スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ空のしたで

2011年03月14日 22:30

きっと僕らの愛し合う地球に これ以上の涙はいらない
だって誰かを思いやる心が 繋がって明日になるから


3年越しに心にしみた、いろいろ考えさせられた歌詞でした。
この数日、日本に起こったことが、嘘だと言えたらどれだけ幸せだろうかと。

まずは被災された皆様にお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り致します。
そして、お友達∞er様、仲良くして頂いている方の無事は漸く確認できました。
生きててよかった、ただそれだけです。
被災された方はそれだけじゃないのは重々承知だけど、お友達の安否がわからなかった間は、どうしても気になっていつも以上に寝付けなくて。
でも、普通に仕事する日はやってきて、なかはらには普通に生活があって。
なんだか凄く複雑な気持ちでした。

ただ、なかはらの知り合いでは今のところ一人なんですが、SMAP関連で仲良くして下さっている方の相方さんがこの震災でお亡くなりになったと聞きました。
なかはらは2度しかお会いしたことがありませんが、それでも笑顔はやはり浮かびます。
…涙もろくなって仕方ありません。
もう運命だったのだ、と言われてしまえばそれまでなのかもしれません。
だけど、どうしても、心が整理できない部分があるのは確かで。

関西で大震災があったのは、もう15年以上前になります。
なかはらはあの時まだ中学生で、中途半端に大人の力にもなれず、かといって子供のように無邪気に笑うこともできませんでした。
あの時、何をできたわけでもない中学生でした。
なかはらが住んでいたのは大阪でも比較的南で神戸ほど大きな被害はありませんでしたが、それでもガスも水道も電気も一時的に止まりました。
ところどころに地割れがあり、壁にひびが入っているところもありました。
あの日の朝の空の色も、不安だった空気も、今でもはっきりと覚えています。
テレビでみる神戸の街は、映画の世界でした。
すぐ間近で起こったことだなんて信じられませんでした。

先週末、その光景が、いやそれよりももっと酷い状態が、テレビの中で起こっていました。
架空の出来事なんかではなく、現実で。

なくなる街、なくなる命。

それを嘆いていても仕方ないことはわかっています。
わかっているんです。
自分にできる支援を準備を、今はじめなくてはいけないことも。
復興のために節電を余儀なくされている生活でもなく、物も普通に買える生活がありがたいことも。

だけど今だけ、『ともだち』のために泣いてもいいですか?

被災された方の中や亡くなってしまった方の中には、このブログにいらしてくれていた∞erさんもきっといるでしょう。
なかはらが顔をしらないだけで、きっとたくさん。
ひょっとしたらどこかの会場で、隣同士になって一緒に手を繋いだ∞erさんもいたかもしれない。
一緒に笑いあった∞erさんも。

なかはらは、私は今、そんな∞erさんに、何ができますか?

もちろん目に見える形での支援、たとえば募金とか、そういう活動もあるんだろうけど。
西日本では経済活動を活発にしないといけませんね、普段通りの生活をして、本当に必要な時に健康な手を差し伸べられるように体調にも気をつけたりもできます。

でもなによりも。
精一杯生きようと思います。
まっすぐに、しなやかに、強く。

関ジャニ∞を好きって気持ちが一緒な、全国のおともだち、∞erさん。
これからも、自分にもエイトにも、同じ∞erにも、恥じない生き方をするように、頑張りましょう、努力しましょう。
精一杯生きる、それが誰にでもできることだと思います。









こんな時だけどお花見のことをちらりと。
メールを送るといっていた期日を過ぎていてすみません。
もう少し落ち着いたらどうするのかとかをまた考えたいと思います。


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. りん | URL | -

    届ける方たちは素晴らしいです。
    wonderfulworldで、だんだん笑えるようになってきました。
    音楽ってすごい。

    誰よりも優しくありたい。
    思いやりを失わずに愛を与え続けたい。
    切にそう思います。

    色々と苦しい、悔しい状況ですが、
    ご無事でなによりです。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. ナツ | URL | -

    お久しぶりです。
    東日本の大震災、今でも信じられない気持ちでいっぱいです。私は名古屋に住んでいるので、2回ほどやや強く揺れただけで被害もなく。でも、それでも一人で家にいたので怖くて。東北の皆様はこれの何十倍も怖かったのだろうと思うと、心が痛みます。家族を含め直接お会いしたことのある知り合いは被害にはあっていないのですが、職場の先輩のお父様が福島に行っていて、地震後連絡が取れないという話を12日に聞きました。その後、ニュースを見ていても、気掛かりで仕方なくて…。昨日出勤したら、脱水等はあるものの3日振りに救助されたと聞き本当に安心しました。
    テレビでは連日、地震の被害について報道されていますが、一歩家の外に出れば私は仕事もあるし、いつも日常が待っていて。あまりの被災地との状況の違いに気持ちが追い付かなくて。
    でも逆に気持ちが暖かさなる事もあって。
    多くのeighterさんのblogやMagaで情報がまとめられていたり、励ましの言葉が書かれていたり、できることをしようとたくさんの活動が始まっていました。やっぱりeighterってあったかい。というか日本人ってあったかいと思いました。
    これから被災地だけではなく、日本全体が大変な局面を乗り越えていかなければならないんだと思います。でもきっと日本なら乗り越えられると信じて。
    自分も勿論募金などのできる活動はしながら、何より真っ直ぐ前を向いて毎日を精一杯生きて行こうと思います。
    今は亡くなられた方のご冥福をお祈りし、一人でも多くの方が無事でありますよう願っています。そして、東北のeighterさんとも笑顔でLIVEで再会して、手を繋げる日が一日でも早くやってきますように。

    なんだかコメントというよりも、自分の決意表明のようになってしまいましたが…
    どんな時もeighterと言って恥ずかしくない人間でありたいです。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. なみ | URL | -

    怒りの矛先

    今、富山に帰る車中です。北に進むにつれて段々と雪が激しく。きっと東北はもっと降り、もっと寒いのだろう。そう思うだけで涙目。

    あの日、あの惨状を見、涙しながらも思ったこと。それは“株が下がる”。やはり、ますますの景気低迷は痛い。復興にも景気は大事。助かった方々に生き抜いてもらう為にも経済に活気がなくては。お金がなければ復興もままならない。負の連鎖になりかねない。
    原発の重大事がありながらも各国が支援をいとまない。日本は絶えず支援をしてきた。借金大国なのにそんなに他国を助けなきゃいけないの?なんて考えていた事が恥ずかしい。無い袖を振ってまでも手を差し出してきた日本。今は誇らしい。被災地でも日本魂が力となっていることだろう。なのに大きな被災を追わなかった地では買い占めが。むやみにうろたえず誇りを持ってこの困難に挑みたい。失った悲しみは消えなくとも、共に笑える日は必ず来る。

    県人が巻き込まれたNZ地震の直ぐ後だったことが、尚更ぐっと身に入ってきた一因かもしれない。不明だった残る生徒、死亡を確認との地元ニュースが今しがたメールで入ってきた。
    やっぱり、やりきれないのが本音。怒りの矛先は何処へも向かえない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。