スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じたことをそのままに その2

2008年03月28日 09:44

今から書くことは、個人にあてたメッセージなのですが、是非皆さんにも読んで欲しいと思い、新規記事にすることにしました。
この記事、メッセージは、先日の記事「感じたことをそのままに。」に寄せられたコメントを見て、私自身が感じ、考えたことです。
この感じたことを読んで、「なかはら、どっちつかずやん」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、これが私の「率直な自分の意見」です。
何かこれについて感じることがあれば、コメント主さんだけでなく、いろんな方からメッセージを頂ければ、と思います。
(まぁ、こう書いておきながら、悲しいコメントが届かなければいいな、と自分の身を案じてはいますが/苦笑)


コメントを頂きましたゆうきさんには事後承諾になってしまいますが、このような形でコメントを取り上げてしまいましたこと、お許し頂けますよう、よろしくお願いいたします。






ゆうきさん>こんばんは、はじめまして。
まずは私の稚拙な文章にコメントを寄せてくださってありがとうございます。
そして率直な思いを綴って下さったことも、本当に感謝しています。

まず最初に言っておきますが、ゆうきさんの言うように、「悲しい争いをしているのは一部のファンだ」ということは、私も理解しています。
ゆうきさんのような、「意見が違うから争う」ということを、違うと思っている、光一さんファン(もしくはKinki Kidsファン)がいる、ということも分かっています。
もし、ゆうきさんに、私自身がそういうことを理解していないと思って、この文章を書いている、と思わせてしまったのなら、それは私の能力不足なので、まずはそれを謝らなくてはいけないのですが、私自身は、自分が同じような経験を今しているから、ゆうきさんの思いはよく理解している、つもり、です。
つもり、という時点で申し訳ないのですが。
…私もグループは違えど、関ジャニ∞のファン=eighterの、このところのファンのマナーの悪さについて、「自分はそうでない」という思いを持っています。
だから「一部のファンだ」というその意見もよく分かるのです。

また、私は一方で、伊藤さんを「ステキな人だな」と思いますが、伊藤さんが言うことが全て共感できるかと言えば、共感できないのもあるのが事実です。
あのように言わざるを得なかった、と伊藤さんが判断されたとしても、私自身は光一さんの、Kinki kidsのファンでもないのに、あぁ言われたことがショックであったのは確かなので、真っ当な(書き方は悪いのですが、ここではこう書かせていただきますが)ファンの方があの文章を見た時に、どんなにショックだろう、と思いました。
こんなことを書かれて悲しい思いはしないはずはないと思いました。
それに、私自身は「光一さんファンが待ちに待っていた日」というものがどういう意味を持つものなのか存じ上げませんが、特別な日だったのだとしたら、「ステキなことを書いてくださる人だな」と慕っていたのに、大変悲しい、という思いを持つことは、当然だと思います。
(光一さんファン、というところを、私の場合はは関ジャニ∞に置き換えて考えれば、その痛みはもっとダイレクトに理解できます。)
それに、伊藤さんは、あのブログで再三「穏やかに話そう」と仰っていたので、その点では、閉鎖は仕方ないとしても、一個人、もしくは一団体のせいとも取れる閉鎖の仕方をしたことには、本当に残念だな、と感じています。
本当にあのブログを「穏やかな意見が交換できる」「書いている人を尊重できる」等、そういう場にしたかったのだとすれば、最後まで隠し通すことができなかったのか、という思いもありました。


ただ、私には、伊藤さんがそう書かざるを得なかったその気持ちも分からなくはありません。
あくまで伊藤さんにしか分からない部分ではありますが、伊藤さん自身は「身の危険を感じた」と仰っていました。
「自分が身の危険を感じるほどの脅迫」というのは、どれだけ正常になろうと、正常な感覚でいようとしても、それを保っているには、相当の精神の強さが必要です。
どんなに自分が穏やかにしていたい、そのアーティストに愛を注ぎたいと思っていても、『一部』だと分かっていても、それに負けてしまう、きっと私だって負けてしまうかもしれない、と思います。
だから、あぁいう風な閉鎖の仕方をしてしまった、その気持ちも分からなくはないのです。

また、私にはゆうきさんのような葛藤や特別な思いを、Kinki Kids、もしくは堂本光一・堂本剛にもったことはありません。
ですから、本当のところでは、ゆうきさん程の悲しい思いはしていません。
それに、ゆうきさんがコメントに挙げられたような、剛さんの言葉も私は知りませんでしたし、知ろうとしたこともありません。
だから素直に思うのは、「何故Kinki Kidsのファンの間でこんな現象が起きてしまったのか」ということだったのです。
もしかしたらファンの間でそういうことになってしまったのは、剛さんの言葉のせいだ、と思ったこともなかったですから。
逆に言えば、光一さんの言葉のせいだ、と思ったこともありません。
それに、もし剛さんが本当に心の底から「キンキはバイト」と思っていたとしても、私はその剛さんの言葉を判断できて信じられるだけの、自分の中での知識だったり要素だったりはもっていません。
もちろん、何百人も、何千人もが読むものに対して、そういうコメントを言う剛さんを、すべて肯定(もしくはすべて否定)しようとは思いませんが、それが軽いものなのか、そういわざるを得なかった状況なのか、私には判断しかねる、ということです。
「これが剛さんの本当の思いなんだ」とダイレクトに思うほど、本当にショックであると思うほど、Kinki Kidsへの関心はないので、もし今、Kinki Kidsのライブに参加することができたとしても、それなりに楽しい思いをして帰ってくると思います。
昔、キンキのライブに参加したこともありますが、今のライブを昔のライブと比べることも、無意識下ではないと思います。
これを関ジャニ∞の誰かに置き換えたとしても、今の関ジャニ∞を見ている限り、私にはその言葉を信じる要素は、全くありません。
「関ジャニ∞はバイト」と言われたとしても、本気で心の底から、そんな風に言うメンバーがいるとは思えない、それが間違った認識かもしれませんが、今の私にはそう思う理由を、関ジャニ∞に感じない、ということです。
少し難しい表現かもしれませんが、つまりは、「今の自分に落ち着いた」というゆうきさん程の葛藤は、私には想像できないということだと思います。


つまり私は、ゆうきさんの言うことも、伊藤さんの言うことも、理解できる部分と理解できない部分があるということです。
それは私が、ゆうきさんの立場に立って物事を考え、それだけでなく、伊藤さんの立場に立って物事を考えた結果です。
ここで、ゆうきさんには理解して頂けるのでは、と思っているのですが、まず一点、私の言いたいことがあります。
それは、『ある人の意見を読んだり、ある人から意見を貰ったときには、その人の立場にたって、その人を理解しようとする努力が必要』
そして『自分の意見を述べる前に、自分の感情を、理解できる部分と理解できない部分を冷静に明確化しておく』ということも必要になってくると考えています。
もちろん全てがそうである必要はないのかもしれませんが、それがインターネット、webというこの世界であれば、尚更だと思っています。
私だけでなく、ゆうきさんも、このメッセージを読んで下さっている方もそうだと思うのですが、web上ではなく、顔と顔を見合わせて、1対1で話をするとき、それが親しい相手であっても、本音を伝えることができなかったことがあると思います。
親しい相手ではなく、初対面の人だったとしたら、自分の思いだけでなく、自分の置かれている環境すら、話すことは容易ではないですよね?
それが、顔の見えない相手、web上でなら、不思議と出来てしまいます。
ゆうきさんが、今回のようなコメント、正直な思いを「はじめまして」である私に対して(あるいはこのブログを読んでいる方に対して)寄せられたように、そして私がこうして自分の思いをつらつらと述べているように、不思議とできてしまうのです。
だからこそ、寄せられた『思い』が真剣であると感じられるのであれば感じられるほど、『相手の立場にたって物事を考えること』は必要だと思いますし、私にとっては、それが自分の感情、気持ちの整理方法でもあります。
そして理解できるかできないか、というのは、自分の価値観だったり考え方だったり立場だったりを、を明確にするということも導くことが出来ます。
時には自分の考えが甘いと感じることもあると思いますし、自分は無力だったと感じることもあるかもしれません。
この価値観は実は世間とずれているのではないか、間違っていたのではないか、と思うこともあるかもしれません。
だけどそれが今の自分なんだ、ということを理解する上で、私には上に書いたような作業が必要です。
『自分を知る』という作業です。
(実際今この時点で、この記事を書くのに要した時間は2時間を越えています。それだけ私は自分を省み、自分の気持ちを整理している、自分を知ろうとしている。そしてそれを他人にうまく伝える方法を探している、ということです)

そういった作業をした上で感じたことが、先日の記事『感じたことをそのままに。』にも反映されているということです。
同じ言葉でも人それぞれ、捕らえ方が違うので、感じたことをそのまま言葉にしているつもりでも、今の自分の思いが、伝わらない人もいると思います。
でも、『人それぞれを尊重して』『人それぞれに思いやりを持って』、私は言葉を紡いでいます。
気をつけていても失敗することもあるかもしれませんが、その思いをもって言葉を紡ぐのは、とても大切なことだと私は思っています。
だから、誰かが見て『誹謗中傷』と取れる意見の交換は、本来ならあってはならないことだと、私は考えています。

それを踏まえて『eighterはそんな争いをしたくない』と私の、私なりの意見をこのブログで述べました。
もちろん全てのKinki Kidsファンがそうではないと、私自身は理解しているということはここまで読んでいただいて分かったと思うのですが、現実、『Kinki Kideのファン』『堂本剛のファン』『堂本光一のファン』と自分を称する人が、そういう場を作ってしまったことは確かです。
それが『光一さんのファン』であるゆうきさんも感じることなのですから、『Kinki Kids』を『堂本光一』を『堂本剛』を理解しようと努力をしない人が見れば、どんな風に思うか、ということは、ゆうきさんの心配しているところに繋がってしまうということは否めません。
とても残念なことですが、冷静な判断をするまでに至らず、自分の感情を素直にだす、またはぶつけることは、人間誰しも持っているものなので、全ての人に、ゆうきさんのようなファンの方の思いを汲み取ってもらえるわけでもありません。
私はそう思っているから、そう感じているから、微力ながらでも『マナーを守ろう』『eighterとして、人として、恥ずかしくない自分でいよう』と訴え続けています。
少しでも自分に賛同して頂ける方がいれば、そういう方が増え、一般的な認識もそちらに偏ります。
『関ジャニ∞のファンはこういう人だ』とか『Kinki Kidsのファンはこういう人だ』ということですね。
そしてそれが、『関ジャニ∞はこういうイメージ』『Kinki Kidsはこういうイメージ』に繋がっていくのではないでしょうか。

つらつらと書きましたが、つまりは微力ながらでも、人それぞれを尊重し、考えた上での自分の思いを伝えようとする心は大切だということです。
それが大きな力となることもあり得る、ということです。
(それはいい意味でも悪い意味でも大きな力になることもある、ということも同時に理解しなければなりません)

今回頂いたゆうきさんの思いは、また私にとって糧になったと思います。
ありがとうございます。
この思いがひょっとしたら、ゆうきさんの納得いく回答ではなかったかもしれませんが、これが考えに考え抜いた、現時点での私の思いです。
また、率直な意見を頂ければ幸いです。


なかはらあつみ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nakaharaatsumi.blog82.fc2.com/tb.php/106-e4d87b07
    この記事へのトラックバック


    ENTRY


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。