スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『関ジャニ∞ カウントダウンLIVE 2009-2010』レポ(カウコン・ツボ編)

2010年01月17日 21:47

ではなかはら目線のカウコン、いきたいと思います(笑)。
テレビ放送の裏側もいろんなところで流れているので今更、ってカンジもなくはないですが(苦笑)
とりあえずVTR見ながら楽しめるようにも残しておきます(笑)。





【それぞれのツボ】
◆MC1(あいさつ)
・すばるさんからスタート。この時点で「あ、ソロが先に来るなー」と予想(笑)。
「初めての単独カウントダウンライブへようこそ。年越し、新しい年を迎えられることを本当に嬉しく思います。」←紳士的だった(笑)
・ヤス:「なかなか帰さんからなー」←やたらテンションと声が高い(笑)
・たちょ:「ついにカウントダウンだぞ!僕らにとっても初めてですが。皆さんにとっても初めても奪っちゃったv」←小悪魔め!(笑)奪っちゃった、ってたちょが言った瞬間、ドキドキしたコがいっぱいいたさ!(笑)
・亮:「2009年の締めくくりですね。2010年の幕開けをココで迎える…何を言いたいのか分からなくなってきましたけど…よいお年を!」←え。(笑)
・マル:パーンをやりました(笑)ヒナちゃんから何か指摘されていたけど、なかはらは聞き取れず(苦笑)
・ヒナ:いつもとぶれず(笑)
・ヨコ:「横山裕くんだ」←この言い方が可愛かった(笑)祭りだぞー!って確か叫んでたな(笑)

07 torn
2人とも大きめのサングラスをかけて登場。
これは好みが分かれると思うなー。
別に嫌いじゃないけど、キレイなお顔が見れないのも残念、ってカンジ(笑)

09 バブーンマンのテーマ
時間の都合でチビジュが出れないので、veteranが出てきたんですが。
キグルミ@うさぎにいじめられたのはマーシー(笑)
マーシーはかなり棒読みで「泥だらけやー、お母さんに怒られるー」って言って、それに「大変やなぁ」ってなカンジで他の5人がまとわりついてる、ってカンジでした(笑)
んで、バブーンマンと一緒にトロッコにのって、バクステに移動。
普段踊ってないからだと思うんですが(たぶん、急遽踊ったってカンジなのかな?)ちょこちょこフリを間違えている人がいたりして(笑)
そーいえば、ココではないけど、キク様はよく間違えてたなー、フリを(爆)

10 413man
この日も泣ける映像になる、テッパンなジーチャンマン。
ヒナちゃんが一生懸命すぎるのに、なかはらはココで気づきました←両手の人差し指がめちゃ早く交互に動く、でも人差し指だけ(笑)
あとヤスくんがちょっと控えめなんです、この曲では。ギタリストとしてしかいません、みたいなカンジ。←よく分からん(笑)

◆Jr.コーナー
バクステで『Blow out』
このステージにいたのが、関ジャニ∞からお年玉を貰うことになった18人…に足りてなかったと思うんだけどなー(爆)
「今年はこの曲、かなりの確率で生で聞いたなー」ってなかはらは思っていました(笑)
とにかくこの後のブロッグの流れはめちゃ早くて、覚えていないことの方が多いんですが(苦笑)
冬恋がココでくるってことは、コレがラストじゃないんだね、って相方と話していたのを覚えています(笑)

◆MC2
・時間は23時半すぎ。ヨコ:「コレまでにライブに来てくれた人は分かると思うんですが、ちょっと構成が変わってますけども。今日はカウントダウンようですからね」みたいなことを言い出す。
・とにかくヒナちゃんとヨコは「段取りがいつもと違うけどよろしくお願いします」みたいなことを言うわけですよ。
2人は中継の間ずっと「うまくできるかなー」と思いながらやってたんだろうな、ってのがよく分かりました。二手に分かれる時もヒナちゃんとヨコは別々になってましたしね。
・んで、ヨコとかヒナちゃんが「テレビのOAを見たら「あぁ、こうなってたんか」ってことが分かるけど、ココで見てたら分からんことがあるかも」みたいなことを言い出します。メインの画面に映ってたから、結構わかりましたけどね。でも確かに、帰ってテレビで見たら、あんなに音ズレしているとは。会場ではフツーでしたよー。
・ヤス:「テレビで見られへんことが見れるからね」 ヒナ:「京セラドームを贅沢に使おうや」 たちょ:「ゆっくり年越ししましょ」…って口々に言ってるんですけど、ゆっくりどころかソワソワせわしいカンジです(笑)ゆっくりっていっているたちょが一番キョロキョロしてて「うわー、ソワソワしてきた」って(笑)意外にマルちゃんがのんびりさんだったなー。テンションは高いんだろうけど…緊張してた?(笑)
・ヒナ:「途中着替えとかしてて、ステージにおらへん、1人か2人足らへんってことがあるかもしれへんけど、そこはスルーで」←結局そういうことがないままいきましたね、良かった!
・この後だったかなー。ヒナちゃんが「小道具もってきて!」って言ってスタッフさんになにやら持ってきてもらってました。あのときはわからなかったけど、持ってきて貰ったのは京セラドームの被り物だったみたいです(笑)
・ヨコ:「皆さん、確実にテレビに映りますからねー」 たちょ:「メイク直していいよー。ほら、マスカラグチャグチャやで」←思わず相方と「ヒドイ!」って言ってしまいましたよ(笑)んでその後、アリーナAブロセンターあたりでホントにメイクを直していた人に、たちょ:「ちょっ、ホンマにメイク直さんとってくれるー」って言うたちょ。いや、お前が直せって言ったんじゃん!と相方と2人でツッコミ(笑)
・今何分前?っていう会話になって、実はこのときには既にステージの上に時計があることを気づいていたなかはらと相方。だけどメンバーは気づいていないようで。しっかり時計を何度も確認していたのはヨコちょ。みんな時計はしているカンジだったんですけど(あ、でもたちょが確認している姿はみてないかも。)ヨコが一番時計をよく見てたなー。
・このあとすぐ!のジャンクションが京セラでも流れて、それが流れると「きゃー」っと会場が盛り上がる。ヤスくんが「なんか切ないよなー、他のグループで盛り上がるの。俺ら、ココにおるのに」みたいなことを言って苦笑い。ヒナちゃんはポジティブだから「それはないやろ」的なことを言うんですけど、やっぱりちょっとキャーってなってた会場(笑)
・そんな感じなので「俺らの時に一番盛り上がってほしい!」とヨコ。「俺らが大画面に映ったらめっちゃ盛り上がって!関ジャニ∞良かったで!ってほめられるように」みたいなことで、キャーの練習(笑)これ、ちょっと面白かったなー(笑)
・あとヨコが「カウントダウンのときにジャンプせえへん?カウントダウンのときに地球におらんかってん!ってせえへん?」とジャンピング禁止(爆)の京セラドームで、これまた練習(笑)あかんでそれ、と思いながら、なかはらも小さくジャンプ(爆)

◆ カウントダウン@東京と同じ
・モニターに修二と彰が映る。最初は誰だかわからなくて「誰?誰??」ってなってたメンバー。でもすぐに亮ちゃんが「あれ、ヤマPや」なんて言って、修二と彰、もとい、カメちゃんとヤマPだってことが分かる関ジャニ∞。
それにキャーと会場が盛り上がると、言うたー、的なコトを言ったヤスくん。
ヨコ:「大丈夫や。こっちのはりゅーへいとしょーた(あえてひらがなで書く/笑)がおるやんか!」 マルちゃんがヤスの横に寄って行って、ヤスの方を抱く、2人顔を見合わせてにっこり笑って、それを抜いてました(笑)でもヒナちゃんが「ウチの(この言い方がめちゃスキなんですけどー)はほのぼの過ぎるわー」ってなことを言ってました(笑)
・OAが始まり、『Believe@嵐』あたりで、ゴンドラに乗り込むメンバー。最初にヨコ、マルちゃん、たちょ、ヤスくんのゴンドラが上の方に上がっていたんですけど、その時モニターには『硝子の少年@kinki kids』の姿、もっとかっこいいエレベーターみたいなのが映ってましたけど、一応上下モノコラボしてました(笑)たちょとヨコのだけ傾きがひどくて、バランスとれてないー、危ないー!ってずっと思ってました(笑)ちなみにたちょは高いトコ苦手だからか、ワイヤー?のところにめちゃ腕を絡めて必死!ってカンジだったのです(笑)
・『Real Face@KAT-TUN』のあたりで「次やで、KAT-TUNの次やからな!」とみんなが口々に言ってるのが可愛かった(笑)その上がっていく最中にメインステージの上に時計を見つけたのはヒナちゃんで、「あれ合ってる?」みたいなことを言ってて。ヨコがあってるよー、ってこたえたら、亮ちゃんが「なんてロマンティックー!」とちょっとあのアッチ系の声で(笑)そしたらたちょが「ロンドンみたいやねー」って(笑)ヤスだったかマルちゃんだったかが便乗して、ヨコが「大阪や、ここは大阪の大正や!」って←ちなみに京セラドームは大正区ではなく西区なんですけど、とツッコんだ地元民なかはら(笑)
・浪花いろは節、はOAの通り。ヒナちゃんの頭(笑)が映し出されると練習どおり(笑)キャーとなる会場(笑)異様に盛り上がってたなー(笑)会場では音ズレはありませんでしたけど、聞きづらそうにはしていましたね。特にヒナちゃんが。たちょは歌ってた?ってくらいニコニコしていました(笑)
・『NEWSニッポン@NEWS』では、チラリとオンエアされてましたけど、メインステージで亮ちゃんを囲みながらみんなで熱唱(笑)まあ当然っちゃあ当然なんですが、亮ちゃん以外はフリが分からず。でも亮ちゃんのフリを見ながら一生懸命マネをしていたのはすばるさん(笑)んでもってニコニコ笑顔のりゅーへい&しょーたは愛しいな(笑)途中の「NEWS!(手拍子3回)」の繰り返しのトコロは京セラでも同じようにやってましたよ、会場中が(笑)ちゃんとその後のサビのところもちゃんとみんな追いついてました(笑)あと最後まで満面の笑みでフリをやりきった亮ちゃんは、距離は離れていても、あの時はNEWSのりょーちゃんなんだな、って思いました。
・『MUSIC FOR THE PEOPLE@V6』が始まると、たぶん最初に歌いだしたのはたちょだったかと思います(笑)なんかいきなり誰かの声が聞こえたな、と思ったら、MCそっちのけでみんな画面に向いてたんだよなー(笑)
・『卒業@タッキー&翼』が始まると、口々に「タッキーや!」「翼くんや!」とどこぞのファンみたいにキャーキャー盛り上がる関ジャニ∞(笑)タッキー派代表ヨコ、翼くん派代表すばるさん、ってカンジかな(笑)
でも途中から熱唱してましたねー(笑)特にすばるさん(笑)
・その後後輩の歌でも盛り上がる関ジャニ∞。ヘイセイジャンプウルトラジャンプ(全部カタカナだ/爆)で大きく手を振っていたたちょがめちゃ可愛かった(笑)
・『LOVE YOU ONLY@TOKIO』では山田がサブパートを歌い上げていた、こんなトコでもちゃんと分業ができていてすばらしい(笑)続く『A・RA・SHI@嵐』ではチビッコやすば(笑)が、サビ部分でなぜかステージ上に小さな円を描きながらグルグル…何がしたいんだかよく分からない(笑)
・カウントダウン、1から0になる瞬間、ちょっとくい気味に「よーっ」(イエーイと混ざってるカンジもあるんですけどね)のすばちゃんの声が響き渡る(笑)家に帰ってから確認したら、OAにものっててビックリ(笑)そしてジュニアも含めメンバーはお辞儀のしたおし(笑)「おめでとうございます」と口々に言いながら、お互いが頭を下げるっていうね(笑)
・年が明けて『Love so sweet@嵐』が始まると、メンバーはみんなメインステージからトロッコにのりゆっくり移動しながら京セラドームを使った豪華なカラオケ大会(笑)ヤスくんやたちょがノリノリだったなー(笑)青春アミーゴは見よう見真似のフリをしている人もいたし(笑)でもヨコヒナは「TOKIOさんの次やからな!」とか「次でよかったやんな?」と大きな声でずっと確認していました。
・『ズッコケ男道@関ジャニ∞』のバクステは正直見難いかったのと聴こえづらかったのでほとんど覚えてないんですが(爆)このときが一番「うわー!」って会場がなってたかも(笑)
・『weeeek@NEWS』の前にヨコが「次の曲はみんなも一緒にのって!ジャンプして!」って言ってたんですけど、スタッフさんにすぐにジャンピング禁止なんだよ、って言われたのか「ジャンプしたらあかんねんて、ごめん!気持ちだけジャンプして!」みたいなことを言ってました(笑)
・『愛なんだ@V6』が始まったときに「次着替えなんです」ってヒナちゃんが言って、確か亮ちゃんが一番脱ぐのが早くて、そのあとヒナちゃんですばるさんは脱がないままはけていって、その後ヤスくん、だったかな。たちょもすぐ脱いだんですけど、まだステージに残っていたマルちゃんとヨコに呼び戻されたかなんかして、上半身裸のまま出てくるたちょ(笑)ヨコ:「お前ちょっと痩せたからって脱ぐなあ!」って言われてましたけど、たちょは「俺、脱いでもうた!」とちょっと恥ずかしそうに両手で身体を隠してましたからね。でもこれたぶん、急遽決まったカンジなんじゃないかな、って。たちょが間違えたってより、ヨコヒナがなんとなくホットラインをつないだカンジだったんですよ、雰囲気は。
・『RECCUE@KAT-TUN』のとき、「忍者になるので、ちょっと時間がかかります」みたいな説明を何度か繰り返していたヨコの隣で「仁、かっこいいなぁ」とつぶやくように言うたちょ。このとき自分が半裸なのはきっと忘れている(笑)
・『真夜中のシャドーボーイ@Hey!Say!JUMP』のあたりでヒナちゃんが最初に出てきて、バクステ側からメインステまでダッシュ(笑)。忍者とは聞いていたけど、ホンマに忍者や!ってカンジで会場は笑いに包まれていました(笑) ヒナ:「あ、あかん!俺刀忘れた!誰か持ってきて、俺の刀!」←忘れたらあかんで、って持ってきたのはヤスくんだったかな?そのヤスくんは亮ちゃんに裾を直してもらってて、テンション上がったすばるさんが「にんにん」って言ってたり(笑)ヨコマルたちょはトロッコ移動してたけど、最初の4人はダッシュだったなー(笑)マルちゃんは手裏剣ポーズをとりながら移動してきました(笑)
・全員がそろうとヨコが「あ、俺曲フリがあるんやったな」と、練習するんですが「続いてはマッチさんのデビュー曲で、スニカー…」みたいなカンジで途中でかんじゃう残念なヨコ(笑)みんなに「かんでるやん!」と総ツッコミされている場面も(笑)確かいくたとーま、もかんでたよ(笑)
・『お祭り忍者』の前にヒナちゃんから「背中向けるけどごめんな。んでその後着替えでみんなおらんくなるけど、楽しんでてな」ってなことを説明がありました。あの背中も可愛かったけどなー。と関ジュをいちいち「んならジュニアもでてきて」って呼ぶヨコヒナは男前だったなー。『男の子女の子』とかも熱唱してるんだけど、そういうとこは忘れないんだよな、この夫婦。
・終わってみんな一斉にはけてしまったので、会場では大画面で東京の様子をお客さんが確認(笑)会場ではとーまが出てきた時とウッチーが出てきたときに大歓声、そしてテッパンなのが水にぬれるタッキー(笑)去年もそうでしたけど「また水にぬれてるなー」と相方と2人で。「ビショビショやん!」と(笑)
・『NAI・NAI 16』のあたりでメンバーがステージに出てきたと思います。メインステージ側からレンジャーの格好して(笑)なんで?って会場中が思いましたが(笑)ヒナちゃんあたりが「これが一番着替えに時間かかってん、ごめんあー」みたいなことを言ってましたが、そう時間はかかってなかったかと、ってか感じなかったな(笑)『仮面舞踏会』でたちょが熱唱。特にBメロ(笑)「スキさ、お前が~」のとこもめちゃ歌い上げてましたけどね(笑)
・『Venus』は振りつきで踊るメンバー。密かにちゃんと踊れていないすばるさんとヨコ(笑)ヒナちゃんは踊ってなかったかなー。妖精コンビは完璧だった(笑)
・『Darling』が始まったときに「この格好でこの曲?みたいなん歌うから楽しみにしててなー」ってヨコヒナが言ってたのに、横でマルちゃんとかは大熱唱(笑)『好きやねん、大阪』が始まると「ホンモノはこっちにおるでー」って言ってたような(笑)
・『One Love』なんども言うが会場では音ズレは気にならず(笑)あのBメロのトコが一番可愛かったんだよ(笑)んでヨコはやっぱり踊れてなかったんだよ(笑)でも密かにやすばは立ち位置間違えてるトコロがあったよ(笑)何よりビックリなのは、急にでも踊れるeighter(笑)
・『愛されるより 愛したい』や『希望~Yell~』はムービングステージで移動しながら熱唱(笑)。フレフレ!も会場みんながやってました(笑)いつも東京のカウントダウンに参加してても思うけど、条件反射のようにみんな踊れるから不思議なんだよな(笑)んで、バクステについたときにレンジャーの洋服をベリベリって剥がして(ホントにそんな感じだったんですよ/笑)でてきた、キラキラシルバー衣装。だから着替えに時間がかかったんだよな、と相方と納得(笑)
・『Keep the faith』の頃にはトロッコ(モニターつきの大きなトロッコ)に乗り換えなかはらは1塁側の方が近かったので、ヨコ、マル、たちょ、亮+淳太、の方を見ていたんですけど、『-MOTTO-』が始まった頃になにやら手をクロスさせているヨコ。何度も同じことをしては淳太の方を振り返るので何だろ?と思ってたら、この曲のサビの部分のフリでした(笑)でも。こんなに練習していたのにもかかわらず、ヨコはワンテンポ遅れてました(爆)だって、淳太の方をちらちら見ながら踊ってるんだもん(笑)んでもって、帰ってきて映像確認したら残念ながらすばちゃんも踊れていなかったっていうね(笑)あ、淳太はさすが!って感じでした。めちゃキレイに踊れてましたよー。
・『ミッドナイドシャッフル』でメインステージにいききって、『はつうた』はみんなが大手を振って踊ってましたねー。ヤンマーがニコニコしてたのが印象的。
・んで年男の紹介があって、ウッチーに「あ、内!」ってみんなが口々に言ってて。「お前、なにしてんねん」のすばるさんがいて、んでもって「相変わらず男前やのー」ってたぶんマルちゃんが言ってた(笑)
・新年の抱負はOA通りで(笑)そしてすぐに「皆さんの協力で楽しくできました!ありがとうございました!」ってな感じのことをいってました。ここでやっとヨコヒナ夫婦の緊張が緩んだカンジで、特にヒナちゃんがほっとしているのがわかったなー。

19 急☆上☆昇!!
すぐにこの曲にうつって、確かギターがなかったんですよ。
でもたちょはエアドラムをやってて、「ひとりじゃないよ」が「あけおめ」になってました(笑)
もうヘンなテンションでみんな(笑)マルちゃんの動きがハイテンションバージョンでおかしなことになってました(笑)

20 好きやねん、大阪
これ、ホンモノやで、って言ったのは誰だったかなー?(笑)
新年一発目はヒナちゃんに言ってもらいましょ、ってヨコがいって、ヒナちゃんが「やっぱりバブーンマンや」って(笑)
なんでバブーンマン?って思いましたが(笑)。確かこのときにマルちゃんとたちょがステージの端に座ってたんだよなー。

21 大阪ロマネスク
ここでのロマネスクは何だか楽しいんだけど、泣けました。
年明け一発目で雰囲気は凄くいいんだけど、ありがとう、って口々にいうメンバーが優しい顔してて、泣けたなー。
「みんなでー」って亮ちゃんがいって、会場がひとつになるカンジが凄いありました。
このあとメインステージで今年一発目の「最高で~」をやるんですけど、ホントに「今年もよろしく!」ってカンジで。
みんながニコニコしてるのがとっても印象的だったんですよ。
◆Ec
・ひとつのうた
もう3時間以上やってるんですけど、まだやるんですか?みたいなことを言うんですけど(爆)
ホントは1時までだからできないんだよ、と説明するも、なかはらももちろん含めてみんな盛り上がっているので(笑)「えー」と会場から凄い声が。
亮ちゃんがちょっぴり残念そうに「そうかーうーん」ってなカンジで悩んでいる横で、ヨコがヒナちゃんの方を確認したり、スタッフさんとコンタクトとったり。ヒナちゃんもスタッフさんの方になにやら指差してて。
んで、ヒナちゃんが「やろうや。俺らが怒られたらええわ」と言い出し。
それにのっかったのが亮ちゃんで、いたずらっこの顔しながら「やったらええわ」と(笑)
その心意気にすばちゃんもニコニコしてて、それが幸せだったなー。
ということで、結局DJヤスダの登場(笑)
「じゃあ、みんなで『ひとつ』になりましょう」ってことでひとつのうただったわけですが。
イヤモニを外す瞬間のすばるさんが凄く男前で、マルちゃんやたちょがニコニコ笑ってるのに癒されて、ヤスくんとヨコが肩をくんで揺れているのが可愛くて、ヒナちゃんが大きく手を振っているのが頼もしくて、亮ちゃんが仰ぎ見たあの天井には何があったのかな、感動してたんだろうな、きっと。
「もっと!もっと!」っていうあおりに「ラララララー」の声はどんどん大きくなっていって、名残惜しい、っていうのはこういうことを言うんだろうな、って思いました。

◆WEc
・I wish&無限大
ヒナちゃんが一番最初に半裸で出てきたんですけど「勝手にでてきてもーた」と笑いながら出てきたのが印象的でした。後でおこられるな、新年早々俺ら怒られるねん、っていいながら出てきたメンバーに感謝、感謝。
いや、みんな笑ってるんやもん。
凄くいい顔してて、なんか誇らしげにeighterを見ている気がして、ホントに嬉しかったんよ。
「友情!」の後も声が枯れるんじゃないかっていうくらい、みんな精一杯だったし。
あ、書き忘れ、ここじゃないはずだけど。
お正月一発目のすばちゃんの色紙は「鏡餅」と「門松」だったかな(笑)お正月仕様でした(笑)

あかんわー。記憶がだいぶ薄れているけど(苦笑)
構成としては中継優先なのでイイ!と太鼓判を押せるカンジではないんだけど、やっぱりお祭りは楽しかった(笑)
特別な時間を一緒に過ごした、ってのがプラスされて楽しいのかもしれないけど(笑)
東京のカウコンがあんなカンジで見れるだなんて思ってもなかったので、楽しかったです。
あれにかける関ジャニ∞の姿勢が間近でみれたのも良かったかと。
ジャニーさんに褒められたソレがね(笑)
自分のためのメモリーはこれにて終了!
明日の深夜勤までにはコメレスもしますのでお許しを(汗)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。