにそういう過渡期みたいなのはあるわけで。
それをどう捉えるのか、ってのは人それぞれで難しいなぁって。
なかはらはSMAPも関ジャニ∞もずっとずっと好きだったし、これからも好きだ。
なんかそれは変わらないと思う、思ってるんですけど。
SMAPはそれこそ20年超えだし、これからももう殿堂入りというか、変わらないって。
関ジャニ∞もそういうグループだって。
おばあちゃんになっても何もそういう大元はかわらないグループだって。
まぁでも、そういう思いって、この過渡期では通じる人とそうでない人がいるわけで。
…うん、難しいんですよねー(苦笑)
物事を見る時に多角的に見なきゃいけないってのは、よくよくわかってることで、まぁ職業柄もあって(笑)
そういう風な見方もできるよねとか、あぁその裏にはそういう言葉も含まれてるよね、とか、まぁ、いろいろ考えすぎるのかもしれないですけど。
やっぱりそういうことなしに、っていうのが正しい表現なのかはわからないけど、ただ「好き」って言ってたいなぁ。
今は特に贅沢せずに、好きって言いたいなぁ。
ヤツらのためにも(笑)

…何かちょっと含み言葉?(笑)
いや、いやなことがあったとか、書かれたとかそういうことじゃなくて。
SMAPの時も感じてた、こう、ファンの…うーんなんていったらいいのかな、大げさにいうと驕りってのは切り捨てていきたいと思う自分がいたってカンジかなー。
正直、なかはら自身も仕事が忙しくて完全にSMAPと関ジャニ∞のメディアを追えてはいないし、多分「いろんなことをしっている」っていう点では、なかはらはかなりダメなファンなんですよねー。
完全についてけてないから(爆)
でも、好きなのは好きだからなー。

さて、続きにコメントレスです。
ひさん、ありがとうございました。
って。
うわー!通信の三馬鹿が愛しいー!
ヤスくんとマルちゃんの話が愛しいー!!
↑二人は気ぃつかいーやで、って話。
ヨコはマルちゃんといる方が楽で、すばるさんはヤスといる方が楽。
ヨコはヤスくんが気を遣っているのが凄くわかるから、すばるさんはマルちゃんが気を遣っているのが凄くわかるから。
なんかそういうのが愛しい(笑)
ってか、三馬鹿で喋ってるのが愛しいっ!!!
っていうカンジからコメレスに時間がかかってしまったー(爆)










【コメントレス】
4月24日 ひさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
記事を書いている途中で今回のコメントを頂いて、「なんとタイムリーな」と妙に思ってしまいました(笑)
うん、まずはライブに対するスタンスとかネットワークが完全にひさんとなかはらでは違うので、もし嫌な思いをするならひさんの方かもしれないのですが(汗)
このブログを遡ってみるとわかって頂けるとは思うのですが。
なかはら自身は1回のツアーでライブの回数を重ねています。
エイトの近々のツアーでいうと、『∞UPPERS』は10回入っています。
いつも一緒に入る、「相方」と名義をあわせて7つ。
当然それだけで10回入るっていうのは、かなりの困難だってことはひさんにはわかって頂けるとは思うのですが。
なかはら自身がネット上で知り合った人と当選したチケットをやりとりしますし、実際にやりとりをしてから仲良くなったお友達から、「今回はかぶったから譲る」という話を頂くことも多いですし、逆に私からも「譲るよ」ということもできる状況もあります。
この間のヒナちゃん舞台は予定外っていうくらい当選して、譲りまくった感じもありました。
「全然あたらなかった、全滅した」っていう報告をいろんなところから聞きながら。
参加できなかったツアーは基本的にはない、ソロライブで参加できなかったものとかはあるけれど、くらいのレベルで。
だから「恵まれている」状況なんですよ、なかはら自身。
そういう前提からも、ひさんの仰るようにホントのところはわからないだろうということもわかって頂けると思うのですが。
ただ「チケットを取れなくなる」という不安、もっと大きくいえば不満をわかっていないわけではないですよ。
年々なかはら自身も当選しにくいなぁと感じているのは確かで、上にも少し書いていますが、SMAPなんて取り放題だったのが、スタジアムのツアーですら取れない時もありました。
運よく誰かに誘って貰えていっても「なぁ、この曲なんていうん?うわ、めっちゃ音痴やわ!笑えるー!」みたいな会話をしてマナーも守れないような人がいるようなライブに行くこともありましたし。
なかはら自身もSMAPの節目節目にライブに参加できてるわけではないですし、エイトもそう。
まだ参加できなかったツアーはないけれど、いわゆる後から考えると記念日になる日にも、参加できていないことは多い。
日程だけの問題じゃなくて、チケットが取れなかったってことで。
ネットワークをもってしてでもダメだったってこともあるわけで。
これからはひょっとしたら1回も参加できなかったツアーもでてくるかもしれない。
そんな状況が複雑じゃないわけがない、複雑なんですよ。
だけどだからといって大きくなるのを止めたくはないし、彼らが望んでいる限りとめるわけにはいかない。
それは間違いない、そらしてはいけない事実で。
くっつけたくないんですよ、彼らが大きくなるということと、ずっと見てきたファンが蔑ろにされているんじゃないかっていう負の感情は。
…うん、なかはら自身は「この人たちは私たちが育ててきた」っていう感情はないに等しいってのもあるからかもしれません。
うん、彼らはファンがいたからこそ、昔から応援してきてくれた人がいたからこそ、とはよく言ってくれますが、実際に頑張ったのは彼らだから。
人気商売だからファンの支えがないと大きくならなかったのかもしれないけど、決して私が支えてきたからではない、彼ら自身が自分の足で立って踏ん張ったからこそ、今があるんじゃないかなぁと思うので。
実際なかはらは今も昔も、彼らの発信する全てを受け入れてきたわけではないし、「育てる」という程の影響力は自分にはないと思っているので。
…SMAPが大きくなったときに私自身は思ったし、決めたことがって。
自分自身が生で見れなかった瞬間、一緒に過ごせなかった時間、って考えるのはやめよう、って。
もちろん頭をよぎることではありますし、うらやましいなぁと思うことも多い。
生で見たいという気持ちがないわけではない、いらいらしないわけでもなければ悲しくないわけでもない。
だけど、そんな風に考えるのは寂しすぎる。
彼らに「そんなことをファンのコたちは思ってるんだなぁ」って思わせるのは嫌だから。
それは関ジャニ∞に対してもそうで。
キレイごとっていわれるかもしれないし、なんだかんだと生のSMAPやエイトを見にいけてるからだろって思われるかもしれないですけどね。
あと。
私の周りには「昔からずっとファンでした」みたいな人も「去年からファンになりました」みたいな人もたくさんいます。
いわゆる古参ファンがいわゆるご新規ファンに対して思うことがあるように、逆もあることもよくわかっています。
もし、昔から育ててきた人間は優先的に生の彼らを見れて、新しくファンになった人や、興味を少しもっていってみたいと思った人は見れない、なんていう決まりがあるのなら。
それはおかしな状況じゃない?って思う自分がいるのも確かです。
昔からみているから、最近ファンになったから、そんなことを考えないでいたいんです、私。
「今のSMAP」「今の関ジャニ∞」「今の嵐」をホントに好きな人たちにできるだけ幸運が訪れますように、ダフ屋とかオークション販売とかに行くのは許せないけど、ホントに好きな人やホントに興味を持って「行ってみたい」と思うファンのもとにいきますように。
そしてできれば自分もその幸運にあやかれますように。
それくらいでいよう、それくらいでいなきゃいけない、と思うんです。
うん、こういう過渡期に差し掛かると余計に(苦笑)
まぁ、人気が出ると特に今はネット上に出回るのがどうしても嫌だなぁとは思いますけどね(苦笑)
…私去年「1回はSMAPのライブを見てみたい」って思ってたコたちを連れて、初スマライブをさせたんです。
運よくチケットが12枚も当たったってのもあるんですけど、交換すれば大阪の日程全日程に入れるかもしれない状況でした。
東京のオーラスもどうにかなかったかもしれないし、もっといろんなところと交換できたかもしれない。
大阪の日程全部会いたいと思う気持ちもありましたし、SMAP2年ぶりのライブでしたからねー。
仕事柄なかなか番協にもいけないような状況で、ホントに5スマは2年ぶりでした。
だからこそ「たくさん会いたい」って思う気持ちもありました。
結局ライブは12枚当たって3回。
回数おかしいだろ、っていうカンジですが(笑)そういうコたちと一緒にいってよかったって思いましたよ。
SMAPのスの字も知らないんじゃないの?みたいな、有名なシングルをちょろっと知ってるようなコたちと行ったんですけど、「ホンマにSMAPっておったんやなぁ」って感動してくれました(笑)
まぁ、あくまでも私自身の周りでおこっていること、といわれればそれまでなんですけどね(爆)
長々とすみません。
だけどなかはら自身も複雑な気持ちをわからないわけではないということと、その複雑な気持ちをどういう風に変えているのか、ってところが少しでもご理解頂けたらいいなぁと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。