スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@おおくら

2013年05月16日 00:00

前略 大倉忠義さま

28歳のお誕生日、おめでとうございます。
このブログにBDメッセージを書き始めてから、実は貴方の誕生日はもう7回目です。
なので、もう28歳、と書くようになったのか、とちょっと驚いています(笑)
そして振り返ってみたんですよ、メッセージを。

貴方は覚えていますか?23歳のときの目標を。
「売れる」「弱音をはかない」
だったことを、覚えていますか?
あの頃は、今思えばホントに貴方は子供で、「弱音をはかない」なんてことを目標にせざるを得ないくらい弱くて、情けなくて。
今もやっぱりちょっとヘタレで、情けない部分もありますけど(笑)やっぱり「強くなったなぁ」と思います。
特にこの1年は、これまで蓄積された努力からくるのかな、と思うような『自信』が、貴方を強くさせたのだなぁと思うのです。

具体的に『強さ』がなんであるのか、と言われれば難しいところなんだけど。
やっぱり場面場面で、自分のポジショニングを確立し始めていることが大きく影響しているんじゃないかと思うのです。
最初やっぱり居場所がなかった貴方が、ドラムという武器を手に入れて、貴方が24歳を迎える頃から、徐々にそれは形となっていた、そう、『関ジャニ∞の土台』としての、そんなポジショニング。
去年、27歳の貴方が関ジャニ∞の8周年、を迎えて。
メンバーの後ろでドラムを叩く姿を見ながら、メンバーの背中を少し微笑みながら見ている貴方を見ながら、そして、曲の最後に貴方の方を振り返るメンバーを見ながら。
名実ともに、貴方は関ジャニ∞の土台になろうとしているんだなぁとわかって。
メンバーにとっては「可愛い弟」であり、「ヘタレで構いたくなる末っ子」であることはこれからも変わりないのだろうけど、一方でバンドをやっているときは、揺るがない土台であることが確かになっていく中で。
『関ジャニ∞』が誰よりも居場所である貴方が、ようやく本当の居場所を手に入れたような気がして。
メンバーが仲間に入れないっていってたわけではなくて、ようやく貴方がホントにその居場所を自分なりに納得して受け入れられたような気がして。
私自身はずっと「土台」である貴方を感じてきていたのに、なんだか貴方はずっとそれを確実なものと思っていなかったような印象はうけてきたのが、この1年は違って。
素直にいうよ、よかったね、と。
どこかずっとコンプレックスに思っていた、「最後のメンバー」
長いことかかったけど、貴方の中でそれがなくなったんじゃないかなぁ、ようやくすべて、意識的なものも無意識的なものもなくなったのかなぁって。
ずっと続けてきた、その努力が、ようやく実って花咲く日が来たんだなぁと。

まぁそれ以外のところでも大きな変化といえば、よくしゃべるようになったね、と(笑)
いや、もともと貴方は女子っぽいところがあっておしゃべり好きなんでしょうけどね(笑)
控えめというか、どう話していのかわからないというのか、自信がないというのか、それとも「自分を表現するのは恥ずかしい」と思っていたのかとか、まぁいろいろ原因は考えられるけど。
この1年はより、自分の「魅せ方」を知った1年だったんじゃないかなぁと思います。
年々多くなるソロ活動がそうさせたのかは定かではないけど、もともと自分の表現するものは、映像でも静止画でも、文章でも「魅せ方」がうまい人だとは思っていたけど、更にこの1年は上手になったと思います…って誰やねん(笑)

いや、でもね、大倉さん。
実は私が一番この1年で嬉しかったのは、『Dear Eighter』のインタビューのときに、「横山くんに俺とヤスにならなんでも話すよと言われたのがうれしかった」って言ってたことなんです。
お金を持ってるスポンサーより、自分を育ててくれたスタッフより、貴方を応援しているファンより、誰よりきっと貴方はメンバーから言われたその一言、『信頼』が嬉しかったんだろうなぁ、って。
そう感じることができたのが嬉しかった。
貴方が表に出さない、なかなか出してくれないメンバー愛(笑)を、こうした言葉の端々から汲み取る作業が、実は嫌いではありません(笑)
ホントに大好きだから、照れて言えないんだよね、と勝手に思っています(笑)

いつもいつも不言実行の貴方へ。
私たちの知らないところでいつの間にかなんでもできるようになっているからこそ、少し心配になることがあります。
おいつけおいこせ、と無理を重ねることはありませんか?
ファンに、スタッフに、そして誰よりもメンバーに、認められたいと辛くなってまで我慢することはありませんか?
なんだかヘタれな部分が少しずつ削ぎ落とされていくような気がして、それが無理が重なってじゃないといいなぁと思っています。
ちょっとひねくれていて性格悪くて、見切れたりする(笑)そんな貴方が好きな人がいることも忘れないでください。
いつも強くあろうとしなくてもいいよ、お兄ちゃんたち見てると自分もそうでなきゃいけないと思うのかもしれないけど。
お兄ちゃんたちはきっとのびのびと、ただ大口開けて幸せそうに笑っている貴方をみたいと思っているだろうし、貴方が幸せそうに笑っていれば、きっとお兄ちゃんたちどころか世界をも救える(笑)はずだから。
いや冗談なんかじゃなくて、いつもただ幸せそうな貴方を見て、救われているんですよ、と。

ありがとう、これからもよろしく。

スポンサーサイト

BDメッセージ@ヨコ

2013年05月09日 00:00

前略 横山裕さま

32歳のお誕生日、おめでとうございます。
30歳を超えてから年々「守るもののために頑張る」貴方がそこにいるのを感じています。
その決意はどこからくるのか、と。

去年のBDメッセージを書いた時、守るもののために強くなる貴方のことをかっこいいと思ったけど、同時に心配にもなりました。
ひとりでいーってなってる姿を想像するだけで、どうにかそれを払拭できないか、もっといえばそんな場面がなければいいのに、と願って。
そんな中、『レコメンからの卒業』というファンにとっても大事件が起きて。
…いろいろ考えたんだろうな、と思います。
それが必然だと思いたくもなかっただろうし、できることなら全てを手の中に入れたまま進みたいと思っているでしょうし。
だけど貴方は、表に見せるよりずっと大人で、それが理想であることもわかっていて。
何をも叫ばない貴方を見ていて、もどかしくなることも正直ありました。
…メンバーには、そのもどかしさを感じさせていないだろうと信じていますが、正直この1年で心配なことばかり、で(苦笑)
隠すことが全て悪いことはでないけど、隠さないでいいことだってあるんだよ、と言ってあげたい、そんな何かがずっとあるような気がして。
…想像でしかないのだけど。

あとはそうだな、ホントに心配ばかり(苦笑)
これまでもその節はあったことは確かだけど、去年は特にメンバーからいろんな意味で「いじられる」ことも増えた1年だったように思います。
それは決してメンバーが貴方をバカにしているわけではなく(笑)貴方とメンバーとの距離感というか、関係性が少しずつ変化しているからだと思っています。
でも、その変化は、他メンバーが意識的に変えたわけではなく、貴方が徐々に変えているのではないか、とも思っています。
離れているとはいわないけど、ちょっとあけた『隙間』の正体を知りたい、と思った1年だったんです、私。
…今もその正体はわかっていませんけどね(苦笑)
いったい何を恐れているの?
…そう言いたくなる何かをずっと感じていました。
そんな『隙間』をメンバーみんな埋めたくて、すごくいじってたんだって。
…私は、それは亮ちゃんがとった貴方との距離感で一番感じるんですよ。
亮ちゃん動物的だから(笑)
あの子は「構って欲しい」から貴方との距離を縮めようとしたんじゃなくて、貴方が離れていきそうで怖かったんだと思っています。
でもきっと、それも全部わかっているんだろう、と。

正直、貴方のことはわかりにくい1年でした。
メンバーを眺める瞳の奥に、何を思っているのかと思う事が多い1年でした。
だけど唯一といっていいほど強烈に伝わってくるのは、自分を傷つけてでもメンバーや∞erを大事にしたいという想いでした。
これは過信なんかじゃないと私は思っています。
だけど誰も、貴方が犠牲になってまで幸せになりたいとは思っていませんよ。
それも頭のいい貴方なら全てわかっているだろうに、どうして何が、そんな瞳をさせるのでしょうね。

教えてほしい、と思ったことも多かった。
貴方が何を考えて何をしたいのか、もっと理解したいと思って必死にもがいてみたりもしたんだけど。
でもそれが嫌なら、それでいいと思えるようになりました。
というか、それを貴方が望むのなら、ただ見守ろうと思いました。
心を無理にさらけ出さなくてもいい、それが貴方だから。

でも覚えておいてください。
貴方が『大切にしたい』と思っているのと同じように、メンバーもファンも貴方を大切にしたいと思っているということを。
それだけはどんなことがあっても伝え続けたい。
貴方には仲間がいて、それをいつまでも見つめ続けたいファンがいる。
だから決して無理はしないで。
貴方が傷つくのを見ているのではなくて、一緒に悲しんで、一緒に笑いたいと思っている人がいる。
それを覚えていて。
そしていつか信じてもいいと思ってもらえるのなら、その時は貴方の思っていたことを受け止めたい。
そう思っている人がいるのだということを、心の隅にでいいからおいておいて。
…なんか母親みたいだな(笑)
でもね、ホントに。
頑張りすぎる貴方を、母のようにいいこいいこしてあげたい。
心配ばかりでごめんなさい。
貴方の強さを信じていないわけではないのよ。
ただ貴方が人の分まで背負わなくていい、って思っているだけ。
責任感が強いのは十分わかってるんだから(笑)

ありがとう、これからもよろしく。


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。