スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@マルちゃん

2012年11月26日 00:00

前略 丸山隆平さま

29歳のお誕生日、おめでとうございます。
ついに20代最後のお誕生日、どんな20代最後にしてくれるのか、今から楽しみではありますね、マルちゃん。
そう、なんか最近のマルちゃんには、何かしらちょこっとの期待を抱いてしまう自分がいるのです(笑)

近年、毎年毎年のように「お芝居の年ですねぇ」とBDメッセージに書いているような気がするのですが(汗)ホントに26歳頃からどんどんマルちゃんにはお芝居のお仕事が増えていって、この1年は映画にドラマに舞台にと大活躍でしたよね。
お芝居をしている時のあなたは普段の「マルちゃん」然としているところと、きっとあなたが大好きでたまらない人でも「そんなの嫌い」と思わせるだけのモノとが共有していて、遅咲きといったら失礼かもしれないけど、これからもっとどんどんよくなるんだろうという期待を抱かせてくれます。
それと同時にそういう「お芝居」の現場にいるスタッフさんから伝え聞くあなたが、ずっと以前から変わらないでいてくれる姿を目にすることも多くなって、「変わらないでいてくれる」という期待も抱かせてくれます。

正直、エイトが8周年ということもあって、どんどん∞erの層も広がって、「関ジャニ∞」という名前もどんどん大きくなっていく中で、昔みたエイトと違ってくるのかもしれない、という想いを抱かざるを得ない時もあります。
だけど、あなたが見せる姿こそが「かわってなくて、嬉しい」姿だったりするんですよね。
いやホント、どんどん進化している部分もあるし、今年はやっぱり「ベースの音が変わったなぁ」って妙に思うことも増えたし、「かっこいい丸山隆平」をいくつも見て、変わったなぁと思う部分もあるんです。
だけど、いつまでもちょっとすべってメンバーにしれっと怒られたり(笑)いつまでも「ぱーん」を大切にしてくれたり。
そんな「変わらない」ところも好きなんですよ、安心します。

安心するといえば。
いつもどこかで、∞erのことを気にかけてくれているであろうところも安心します。
あなたがライブ中に「お財布大丈夫?」とか「ファンの人はこんな話がききたいの?」ってさらっということがありますよね。
あなたはただ単に∞erに提供するだけじゃないんですよね、どっかで共鳴とか共感とか、そういうことをしたいと思ってくれてるのかなぁって、そう思わせてくれるんです。
実際はどうだかわかんないけど(笑)それでも「そう思わせてくれる」それだけで、ちょっと近くにいるような気がして。

亮ちゃんが作った歌にもあったように、あなたはエイトのメンバーだけじゃなく∞erにとっても「ムードメーカー」で、いないと寂しい太陽みたいな明るい人で。
だけど、そうであることにきっと想像するよりももっとずっと、努力がいることで。
「変わらないでいる」ことに力をいれてくれてありがとう、と、そう思います。
笑顔を作っていくことは、そう簡単なことじゃないですよ、ほんとに。
そんなあなたを「どこどこ」と探すことがなくても、ずっとそばにいてくれる、と感じられる程であってほしいなぁと思っています。
いち∞erのわがままですけどね(笑)
優しいあなたなら、おいわかった、とやってくれそうな気もしますけど(笑)

余談ですが。
私はむちっとした身体の方が好きですよ、丸山さん(笑)
ちょっとお腹がつまめそうなくらいでちょうどいいんじゃなかろーかと思っておりますよ(笑)
しゅっとしたあなたも好きだけど、いつもにこにこ笑っているあなたがすきです。
それが、それこそが、あなただなぁと思えるからかもしれません。

期待を抱きすぎない程度にいろんなことに期待をしています(笑)
でも、優しいあなたが無理をしませんように、楽しく居られますように。
それがきっと期待に答えることなんじゃないかなぁと思っています。

ありがとう。
これからもよろしく。


スポンサーサイト

BDメッセージ@りょうちゃん

2012年11月03日 00:00

前略 錦戸亮さま

28歳のお誕生日、おめでとうございます。
最近、私の目には「かっこいい」というよりはますます「かわいく」見えるようになってきました。
この現象をどうしてだろうなぁと考えるに、やっぱり私が変わった、というだけでなく、あなたが変わったということが大きいと思っています。
というのも。

26歳のあなたは、あなたにとっての大きな『別れ』があって、27歳が始まったころには「本当にこれが良い選択だったのか」と悩むこともあったと思います。
特に年末にみたあなたの姿には、どうして、なんで、と思ったのは確かです。
こう言葉では説明できない感情で、私はあの後ひとりでとぼとぼ歩きながらあなたの心情をいろいろと考えてしまったほどで。
そしてやっぱりその頃のあなたを見ていると、ただ単純に物事をみられる状況ではなかったというか、ただ純粋であることすらできなかったというか、そういう状況があったんだろうなぁと思うと、やっぱり苦しくて。
ただ心から楽しんでくれたらいいのにな、錦戸亮でいることを、と思っていました。

だけど、ここ最近、という表現が正しいのかはわからないけど。
少なくともこの『8周年の関ジャニ∞』ということが前面にでるようになってからは、『錦戸亮』であること、もっといえば『関ジャニ∞の錦戸亮』であることを、純粋に楽しんでいるのかなと思うことが増えました。
お兄ちゃんに甘えているところも、あなたよりお兄ちゃんなのにちょっといたずらしちゃったりするところも、同級生に頼っているところも、弟に偉ぶっているところも。
関ジャニ∞の中にいるあなたが、少しは作っているところもあるのかもしれないけど、ただ純粋に楽しんでいる子供みたいな表情で。
あの年末にみた姿からすれば、私はもう、ほっとする、としかいいようのないことが多くなって。

簡単にいうと「いい顔してるな」って心から思えることが増えたんですよ。

この間さらりとキミくんが(あえてこう書く)「俺にはわからないけど大変だったと思う」と雑誌のインタビューで答えていましたよ。
きっといろんな苦悩がまだまだあるんだと思います。
大変だけどやりたかったことって、負けず嫌いのあなたにはたくさんあるんだと思います。
だけど、あなたのその顔を、表情を見てると、ホントに嬉しくなるんです。
関ジャニ∞でいてよかった、って思ってくれてるんだろうな、って思うんです。

表情だけではありません。
パンフレットの文章、ライブでの挨拶。
これまでのあなただったら言えなかった言葉たちがそこらじゅうに広がっていくのを、私はとても嬉しく思っています。
器用だけど不器用、そんな言葉で綴られる関ジャニ∞への愛、そして∞erへの愛。
それを見るたびに、エイトのメンバーを愛しているんだなと思えて。
そして∞erに少しづつ心を開いてくれているというか、見せてくれているんだな、と思えて。
嬉しいのです。

あ、あと。
前からわかっていたのだけど、やっぱりちょっと驚いたこと。
それはマルちゃんへ送った歌。
あんなにストレートに暖かいものを、あなたが世に出すだなんて、思ってもみませんでした。
それだけあなたが関ジャニ∞でいることに誇りをもっていると同時に、あなたが大人になったんだろうなと妙に思ったんですよ。
これも嬉しかったこと。
…なんだか親戚のおばさんみたいだな(笑)

なんだかエイト愛が深いことが見えることばかりのBDメッセージになっていますが。
当然、かっこいいところもかわいいところもある、ますます魅力高いところもあなたのいいところ。
ちょっぴりわがままで、やんちゃで。
そんなところはずっと変わらないままでいてほしい、それはずっと変わらない願いです。
ただ「いい」大人になんてならなくていい。
それはずっと変わらない願いです。

愛される人、錦戸亮さま
これからもみんなに愛されてください。
そして、その子供みたいな笑顔をずっとみせてください。
あなたのその笑顔は、周りを嬉しくさせる力をもっています。
まさに、キラースマイル。
失わないでください。
あなたのその笑顔を失わせないように、微力ながら願っています。

ありがとう。
これからも、よろしく。


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。