BDメッセージ@すばるさん

2017年09月22日 00:00

前略 渋谷すばる さま

36歳のお誕生日、おめでとうございます。
もう「オッサン」ですね。
貴方は貴方の想像していたかっこいい「オッサン」になっていますか?

いや、ホントにね。いい意味で「オッサン」になりましたよね(笑)
若い頃だったら全く受け付けなかったであろう所を受け入れる、というか、聞く耳を持てるようになって、とげとげしい言葉とか態度で武装しなくなって。
未だに貴方の事を誤解している人も根っこがアツくて優しい、そんなのが表に顕著にでてくるようになって。

でも貴方が「アイドル」ということにこだわっているのをみると、なんだろうな、戦う気持ちを忘れていないというか、強い心をもっているというか、なんか「志」を感じるんですよね。
少なくとも、私が見ていた「渋谷すばる」は「アイドル」を嫌っていたはずなのに、と、ふと思う事があります。
それは貴方が雑誌で語ったようにこと日本においては「アイドル」は「何もできない操り人形」のようなイメージがあるからなのかなぁと思います。
貴方は他の誰でもなく貴方の意思でいきているから
それはこれまでもこれからも変わっていないのだけど。
でも、「アイドル」が何もできないヤツなんかじゃない、ってむしろアイドルは「なんでもできるんだ」ってそれを証明するかのように、アイドルであり続けることを選びに選びきったのが、この35歳の1年だったのかなぁと思います。
過去を知っている人間は「すっかり丸くなった」という人もいるかもしれないし「すっかりやわらかくなった」という人もいるかもしれないけど、貴方が選んだ「アイドルとして戦うこと」は実はすごくロックなんだなぁってこの1年で思いました。
「アイドルなんか」って思ってる人たちに「アイドルは凄い」と思わせたい。
そんなロックな気持ち

…こう書いてて、きっと貴方は、貴方自身が「アイドルなんて」って思ってたんだろうなぁって思いました。
ちょっとキメ顔したらファンが「キャー!」って騒いでくれる、そんなの何のうれしさもないのに、とか思ってたのかなぁって(笑)
でも今はそれを逆に楽しんでるんだろうなぁって思います。
楽しんでいられるのはきっと本当に「好きなように自分を受け取ってくれていい」っていう覚悟ができた事、そして長年アイドルを続けてきて、実はアイドルってのは本当に凄いんだ、って自分でなく、周りにいたメンバーとかから感じたんじゃないかなぁって。
辛い事も苦しい事もきっとあるアイドル、だけど、このメンバーでいられるのなら「アイドル」であることを捨てる気はさらさらない、みたいなものを感じる事が、この2回のツアーでありました。
…私の想像なんですけどね、「1個超えたい」とか「先に行きたい」っていう貴方に、メンバーに対する絶対的信頼感と、そして自分の力を信じているんだろうな、ということを感じます。
なんか、それがたまらなく嬉しい。
アイドルであろうとなかろうと、それを信じるんだ、ってきっと思ってるんだろうなぁって。
…さっきから想像の話ばっかしてますけどね(笑)

いやでもホントに、貴方が信じる道を、貴方が信じる仲間と一緒に進んでいってほしい。
この1年を見ていて、今純粋にそう思います。
実は子供が大好きで優しい顔をするのも、ジャニーズなのにエロ師匠とか言われちゃうところも、きのこが嫌いで猫舌で子供みたいなところも、全部「渋谷すばる」で、そんな貴方が行く先はきっと貴方にしかなしえないものがある、と貴方自身が信じていてほしい。
そんな貴方を、貴方たちをこれからも見守らせてもらえればなぁと思います。
…こんなこといっちゃあなんだけど。
強くなったね、ほんとに。
いつか壊れてしまうんじゃないかと思っていたあの頃。
消える、というよりも、砕けてしまうんじゃないかと思っていたあの頃。
支えたい、少しでいいから力になりたいと思っていたあの頃、が嘘みたい。

ただ、ちょっと無理をするところはずっとずっと変わってないから。
ってか、自分の限界を知っているようで、実はあんまり知らないから。
だから、頑張ったらちょっと休憩するのを忘れないようにしてね。

ありがとう。
これからも、よろしく

BDメッセージ@ヤスくん

2017年09月11日 00:00

拝啓 安田章大 さま

33歳のお誕生日おめでとうございます。
ついに33歳、ゾロメってる、って最初に思ってごめんなさい(笑)

32歳の貴方にはまぁいろんな「安田章大」を見せて貰った気がしています。
髪型どころか(笑)表情も声色すらコロコロ変えて、まさに七変化、というような感じで。
元々「才能の多すぎる人」だとは思ってましたが、こんなに見せつけられるとは、と思っていました、うん。

その中でもやっぱり『俺節』は大きかったのかなぁと思います。
じらしてじらして見に行った貴方の演技、というか『歌』
渋谷すばる、という絶対的存在が関ジャニ∞の中にいる中で、どうしたって貴方の歌は目立ってはいないけど、あの舞台の中の言葉のように、歌の中心に貴方がいた、あの歌を聞いて、なんて私は貴方を侮っていたんだ、と思ったのですよ。
まぁ侮っていた気はさらさらなかっただけに、なんというか、ちょっとそんな自分に悲しくもなってしまいましたが(爆)
元々お芝居している時は「憑依する」と思ってみてはいましたが、なんだろうな、コージの歌は、安田章大、を重ねて見てしまう所がありました。
あんなにグダグダはしないだろうけど(笑)

あの舞台の座長、というお仕事は本当に大変だったはず、と共演者のSNSを見ていればよくわかりました。「命を削ってる」と書かれているそれが終盤に近づくにつれて、メンバーをも心配するくらいどんどん痩せていった貴方を、私はどちらかというと「心配」という気持ちでは見ていませんでした。
なんというか、それが今の安田章大のスタンスならば、彼が立ち向かっていくそれを一生懸命目を見開いてでも見届けよう、みたいな気持ちになっていました。
いや、心配は心配なんですよ、もちろん(笑)
でも、うん、そういう「全身全霊で臨む姿」ってのを見ながら、貴方はあんなに器用なのに、こんなに不器用な生き方を選んだのか、と思ったんですよ。
こと芝居においては、持ってかれるまで全力で臨むその姿を支えられるだけの人間にはなれないかもしれないけど、力いっぱい支えたい、と思ったんですよね。

でも、楽曲になると、うわーさすが安田章大、器用!みたいになるのが不思議(笑)
ずっと続けてきて、私の中ではいろんなジャンルの曲をやる天才ってことにはもうずいぶん前からなってましたけど、ここへきて亮ちゃんすばるさんというメロディーメーカーがまた関ジャニ∞に増えたからか、「今の関ジャニ∞」の求めるものをがっつり作ってくる貴方は、天才、を通り越して何者?って感じではあります(笑)
日本語不自由なのはきっと頭の中にいろんな事が広がってるから、とは思ってはいますが、曲になると「ほんまに日本語不自由?」(言い方悪いけど別に馬鹿にしているわけではない、決して)ってくらいの感じになるんだもの

うん、ホントにまざまざと才能を見せつけられた。
と同時に、32歳の後半で、貴方の「生きていくための芯の強さ」をホントに本当に感じました。
それは覚悟なのかな。
アイドルである事を、すばるさんと同じように不自由に思っていたのかな、とも思いました。
アイドルになりたくてアイドルになったわけじゃない貴方は、元来の「アイドル」には当てはまらない程の物がたくさんある。
それはいい意味でも悪い意味でも。
だけど、私はそれをとっくの昔に受け入れてるもんだ、と思ったんです。
でも、今年に入って、実はアイドルをもがいていたのは、貴方も一緒だったんだ、と思いました。
だからこそ言いたい

もっともがいて、必死になって、時には迷って苦しんで、ホントはそんな貴方を見たいとは思わないけど、目をそらさず見てます、私。
貴方が貴方の思う『アイドル』になれますように
微力ながらも見届けたい、そんな気持ちで貴方のお誕生日を迎えました。
だから

ありがとう。
これからも、よろしく


ENTRY