スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかはらあつみ的関ジャニ∞京セラドーム大阪コンサート珍道中・その2

2008年03月28日 09:41

なかはらあつみ的関ジャニ∞京セラドーム大阪コンサート珍道中・その2
2007年2月25日


その1はこちら

はじまりー{%kirakira1_a%}
…でも、その2の内容は1部と2部の様子が混ざってる可能性あり(爆)
極力混ざらないようには気をつけていますが、曲の感想は全て1部のレポのところに書きます。
2部レポは主にレンジャーとMCのレポになると思います。
※注 レポの中に登場するセリフはなんとなく、ニュアンス、なものが多いので、正確ではありません。そういうものを求める方には適しません(苦笑)



明日を目指せ!
・メインステージにたっちょんが登場
・ドラマーたっちょん。すげえかっこいい{%heart1_a%}
・続いてマルちゃんが、バック上手通路に登場
・ベーシストマルちゃん。なかはらは、今回もマルちゃんポジションなんだなぁーと思う(笑)
(これまでの少ない、関ジャニ∞ライブ経験の中ではありますが、ライブ最初に近くに見えるのはいつもマルちゃんなんです/笑)
・ヤスが、バック下手通路に登場
・ギタリストヤス。ヤスの煽りの声が、いつものことながら高い(笑)
・この後はメンバーの位置が微妙(爆)亮ちゃんが登場してからは、どこに一体誰が登場したのか不明(爆)だってマルちゃんが近くにいるんだもん(笑)

DIVE
・ヨコちょとすばるの煽りがあり。
・ぐらいしかイメージが(爆)いや、メンバーが動き出して、どこに誰?みたいなとこもあったんですよ、と言い訳をしておく(笑)

浪花いろは節(Rock Ver.)
・ヨコが「いろは浪花節」という。
・なかはら、「きっと私が聞き間違えたんやろ」とヨコの間違いをスルー。
・やっぱり間違ってたんやん、と後でつっこむことになるとは、このときは知らず(笑)
・リフトにメンバーが乗っている。楽器隊以外の4人
・なかはら、ライブ前に会場下見したときには気付かなかった、メインステージ脇にもリフトがあることを知る。
・リフト4台…流石大所帯グループ、でもあれだとメインステージの上の方にいるお客さんも近くなるわな…よく考えてる…となぜか専門家のようなことを考える(笑)

∞SAKAおばちゃんRock
・なかはら、センターステージのヤスマル、そしてバック上手リフトにいた亮ちゃんしか見ていない(爆)
・亮ちゃん、ジムで鍛えている成果がでたのか、顔が少しふっくら。
・でも、エイトの亮ちゃんはどうも可愛いキャラ。NEWSのライブには行った事ないけど、某友人によると、NEWSのライブでの亮ちゃんは終始かっこいいキャラらしい。
・亮ちゃんという人は、場面を上手に使い分けているのか、はたまた、グループのカラーがそうさせているのか。
・ヤスマルは本当に楽しそうに二人で顔を見合わせたりしていました。仲良しv

Heavenly Psycho
・全員が楽器隊に変身(笑)
・ヤスすば亮がギター、マルがベース、たっちょんがドラム、ヒナちゃんキーボード、ヨコがボンゴ(南米の楽器で、たっちょんが『Heat up!』オニギシのところで叩いていた楽器)
・ってか、前の第2弾ツアーのときと変わってないんですけどね(笑)
・亮ちゃんが大分ギターを弾きながら歌うのに余裕がでてきたなぁ、と思ってみる。
・すばるBANDのメンバーが余裕なのは別として、ヨコは楽器を弾いている(演奏している)というよりは、何かを叩いている、というカンジ(笑)
・ヨコの奏でるボンゴは「ぽこぽこ」という音がしそうだ(笑)←実際はたっちょんのドラムの音の方がよく聞こえるので、どんな音がでているか聞き分けがしにくい(爆)
・そんな中、ところがどっこい(笑)、ヒナちゃんは超真剣にキーボード(笑)
・曲のイントロ部分は片手で演奏なのに、超肩に力が入っている(笑)
・そのまま最後まで肩に力が入ったまま(笑)歌う余裕すらなく。
・でも、終わった後には満足げ、というかほっとしているヒナちゃん。それが愛しい(笑)

MC1 自己紹介
・ドラムセットから抜け出してきたたっちょん。残念ながら、なかはらは挨拶の内容を覚えておらず(苦笑)
・でも確か、ちょっとカミ気味だったんです(苦笑)
・続いてヤスの登場。やたらとテンションが高いため、声も高い(笑)
・ヒナちゃん登場。一緒にやりましょう、と「なーにがでる」を会場のお客さんと一緒に。
・「今やりにくいと思った人、普段の俺らの気持ちと一緒」
・ヒナちゃん挨拶の後ろで、関風ファイティングの衣装でマルちゃん登場
・マルちゃんも会場のお客さんと「なーにがでる」をする。
・そこでマルちゃんの般若が登場。マルちゃん口で「ウウウー」と音を奏でながら(笑)
・続いてすばるさん。多分(苦笑)テレビカメラが入っていたためか、結構普通のコメント。
↑普通のコメントって(笑)
・続いてヨコの登場
・「皆さん、本家が聞きたいですかー」と「なーにがでる」を
・ってか、ヒナちゃんとマルちゃんのに比べて、ヨコのは若干タイミングが早いので、音差もあるドームでは超やりにくいのよー(笑)。
・亮ちゃん登場。挨拶内容自体は普通、だけどテンション高いためか、声が若干裏がえり気味(笑)
・亮ちゃん挨拶の間に、メンバーが関風イントロポジションへ。

関風ファイティング
・メインステージにメンバーが一列になって歌う。
・ここはWSでもよく出ていた場面ですので、内容はカットで(笑)

ヤジルシ↑
・上下手両方から、トロッコが出動
・上手トロッコ:すば亮ヨコ、下手トロッコ:ヒナマルクラヤス
・この辺りで既にすば亮が仲良しだなぁ、となかはらは思う。
・だって、すばるさんと亮ちゃんってつい半年前くらいまでは、なんか気まずさの方が全面にでてたやん?(笑)
・曲の最後辺りで、車椅子席脇(アリーナ入場口のところ)にトロッコが停車

Cool magic city
・トロッコがそのままバックステージに移動
・なかはらはこの曲が大好きで、一緒にフリをしながらメンバーを追うだけで精一杯でした(笑)
・トロッコがメインステージに帰っていく(上手メンバーと下手メンバーが逆になって)中、たっちょんが、バック下手脇からはける。

Butterfly I Loved/大倉
・バクステに大倉の登場!会場の歓声が凄い!
・会場のライティングが綺麗。黄色っぽいオレンジっぽい色で花の形をしたライティング&紫色で蝶の形をしたライティングが、ドームの天井に。
・こんなライティングの仕方見ないねー、と相方と。超きれいなライティング。
・たっちょんが「俺がかっこよく見えるのはスタッフさん、照明とかのお陰」と以前言っていましたが、それだけじゃないよ、たっちょん。
・足ながーい、超きれー、と思って、たっちょんをみるなかはら。
・相方と「歌が安定してるよね、今回。たつよし、力むときあるもんねー。いい感じで力抜けてるー」と偉そうに評価(爆)

Who's foods/丸山・安田・村上
・マルちゃん、メインステージに登場。
・オレンジシャツ、胸ははだけて、ちょっとセクシー、ラテン調
・センターステージ、ヤスが登場
・ピンクのジャケット…またもやピンクですか(笑)なロック調
・バクステにヒナちゃんが登場
・白スーツ、足長いの分かる、なジャズ調
・センターステージに3人が白スーツで登場。
・ヤスが黒シャツ着ているのが、ちょっと違和感くらいの気持ちになる(笑)

Explotion
・出てくる順番は歌の順番です。メンバーが登場する時、下から風が吹いてきて、髪の毛を煽り上げます。
・みんなセクシーなんですけど、特にたっちょんとすばるはセクシーです、この曲。
・たっちょんはセクシー顔の後にヘン顔。
・相方と「ギャップ萌え」だと言い合う(笑)
・すばるさんの歌にあわせて目を開ける(サビ直前ですね)にずきゅん、とやられる。
・あぁ、やっぱり目力はすばるさんが一番だよー。
・あと、途中でメンバー全員が前をはだけて、超セクシー路線へ突入
・ヨコが意外と(爆)やせていた、綺麗な腹筋でしたー。
・亮ちゃん、たっちょんはジム通いの成果がでているなぁ、と思ったんです。


その3へつづく
その3はエイトレンジャーのことです。

その3へはこちらから


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/14-307282e7
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。