スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@たちょ

2012年05月16日 00:00

前略 大倉忠義さま

27歳のお誕生日、おめでとうございます。
ツイッター上に流れてきた、『26歳の大倉といえば、生まれるからはじまり、24時間TV前日に突如今までに無い程の短髪にしてヲタクをドン引きさせ、24時間TV当日に頭のネジをぶちまけ、ananで生尻を晒し、コンサートでは大根になり、しばしのニート期間を経て石津と言う素晴らしいキャラを頂いて、ついに明日27歳に…』っていう文章に笑ってしまった、あなたの26歳最後の日。
振り返りましたよ、あなたの26歳を。
いや、ほんとにこのツイートにあったように、私たちファンをたくさんたくさんびっくりさせてくれた1年でしたよね。
ライブのDVDとかみてても思ったんですけど、ホントに喋りの腕も上げてきたし(笑)
モデルなんかもやっちゃったり、お料理もどんどん披露したりして。
できる男ってカンジのことが増えた1年だったように思うんですが。
まぁ安定の見切れと(笑)ちょこちょこっとへなちょこな部分も出しつつ。
石津くんはもうヒットですよ、ヒット(笑)
ドラマのキャラであんなにあなたにマッチングしてる役がくるだなんて、思ってもみませんでした。
26歳の最後に、ホントにいい仕事してますよね(笑)

こうして何年もBDメッセージを書いてきたけど。
やっぱり変わらず好きなのは、ドラム叩いてるあなたですね。
26歳でいちばん印象に残ってるのは、ライブ本編の最後に、にこにこしながら叩いてた、マイホームの時かな。
いつも、にこにこしてた、マイホーム。
特に最後の日かなー。
エイトの、他の6人の背中をみながら、そして∞erの顔を見ながら。
あなたは何を思っていたんでしょう。
私は勝手に、あなたのホームがそこにあったんだと信じていました。
6人の背中を見ながら、いつもにこにこしているあなたをみると、すごく安心できたのです。
いつも見守っているあなたの顔は、私の中での26歳一番の顔かもしれません。

でも、ヤスくんがいうように、あなたが笑っていれば、ホントに世界が救えるんじゃないか、って思った瞬間がいくつもありました。
あなたはきっとなんでもないことだというのでしょう。
ただ楽しいから笑っているのだと。
だけど、そんなあなたの姿に、救われている人間がここにいるということを、いえ、たくさんいるんだということを、知って欲しいと思う…いや、知っているんでしょうね。
だからあぁやって大口をあけて笑っているのかなぁ。
あなた、計算上手でしょ。
なんて。

それから。
あなたが、何も飾らず伝えてくれたあの日。
忘れられないあの日。
エイターが仲間に入っていることが嬉しくて、涙したのを今日のように思い出します。
メンバーのことをあんな風に飾らずにいってくれたことも嬉しいことだったけど。
あなたがたくさんのことを努力のあとを見せないで次へ次へとできるようになっていく糧に、エイターが少しでも入っているのだと知ったあの日のことを。
私は忘れることはないでしょう。

一緒に生きていくことを許してくれたあなたへ。
どうか忘れないでください。
あなたが笑えなくなってしまわないように、わたしたちはあなたのそばにいるんだから、と。
物理的には遠いかもしれないけど、心はいつもつながっている。
そう信じていたいから。

…うん、でもまぁこれは私の好みなのかもしれないけども。
メンバーの前では末っ子でちょっとわがままなあなたが大好きなんですよ、私。
ヤスくんやマルちゃんに強気で、しんちゃんよこちょに甘えたで、亮ちゃんには勝てなくて、すばるさんとの距離はちょっと図り兼ねちゃったり(笑)そんなあなたが大好きなのです。
いつも、いつまでも末っ子でいてください。

結局どんなあなたも大好きなんです。
なんて、久々にデレました(笑)

ありがとう。
これからもよろしく。


追伸
最近はツイッター上でやすだとふたりで遊んでごめんなさい(笑)
好きなの、ゆるしてね。
スポンサーサイト

BDメッセージ@ヨコ

2012年05月09日 00:00

前略 横山裕さま

31歳のお誕生日、おめでとうございます。
なんだか30歳のお誕生日からそんなに経っていない気がするのは私だけでしょうか?
でももうあのソロコンが2年前という実感もない私は、1年経った実感がなくて当然なのかもしれませんが。

去年は「大人になったなぁ」と感じた、と書いたのですが。
もっと言っていいですか、ホントに大人になりましたよね(笑)
いや、なんかね最近ラジオとかでもちょこちょこ言っていますが「30になったからこんなことばっかりしてたらあかん」って奮いたたせて、苦手な人付き合いとかにも取り組むようになって。
ヒナちゃんが「ヨコは変わってるよ」っていうくらい、自分の中で何かをかえようともがいて。
いや、もがいている、じゃないな。
ちゃんとひとつずつ地に足を付けて歩んできて。
もともと随分前から大人な部分、というか、こう物事をクールに見る目線というか、やらねばならぬことに対してまっすぐになれるところというのか、そういうのはもっている人だけど。
この30歳となった1年でそれが増していってたような気がします。

もう何年もBDメッセージを書いていて、書く度に思うことがあるのですが。
こうあなたって、一度決めたことは絶対に曲げませんよね。
貫き通す意思と、その意思を実現する力を持って、何事にも取り組んでるように思います。
その中に「30歳になったから」っていうものがいくつかあったように思うんです、私。
でも一番大きかったのは、自分自身を認める、ってことじゃないかなぁって思っています。
覚えていますか?
あなたは些細なことすぎて覚えていないのかもしれないけど。
お仕事がたくさんある自分をまだまだと謙遜しっぱなしだったあなたが、最近は忙しくさせてもらっててありがたいことです、と言ったあの日のことを。
正直なところ。
私は実はあなたがそんなことを言う日は来ないんじゃないかなぁって思ったこともあったんですよ。
あなたはガラスのハートだから(笑)
いや、ホントにね。
そんな自分を認めて、もし何かが起きて人気がなくなったときに辛くなる、とか考えてるんじゃないかなぁって。
そんなことを思ったこともあるんです。
でも30歳になってそれを認めるところまでやってきた。
あの日言葉にできなかったけど、私にとってはすばるさんが「ジャニーズでよかった」って言ったのと同じくらい、いやもっとそれ以上かも、の感動の言葉だったのですよ。
自分を認めて、そして邁進するあなたに、怖いものは減りましたか?

って、ここまでかいて。
思いました。
あなたは年々、少しずつだけど、強くなっていってるんですね。
守りたいものが増えて、そのために強くならなければならないと、あなたは考えているからですか?
そうなんじゃないかなぁって私は思っているのですが。
かわいい弟たち、ひとつの方向に向かっていける仲間たち。
…守りたくても守れなかったものもきっとあるのでしょう。
だからこそ、あなたはこの守りたいものを失いたくないためにがんばるのですよね。
なぜならあなたのことを支えてくれるから。
その中に∞erもちょこっと入れてくれたら嬉しいな、なんて。
ちょっと贅沢なお願いを。
もしこの願いを見かけたら、そんなんはじめっからや、って言ってくれそうな気がしてるんです。
それくらい、あなたの∞erに対する愛は届いていますよ。

愛にあふれるあなたへ。
ひとつだけ。
愛する人を守るために強くなるのはとても素敵なことだけど、弱みだってみせてください。
愚痴だってみせてください。
弱音をはくことでこんなに楽になれるんだ、って言ったあなたがちょっとだけ心配です。
メンバーにしか見せられないのかもしれないけど、∞erだって守られるだけじゃないんだから。
少なくとも私は、あなたが、あなたたちが、幸せになりますようにといつも願っているのだから。


ありがとう。
これからもよろしく。



ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。