FC2ブログ

BDメッセージ@すばるさん

2018年09月22日 00:00

前略 渋谷すばる さま

37歳のお誕生日おめでとうございます。
まずは……元気ですか?
ちょこちょこっと見る目撃情報なんかでちゃんと生きてるってことはわかってはいるのだけど、メディアで見る事がなくなってもうすぐ3か月
やっぱり「元気ですか?」と話しかけてしまいますね(笑)

36歳のお誕生日のメッセージを書いた時、まさか37歳の貴方をこのまま見届けられないのかもしれない、なんて思ってもいなくて
そう、あの「嘘みたいな日」から、もう半年が立とうとしています。
貴方が関ジャニ∞を旅立つと会見した、あの日から
正直、村上さんばりに「何でや、いやや」と思うしかなかったあの日。貴方がそんなことを言っているのだなんて嘘だと言ってとしか思ってなかったあの日、に比べれば私は心が穏やかです
音楽が貴方を関ジャニ∞から奪ったのだという人もいるし、関ジャニ∞の枠ではアイドルの枠では収まるような人ではもともとなかった、という人もいるし
すっかり意識していなかったけど、安定なんて望んでいない、のはずっとだったのにね
いつもフラフラしてて、ファンはライブのたびに貴方の機嫌をうかがってた。
声の調子を心配して、ダンスが多少やる気なくても「今日は疲れてるのかな」とかこわごわ思ってた(笑)
気分屋でファンまで振り回してた(笑)
いつも安定してなかったし(爆)それ以上に貴方は「現状に満足してぬくぬく生きること」を嫌ってた。
だから自分のやりたい事をやりたい、という意思が変わらない事もわかっていた。
2009年のあの時期を乗り越えたから、もうその夢は関ジャニ∞にあるのだと信じて疑わなかったのは勝手な私の想像で、というか勝手な私の願望で。
渋谷すばるの人生は、アイドルとしての人生だけじゃないんだってことを、忘れてた。

昔々、お遊びで書いていた「関係論」にも少し書いたことがあったんですが、「高く空に舞う鳥のような歌」は、手元にいつまでもいてくれる、だなんて思っていなかったんですよね
でもいつの間にか、すっかりそんなことは忘れていました
内くんの事があったのにも関わらず、私は「永遠」をいつの間にか信じていました。
だから亮ちゃんがいった「永遠なんてないってやっとわかった」という言葉はとてもずしんと来ました。
それでも私は「永遠」だと思いたかったのに、と

今も思います。貴方がここにいてくれたら、と
でも一方で、貴方がいない関ジャニ∞もやっぱり私は好きで貴方がいないから「物足りない」なんてことは殆ど感じずにいて
やっぱり関ジャニ∞と一緒に歩む人生は楽しくて、関ジャニ∞を通して出会った人たちと歩む道のりは嬉しくて
なんだろうな、うまく表現できないのだけど、関ジャニ∞に貴方がいないという事実は「許せないもの」になるのかと思っていたのだけど、もっというと「勝手に関ジャニ∞から離脱した渋谷すばるは許せない」のかと思っていたのだけど、何で関ジャニ∞だったらダメなんだろうってもっと思うのかと思っていたのだけど、なんで貴方は「大切な人たち」を苦しめたりするんだろう、ってもっともっと貴方を責めるんじゃないかって思ってたけど、それでもやっぱり思うのは
「すばるさんは、今日も元気で笑っているかな」
っていうことで。
どうしてこんなに嫌いになれないんだろうね、すばるさん。
ホント悔しい。

貴方が言ってくれた言葉をそのまま返します
「あなたを生きて」
どうかあなたを、あなた自身を生きて下さい。
この道を選んだことを絶対後悔なんてするんじゃないよ、そしてすばるさんを20年以上見守ってきた私みたいなファンの端くれに、後悔させないでね、絶対に、だよ
きっと楽しいだけじゃない、辛い事も悲しいことも貴方に降りかかってしまうのはわかっている
だけど、少なくとも私は、そんな悲しい事や辛い事なんか一切貴方に降りかかりませんように、と願うしかできないから
だからせめて、後悔しないあなたを生きてほしい、と願う事だけは許してほしい

これから貴方が一人で自分の夢を追いかけている様子が、また私も見る事ができるのか、今はわかりません。
だから、きっとしばらくこのメッセージは書けないかなぁって思ってます。
だから一端今年で終了するけど、私はまたこのメッセージをここに書ける日を楽しみにしています。
ありがとう、ありがとうね、すばるさん
これからもよろしく、とはっきり言えないのはちょっとつらいけど、あなたはあなたらしく、あなたを生きてくれることを願っています。







続きは関ジャニ∞のことだよーって
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

BDメッセージ@ヤス

2018年09月11日 00:00

前略 安田 章大さま

34歳のお誕生日おめでとうございます
少しずつ体の調子が戻ってきているのを見ながら早く全力で踊れるようになれればいいな、と思っています

うん。
そうなのよ、去年の今日、メッセージを書いている時にはまさか貴方の身に「大病」が起こっていただなんて知る由もなく、でも去年のメッセージに「貴方の「生きていくための芯の強さ」をホントに本当に感じました。それは覚悟なのかな。」なんて私は書いていたのよ。
まさかまさか、貴方の身にそんなことが起こっているとはつゆ知らず、だけど確実に何かの変化を感じ取っていた私
だけど、正直な所をいうと、大病が原因で知ってしまったことは、貴方に知ってほしくなかった、とは思っています。
貴方は私たちに向けて、病気をしたことは自分の人生にとって必要だった、というけれど
確かにそれが生きていく上での何か大切なモノにつながっていっているのかもしれないけど、「死んでしまうのかもしれない」なんていう状況に追い込まれることなんて、そんなことなんてなければいい
それは一ファンとしての当然の気持ちだと受け止めてほしい。
ごめんね、そんな気持ちも負担になるかもしれないと思いながらも、やっぱり書かずにはいられなかったよ。

だけど、去年の私が感じ取っていたように、33歳の貴方は「生きる」ことに対してとても誠実で、言い方は悪いのかもしれないけど、いつ死んでも後悔のないような生き方をしているよに思っていました。
そんな中でまた怪我をしてしまった時、そしてそれを公表しようと思った時、貴方がどんな気持ちだったのかは、伝えてくる言葉から想像するしかないのだけど
貴方はとても強い。それはしなやかな強さで、大きな衝撃をも受け止めて、優しく包んで癒してくれる。
そんな強さをこの1年で更に身につけて「しまった」
いや、なんでこんな書き方をするかというと
私は貴方に「強くなってほしい」って実は思っていませんでした。
貴方は「病気で怖かったこと」や「全力で踊れない自分」を見せて「弱さ」を見せている気になっているのかもしれないけど、それを見せられるような強さを身にはつけてほしくなったんだ。
泣きたいときに泣いて、泣き叫んで、わがままいって、人に当たって、ってしてほしいって思ってた。
辛い悲しい苦しいって素直に言ってほしいと思ってた。
だから「死んだらそれまで」みたいな気持ちになった貴方の病気を、私はやっぱり恨んでる
貴方がもともと「しなやかな強さ」を持っている事はわかっているけど、恨んでる
だけど、それがあなたらしさでもあるんだと思うと、どこかちょっとほっとしてる。
なんかとても複雑な気持ちなんです
まぁ一方で、大倉や村上さんの言葉を見ていると、貴方は私が望んでいる「弱さを見せる」もきちんとできているように思うってのもあるのかもしれないけど

私が貴方に望むことはない、といいたいところだけど、実はたくさんある
痛いとき苦しいとき悲しいとき、貴方はできるだけそのままの感情を出してほしい
私たちファンが悲しむんじゃないかとかって気にしないで、貴方が貴方の心と体を健康で保つために、きちんと表に出してほしい
きっと自分で処理できるんだろうけど、それでも知らぬうちに負担にならないように、誰かのために生きるんじゃなくて、自分のために生きてほしい
34歳になったばかり、とは思えないほどにいろいろ達観した感じになっているのは否めない貴方
だけど、まだ34歳、だから
これから先まだまだ長く生きて、貴方の見ている世界を私たちもまだまだ見たいから
だから、楽しいよ、って気持ちだけでなくて、悲しいよ、って気持ちも時々でいいから私たちに見せてね。
貴方が許してくれるなら、ずっとまだまだ一緒に、生きていきたいんだ。

通常モードに戻すと(笑)
去年も感じていたことだけど、歌はホントにうまい、ますますうまくなった
ギターも含めて「自分の求める位置」がとても高くなっているのを感じています
そんな向上心はとても貴方らしい
それがすばるさんがいなくなって余計に思っている事なのかもしれないけど、でもあなたはすばるさんがいたとてそう思ってたんじゃないかなぁって思ってます
しばらくお芝居やらバラエティーのレギュラーやらはゆっくりめに考えてもらって、とは思ってるけど、お芝居する貴方も、来年の秋以降くらいには見たいなぁ、なんて欲を持っててもいいよね?
貴方に対していろんな「欲」を私は持っています。
だから、とても「期待」しています。
きっと貴方はそんな期待を裏切らないのでしょうね
それくらい、今の貴方は「完全じゃないのに完全」だよ
ほんとこの1年で余計に「芯の強さ」を感じていますよ
そう、とても貴方の「未来」が私は楽しみなんだ
私も頑張っていきるからね(笑)

ありがとう
これからも、よろしく


ENTRY