スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUNコンに行って来ました。

2010年08月22日 20:26

どうも、急な職員の休みで急な勤務変更を余儀なくされたなかはらですけども(苦笑)
久々に今日は深夜勤、しかも今日は健介くんメインのGMなのに、途中で後ろ髪を引かれるようにお家を出なければなりません…(苦笑)
ま、仕方ないと割り切ってしまおうとは思っていますけど、うん。


さてさて、エイト出演のMステとかもあった中、なかはらさんは昨日デビューする前以来のKAT-TUNコンに行ってきましたー。←KAT-TUNさんがデビューする前に行った事があるんだよ。
結局KAT-TUNさんのアルバムをきちんと聞いたのは数回、という状態で見に行った大バカモノですが(爆)しかも、相方の当てたチケットは1塁側の仮設スタンド4列目ということで、メインステージにいるKAT-TUNさんを肉眼で確認でき、その上ステージ花道やらトロッコが妙に間近…というなんとも良席…(爆)
↑実はSMAP2日のチケットもこの仮設スタンド。
位置を確認して、これはまたイイカンジに見えそうじゃないですか、とちと興奮した(笑)
そこで、KAT-TUNさんでもキスマイさんでもなく、ジュニボやバトボ&千ちゃんにテンションあがる人たちをお許しください…ってカンジだったんですが(爆)
そうなのですよ、ツイッターではちらりと書いたんですけど、ジュニボはバックで踊りに来てて、バトボ&千ちゃんはどうやら松竹座終わって速攻でこちらに向かってきたらしく、私服で登場した、っていうことがありまして。
それになかはらと相方はテンションがあがってしまった、っていうね。
「きよったー!!」って(笑)
KAT-TUNコンの後は地元近くで抹茶さんと合流。
KAT-TUNさんの話もしたけど、やっぱり中心は関ジュにエイトでした(笑)
フェチの話なんかもして、かなり盛り上がったカンジ。
相方があんなに爪フェチだったとは…という新発見もありつつ。
もちろんKAT-TUNコンもいろんな意味で楽しかったので、しれっと感想なんかを書いてみようかと思います。
ここにはなかなかKAT-TUNさんファンの方はいらっしゃらないとは思うんですけど、うっかり検索とかで着てしまったKAT-TUNさんファンの方がいらっしゃったら、大変申し訳ない(汗)
完全に∞er目線のKAT-TUNコン、キスマイさんよりも関ジュファンな目線の感想なので、お許しを。
隠すことはないんだけど(笑)続きに書いておきまーす。










◆いろんな意味で18禁(笑)
ツイッターに書いたらのんさんに食いつかれた文言だったりするんですけど(笑)
いやね、ホンマに関ジャニ∞にはないセクシーさを沢山吐露していましたよ。
相方と会場に入る前くらいに「あんまり小さいコいないねぇ」とか「同世代が多いよね。最近こんなカンジの客層に入ったことないよね」「男の人もそこまで多くないわー」っていう話をしながら入ったんですけど、そのわけが分かった、というか(笑)
∞erさんだと去年のドリボに入った人も多いかな?とは思うんですけど、そこで見せた妖艶・亀梨和也の倍以上はまた亀梨さんが妖艶でした(笑)
いやぁ、亀梨さん、どう見せれば「きゃーっ!」って女性がなってしまうのか、よくわかってらっしゃる(笑)
ファンの方ならホンマにあれは卒倒しそうだな…。
実際キスマイのファンも含めてだろうけど、凄い悲鳴が会場内を埋め尽くしてたし(笑)
なかはらは、それ以上に聖さんのソロが凄い…と思ってしまったよ。
中学生くらいの女の子が見たら、大人の階段を10段くらい飛ばしてしまいそうな、ソロでした(笑)
昨日、抹茶さんにも報告したりしたけど、tornのPVありますよね?結構チラリズム的なセクシーさがあるtornのPV。
∞er的にはあれでも十分刺激的なわけですけど、聖さんのソロを見た後にtornのPVを見たら「ふーん、それで?」って思っちゃうかもしれない、ってくらい(笑)聖さんのソロは刺激的でした…。
まぁ、楽曲自体がそういう楽曲なんですけど、それを視覚的にも魅せたってカンジになってましてですね。
ファンならあの聖さんを妄想してワクワクできるかもしれない(笑)
そんな刺激的なソロもありつつ、まぁ、KAT-TUNさん、脱ぐははだけるわ、で他のところでも色気を放出しておりました。
改めてKAT-TUNさんがそういう色気な集団なんだなぁと思ったというか(笑)
やたらリップ音が聞こえるのも新鮮でした。
関ジャニ∞がそんなことをやたあめったらにやりだしたら、何があったん?と訝しんでしまうかもしれないですけど(笑)KAT-TUNさんがやると、ファンじゃないなかはらから見ても「らしい」と思うし「うぉー」って思う(笑)
色気満載のライブだな、それはキスマイさんも含めて、と思いました。

◆湿気が多いので、なかなか大変そうなKAT-TUNさん
昨日の公演はやたら湿気との戦いだったよーな気がします(苦笑)
ライブ終わって帰ってきた地元近くの駅の湿度計が75%になっていたので、多分京セラ内の湿度は80%くらいにはなってたんじゃないでしょうかね…(苦笑)
そんな中ライブをやる方はたまったもんじゃないでしょう…ライトに炎、もうメインステージから近いってだけでも暑いのに、それをもろに浴びながら踊り歌うKAT-TUNさんのご苦労ったらハンパないだろう、と思うくらい。
きっと田口さんはかーなりそれにやられた様子で(髪の毛もダメになっちゃった、みたいなことを言ってたけどそれだけじゃなくて)ホンマにバテた様子で、MCの最中とかホンマに大丈夫なんやろうか、とちょっと心配になったくらい←でもその後さわやかに登場したけど(笑)
MC中、ファンの人たちみんながうちわを最も正しい使い方をしてたし(笑)←やたらそれをKAT-TUNメンバーが指摘しているのが笑えた(笑)あそこで関ジャニ∞だったら「ちょっ、俺たちに向かって仰いでえや!」って催促するとこだろうけど(笑)それをしなかったKAT-TUNさん(笑)
OPから30分もしないうち(だったと思う)に機材が湿気のためにイカれてしまい、音跳び発生しちまうし。
(相方からやMCでの話で知ったんだけど、今回は結構そういうことが多いみたいですね、KAT-TUNさん。多分ドコでも湿気が多いんだろうなぁ…)
昨日はホントに湿気との戦いだったよ。
ご苦労さまです、KAT-TUNさん&KAT-TUNスタッフさん。

◆どういう構成なのかがよくわからなかったKAT-TUNコン
こうどういうコンセプトがあってこういうライブになったのか、よくわからなかった、KAT-TUNファンではないなかはらさん(爆)
KAT-TUNファンの方に聞いたところ「ファンのしてほしい曲をやってくれた」そうで、そうか、そういうコンセプトなのね、と妙に後に思いましたが。
一番不思議だったのは馬でしたけど(笑)ソロもバラードもシングルもごちゃ混ぜなカンジで。
リリースがいつか、とかはよくわかんないから、なんともいえないトコなんですけど(爆)
ほら、関ジャニ∞だと「ここはかっこいいとこ」とか「ここはおもろいとこ」みたいな。
SMAPだと「ここからはバラードが続くから座って聞いててもいいよ」的なとこも、そうないカンジで。
雰囲気ががらりと変わるカンジがあまりなかったです。
んでも、どんな構成だっていうことは別にして、KAT-TUNさん同士も仲良しなカンジだったのが印象的。
んでもって、ファンの方々との距離も意外に近かったのも印象的。
客席通路を平気で歩いていっちゃうカンジとか。
お客さんに絡みにいっちゃうとことか。
あ、そうそう、ひとつ思い出した。
相方と「これ∞erみたらどー言うんやろ」っていう話。
カメちゃんだっけかな?
「さすがに大阪のファンの人はいい意味で派手ですねー。ウチワとかも気合いれてくれてて、こっちも気合がはいります」的なことを言ったわけですよ。
…実はなかはらも相方も会場入る時に「コスプレもいないし、割りにみんな落ち着いた色を来てるし」みたいな話をしていまして(笑)
しかもウチワもそこまでおもろいカンジのはなく(基本名前。それに細かいラインストーンとか貼ってあるのはありましたけど。セリフも手振って!とか、投げチュウして!みたいなオーソドックスなものが多かったように思います。)「これが派手やったら関ジャニ∞のライブはどんな感想を言うんやろ…」と妙に思いました(笑)
なかはらが他グループで見た面白人間は、SMAPのライブでの2人「かおなし」(千と千尋の神隠しのかおなし、ね。顔も白にぬったどぎついコスプレイヤーの人がいたんです)がイチバンだけど、NEWSの「シゲが3番目に好き」的なウチワもあまり見なかったし、普通だったと思うんだよ。
∞er、派手なんやな(笑)

◆リーダーで末っ子なカメちゃん
こうね、シメの挨拶とか、「これからも頑張っていきますんで応援よろしくお願いします」的なことはね、カメちゃんの担当なわけですよ。
最後の「We are…KAT-TUN」なトコとかも、カメちゃん仕切りなわけですよ。
ま、MCではみんなが結構バランスよく喋ってたイメージはありますけど、それでも要所要所はカメちゃん、なんですよね。
KAT-TUNというグループのリーダーっていうか、リーダー格としての道をきちんと突き進んでるカンジが見えてくるわけです。
でも、MCとか、中丸くんとのコント(歯医者コントみたいなのがあった)とか見てると「やっぱり末っ子なんやなぁ」って思うトコがありました。
たこ焼きたこ焼き、塩たこ焼きがおいしい、と妙にはしゃぐ亀梨さん、ちょっとKYなトコも含めてよかったですよ(笑)
やたらビミョーな関西弁を遣うカメちゃんですが(笑)その関西弁も舌ったらずな女の子みたいな関西弁で、まぁ、可愛いと思いながら見たりしていましたよ←関西弁、ヘンだったけど腹立ってる人もいるかもしれないけど(爆)んでも、そういうトコがカメちゃんっぽい(笑)なんだ、カメちゃんに愛情あるのかな、なかはらさん(笑)
どうしても昔のSMAP木村さんのように見えてしまう仕草や行動がたくさんありましたけど(爆)それでも木村さんと違うのはこの末っ子要素なのかなぁと。
他のメンバーもストイックなカメちゃんのことを心配しながら、お兄ちゃんたちがいるよー、って。
守ってあげたいタイプなカンジ?(笑)
凄い妖艶になったかと思えば、かわいらしとこもある、そういうギャップにお姉様方はやられてしまうのかなぁ、と妙に冷静にみたりしてしまいました(爆)
あと体つき的なとこからいうと、二の腕がまた太くなった?ってことと、最近野球をやる機会が多いからなのか、お尻まわりがおっきいなぁっていう。

◆野獣でバファリンな聖さん
髪の毛伸びて(笑)セクシー担当まっしぐらな聖さん。
でもメンバーいわく「聖の半分はバファリン」(優しさ、だっけかな?)だそうで、MCに出てきた後輩なんかにもとっても優しい聖さん。
「声出せねーヤツ、死ぬぞー」的なこと(正確にはこんな風には言ってないはずだけど思い出せない/爆)を言う割には、最近ハマっていることが『家庭菜園』な聖さん(笑)←ベランダでオクラとトマトを育てているそうな。
上田くんのためにラインストーンをひとつずつつけてソロコンの小物を作ってあげたり、ともかく気遣いのできる聖さん。
ソロのとことか、かなり『百獣の王』的なオトコの魅力あふれる聖さんだけど、メンバーも言うように、彼はしんの強い優しさをもった人なんだろうなぁと妙に思ってしまいました。
こう、ライブの中でのファンに対する動き方とかを見てても、そう思ったんですよね。
最近はどーなってるのかはわからないけど、すばちゃんとも仲良しだったのが頷けるなぁって改めて思ったりもしました。

◆さやわか王子様でダジャレ番長な田口さん
東京D公演の後にWSなんかで馬にのってるKAT-TUNさんの映像が流れたりしてたと思うんですけど、あの馬に乗るKAT-TUNさんを昨日は間近で見てきたわけですよ。
…えぇ、ごめんなさい、めっちゃ爆笑してしまいました(笑)
いやだって、誰がこの構成の中に「馬で登場しよう!」って提案したのか、ってトコも含めて、これのコンセプトは何なんだろう、って思ってみてると、笑えてしまったんですよ(爆)
そんな中、馬に乗って手を振る田口さん、やたらお似合いで王子様だなぁと思いました(笑)
近くで見ても、やっぱりお顔も小さいし手足も長いし、モデル体系だなぁ、と。
スタイルよしの王子様、ソロもさわやかなお兄さんだったし。
だけど、あの時折でてくるダジャレをどう処理したらいいか、∞erななかはらさんにはとてもじゃないけど、難解なコトでございました(笑)
周りのファンの方々を見ても、どうリアクションしていいのか、最後までわからかった…(爆)

◆ストイックで華奢、不思議ちゃんな上田さん
正直なところ、上田くんの印象が凄くチープなカンジで大変申し訳ない状況なんだけど。
とてもキレイな身体をしてるんだけど、パーツパーツでみると男性の身体なんだけど、線が細いせいか、後ろからみるとかなり女性的な上田さん。
だけどソロ曲でFiVe従えているトコとか見てるとストイックなとこも感じられるし、MCとかで話してる内容も結構ズバっと言い切ってる感があったりで、とにかくいろんな意味で不思議な人。
カメちゃんとの並び、ハモリがビジュアル的にも音的にもステキだったなー。
相方じゃないけど、思ってた以上に。

◆しっかりモノだけどビビリで優男な中丸さん
MCで要所要所まとめるのがカメちゃんだとしたら、暴走気味になったカメちゃんを止めるのも、話の展開をつけるのも、中丸さんのお役目。
聖さんと中丸さん2人で回してる感はあったけど、やっぱり中丸さん、年長者さんですなぁ、と。
あとヒューマンビートボックスはさすが。
この前のアリーナツアーが始まる頃か始まった頃に出てたミュージックアワーで「まだ練習してます」的なことを言ってた技の完成度の高さにビックリ。
努力のオトコ、きっとこれからもまだまだ進化するだろうし、そういうトコが中丸さんらしいな、と思ったわけですが。
OPの高いとこから出てくるとことか、馬に乗ってる姿とか、そういうのを見てしまうと、どうしても「ゆっち、怖そう…」って思ってしまう(笑)
馬の上は間近で見たけど、ホントに腰が引けてるカンジだったから尚更(笑)
あと、ソロの曲が自分で歌詞を書いた曲のメドレーみたいなカンジだったんですけど、どれも「優しくて情けないオトコの心境」みたいなカンジに聞こえてしまう、っていう(笑)
でもそれが中丸さんらしいな、っていうカンジでした。

◆なかはら的にはちょっぴり残念な赤西さんの扱い
KAT-TUNファンの方がどう思っているのかよくわからないのでなんともいえないトコなんですけど。
途中PVを流すトコがあったんですけど、凄くキレイに仁くんが映らなかったのが、とっても気になってしまいました(苦笑)
いや、確かに仁くんはこれからソロで活動するのかもしれないけど、SMAP森くんの時みたいに違う仕事をすることで事務所とモメたわけでもなければ、ウッチーや草野くんみたいに何か問題を起こしたわけでもないわけじゃないですか。
それなのに、なんか、仁くんがKAT-TUNにいた歴史、みたいなモノが一切なかったかのように描かれていたのが気になりました。
ライブで昔の曲をやる時は仁くんが歌っていたところをきれいにメンバーに割り振られていました。
KAT-TUNファンでないなかはらからすると、殆ど違和感のないカンジでしたけど、きっとKAT-TUNファンの方々からするとかなり違和感のある状況だと思うんですよ。
実際、なかはらも、最初のうちはヘブリのウッチーパートとか、なれませんでしたし(苦笑)
そういう状況をKAT-TUNファンの方々はどう思っているのか、なかはらにはわかりませんが、ちょっぴり寂しい扱いだなぁと思ってしまったのは否めないです。

◆華やかだけどちょいちょいナイスキャラのいるキスマイさん
こう、キスマイさんって、いつもきらびやかなカンジのイメージがあって、なかはらさん的には(笑)
実際きらびやかだったんですけど(笑)
KAT-TUNのバックを長いことやってるからかもしれないんですけど、セクシー路線もお手のものでしたし。
んだけど、宮田くん、だっけかな?が結構なナイスキャラでした(笑)
なかはらの中では藤ヶ谷くん、北山くん、玉森くんが推されてる、っていうイメージがあるんですけど、「あ、このコおもろいコやな」みたいな(笑)
マカオで写真集を撮ったらしいキスマイさん、バンジージャンプに誰か一人参加したらしいキスマイさん(タキちゃんねるで見れるらしい)なかなか楽しいかんじで、彼らがいたからかもしれないけど、KAT-TUNさんのMC40分で大盛りなカンジでした(笑)
あ、そうそう、相方が北山くんが「こうき!」って呼んだからビックリした、って言ってたんですけど、そりゃ北山くん年齢的にもキャリア的にもかなりな、ま、関東Jrのベテくらいなカンジですから、と(笑)
「でもそれを言うなら、大倉も北山くんとはそんなカンジの関係やで」と、相方に言っておきましたけど(笑)

◆バックに徹する仕事人、だけど気を抜きすぎたらダメよ、なFiVeさん
FiVeさんはなかなか男前なカンジでした。
演奏ももちろん安定していますし、かなりバックでKAT-TUNコンを支えているカンジがありまして。
全然注目されなさそうな位置に押しやられていましたけど、途中のアコギな曲とかも含めて、やっぱりFiVeの演奏はとってもイイカンジ。
マッキーのドラムの細かい打ち込みとか凄い好きだー、と。
音跳びした時も曲をやめたりなんてしなかった、仕事人FiVeさん。
自分たちのライブとも平行で大変でしょ、間違えないの?ってKAT-TUNさんに聞かれて「間違えます」ってきっぱりはっきり言っちゃう潔さ(笑)もステキだったし(笑)
んだけど、あんまり見えてないだろうと思って、オッサンのようにのっそりステージにあがってきちゃだめだと思うよ、リッキー(笑)
KAT-TUNやキスマイのファンの方々はその時バックステージ付近を見てたとは思うんだけど、FiVeのファンも含めてあなたたちを見ている人もいるんだから(笑)
暗がりの中でスタンバイしているFiVeさんをじっくり見てたなかはらさんです(笑)

◆まさかコッチで踊ってるとは思ってなかったジュニボさん
いや、21日当日ツイッターで見たときにはビックリしましたよ。
松竹座にジュニボがいない、KAT-TUNさんに行ってるらしい、というのが流れた時には(笑)
はい、しっかりジュニボさんがいましたよ。
太田くんあたりは結構いい位置で踊ることができていたので、モニターにも頻繁に映ってましたしねぇ。
黄色の衣装をみながら松竹座にもまたちょっと行きたくなったなかはらさん←舞台を見たいとかじゃなくて、会いに行きたくなった、ってカンジかな。
あ、あと驚いたのはアリーナAブロに「太田」のウチワがいたこと。
どうやって「ジュニボはこっちだ!」っていうのを信じて、しかもあんなイイ席を、と妙に思ってしまいました藁

◆まさかコッチに来るとは思っていなかったバトボ&千ちゃん
今日は松竹座公演も2回公演だし、来ることはないだろうと思っていた人たちがやってきた時にはビックリしましたよ(笑)
近くのKAT-TUNさんより近くのバトボ&千ちゃんに興奮してしまって、すみません、ってなくらい(爆)
ヤマナデ主題歌の本家本元を聞いたのに千ちゃんを思い出したり、MCで本人がいないのに照史の話が出てきたり(桐山に標準語を話させるとなんだかおかしい。「~じゃん」とか「~だぜ」とかをつけると標準語になると思ってる、と聖さんが言ってた)でなんだかんだとジュニボも含めて関ジュのことを思い出してはいたんですけど。
私服で登場して、ステージをキスマイやKAT-TUNさんと一緒に走り回っていましたよ(笑)
しかも最後には「今日遊びにきてくれました!関西ジャニーズJrです!」と一人ひとり名前まで紹介して頂いて、とってもオイシイ(笑)
照史は聖さんに絡んでステージ上で私服と思われる白いTシャツに聖さんのサインを書いてもらって「やったぜ!」なアピールをしてまして。
淳太はどこでもアイドルでした。キラキラしてた(笑)
最後のお名前紹介の時もあのピースサインをやってのけ、まさに「じゅんじゅんにキュンキュン」でした(笑)
大智はどこでも落ち着いた雰囲気のコ、堂々としてましたよ。
時折キスマイやら関ジュやらと交差する時の安心感ったらハンパなかったなー(笑)
逆に濱ちゃんは恐縮しっぱなし(笑)
KAT-TUNさんファンにずっとペコペコお辞儀をしながら申し訳なさそうに外周を回るカンジが濱ちゃんぽくって、イイカンジでしたよ(笑)
そして、千ちゃん。
聖と肩を組みに行こうとして邪険にされ、名前紹介でもちょいイジられ、しかも京男をひっぱりだされる始末で(苦笑)なかなか千ちゃんはどこへいってもこんなキャラなんだなぁと思いつつ(笑)
んで、この千ちゃんの行動をみてて思ったのは、KAT-TUNさんももちろんコノコたちの先輩ではあるんだけど、やっぱり直属の先輩じゃない分、関ジャニ∞とはまた違った先輩・後輩関係だなぁって思いました。
エイトコンでの雰囲気と全く違ったのよー。

思いの他長くなりましたが(爆)いや、思ったよりも知ってる曲の方が多かったこともあってか、楽しかったですKAT-TUNコン。
5階席に入ってたKAT-TUNファンの方には申し訳ないくらいの位置で見せて頂いたことに感謝しつつ、感想終わり。


コメント

  1. のん | URL | -

    ちょ!すごいおもしろそうやん!
    なんか行った気になるくらいおもしろ感想ありがとう。

  2. ラナママ | URL | TYNH.fbA

    今回のツアーはカツン行かなかったからなぁ~
    ほのぼのしててよかったって人と仁がいなきゃって感想の人がいて。
    感じ方は人それぞれだからね。

    先週SMAP行ってきましたよ。
    やっぱりさすがの貫禄SMAP兄さん。4時間は健在でしたね。
    でも・・・年を感じちゃいましたわ。(≧m≦)ぷっ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。