スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEY×3にDERO

2010年06月30日 22:32

いよいよ『Wondreful World』発売日を迎えて、番組改変期の残念な時期の割にはメディアに出てて嬉しい限りなんですけども。
ツイッターの方ではちょこちょこ感想を書いたりもしてるんですけどね。
とりあえず、こっちにも(笑)

HEY×3
今の番組のコンセプトからしたら、結構長い時間扱ってもらった方だなぁという印象。
んで、一般の人に「こういう人たちがいるねんな」って分かって貰うための企画だった、っていうことにしておくかね(苦笑)
いや、ヒナちゃんのお誕生日の話とかしたっていう話だったから、楽しみにしていた部分はあったりしたんだけどね(苦笑)
さて、相方ともツイッターでも話をしていたんだけど、これ∞erがやったらまた違ったランキングになったんだろうな、って話。
亮ちゃんはまぁ変わらないかもしれないけど、特にヤス辺りは大分違った印象になったんだろうなぁ、なんて。
なかはらは自称大倉担(笑)だけど、もしお付き合いするならヤスくんの方がイイと思うよ、大倉はなんだか面倒かもしれない、って妙に思うんだよね(笑)
いや、観賞用としてなら大倉も、それから亮ちゃんも、凄くステキなんだけどなー。
亮ちゃんも何でも器用にこなすから、なんだかバカにされそうだ、とウチの相方は言っておりましたが(笑)
なかはらは、亮ちゃんは食べ物の好き嫌いが多すぎてイヤだっていう、とても単純な話だったりします(笑)
人に料理してあげるの好きだし、食べさせたいなぁと思うけど、好き嫌い気にして作るのってかなりの労力だよ…。
昔なかはらが付き合ってた人はピーマン・ニンジン・トマト…とにかく色の濃い野菜が食べられなかった人で、細かく刻んでわからんようにいれたり、ピューレにしたりして大変だったんだよ…そういう苦い思い出がある…子供か、ってどっか思ってたからなぁ。
歌の方は…ま、HEY×3クオリティーならあんなもんだと割り切ってしまってる(爆)
いや、サビの部分でわっかになるとことか、真ん中にカメラが入ってよかったなぁってカンジだったけども。
TBSさん、カメラワークのクオリティー高いんだけどなぁ、ミュージックアワーとか、ちょっとおもしろそうなのになぁ、なんて思いながら。
でも、ヨコの最下位はいろんな意味でよかったのかも、とちょっと思ったり、ヒナちゃんの大阪票第1位の原動力は半分以上芸人さんなんじゃないかと思ったり、『村上安定感』はとりあえずしばらくなかはらの中での流行語に間違いなしだと思ったり(笑)
楽しい時間でした、短いのは否めないにしても。

んで、本日のDEROですよ。
なんといっても、あの天井が下がってくるステージのヨコヒナですよね。
さくらまやちゃんを普通の女性のようにかばっている印象だな、って思ったのはなかはらだけでしょうか。
なんだか無駄に子供じゃなくて女性扱いなカンジがして仕方なかったんだよな、ヒナちゃんの対応。
ま、なかはら的にはどっちでもイイんですけど←イイんかい(笑)
横山さん、活躍してない、って言われたけど、そこまで活躍してないカンジはあったんだけどな、なかはら的には。
なんたって「天才」ですし(笑)
ま、でもヒナちゃんの活躍の方が目立ってましたけどねぇ(笑)
ヨコヒナ、夫婦的な印象も結構ありましたねー。
一般にわかりやすいのは『天才』のくだりなのかなー?仲良しだねっていう。
でも、お互いを「天才」と呼んでるのは、あくまでもキャラクターモードというか(笑)
あれは思いっきり『仕事』ってカンジ。←言いたいことわかるかなぁ。
でも、なかはら的夫婦ポイント(笑)、大きくは3つ。
1.無言で第3の箱をアイコンタクトもなしに同時に覗いたヨコヒナ
2.「0707」と、これも無意識のうちかと思う程マナカナなヨコヒナ
3.最後にハイタッチしなかったヨコヒナ
…もうね、そういうトコヨコヒナやわぁっていうカンジで(笑)
3が特にツボなんですけどね。
最後切れてるからどーだかわからないですけど、ちょっと目の端を合わせた、ってカンジの終わり方してたのがツボ。

さて、続きにちらりと『パッチ』のこと。
コメレスがだんだんたまってきてる、ゴメンなさい(汗)
今日やればよかったんだけど、某作業をしてたら力尽きてきた…(苦笑)
とりあえず関係論至上一番のアクセスに戸惑いを覚えつつ…皆さんからの反応はきちんと見させていただいているので。











謎がなぞを呼ぶ「パッチ」
『浮世踊りビト』の(あぁ、もうビトっていったらまめを思い出すよ/笑。ちなみに慎吾ちゃんは『ドク』だからね、とこんなトコでつっこんでみる/笑)メンバーの関係性。
大山田の立ち位置が微妙にわかってないなかはら。
誰かわかった人いますー?なんとなくモヤモヤしてるんだけど、あからさまなキーマンはマルちゃんだよね。
表裏がはっきりわかるカンジだから余計そう見えるのかなぁ。
でも大倉のポイントが『バス』なんだよね、そこも気になるトコ。
他の4人については、なんとなく関係が見えてきた。
ヨコとヒナ、亮とすばる、だけでなくヨコヒナとハニカミの関係性もなんとなく想像はつく。
…ただの妄想かもしれないけど。
#2~#4のタイトルから想像するに、ってとこもありつつ。
ただ『Revolver』が今後の活動の予想をかなりぐっと引きよせてきたカンジがなかはらの中にはあるのですけど、これも気のせいかなぁ。
でもま。
次の#5~#8はたぶんもうソロ、っぽいよね。
これはたぶん共通認識だよね、メンバーの誰がどんなカンジかとかは別として。
んでテイチクページのCULB∞には『1/6』の文字。
さぁどこまで関連してるのかなぁってカンジやけど、まだまだ先は長いってことは確かだ(笑)
にしてもパッチ、お金か掛かってるなぁっていう印象。
このプロジェクトに何が隠れているのかは今のところ想像でしかないんだけど…なかはらさんの予想がもし当たってるとしたら、これは年末が大変だ…お金ためとかなきゃなぁ…と思ったりしてます(苦笑)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。