BDメッセージ@関ジャニ∞

2013年09月22日 00:01

前略 関ジャニ∞さま

ホントは今年は書かないでおこうかと思ったのですが←
長々とは書きません。
デビュー9周年って中途半端だし(笑)

いや、去年も書きましたが。
この8周年から9周年にかけてで特に、三馬鹿には三馬鹿にしかわからないものが、絆があるんだなぁと思いました。
でも、それでいいんだと思いました。
昔はそれを寂しいと思ったこともありましたが、それを寂しいと思わなくなりました。
それくらい、関ジャニ∞が7人であることが、当たり前になったんだと思います。
最近はりょーちゃんがヨコにちょっかいかけてしっぽ振ってるのをみんなが微笑ましく見てたりすることが多いように思いますが、弟たちはきっとお兄ちゃん達にこれからもっともっとちょっかいをかけていくでしょう(笑)
10周年は立場が逆転してたりして(笑)

でもきっと。
大切な、大事なところでは。
根っこはいつまでもかわっていないんだろうなということが、もう揺るぎないものになってきましたね。
もうすぐツアー、どんな姿を見せてくれるのか、それが好きなものでも嫌いなものでも構わない、とも思えるようになりました。
いや、違うな。
きっとどんなものでも楽しませてくれるだろうと信じている、信じられるようになったから、かな。
いろんな制約がある中でそれすら叶えづらいことがあるだろうと思うけど、その枠の精一杯を頑張るあなたたちをこれからも見守り続けたいと思います。

ありがとう。
これからも、よろしく

BDメッセージ@すばるさん

2013年09月22日 00:00

前略 渋谷すばるさま

32歳のお誕生日おめでとうございます。
なんと今日は、ご自分のラジオOAの日だなんて、なかなか出会わない日。
これを書いている今はどんな放送になっているかはわかりませんが、なんだかちょびっと怒りながら嬉しそうにしているあなたが目に浮かんでいます。


ちょびっと怒っている、というと語弊になるのかもしれないけども。
最近はでもよく社会にメスをいれてますよね(笑)
それちゃうで、って言われそうな気もしますが(笑)
なんでもない普通のことをおもしろいエピソードにできるのが横山さんだとしたら、あなたは何かをもっていて、面白いエピソードに遭遇するタイプというか。
いろんな意味で「突拍子もないもの」を持ってるんだなぁと思うのです。
凡人では得ないような、素敵で素晴らしいもの。
もちろんそれは若い頃から持っていたんだとは思うのだけど、最近は磨きをかけているというか。


8周年が過ぎて「メインボーカル」という呼ばれ方をメディアでもするようになって。
私はずっとじゃにーずというところが好きでこれまで生きてきたけれども、メインボーカルとこうまで呼ばれる人は今までいなかったし、こう呼ばれることにメンバーもファンも違和感を覚えないのはあなただけで。
もうそれこそ「突拍子ないもの」なんですよね←ちょっと強引か(笑)
いや、笑い話ではなく。
それほどにあなたが歌のスキルを持っていて、というか歌を好きで、それをずっと体現してきて。
そして「確固たるもの」にするための努力をしてきて。
どんどん「うたいびと」になっていくあなた。
いつだったかに「メインボーカルは誰でもいい。だけど絶対にいなくてはだめ」だと言っていたあなたは、あなた自身がメインボーカルと言われることをどう思っているのでしょう。
この1年はより責任を増したというか、その責任を自分に科しているような姿がホントによく見られるようになったなぁと思います。
でも、好きなように歌っていいよ。
そう言ってあげたいと思って見ていました。
いろんな制約はあるだろうと思います。
自分で課したものも、周りから課せられたものも、たくさんあるだろうとも思います。
だけど、好きなように歌ってください。
これからも、ずっと。
32歳になっても、それは変わらずずっと。
きっと、放送コードギリギリなこといっちゃったり、自由気ままな人生を生きる事にはかわりないんだろうと思いつつ。
でも、これだけは、「歌を歌うこと」だけは。
すきなように、自由に。
どんなことがあっても、それを願わずにはいられません。

あとは。
まぁ気をつけてるだろうとは思うけど、ちっちゃいおっちゃん、身体には気を付けて。
年々体力がなくなっていく中で、うたいびとであるときは小さい体にこれでもかって力を入れて、命を削っている姿を見て。
感動するとともに、その儚さすら感じるような瞬間があるたびに、身体にきをつけてよーって思ってます。
まぁ、あなただけでなく、あなたと同級生のあの2人にも思っていることではありますが(笑)
ツンツンしているように見えてホントはちょっと臆病で優しいあなたが、こんなふうに言われると素直に受け取れないのもわかっていていいますよ。
身体だけは大切にしてください、ホントに。

ありがとう。
これからも、よろしく。

BDメッセージ@ヤスくん

2013年09月11日 00:00

前略 安田章大さま

29歳のお誕生日おめでとうございます。
あなたが29歳、なんだか実感がわきませんが(笑)
最近は男性と女性のいいとこどりじゃないけど、ユニセックスな感覚がとっても優れているなぁと思っている次第。
うまく私の願いはかなったな、と(笑)

もうちょっと語りましょうか、ユニセックスな魅力。
去年は「女性らしいところが魅力」と書いたのだけど、女性らしいたおやかさに、男性らしい強さがまざった瞬間が28歳の1年はたくさんあったように思ったからです。
どこのどの場面、というのは難しいのだけど(笑)
年々女性が強くなりたおやかな女性が少なくなってくる中、男性であるあなたがそれを身につけるのを見ていて、女子っぽい(笑)って思う時もあるのだけど、やっぱり言葉もあんまりキレイじゃなくて←それでも芯の強い男性の部分を見せるときもあって。
なんというか、そういう両性具有の魅力があるからこそ、男も女も、誰にでも好かれる存在でいられるのだろうなぁと思います。
メンバーもそんなあなたの「たおやかさ」と「つよさ」をちょっと鬱陶しいと思いながらも(笑)それが「安田章大らしい」と思っているような気がして。
20代最後、あなたは「変わらなければ」と思うこともあるのかもしれないけど、自然に変わっていければそれでいいのだと思います。
今までどおり、肩の力を抜いて。
流れのままに、というと歩んでいないみたいだけど、地に足をつけながら、誰にも邪魔されることなく。

そして28歳のうちに積み重ねたお仕事、映画だったりアルバムの曲だったりが、29歳になってどんどん花開いていきますね。
どんなものだろう、と期待しかしていません。
なぜなら、あなたはいつも期待以上のものを作ってくれるから。
それをこれまでの人生で証明し続けてくれているから。
いつかどこかで裏切られたと思うことがあるのか、と思いましたが、それは「いい意味での裏切り」でしかないような気がしています。
天然で何も考えてないように見えても、何故かファンの、そして関ジャニ∞メンバー自身の心を捉えてしまう、あなたの「感覚」はこれからも研ぎ澄まれていくだろうとも思っていますし。
何故かあなたには最近「心配」がなくなったんですよねぇ。
昔は優しすぎて苦労しないかとか、自分ばかり犠牲にならないだろうか、とそんなことをよく考えていましたが。
あなたは他人からみたら「自己犠牲」と見えることすら、犠牲としない力があって、なおかつそれを幸せにも変える力を持っている。
それがこの数年で、そしてこの28歳の行動で、裏付けされたように思います。

だけど、無理はしないで、とは言い続けようと思います。
あなたもだけど、あなたの周りの人も楽しくいられるために。
そう、あなたが楽しいとみんなが楽しい。
あなたはそんな存在だと思うから。

ありがとう、これからもよろしく。









[ 続きを読む ]


ENTRY