不謹慎と当たり前。

2011年03月21日 19:53

さてさて、もう既にツイッター上では、ある「CM」の発表でにぎわっておりますが。
公式サイト系は殆ど何もかかれていない?のかな…ってなカンジなので、ここにはまだ書きませんが、『継続は力なり』っていうのはまさしくこのことだなぁと妙に思ったり。
うん、楽しそうなお仕事だなー(笑)
ヒナちゃんが何気に忙しそうだなー、メンバーの誰よりも忙しいなぁと思う今日この頃。


…なんていう話題をすることは、いつになったら「不謹慎」じゃなくなるんでしょうね。
区切りはあるんでしょうか?
一人ひとりの思いは違いがありすぎて、今どんなに言葉を選んでも、誰かは傷つけてしまうような気がします。
おかれている状況が違うのは日本全国どこにいてもそうですが、今はもっと差がある気がします。
ブログやツイッターで発する言葉に、どうしたらいいのか、と恐怖すら覚える感じもあります。
普段、気をつけているだけでも、ちょっと悩みすぎかなって思うこともあるし、今こうしてブログで言葉を綴ることが本当に正しいことなのかと、重く考えたり。

なかはらは被災地から遠く離れた関西に住んでいます。
なので、計画停電の対象にも当然ならず、しばらく続いた余震活動や太平洋プレートの活動の影響もほとんど受けることがなく。
義援金活動やボランティア活動、自分たちにできることをしようということを忘れたわけではありませんが、普通に仕事はやらなきゃいけないし、なかはらの専らの悩みは、今年入ってきた新人さんをどうやって一人前に育てるか、ということで。
そういうことを考えている時は、正直なところ「今、同じ日本で大変な思いをしている人がいる」ということなんてこれっぽっちも考えていなくて、いかに自分の生活の中のストレスを減らそうかと、そういうことばかり考えています。
正直、人の助けになろうとか、あの人たちも頑張ってるんだから私も頑張ろうとかそういう気持ちではなくて、自分だけで精一杯。
これも「不謹慎」なんですかね?

うん、話が極端すぎましたが(苦笑)
こういう時だから仕方ない、と諦めたことがいくつもあるでしょう、押さえ込んだ気持ちもたくさんあったでしょう。
そういう自分が当たり前だと思うのが日本人なのかもしれないけど。
特に若いコたちに感じたことなんですけど、うん、それは被災地にいるかそうでないかは別として、中学生とか高校生くらいかなー、くらいのこたちに。
「いつになったらこれは大丈夫なの??」っていうもやもやした気持ちっていうか。
阪神淡路大震災の時に比べて、情報ツールが発達したからこそ助かったこともありますけど、情報ツールが発達したからこそ気持ちの整理ができない部分も大きいんだなぁと感じたりしています。

正直、なかはらもどういうことが「不謹慎」で、どういうことを「当たり前にしていいこと」なのか、答えはわかりません。
「普通でいようと思って意識している時点で普通ではない」とすばるさんも言ってましたけど。
あの未曾有の大災害があって、直接被災された方からよく「普通の生活をして、東北にまた遊びにきてください」と言われたりもしましたけど。
いや、もちろん遊びにいくんですけどね、なかはらは『はやぶさ』のグランクラスにのって、まだ未経験の青森に行くっていう計画をまだ実行できていませんから。
でも、直接被害にあわなかった人たちが「普通でいい」と言われて意識的にした「普通」や「当たり前」はきっと異常だっただろうし、こういうことが起きているんだから、と諦めたこと自体「普通」ではなかったわけで。
うん、DVDの発売が遅れたり、ジャニ勉の放送が1週とんだり、そういうことが残念ではないよ、なんていえるわけもなく。
いや、気持ちの問題として「残念だけど我慢した」んだよね、結局、と思う。
∞erだったら、結構な確率で持った気持ちだよね、と。
…今ちょっと勇気を出して言ってみた感じ(爆)
いやほんとにね、こういうこと言っていいのかな?って、大人でも思ってましたよね。
空気読むじゃないけど。
気持ちを押さえ込んでいつ開放していいかわからないコたちいっぱいいるんだろうな、と妙に感じて。
だっていい年した大人でも、いつどうしたらいいかがわかんないんだもん。
もっと多感な時期を過ごしているコたちは、本当にいろんなことを考えてるんだろうな、とオバサンは思いまして。

徐々にいろんなところが前を向いていく中で、ひとついえるのは、まだまだ長期戦だということで。
自分の生活をまず守ること、自分の思いを素直に出せる環境を整えていくこと、それを大切にしていきたいと思いましたし、でも一方で、長期戦に臨む覚悟は必要だと思いました。
忘れないで、忘れてはいけないから。
ヒナちゃんが、「頑張らなくていい、でも諦めるな」といってましたけど、そんな感じ。
でも、ヨコの言う「『頑張る』をがんばる」も同時にやっていかないとね。
…うん、説明が難しいけど(爆)
マイナスなことは反省はするけど後悔だけで終わらないようにがんばる。
そして達成するまで諦めない。
「あたりまえ」が結局何なのか、なかはら自身がよくわからなくはなってしまったけど、個人個人で考える「その人らしい生活」が送れるように、何かサポートできる人間になりたいな。

これからジャニーズは、関ジャニ∞はまだまだ動いてくれそうなカンジですね。
私たちを楽しませながら、長期戦に臨んでいくわけです。
なかはらも、それについていきたいなー。



コメレス貯めたままですみません。
正直、皆さんの置かれている状況があまりわからないため、災害前のものにどういうテンションで返していいのかわからないのと、その後のものにもだんだん温度差がでてきているだろうことが予想されるので、億劫になっています。
返信するのか諦めるのか、まだもうちょっと考えたいと思います。

あ、あと先にこれは。
さつきさん@仙台の方、人物を取り違えしているようで本当に申し訳ありませんでした。
ひらがなさつきさんが2人と皐さん、皐月さん、五月さん、がウチには来てくださってるんですが、今回とりあえず5人バラバラの認識を持てるように努力します。
他の『さつきさん』方も申し訳ありません(汗)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. のん | URL | -

    No title

    ひさしぶり~!そろそろいろいろ動かんとね。
    また直メしますね。

    震災から12日がすぎて、
    ずっと同じような気持ちでいたというか
    「喜び」「楽しみ」を感じることにも
    罪悪感を感じる日々でした。

    でも、「元気」「楽しいこと」
    発信するのが、「阪神」を経験した
    関西人の「できること」なんかなって、

    実は直メールくれた福島eighterや
    岩手のなつこさん達に気がつかせてもらったりして。

    ライフラインの復旧や生活がままならない人がたくさんいるなかで、
    「能天気」ととられるかもわからないけど
    いま、全国のeighterが感じてるキモチや
    情報を伝えて
    「一緒に」喜んだり、残念に思ったりしても
    いいんじゃないかななんて考えはじめてます。
    (実際にはタイムラグができたとしても)

    あつみちゃんの方向性を考えていくなかで

    いままでの言動で、そんなに間違った選択はなかったように思うから大丈夫よ。

    では、「花見」連絡します。
    東北のeighterのキモチも一緒に集めて
    たくさんのeighterと楽しもう!

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. さつき@仙台 | URL | -

    No title

    こんにちは♪
    お久しぶりです。ようやくブログへお邪魔できる情況になりました。
    同じ名前の方、たくさんいたんですねー;;;今度からコメするときは@仙台ってつけますね♪

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY