スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のレポ(笑)

2008年03月28日 09:47

今日は『痛快!エブリデイ!』の日、ということで、先週もレポしましたので、今週もレポしますねー。


『痛快!エブリデイ!』(7月31日放送分)
【OP】
桂南光(以下、南光):さぁ、えぇ、ほんとにあっさりした、マルちゃん。
関純子アナウンサー(以下、関):はい。
南光:紹介したいと思います。今、全国ツアーでですね、関ジャニ∞で回っておるわけでございます。
関:そうなんです。
南光:スタジオにこれません。
(とここで、出演者背後のモニタにマルちゃんがっ!)
南光:でもどっか、いっとるですね。えー、FOMAの電話で繋がっておりますが、マールちゃんっ
関:マルちゃん、おはようございます。
マル:おはようございまーす。どうも
南光:おはようございます
マル:僕はですね、今日は、名古屋の愛知県体育館に来ております。
関:名古屋ですか
南光:名古屋ですかいな、はぁ
マル:はい、そうです
関:そちらは暑いですか?
マル:こっちはめちゃめちゃ暑いです。
関:あぁそうなん…
南光:あら。ホンマに。
マル:凄い天気良くて、あのぉ、朝から暑かったですね、名古屋は。
南光:あぁ、そうですか。こっちは天気良くて、朝からさわやかでよかったですよ。ほんとに。
マル:いいですねぇ。僕、寝汗かいてました。
南光:寝汗かいてたん?
マル:(笑)寝汗を
南光:寝汗を。ちょっと年寄りになってきたみたいな。
(ここでピーコさんも関さんもマルちゃんも笑ってます)
南光:寝汗かくて。もう、関ジャニと寝汗が合うてへんやろ!寝汗かいても、かいたことを言うなっ!
マル:(左手を挙げて)すみません(笑)
関:関ジャニの汗はやっぱりさわやかなね、若々しい汗ですから
ピーコ:(突然元気です/笑)あ、そのだから、汗まみれになったパジャマ、私に頂戴よっ!
南光:何をいうてるんですかっ
関:危ないじゃないですか、それは(笑)
マル:(笑)
南光:危ない、ヘンなおじさんになってますよ、ホンマに、ねぇ
関:朝ごはんは食べましたか?
マル:はい、食べましたよー。朝ごはんは普通に、あのぉ、トンカツでした。
南光・関:トンカツ?!
ピーコ:朝から?!
関:元気ですね(ここでマルちゃんの苦笑いの顔)
南光:関ジャニが朝からトンカツ食うなよっ!えぇ、ちょっとこう、サラダとトーストと、ねぇ、それもロールパンとか、そんなん、どや?!
関:ツアーのパワーがね、いりますからね
南光:若いですね
ピーコ:困りましたね←正直聞き取れず(苦笑)
南光:さぁ、今回の『エエとこ連れてって』はどこいったんでございますか?
マル:はい、滋賀県の長浜市に行って参りました。
関:長浜
南光:長浜、はぁっ
関:『功名が辻』でね、出てきましたけど
南光:楽市楽座の、昔あったところということでございますけども
マル:はい
南光:じゃぁ、後ほどまた、VTR見て、また出てきてくださいね。
ピーコ:おばけみたいに、おばけみたいにっ!(笑)
マル:よろしくお願いしまーす

(ここで一端マルちゃんの出演は終了)


【マルちゃんのエエとこ連れてって】
中井雅之(以下、中井):さぁ、続きましてはマルちゃんのコーナーです。今日はですね、滋賀県の長浜に行っております。どうぞ
《VTR》
(長浜城の天守閣から手をふるマルちゃんの映像からスタート)
マル:今回の『エエとこ連れてって」はですね、滋賀県長浜市に来ております。ここは、長浜城ということで、琵琶湖が、ほら見て下さい!一望できますねぇ。いい景色です。あのマルちゃんの豆知識から言いますとですね、長浜市は昔は今浜市やったんです、今浜やったんですけども、これは、ひでお(あ、カんだ/笑)秀吉さんが信長の長をとりまして、長浜にしたらしいですよ。
(テロップで『元々は「今浜」だった長浜を豊臣秀吉が織田信長の「長」をとって名づけたといわれている』の文字)
ナレーション男性(以下、男):マルちゃんの豆知識もでたところで今回のエエとこ案内人が登場
(テロップで『滋賀・長浜市のエエとこ案内人は?』の文字)
マル:滋賀県出身ってどんな……
?:どうもどうもどうもー
男:エエとこ案内人は滋賀県出身のダイアンさん。本当に長浜のこと、詳しいんでしょうか。
(画面はダイアンの紹介。西澤さん&津田さん)
ダイアン津田(以下、津田):いろいろ知ってますよ。
ダイアン西澤(以下、西澤):昔は今浜…
津田:それ、今言うてたやん
西澤:裏でずっと聞いててん(声がちっちゃい・・)
マル:大丈夫ですか?
西澤:大丈夫、大丈夫
津田:今日はね、滋賀県のおいしいところ、長浜のおいしい店
マル:はいはいはい
津田:おいしい、ね、食べモンを一緒に案内したいと思いますよ。
マル:ちゃんとエエとこ連れてってください
津田:任せといてください
男:『マルちゃんのエエとこ連れてって』今回は滋賀県長浜市のおいしいもんを紹介します。
ナレーション女(以下、女):湖北に位置する長浜は、豊臣秀吉が一国一城の主となった最初の場所。現在も城下町の風情を残す黒壁スクエアは人気の観光スポット(地図が出てますが、北陸自動車道長浜IC、それからJR北陸線長浜駅からすぐなのかな?)古い建物を利用したお店がそこかしこに見られます。
津田:なかなかいいでしょ、街並み
マル:雰囲気いいです、ホンマに
津田:好きなんじゃない?こういうカンジの。
マル:好きです。僕京都出身なんで
西澤:あ、京都や
津田:小京都みたいなね。
マル:なんか街並みは、なじみががでてきますね。
津田:こちらでございますよ。
マル:あ、また…
津田:こちら、よかろう…
女:ええとこ1件目は、滋賀の郷土料理をだす『翼果桜』(よかろう)さん
(テロップで長浜市元浜町の文字)
女:呉服問屋さんだった建物を利用したお店です。
マル:おっ、いや…
西澤:すっごいイイトコですねぇ。
マル:スゴイっすねぇ。上とかもちょっと吹き抜けで…
西澤:スゴイ涼しいよ
津田:そう
男:落ち着いたたたずまいの店内でいただけるオススメの郷土料理とは、一体どんなものなんでしょうか?
津田:というわけで、あっ、なんっすかコレ?
西澤:おぉ
マル:うわぁ、ごっつい角煮みたいなんが、ぱーんのってますね。
店員さん:焼き鯖そうめんです(長浜名物 焼き鯖そうめん 840円の文字)
西澤:焼き鯖そうめん
マル:サバっ?!
津田:鯖で、ほんでそうめんなんですね。
女:昔、日本海で取れた鯖は長浜を通る街道から京都へ運ばれていたこともあり、この焼き鯖をつかったそうめんの料理ができたんだそうです。
(焼き鯖を煮た甘い醤油だれでそうめんを煮込んだ温かい料理、の文字)
津田:これどうやって食べるんですか?
マル:え、ちょ、ちょっと待ってください(ダイアン2人を指差して)食うたことないんですか?
津田:これはもう、知らんかったわ
マル:知らんかったんやっ
西澤:こんな取り合わせ初めてみた
津田:俺らが一番びっくりしてるわ
西澤:丸山くん、いってよ、これ
マル:若干ね、あの、あったかいです
津田:あぁ、ほんまや
マル:えぇえぇ、器もちょっと
津田:あったかい
西澤:あったかい
マル:じゃぁ早速、鯖も一緒に、ね
西澤:そやね。鯖が…うわぁ、ホロホロ…
マル:あっ、
津田:ねぇ、ちょっとほんまに角煮みたいなカンジですね
マル:えぇ、えぇ。お先でーす(カメラに向かって上目遣いマルちゃん、かわいいv)
(そして食べるマルちゃん)
マル:うんっ、おいいい(おいしいの意。口にモノがはいっているのできちんと話せてない/笑)味が凄い、あのぉ、鯖だけじゃなくって麺の方にもちゃんと味がぎゅっと詰まって…
西澤:なるほどねぇ
(今度は津田さんの食べている場面)
津田:あっ、うまいっ!物凄いえぇ甘みですね。これ。
マル:ねぇ。
(今度は西澤さんの食べている場面)
西澤:白ご飯頂いてええですか?
マル&津田:(笑)
店員さん:そうなんです、あうんです、あうんです。
西澤:マジでうまいです
店員さん:元々おかずとして昔から食べているものなので。
津田:なるほど
店員さん:あの、一品です。夕食の一品とか
西澤:なるほど
マル:おいしいです。
津田:あ、ほんと、おいしい。
西澤:めちゃくちゃおいしい。
マル:これはかなりのエエとこっ!
津田:エエとこ発見っ!
マル:エエとこ連れてってくれましたね、1件目から
津田:そやろっ!
男:マルちゃん、そして案内役のダイアンさんも満足の焼き鯖そうめん、でした。
(場面変わって)
女:続いて3人がやってきたのは黒壁スクエアのシンボルとされるこちら、『黒壁ガラス館』です。(長浜市元浜町)明治に建てられた銀行を再利用したショップで店内にはガラスの小物、器が所狭しと並べられています。
マル:こういうのんってなんか作ったりするのがあるじゃないですか、よくあの、うわ、回してるやつ
西澤:職人さんが?
津田:(ぱん、と手を叩く)
マル:あんなんとかね、体験できたら…
津田:えぇこと言うてくれたわ
マル:ええことですか?
津田:ここなんと、体験できるんです。
マル:マジっすか?!
津田:ちゃーんと用意しておきました
マル:例のあれが。
(拭きガラス体験 1人3,625円の文字)
女:そう、こちらでは本格的な拭きガラスの体験教室があります。インストラクターの指導のもと3種類から好きなガラス製品をつくることができるんです。
男:マルちゃん、初めての拭きガラス体験
インストラクター:こちら、釜が大体1300度くらい…
マル&ダイアン:1300度?!
西澤:ほらほら、うわー
マル:なんか水あめみたい
西澤:ほんまや、おいしそうや
インストラクター:かるーく竿を持って、風船を膨らますカンジでお願いします
男:言われるがまま、恐る恐る吹いてみると…意外とうまく膨らんだようです
津田:めっちゃうまかった、今の
マル:はい
男:膨らんだところで形を整えていきます
津田:熱くないんですか?お姉さん。
インストラクター:熱くないです…はい、OKです
(マルちゃんが形を整える作業をしている、その目は真剣そのものです)
マル:うわぁっ!(ガラスの熱い玉から火柱みたいなのが少しあがったので、びっくりしてる)
インストラクター:熱い先、後ろに向けておいといてください
マル:はいっ(若干びびってる/笑)
男:そしてもう一度膨らませると、形になってきました
西澤:めっちゃきれいやん
津田:めっちゃきれいやん、これ
マル:いいですか?いいですか?!いいんですかっ!!
インストラクター:そんな感じです…あぁ、イイカンジです
西澤:ここ重要やでっ
(どうやら竿からガラスを離すらしい。)
マル:いきますっ
(とん、と竿を鉄棒で叩くマルちゃん。ガラス部分がきれいに外れる)
インストラクター:はい、ありがとうございます
マル&ダイアン:うぉーっ!
津田:すごいっ!
マル:おつかれっしたーっ!(絶叫系/笑)
津田:できたっ!
マル:できましたーっ!イエイッ!
(窓の外から見ていたオバサンたちにガッツポーズを振りまくマルちゃん。オバサンも超笑顔)
男:はじめてにしては、うまいんじゃない?一輪挿しの完成。
(場面変わって、大手門通り、の文字)
女:続いて3人は黒壁スクエアの近くにある商店街へ。
津田:ちょっと今からね。なんか滋賀ならではの
マル:次はだからまた、エエとこ連れてってくださるんでしょ?
津田:まぁ、まだちょっと正直決まってないんですけども
マル:決まってない?
津田:まぁ、ぶらぶら歩いてね
西澤:そうそう
津田:そういうのも必要やねん
男:ということで、長浜名物、おいしいもんを求めて街をぶらぶらすることにした3人。そこで、ある和菓子屋さんを見つけました。
マル:ここ何屋さんですか?
店員:(創業)250年前から和菓子を…
西澤:250年前からですか
女:創業250年という老舗の和菓子屋さん『かどや』(長浜市元浜町)お店の奥に名物の和菓子があるといわれた3人。こちらが自慢の和菓子でなんと100年前から作っているという『浜ちりめん』(ようかんを羽二重餅でくるんだ和菓子、の文字)ようかんをおもちでくるんだお菓子です。
マル:あっ
津田:これまた上品な
マル:ねぇ。食感がすごいあのぉ、
津田:おもちっぽいねぇ
マル:一瞬マシュマロとちょっと、錯覚するようなやわらかさ
津田:そうそうそうそう
マル:ねぇ
津田:いやいや、おいしいお店でございますよ、ココ。是非是非、皆さんも来て欲しいと思います
店員さん:どこから来たん?どこの大学から?
津田:僕ら大学のサークルちゃいますよ?
マル:はい
津田:これ、テレビ番組でございます。
マル:吉本の芸人さん…
西澤:サークルであんな大きいカメラないです
店員さん:(大学のサークルでも)カメラ大きいの持って来はるとこあるから
マル:あぁ、もう大きいのね
津田:みてくださいよ。あんな大学生いるわけないでしょ。
(とここで、音声さんが映ります。おじさんです/笑)
津田:何回生なんですか?(笑)
男:気を取り直して再び長浜名物のおいしいもんを求めて、街をぶらぶら。すると…
津田:こんなとこ、すっと入ったらええねん
西澤:手作りパン工房 いしがまさん
マル:でも言うてもほら、もうしわけありません。、本日完売って書いてますやん(ドアのところに張り紙がしているようです)
津田:そんなんそんなん…いしがまさんー
西澤:(ドアのところを覗き込んで)あ、いてはるわ(笑)
津田:1個だけ残ったりしてないですか?全部売切れですか?僕らダイアンといいまして…
店員さん:(奥の方から)あっ、前にいっぺん…
ダイアン:あ、覚えてはります?!
マル:来はったんですか?
西澤:まぁ、1回ね、実はね…来たことがあるんですよ
マル:リサーチ済み
津田:僕らはちゃんとリサーチしているわけですよ
女:実はダイアンさんも1年ほど前に取材で来たことがあるというパン屋さん。しかし人気の高いこちらのパンはすぐに売り切れてしまうんだとか。
マル:これこれ、薪。なんか必要なんですか?パンと関係あるんですか?
津田:そうそうそう。この薪で作る…あこのオーブンで焼いて、入れる…パンを焼くわけですもんねぇ
マル:え、これオーブンですか?
津田:そうそうそう、オーブンですよ
店主:ここはパンを入れて…
マル:これ、おいしそうやなぁ
津田:焼きたてで、おいしいですよ
女:長浜でお店を始めて7年というご主人は脱サラでパン作りの道へ。手間を惜しまずひとつひとつ丁寧に作るため一人では1日100個ほどしか作れません。石釜でやかれたパンは大きくふっくらとしています.
(プレーン 630円 の文字)冷めるともっちりとした食感が出てくるんだそうです。
西澤:ほら
津田:ほんとやったらそこにおいしいパンがずらっと並んでるわけなんですけども
店主:そうそう(笑)
津田:すぐ売り切れちゃうんですよ、ホンマおいしいパンなんですよ。
マル:凄い食いたかったなぁ
男:CMの後は。滋賀といえばやっぱり近江牛。極上肉にマルちゃんがっ

《CM明けVTR》
男:『マルちゃんのエエとこ連れてって』滋賀長浜編。次に出てくるおいしいもんは?(黒壁スクエア 北国街道 の文字)
津田:いっぱい食べたいでしょ?
マル:いやぁ、もう満足です。
津田:でも、もう1件、もう1件残ってるんですよ。
マル:まだあるんですか。
津田:滋賀県といえば、でございますよ。
西澤:そうそうそう
女:滋賀といえばこれ、とダイアンさんが案内してくれたお店はこちらの『毛利志満』(もりしま)さん。(毛利志満 長浜店 長浜市元浜町 の文字)その滋賀ならではのおいしいもんというのは、こちら、近江牛。毛利志満さんでは近江牛を熱伝導率のよい石焼でいただきます。うーん、うらやましいっ(石焼 1人前 5,755円から の文字
西澤:うわぁ
マル:わーっ
津田:絶対おいしいやん
マル:ねぇ、ちょっとヤバイな、これ
津田:すっごいお腹すいてきた
マル:ねぇ
西澤:これ凄い
店員さん:もう、これ…
津田:いけます?いこうよ、いこうよ、みんな
(マルちゃんの食べている場面です。結構大きめの肉を一口食べです/笑)
マル:うわっ、なにっ、うわーっ津田:これも、これもう、溶けますね
マル:めちゃめちゃうまいっ!
津田:なんでこんな近江牛が…
店員さん:当社は自家牧場で但馬の雌牛を買ってまいりまして、あの育ったものをお使いしておりますので。エサとか、水、空気、そういったものにも拘っておりまして、そういうところに気を遣って育てておりますので
津田:これはおいしいわ。やられましたねぇ
マル:おいしさにはわけがあるんですね
西澤:ほんまそうやわ
女:続いては近江牛のやわらかい内モモ肉を生のままで味わう、にぎり寿司。たまりませーん。(牛にぎり寿司 5貫 2,625円の文字
(マルちゃんの食べてるところ)
津田:寿司の食い方、知ってんねぇっ
マル:んあーっ!!
西澤:凄い声出たよー
津田:その声、でますか。
マル:うまいうまいうまい(ささやくような声で、殆ど声になってませんが。めっちゃ頷いてます/笑)
津田:うまい?
マル:(テレビ画面に向かって手を合わせて)ごちそうさまです
津田:(笑)
西澤:牛、これ?あのー
店員さん:あの、お寿司召し上がられたお客様は「魚ですか?」っていうような方がおられますね。
津田:ですよね
マル:いやでも、今日は、ほんまに滋賀をおいしくたのしく紹介していただいて、ほんまありがとうございました。
西澤:いやいやこちらこそ
津田:いやいや、とんでもない
男:今回はええとこ長浜で、おいしいもんを堪能したマルちゃんでした
(長浜には美味しいもんがいっぱいいありました 丸山隆平 の文字)

《VTR明け》
川村ひかる(以下、川村):おいしそーっ
南光:ねぇ、いいとこ行ってますねぇ、あの…前に…
マル:スタジオのみなさん、どうだったでしょうか?
南光:えぇーっ?
関:おいしそうでしたねぇ
マル:めっちゃめちゃ、おいしかったですよ。滋賀県をまるかじりでしたねぇ
ピーコ:あんなに食べてばっかりいたら、太るでしょ(笑)
マル:はい、全然体重が減りません
スタジオ:(笑)
関:マルちゃん、ガラス吹くのうまかったですねぇ。あれ、難しいのに
マル:あっ、あれホントに、あのずーっと横について指導して頂いたから、それで何とかできまして
南光:あの、女の人がこの頃あぁいう職人さん増えてるんですか?
マル:そうなんですよ。あの方以外にも2人女性の職人さんがいまして
南光:ほう
マル:でもま、画期的でしたよ
ピーコ:あの一輪挿しはどうしたの?
マル:あ、あれはまだ僕、手元には来てないんですけども。出来上がってから母に渡そうかなと思っています。
ピーコ:まぁえらいねぇ。なんか、お金かかんないものあげたりして。
スタジオもマルちゃんもめちゃ笑ってます(笑)
中井:褒めたらよろしいがな
マル:ピーコさん、毎週そう、なんで(いじるの?みたいなことを言ってるんだと思うんですが、聞き取れず)
ピーコ:(笑)
関:大学のビデオと間違えられちゃいました?大学生と…
中井:(笑)
マル:あぁっ、あのー一応は、ちゃんとテレビという認識はして頂きました。一応大きいカメラで行ったんで
南光:あれは君が悪いんじゃなくて、あのダイアンの2人が華がなさすぎてやねぇ、そう見られたんやわ
ピーコ:(笑)
マル:あの僕は、よくしてもらったんであまりなんともいえないんですけど。
ALL:(笑)
南光:いや、マルちゃんの華をねダイアンが消しとんねん。スタジオではそれで持ちきりやった
マル:(笑)ほんまですか
関:でも、黒壁スクエアは風情のあるいいとこでしたね。
マル:そうなんです。で、今ですね、ほぼ本番前でみなさんスタンバイしております。メンバーのみなさんもいます。
中井:あ、そうなんですよね。コンサートのね
(FOMA画像では一体誰だかわかりにくい…)
マル:エブリデイですよっ
すばる:どうもーご無沙汰してます。渋谷と申します
(奥の方でキャップに赤いTシャツのすばるさんと思われる人がお辞儀してます。もう1人だれか言ってますが、誰かわかりません・・・。一番マルちゃんに近い位置にいたヨコの顔ははっきり映ります…寝癖?/笑)
関:あぁ、みなさん。ガンバッテクダサイね、ツアー
中井:あ、写真も
関:ホントだ
とここで、岐阜長良川の公演前の写真。赤の特攻服に身を包んだリョウちゃんとマルちゃん。リョウちゃんの噂の顎鬚がっ!!!サングラスしてるので、めちゃガラ悪い/笑。FOMA画像には今日投げるであろう、ボールを持ったヨコの姿が
南光:今映ってるこの写真、なにコレ?
関:これ、ツアーの衣装ですか?
マル:あ、これはね、はいそうです。岐阜の長良川っていううちわを持ちながら、メンバーと撮ってますねぇ。
続いての写真はズッコケの衣装で顔を寄せ合うマルちゃんとリョウちゃんの写真。こっちはリョウちゃんのひげなし。マルちゃん、めちゃしゅっとしたカンジで映ってるんですけど、リョウちゃんはメチャきれいな笑顔
マル:これうちの……
ヨコ:どうもーっ!!(何か後ろがうるさい/笑)
中井:やっぱ、大学生やなっ!
ALL:(笑)
関:若い、高血圧なんて縁がないってカンジ(この日のなんジャニは高血圧特集でした)
(画面には壁に張られた紙。『HOT MEAL MENU』と書いてあるので、ケータリングかな?となかはらは見てました)
こんなカンジ。

HOT MEAL MENU
??LUNCH??
7/27(fri)エコパアリーナ公演
■ハンバーグデミグラスソース
■中華春雨サラダ
■焼き魚
■から揚げねぎポン酢
■生野菜サラダ
■白飯
■味噌汁

その右横にもう1枚の紙

HOT MEAL MENU
??DINNER??(手書きで夜、と書かれています)
7/27(fri)エコパアリーナ公演
■あじフライタルタルソース
■アスパラベーコン巻
■牛すき煮
■里芋煮
■トマトオニオンサラダ
■白飯
■味噌汁



南光:これなんや?
中井:コレ何?
南光:ご飯のメニュー?
マル:あっ、そうですこれは、毎回あのツアーの献立がばーっとかいて出てるんですけど。
石原良純(以下、石原):へぇ、こんなメニュー
中井:給食みたいや(笑)
関:好き嫌いなく、ちゃんと食べてますか?(関さんお母さんみたい/笑)
マル:食べてますよ。なんか今日は高血圧…
(電波状況が悪いのか、若干声も画像も乱れています…)
南光:なんか、止まったで
中井:マルちゃん、時間もそろそろやからもういいですわ(笑)
マル:はい、すみません(苦笑)
関:元気で
中井:元気で頑張ってね
ピーコ:がんばってねーっ
(画面に手を振るマルちゃんが映って、ここで終了です)

来週は宇都宮だそうです。真島さんナビだそうです。



あぁ、やっぱり長いですなぁ(苦笑)
とりあえず、あごヒゲリョウちゃんを見れたので、満足!(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/179-fdf99055
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。