ただいま。

2010年01月26日 00:24

タイトルをどうすればいいか、迷いましたけど。
まずは、突然プライベートモードにしてしまって、すみませんでした。
そして、理由をなかなか告げられなかったこと、そのために心配をかけてしまった人がいたこと、本当に申し訳なく思っています。
ごめんなさい、としかいいようがありません。

突然のプライベートモードの理由。
思い立ったらすぐにやらないと落ち着かない、私自身の性格もあるんですが。
実は少し前から、ブログとは関係なく、仕事でもプライベートでも、うまくいかない、ということが続いて凹みがちでした。
うまくいかない、こと。
それは自分の思っていることを言葉に乗せても、相手にそれがうまく伝わってないんじゃないかと思うことが増えた、ということでした。
自分の真意がなかなか人に伝わらない、それでいろんなところにミスがでて、誰かに迷惑をかける。
「そんなの自分のせいじゃないもん」
と、どこかで思おうとしても、やっぱりそれは自分がうまく相手に伝えるときに間違ってしまったんじゃないか、もっとこれまでにもできていたことがあったんじゃないか、なんて日々考えるようになりました。
自分の目の前にいる人に、笑ってほしいから、楽しんでほしいから。
そんなつもりでやってきたことも、なかなかうまくいかない日々が続きました。
自分が悪いわけじゃない、と思おうとしても、やっぱり…と過去を振り返ってしまう。
そんなことが続いて、別になにを失敗しているわけでもないのに、心配ばかりが先にたつことがだんだん増えていきました。
「なんとかなるさ」
それがだんだんと思えない日々が続いて、自分が心配や、今思えば『取り越し苦労』で、おかしくなりそうでした。

でも、ブログは極力楽しいことを書きたいし、この場所だけでも楽しんでほしい。
それはずっと思っていたことだし、これからもさしてかわらないことだと思います。
だから、仕事やプライベートで続いたそんなコトは、書くべきじゃないと思っていましたし、何より関ジャニ∞は楽しいことだらけの年末年始だったわけで。
誰も私自身の愚痴や悲しい思いを覗きにきているわけじゃないこともわかっていたので、なんとか自分の中でどうにかできればいいな、と思いながら。
書くことは続けていました。

そのタイミングで、「これはニュアンスを変えてほしいです」というようなコメントが少し続きました。
そのコメントたち自体はごもっともなもので、当然改めるべき点だな、と納得するようなものだったので、それが直接の原因ではありません。
むしろ、そのコメントを頂けて嬉しいな、ありがたいな、と思っています。
ただ、それをきかっけに、自分の発している言葉でまだ見ぬ誰かをどこかでたくさん傷つけるんじゃないか、という思いがどんどんふくらみました。
不安になりました。
それから、自分の文章を読み返す日々が続きました。
いま、このブログにアップされている文章を全部読み返したんです。

自分の文章を読みながら、表現が適切ではないな、と思ったところは若干訂正を加えました。
でも当時感じたその思いは残しておきたいから、それをできるだけ変えないように。
皆さんの知らないところで、なくなったり変わったり、を実はしていました。
そんな作業を続けていくうちに不安になりました。
どこでだれがこの文章をみているかもしれないのに、って。

プライベートモードにしたその日。
その日は、実はブログではなく、そうだな、ニュアンスとしてはおかしいかもしれないけど、一番信頼している人に、自分の言葉が通じていないんじゃないか、と痛感した日でした。
プライベートモードにする直前まで、きっと心配されるだろうし、何かを書いてから、と思いながら。
でもできませんでした。
「思うところがあって」
と、書くのが精一杯なほど、私はあのとき打ちのめされていました。
怖かったんです。
これ以上、自分の発した言葉が否定されるのが。
否定されている、なんて被害妄想なのにね。

プライベートモードにしてすぐは、問い合わせ先を書いておきながら、メールはケイタイも含めて全部みれなかったです、正直なところ。
1日仕事をして、ちょっと落ち着いて皆さんのメールを読ませて頂きました。
余計な心配をかけているなぁ、と思ったけど、怖い方が先にたって、なかなか返事はかけませんでした。
昨日、ようやく、このブログに書かれている文章を全部読み返して、直せるところは直して、やるべきことはやったのに、何をどう書いていいのかわからなくなって。
…1通だけ返したメールに返信がなかったこともあって、本当に自分はこのまま書いていていいのか、なんて考えてしまって。
昨日はブログの管理画面を開いたものの、何もかけずに終わりました。

今日、1月25日は仕事に行きました。
朝の9時から仕事をして比較的のんびり仕事をしていました。
夕方から去年の新人さんたちの総まとめの会議をしていて、指導者さんたちと今後の伸ばしどころや気をつけないといけないところを話していたら、長くなりました。
そんな長い会議が終わって、会議室から出てきたら、看護婦さんに告げられました。

ある利用者さんが亡くなった、と。

私はその利用者さんと3時間前まで話していました。

今日はお化粧ののりもいいね。
いつも通り美人だけど、今日はさらにべっぴんさんやわ。
みかんをもらったからどうぞ。
すっぱい?ハズレを引いたんやわ。

笑って話をしました。
でも、3時間後、彼女と会話はできませんでした。
もう、一生、できません。
彼女は急に具合が悪くなりました。
本当に急で、突然のことに、私だけでなくご家族もスタッフも、みんながそれを嘘だと思いたかったし、そうであってほしいと願いました。
だけどその思いは虚しくも通じることはありませんでした。

物言わぬ彼女が、施設に帰ってきました。
家族葬をするというご家族が、わざわざ連れ帰ってきてくれて、私たちスタッフに会わせて下さいました。
彼女の顔を見ました。
思わずつぶやきました。
「まだ早いよ」
って。

彼女は重度の認知症を患っていました。
だから、私たちの言葉は彼女にとって意味を成さないことの方が多かったのかもしれません。
だけど、まだまだ伝えたいことも、やってあげたいことも、あった。
まだまだ教わりたいことも、話してほしいことも、たくさんあった。
まだまだ、あったんだよ。

でも、彼女はもう、何も言いません。
彼女にもう何もできません。
家に帰ってきて、なきました。
悔しくて、悲しくて。
自分ができなかったことばかり浮かんで。

でも、彼女は最後に私に伝えてくれました。
怖いからと、行動を起こさなかった自分にとても大切なことを教えてくれました。
自分の思いを誰かに伝える、ということの大切さを。
そのときには遅い、かもしれない、ってことを。
わかっていたはずだった。
だけど見失っていたそれを、彼女は教えてくれました。

彼女の人生を持って、私自身に最期に伝えられた、思いはとてつもなく大きかったです。
今、このタイミングで、彼女が教えてくれたそれは、こうしてこの場所にも戻ってこれるきっかけにもなったことは確かです。
間違ったこともするかもしれない。
いやな思いをさせたり、ひょっとしたら傷つけることもあるかもしれない。
だけど、伝えたい思いは自分で言葉にして伝えないと、いつかまた後悔する日が来てしまう。
わかっていたことだったけど、本当に大きかった。

いつの間にか、みんなに自分の思いをすべてわかってほしい、という気持ちが大きくなりすぎていたんだな、ということにも気付きました。
自分の思い通りにならないことなんて山ほどあるのもわかっていたはずなのに、どこか贅沢になっていた自分にも気付きました。
本当にいろんなことに気付かされて、仕事もプライベートも、そしてこのブログも、また向き合おうと思いました。

ブログは不特定多数の人が見ています。
これまでも、何度かやるせない言葉を投げつけられたこともありました。
その度に悲しくなって、つらくなって、何度となくやめようと思ったこともありました。
だけど結局やめられませんでした。
関ジャニ∞がすきだから。
eighterが好きだから。
そんな自分を、実は周りで昔から見ている人の方がよく知っていて。
どうせやめられないだろう、って昔から見ている人は思っていたのだろうけど。
プライベートモードにしたらしたで、ぜんぜん落ち着かなかったんですよね、なんか。
そうなるだろうな、ってなんとなく頭の片隅ではわかっていたんですけど、やっぱり落ち着かなかった(苦笑)
もうライフワークになってしまってるんでしょうね。
改めて、このブログを読んで下さっている人、楽しみにして下さっている人、そしてこれを通じて知り合えたたくさんの人の大切さを知ることができたように思います。

でも、今回のは本当に皆様、ごめんなさい、としかいいようのない感じで(汗)
前にこんな風になったときも「突然ならないようにします」って宣言しておいたのに、守れなくてすみません(汗)
でも、なんとか帰ってきました。
次の記事は楽しいこと書きたいと思っています。
左目さんの感想も書いてないし、今日のコードブルーはまだ見ていないけど、先週の予告を見ている限りではなかなか今の自分にはイタそうだ、とか(笑)
TVガイド並木さんのコラムもツッコミどころ満載だし(笑)
↑凹んでる割には、関ジャニ∞から元気をもらおうとしていたことがわかってもらえるかな、なんて(笑)

コメントレスやメールレスはまた改めてします。
お待たせしている方、本当にごめんなさい。
こんな不甲斐ない人間ですが、これからもお付き合い頂ける方はどうぞよろしくお願いします。

さぁ、明日は笑って仕事をするぞ!


コメント

  1. ともっち | URL | -

    おかえりなさい(^^) 

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. ようこ | URL | -

    お帰りなさいv-221
    なかはらさんの言葉ちゃんと伝わってますよ。
    人に何かを伝えるって難しいですよね。たった一言でもとり方によって全然違くなっちゃうし。笑って仕事を出来るように応援してます。

  9. なたく | URL | -

    あまり頑張り過ぎずぼちぼちいってください。

  10. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  11. kimidorinko | URL | -

    あつみちゃん。おかえり!
    多くは語りません。
    ただただ、帰ってきてくれたことが
    本当にうれしいです。
    私はあつみちゃんからいっぱい教わってるよ!

  12. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  13. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  14. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  15. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  16. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  17. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  18. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  19. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  20. はるか | URL | 3un.pJ2M

    おかえりなさい

    なかはらさんが、戻って来てくれて嬉しいです。様々な葛藤があったと思いますが、こうして帰って来てくれて、安心しました。どうかご無理はなさらず。少しずつ、でよいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY