コメントレスです!ありがとうございます。

2010年01月12日 23:59

密かに、年明け2日からお仕事続きで、明日やっとお休みのなかはらです(爆)
カウコンのレポもしたいトコですけど、でもお買い物にも行きたいんだよなー、と衝動に駆られています(爆)
明日朝起きてみて、予定を決める。
そんな日がもっとたくさんあったらいいな、と思ったり。
とにもかくにも、コメレスが溜まってしまっているので(苦笑)今日はコメレス記事ということでお許しを。
密かに検索ワードもやっていないことにも気づいてるんですけどね(爆)
あのコについては皆さんいろいろ思うこともあるみたいですが、なかはらの意見や感想は参考までに(笑)
いや、ホントに。
1つ前の記事にも書いたけど、何が正解で何が間違っているかなんて、彼ら8人にしか、いや誰もわからないことだと思うのでね。

では。続きからどーぞ。
ケイタイ(特にau保持者の皆様)からで自分のコメレスが読めない方はご連絡くだされば対応しますので、よろしくお願いしますね。
はるかさん、ともっちさん、愛子さん、リリィさん、浦川さん、ユズさん、しいさん、kimidorinkoさん、みつきさん、のんさん、ゆうさん、kirakiraさん、なおこさん、瀬里奈さん、ありがとうございました!
拍手レスはケイタイから見れない様子なので、もうひとつ上の記事にアップしなおしましたー。






【コメントレス】
1月8日 はるかさん
そーなんですよね、webのレポってすぐ消えちゃうから…ってもう消えてしまいましたけどね(苦笑)
とりあえず自分目線のレポは頑張ってやりますー。
んでもって。
好きな人がうつっていく話。
かく言うなかはらも、SMAPが全てだった頃があるので(笑)今はどちらかというと、っていうか9割関ジャニ∞に傾いているような状態なので(爆)
そんな自分が今あるとは、SMAPが全てだったあの頃には想像できませんでしたよ。
でも、一番多感な時期(笑)をともに過ごしたSMAPよりももっとずっと魅力を感じるコトがある関ジャニ∞、何か秘めている気がして仕方ありません(笑)
ま、そういう風に自分を信じて楽しんでいまが(笑)
心の移り変わりというのは決して悪いことではないですし、きっと好きな人を応援したいという気持ちはどのタレントさんに対しても変わらない想いだと思うし。
そういう意味では人として大切なことは一緒、なのだからイイのかな、と思ったり。
何か表現が難しいな(苦笑)

1月11日&12日 ともっちさん
まずは先に。RAMは使えます(笑)
んでもって、関西WSはそんなになかったのですが、ヒナちゃんが出てたSPがやたら長いので編集できていません(苦笑)
もう少しお待ちをー。
で、あのコのこと。
こちらにいらしてくださっている方は、ともっちさんも含め「7人の関ジャニ∞」しか知らない、実際にみたことがない、って方の方がほとんどです。
うん、47を期にたくさん新しい人がこのブログに訪れてくださっているのは、あの時から実感していたことだったし。
そういう状況の中で、いわゆる前から関ジャニ∞を知っている人たちからの話を聞いて、あの写真をみて「8人を見てみたい」と思うのは普通のコトだったりするのかな、と思ったりしています。
多少、想いが強すぎて美化されている部分はないとも言い切れませんしね。
そんなにイイモンなら見てみたい、共感してみたい、と思うようなコトも多いと思いますし。
んでもって、あの目の色に隠された秘密なんかがあったりした日には、ってカンジで。
そんなタイミングで今回、ってカンジで。
あげるのも諂うのもうまいな、あの事務所は(苦笑)
ただ、うん、思うのは。
話を聞いて想像して「見てみたい」と思う人と実際に見たことがあってまた再びと思う人にはやっぱり多少の違いはあるのかな、ってのは正直感じました。
実際に見た人はリアルにあのコが8人の中でどんなポジションだったかを容易に想像できたりする、でもリアルに想像できない瞬間もある、ってのが…まぁ、やっかいなんですけどね、それが(爆)
ともっちさん、あのコのことを運だけできた、みたいなことは書かれていませんのでご安心を。
「関ジャニ∞の8人を応援していきたい」ってのは、イイ言葉だと思います。
凄く、ポジティブになれる言葉。
理性と感情がやっぱり別々で、なかなかうまくいかない日もあるかもしれないけど、心に刻みたいと思います。

1月11日 愛子さん
じーちゃんでも、ひとつの会社の長、ですからね。
しかもあんなに大きな会社の。
確かに突拍子もないことを言うかもしれませんが、あれだけのたくさんの人を魅了する人物を見抜く人で、それを育て上げる人、でもあるわけだから。
今回のこの発言も、人の人生を左右する大きな出来事だから、よくよく考えてのことだと思います。
うん、逆に言えば、あのコはそれだけの力があって、今後グループを組むにしてもそうでないにしても、今は1人で十分「お金になる」と判断されている、ってことなんだな、って妙に冷静に思ったりもするんですよね。
もちろんファンといわれるお客様の要望を受け入れることは大切なことかもしれないけど、ファンが望むようにしたその先に良い未来が待っているのか、と聞かれたときに、正直なかはらは100%イエスとは応えられません。
そんな責任は負えません。
特に今回のような人生の選択をせまられるような事態であれば、なおさら。
だから、最終的にはあのコの、彼らの、そして彼らを雇っている側の考えにファンがどう気持ちを寄せられるか、ってところに掛かっているのかな、と思ったりします。
あのコに、自分で選択するという権利がどのくらい与えられているのか、なかはらには分からないことだけど、愛されているな、と思います。
あの社会的制裁は必要だったのか、という声も聞かれたりしますけど、あの状況から本人の努力を認めて活躍する場所を提供した事務所側も、あのコの『旅立ち』を見守っているであろう仲間も、そして8人であったことをリアルにみたこともないeighterをも巻き込んで。
愛されているな、って。
だからこれからも「愛していけたらいいな」って思います。

1月11日 リリィさん
リリィさんに2つ目の記事はどう映ったかな、と思いつつ、コメレスをしてみます。
あの文章にも書いたように、正直なかはらは「8人で関ジャニ∞」であることが本当に彼らにとっていいことなのか、わからなくなってしまいました。
もちろんいつか同じ舞台にたって笑っていてほしい、という願望はあるんですが、そこに「関ジャニ∞」の冠は必要なのか、っていうところがね。
どんな立場に立っていてもいいじゃない、彼らが納得すればあのコが納得すれば、って。
あのコにも彼らにも選択権がなくてひょっとしたら納得できていないことなのかもしれないけど、それならそれなりに、前に進む彼らを応援するしかないな、って思ったんです。
だけどコレはなかはら個人の考え方で、1%でもある可能性を見逃さない、捨てないのが関ジャニ∞、だからeighterもそういう気持ちがあって当然だと思うので。
…なかはらはどうやら妙に物分りのイイオトナになってしまったようです(苦笑)
ほんとはもっとワガママいって駄々こねてもいいのかもしれないんですけどね(苦笑)

1月11日 浦川さん
ウチの相方ちゃんはすっかり元気ですよー。
休んだ間に溜まった仕事があって「締め切りギリギリに会議資料出してもいい?」って今日聞かれましたけど(笑)
そこは相方なんで「多少は遅れても考慮するよ」って言っておきましたが(笑)
オリスタはいつもいい仕事してくれるなー、書いている人も写真を撮っている人もeighterなんだ、と勝手に思って相方とも語っていましたけどね(笑)
あのコについては。
諦め、って書くと言葉は悪いのかもしれないけど、人間そういうのも必要なんですよね、ホントは。
特に今回のは自分の人生に直結するか、といわれると微妙なラインではあると思うし。
ただ、感じ方はそれぞれあって、前にも書いたかもしれないけど、何十万人、何百万人もの想いがひとつになることはそうない、稀なことだと思うので。
(だから『ひとつのうた』は感動するんだよな、と思ったり)
でも、うん、不思議なんですよね。
形はどうであれ、関ジャニ∞にあのコが戻ってくることを望み続ける人も、そうでない人も、あのコを見守っていきたい、って気持ちはみんな持っているんですよね。
愛されているな、と思います。
ひょっとしたら「7人」がそんなスタンスだから、ファンもそうなのかな、と思ったりもします。
愛して、応援していけたらな、って思います。

1月11日 ユズさん
ユズさんもインフルさんでしたか(汗)
やっぱりあの会場にインフルさんはウヨウヨいたってことですかね(爆)
ウチの新人研修は絶対早いです、着手が(爆)新人研修の前の準備の段階がねー(爆)
そんなことはさておき、あのコは。
上のコメレスにも散々かいていますけど、愛されているんだな、って本当に実感しました。
まぁ、これからも紆余曲折、じーちゃんの言葉に惑わされたりするんだろうな、と思いつつ。
だけどあのコのことを愛している限り、あのコを応援するというスタンスは、なかはら自身は変わらないんじゃないかな、て思ったりしています。
過去は消せない、それはイイことも悪いことも。
だからこそ、やらなきゃいけないことがあるような気がします…こう書くとなんかホントに人生勉強ですね。
人として生きていく糧にしなきゃな、って思います。

1月11日&12日 しいさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
うわべだけでない。
そう信じたいだけなのかもしれないですけど、彼らの本心が分からない以上、そこは希望を抱いていてもいいのかな、って思ったりしています。
あのコと彼らにどこまで選択権があって、進みたい道を進めさせてもらっているのかはわかりませんが。
関ジャニ∞のイイところは、人から指摘されたことを素直に聞くこと、そしてそれを次に生かそうと努力すること。
でも、全て受け入れるのはなくて、曲げない芯をもっていること、だと思うんですよね。
人として大切なことを学んでいる気になってしまいますが(笑)
どんな社会でも選択権がない、ってのはありますよね。
芸能界だけでなく普通に仕事をしていても、自分に選択権がないことなんてしょっちゅうなんですよ。
発言できない表に出せない言葉あるのも、ね。←日本人の悪い習慣のひとつにもなりがちですけど、「言わないほうがいいこと」ってのはあるっていう意味も含めてね。
うん、なかはらは自分の仕事が「自分本位」になってはいけない仕事なんですけど、どうしたって自分にも理想や希望があるから…葛藤ですよね。
あのコや彼らはきっとなかはらなんかより、もっともっと大きな葛藤を抱えているんだろうな、と思ったりはしますけど。
選択権がひょっとしたらないかも、ってことを嘆く人もいるみたいだけど、そのあたりは仕方ないかな、と思ったりしています。
だって彼らも会社に雇われている人間であることには変わりありませんからね(苦笑)
社会って厳しいなー。
その厳しい社会を、しいさんが仰るように腐らずに生き抜いている、私たちは彼らにたくさん学ばなきゃいけないことが、今までもこれからもあるんだと思います。
一緒に成長していけたらいいな、って思います。
去年は母体すら揺らいでいるカンジで、いろいろ不安だったことは否めないんですけど、今年はあのコも含めみんなめちゃ力強い。
三馬鹿が一足先に進んでいて、ようやく「関ジャニ∞」としても何か固まったんじゃないかな、って妙に思ったりしています。
いつも三馬鹿は先に進んでいるんだな、と思うと、凄いなやっぱり尊敬だな、と思ったりしますが。
応援していきたいですよね。
これからもよろしくお願いします。

1月11日 kimidorinkoさん
そーなんです、なぜかバタバタ…(苦笑)
とりあえず明日の予定は明日になってから考えます(笑)
あのコのことは、そーなんですよね。
皆さんから頂いたコメントを見ていても、本当に愛されているなぁって思います。
あのコだからこそなせた業だと思ったりしています。
うん、お兄ちゃんたちにいつもいつも可愛がられていましたよ、ホントにスイートな関係だったと思います(笑)
あのまま彼らが8人で同じ時間を過ごしていたら、と思う日がないとは正直いえません。
だけど、もう戻れないそんな状況を願う方がバカだということも同時に思っています。
一緒に生きるのは、今、そして未来。
だからこそ、前に進むべきときが来たんだ。
そんな気持ちでこの前の2つのエントリーは書いていたように思います。
あー、でも6人のSMAPは未だに夢見るなー(笑)
もう5人になってから14年ですよー、早いなー。
今でこそSMAPが6人だったんだ、ってことを公に出すことを認めてもらいましたけど、いなかったことにされたあの数年間はホントにおかしかったな、って。
今、あのコはいなかったことにはされていないわけだし、むしろ同じフィールドに立っている、幸せなことだと思います。
あ、マーメイドの件、なかはらはリアルに「聞いたことあるようなカンジだけど、コレ題名なんだっけ?」って人がめちゃ多かったと思っていますよ(笑)
あと、SMAP兄さんの番組がやたらと多いのはやっぱり否めないですよねー。
別に番宣で出ていたとかないですもん…そういう意味では兄さんたちはまだまだ元気ですねー。
アラフォーなんですけど、みたいな(笑)

1月12日 みつきさん
皆さん「覚えていないかも」って書かれるんですけど、たいてい覚えていますよ(笑)
HNと語り口調で分かるもんです(笑)
実際にお会いしたことがないので、お顔は浮かびませんが(笑)
あのコのこと。
彼らに選択権はあるのか、ってところが引っかかっている人も多かったりしますが、普通の一般社会でも、平社員(ま、課長部長クラスも含めて)に自分の人事を選択できるトコがどこにあるんだ、ってカンジですけど(笑)
重役ならまだしも、自分の人事をどうこうしようっていう選択権がないのは、当然なのにな、芸能界だとそれがなんとでもなってしまうとでも思っているのかな、と思ったりしています。
難しいトコですけどね。
みつきさん自身は体験なさったことでそれが十分わかっているからこそ進めるステップまで来ている(なんか上目線ですね、すみません)のかな、と思ったりしますが、そうでない人もたくさんいるのは現状なので、いろんな想いが複雑に絡み合うんでしょうね。
これが新しいグループとかユニットとかってなってくるとまた複雑になるのかと思うと、なんだか気が思ったりしますけど。
うん、理性では分かっていることに感情がついていかないのは、人間の性です…そういって割り切ってしまいたい(爆)
何にしても、ファンであるなかはらたちは、あのコや彼らの発信するものをどんな風に受け止めていくことができるのか、ってカンジですよね。
直接的に「8人であること」をいろんな弊害があって知らされないとしても、発信された想いをめいっぱい受け取れたらいいのにな、って思います。
あ、余談ですが「関西ジャニーズjr.」はあっち(と書いてわかるかな)との絡みもあるので難しいのかな、となかはらは思います(苦笑)

1月12日 のんさん
えぇ、メールにも書きましたけど(笑)
また15日にお話しましょーね。
もう、のんさんには直接会って、伝えたいコトがあります、それは相方の意見も含めて。
ぶっちゃけちゃってもいいですか、って先に言っておきますね(笑)
でもホント。
今でも愛されるかわいいあのコだからこそ、揺さぶられる感情。
うーん、やっかいなモンですね(笑)

1月12日 ゆうさん
もしゆうさんがこれまでのコメントを読みながらココにたどり着いたとしたら。
これからまだまだ夢や希望を持つ学生さんに、厳しい現実を突きつけているのかな、と思ったりします。
だけど。
なかはらは自分が「人事」ってのに少しだけどかかわらせてもらうようになって。
…派遣の契約切りも契約社員の契約満了、つまりは更新をしないことを決める、ってことをするようになって。
どんなに彼らが働きたいと望んでも、それがかなわない事情や事実はあるんだ、ってことはわかってしまったんですよね。
人の人生が掛かっている、その選択の重さは、最近本当に身にしみてきました…。
だからじーちゃんが、ま、奇抜なことを言う人かもしれないけど、もう3年か、もかかってようやく表に出した言葉に、なかはらは重さを感じています。
そんな中であのコに彼らと同じフィールドに立つというコトが与えられたことは、幸せなことだと思っています。
もちろん前2つの記事にも書いたように、ファンとして捨てきれない想いがあることは確かだけど、そして期待することは悪いことではないし、なかはら自身もそう期待したいけど。
どこを見据えるのか、自分はどういう風に彼らと接していきたいのか。
最終的には自分自身なのかな、と思ったりしています。
あと気になったこと。
関ジャニ∞は8人じゃなきゃいけないということはないと思いますが、8人であったことを忘れてはいけないし、ゆうさんがその事実を消したくないというのなら、その想いをずっと持ち続ければいい、できればその想いを広めていけばいいんだと思います。
SMAPが5人になったとき、存在すら抹消されたけど、10年以上たってようやく、6人であることをメディア的にも認められて。
今、ファンの中では関ジャニ∞が8人だったことってのは周知の事実、それを絶やさなければいいんだと思いますよ。
∞レンジャーのベルトに込められた意味を、みんながわかるように、これからも。
そういう意味では「元」はあるとありがたいのかもしれないですけどね(笑)

1月12日 kirakiraさん
上のコメレスにも書きましたけど、自分の発言をさせてもらえないことや、自分の人事を決められないことは、何もあのコに限ったことではないですよね(苦笑)
仕事を立て続けに休まなければいけなかった理由が「子供が熱を出したから」でも、その会社の「ライン」に応えられないのであれば、クビになる、っていうような感じで。
言い訳させてもらえずにきられることもないとは言い切れない。
だけど、芸能界は特殊だと思ってしまうのか、それを応援している人たちみんなも知りたいからと思うからなのか、みんな見えることのない真実を追いすぎる…気持ちはわからなくないんですけどね。
納得しているか納得していないか、は、これからいつかわかるかもしれないけど、今考えても、分からないし、きっと今は伝わってこないだろうな、となかはらは思っています。
だから彼らが納得するしないは、してたらいいな、と思うけど、想像の部分でしかないわけで。
…そういう風なことが起こるから大混乱を巻き起こしたりするんでしょうけどね(笑)
SMAPが6人だったことをメディアに認められる、つまりは会社に認められるまでに10年掛かってしまいました。
うん、だからいつの話になるのかは正直わからないけど、いつかクロスすればいいなと思うし、それまでもそれからも応援していけたらいいな、って思います。
…ほれ込んだな、私(笑)
成長していきたいですね、関ジャニ∞が成長していくように、自分も。

1月12日 なおこさん
あけおめさんです。
お正月はバタバタで申し訳なかったです(汗)
そうですね、シンちゃん(なんか新鮮だこの呼び方/笑)は特にそんなトコあるかも。
まったく同じスタンスかといわれればそれには首をひねるカンジではありますけど、なかはらは実はまた歌う日がくればいいな、と思います。
うん、相方ともちらりと話をしていて…うん、ま、こんな場所にはかけない理由もあったりするのでなんともいえないトコなんですけど(爆)
希望は持ち続けてもいいのかな、と思ったり…結局決意は甘いんだよなー(爆)
ただシンちゃんはかーなり前向きに考えられる人で、それゆえの行動をとっているんだと勝手に思っているので、シンちゃんの行動を信じてみたいかな、と思ったりもしました。
うん、そういう意味ではあの人はぶれないからな。
でもそーですよね、関ジャニ∞大好きだ!
それは変わらないなー、こんなにうだうだ考えているのに(笑)

1月12日 瀬里奈さん
そうですねあけおめさんです。
相変わらずバタバタで申し訳ない年末年始でした(汗)
さて、あのコのこと。
ホンマにねー、記事への反応がここまであるとは思っていませんでしたよ(苦笑)
でもそれだけ関心が高いってことなんでしょうけどね。
カウコンのことについては、見ている直接その時には、実はずっと「絡みにいって!」って思っていました。
いけ、いけ!って。
だけど、隣を通ったヨコが目もあわせないような状態だったときには、ちょっと逃げたくなりましたよ(苦笑)
でも逃げられない状況にアイツらは追い込んできましたよ。
バカって呼ばれているのに、びっくりするくらい周到に。
亮ちゃん作詞作曲中の歌割りのことも、ヨコのマーメイドの歌割りのこともメッセージなんだなと思っている。
でも、それをあえて文字にしてこなかったし、文字にすることでの恐怖みたいなのはこれまではあったのかもしれません。
コメレスをする前に、瀬里奈さんとこもいってきました。
その感想をここで書くのはどうかと思いつつ(爆)
おそろいなのはなかはらも気になりました(笑)やっぱりなーって思うと同時に顔がにやけたのも確か(笑)
そんな中での正反対のコトでしたからね、特に内亮担な瀬里奈さんにとっては衝撃的だっただろーな、と。
実際のところ。
7人である関ジャニ∞を受け入れられていないという人もいるだろうとは思いますが、なかはらもリアルに想像できないトコロはあるので7人が不完全だとは思えないんですよ。
だからこそ、1つ前の記事があるわけで。
8人だったらよくなるかも、の裏には8人だったらできていないかも、もあるのかな、なんて思うなかはらはマイナス思考でしょうかね(苦笑)
でもそれくらい紙一重なことだから、何が正しいことなんだっていう正解がないことだから、難しいですね(苦笑)
それと舞台、うん、密かに自分で取らなくてもどーにでもなるだろうな、と思っています(爆)
だからもうちょっとゆっくり考えてみてもいいかなー、と。
今回はあのとき感じた思いは出てこないと思うんですけどね、いかんせん東京なのでちょっと腰が重いのも確かなんですよね(笑)
やたらめったら忙しい時期を越えたら、もうちょっと考えたいと思います(笑)


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


ENTRY