スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@すばるさん

2014年09月22日 00:00

前略 渋谷すばる様

33歳のお誕生日おめでとうございます。
すっかり老け込んでとかくと悪意があるといわれそうですけど(笑)すっかり「大人の男性」になっていってるのに、たまに子供みたいな、いや猫みたいな気ままさも持ち合わせていて。
「かっこいい」とか「きれい」とかそういうことじゃなくて、「いい男」になったと思う次第。

さて。
あなたにとってのこの1年、あなたがどんな風に思っているかはわかりませんが、少なくとも私からみるあなたにとってのこの1年は「変化の1年」であり「決意の1年」でした。
元から嘘はつけない人だというのは変わりはないのだけど。
嘘はつけないから「現実を受け入れることができない」というあなたの姿も目の当たりにしてきたのだけど。
今でも少しはきっと受け入れられないこともあるのかもしれないけど、あなたはこの1年、いろんなことを受容し、いろんなことを消化して、心から今置かれている状況を愛することができるようになったのかなぁと思ったのですよ。
言葉の端々から、今置かれている状況への感謝や愛があふれてくるようで。
あなたの20代最後の頃が嘘のように、関ジャニ∞でいることを誇りに思っているあなたを見続けながら。
なんだか『孤高』って言葉が似合わない感じになってきたなぁって(笑)
いや、あなたは歌い人でありながら、演ずることもとても上手なので、孤高であろうと思えばそうできるのだろうけど。
歌い人、であるあなたの後ろには、いつもメンバーがいて、そのメンバーを受け入れて、メンバーの太陽であり、メンバーの支えであり。
8周年の時に、「メインボーカルは亮でもいいんだ」と言ったあなた。
だけど、今は、今となっては、あなたも思っていませんか?
関ジャニ∞の「メインボーカル」は、自分であるべきなのだ、と。
なんかそういうこともきちんと受け入れたというか、そういう立場であることを、いやだと思わなくなったのかなぁと思ってみていました。
アイドルであること、アイドルグループのメインボーカルであること。
レーベルが変わると決まったからなのか、それとも愛するメンバーがそこにいたからなのか、ただ単に年齢や経験がそうさせたからなのかはわからないけど。
苦しい苦しい時期が嘘のように、あの頃、勝手にひとりぼっちだったのが虚構のようで。
「好きなように歌うこと」が関ジャニ∞の中にあると知ったあなたは、これまで以上に輝いて見えました。
…ただ純粋に、よかったなぁと思っています。
うん、回りくどい言い方したけど。
居場所がある、ってことは、あなたにとっては何よりも大切なことだと思うので。
居場所があって、たまに気まぐれでふらふらっとどっかにいって(笑)
でも帰ってこられるところがあって。
そんな風な場所があって、いや、そんな風にいていいんだと自分自身で認めることができて、本当によかったと思っています。

あなたがつけてくれた、eighterという名のファンは、かっこいいオジサン、オバサンになれるでしょうか。
そう思いながら、最近はあなたの紡ぐ言葉を聞きます。
どんどんかっこいいオッサンになっていくあなたを見ているからですね、きっと(笑)
あなたは、これからも1個1個につまずいて、1個1個受け入れるまでに時間がかかるのかもしれません。
だけど、上に書いたように、居場所を見つけたあなたなら、きっと大丈夫。
昔のような危うさや儚さはそこになくて、鋼のようにしなやかでいて強いそれがみえたから。
…やっと安心しました、というのは本音かもしれません(笑)

ありがとう、これからもよろしく。

スポンサーサイト

BDメッセージ@ヤスくん

2014年09月11日 00:00

前略 安田章大さま

30歳のお誕生日おめでとうございます。
ついに来てしまった、あなたの30歳。
去年メッセージを書いた時に「実感がない」と書いたのですが、実は30歳の方がなんかしっくりきています。
いいや、見える見えないでいったら見えない、のだけど。
素直にこの1年、とっても良い年の重ね方をしたんだなこの人は、と思えたからかもしれません。

昔、と書くのが正しいかどうかは定かではありませんが、昔。
私が知る限りでは、あなたは自分を犠牲にして人を幸せにすることをいとわない人でした。
それがおかしいということに気付いていながらも、どうしても自分を後回しにするのは抜けないのがあなたで、本当はきっと嫌な思いもたくさんしてるだろうに、と何度も思ってきました。
ただ、この1年。
あなたのことをそっと見ているに、その「犠牲」という部分がとっても薄っぺらくなったように思います。
犠牲、とかくからなんだか重たいような感じもするのだけど、人のために何かをすることが自分の幸せになるのではなくて
、人のために何かをするために自分は幸せでなければならない、と思えるようになったのかなぁと思ってみています。
…日本語が不自由なあなたに通じるかしら?(笑)
きっと無意識のうちにあなたは「自分が幸せであること」を世間にきちんと言葉で態度で伝えられるようになったのかなぁとも思いますし、もっと言えば、自分が「頑張らないといけないこと」だったり「苦しいこと」だったりをきちんと表現できるようになったのかなぁと思います。
どこか浮世離れしていてメンバーにすら「マザーテレサ」と言われてしまうあなたの優しさだけど、その優しさの裏に潜むものが見えてくるようになって、浮世離れしたもの、から、年相応、というには少し老成してるけど(笑)、まぁ、そこにある男の人、になったかなぁと。
自分をきちんと大切にできるようになって良かった。
ファンはそういうあなたを見て安心したと思うし、そういうあなたを見ていれば幸せなのだと思います。
そう、随分と一人の男性として、一人の大人として、安田章大という人間が大きく成長した1年のように思います。
まぁ、相変わらずお花畑も乙女も存在してるんですけど(笑)
相変わらず日本語も不自由だし(笑)

でもそんなあなたが、ここ数年、とても大切にしているであろう、「何かを作るということ」も精度がとってもあがってきましたよね。
というか、罰ゲームの24時間のやつ、あれをみながら、ヤスすげぇ、っていってるすばるさんの姿を見ながら、あなたの関ジャニ∞というグループにおいての役割の大きさを、再確認したように思います。
もちろん、グループの中でのクッションとかリングとかそういう役割もあるのだけど、あなたは時に先を走る人なんだなぁと思ったんですよ。
「普通」を演じているあなたも嫌いではないけども、錦戸さんや横山さんに「先を走ること」を預けないで、あなたも先を走ってもいいんじゃないかなぁと。
そんな願望はきっとないのかもしれないけど、特に音楽面でもっと「先を走る」人になってもいいのかなぁと思っています。
いやいや俺なんて、っていう時代が終わったことは、そんな年じゃなくなったことは、もっというと30歳になった男の責任ってものは(笑)あなた自身が一番よくわかっているはず。
「普通で主役」なあなたの才能をこれからもっと伸ばしていってもらえればと思っています。

でもとりあえずは舞台ですね。
30歳男子の新たなる第一歩としては、とっても高い壁もあるように思いますが、あなたはいつでもそれを軽々と魅せてくれているから、きっと大丈夫だろうと思っています。
とっても楽しみにしています。

ありがとう、これからもよろしく。


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。