スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@関ジャニ∞

2011年09月22日 00:00

関ジャニ∞さま



7周年、おめでとうございます。
正直去年はメッセージを送っていませんね、私(汗)
決して忘れているわけではないんですけどね。

ただ、一昨年書いた時とは、あなたたちをとりまく状況は本当に変わってしまいました。
この7年目に至っては、パッチアルバムからはじまり、ツアー、カウコン、映画主題歌や月9主題歌を含むシングル4作品、ドラマや映画、CMにもばんばん出演して、24時間テレビのメインパーソナリティ、ゴールデンの全国ネット冠番組。
ホントに本当にたった2年前には想像もつかなかったようなことが、どんどん起きている状態で。
このまま足早に走り抜けていくんじゃないか、と心配したりすることもないとはいえません。
だけど、ちょこちょこと『関ジャニ∞』がくれるメッセージの中に「関ジャニ∞と∞erは物理的な距離は離れても心は一緒です」というのが含まれているなぁと感じています。
だからこそ、「大きくなりたい」というあなたたちと一緒に未来を見つめたいと思えるのかもしれません。

そうなんですよね、そこはずっと変わっていないところなんですよ。
あなたたちをとりまく、『関ジャニ∞』をとりまく状況はどんどん変わってきてはいるけど、あなたたちは変わっていない。
確かに、どんどん仲良しにはなっていってる気がしますが(笑)、イイ意味でのメンバー間での緊張感も程好い距離感も、変わっていないなぁと思いますし。
うん、でも変わったというか、進化したというか。
『緩む』ようなことがあると、誰かが察知して誰かが言い出して、誰かがフォローして、みんなで締める、というようなことが自然に、今までよりももっと自然にできるようになってきたなぁと思います。
そうしてチームとして、成長しようとするからこそ、周りのスタッフさんや支えてくれる人にも、どんどん好かれているのかなぁと思います。
最近、ツイッターとかブログで伝え聞く、スタッフさんや共演者さんの声が嬉しいものばかりで見るのが楽しいんですよ(笑)


この1年でいちばん私自身の中で変わったのは、はっきりとあのこのコトを、自分のわがままだと思っていたことを、区切りをつけることができたことです。
あなたたちは何を今更と言いたいでしょうが、どうしても『8人』を願っていた日々があったのは確かだったので。
でも、こうして区切りをつけることができたのも、関ジャニ∞が、あのこがそれぞれの道をまっすぐに懸命に歩いているからだと思うのです。
8年目のこの年。
何をやらかしてくれるんだろうとわくわくしていますが、「ビックリさせてやろう」と思っていろいろ考えてくれているのだろうと思いますが。
これだけは約束してください。
あなたたちがいいと思うものを。
∞erが「これがいい」といったり、スタッフが他人が「これがいい」といったりすることはこれまで以上に増えてくることと思いますが、それでも。
『関ジャニ∞』としてあなたたちが選びとれる限りはあなたたち自身が「これ」と思うものを、選んでまっすぐに歩いてほしいと思います。
…まぁ、いらぬ心配かもしれませんけどね(笑)

ありがとう。
これからもよろしく。
スポンサーサイト

BDメッセージ@すばるさん

2011年09月22日 00:00

前略 渋谷すばるさま

30歳の誕生日、おめでとうございます。
思えば「アラサー」を迎えてからというもの、ずっと自分のことを「ちっさいオッサン」と言ってきたあなたですが、年齢も漸く30歳となり、ホントにそうなりつつあるのかな?(笑)

あなたは老けたなぁ、なんてよく言いますが、そんなことないよ、といつも思っている私がいます。
漢字が読めなかったり、腕力が全然ついていかなかったり(笑)
そういうちょっと子供っぽくて、でも憎めなくて、かわいいところは、正直15、6の頃から全く変わっていないと思うのです。
嘘がつけないところも、まっすぐなところも、純粋なところも。
まるで子供もみたいなところも。
あなたがあなたでいるんだなぁといつも感じるとこで、そして「老けた」なんて思えないところではあるんだけど。

でも、ホントに。
凄くきれいに笑うようになりましたね。
いや、これまでだってキレイに笑ってはいたんだけど。
あなたが笑うそのまなじりに、幸せと慈しみと愛が見えるような気がするようになったのはいつからだったでしょうか。
それは定かではないけど、少なくとも29歳の1年でその表情は格段に増え、その笑顔はどれだけあなたが愛してくれている∞erを幸せにしていることだろう、と思うのです。
あなたの中で何の変化があったのか、どうしてそんな風にキレイに笑えるようになったのか、それは私にはわかりません。
ただ、あなたが笑うと嬉しいんです。
そんな魅力は30代をむかえ、もっと花開くだろうと思っています。

去年のメッセージに書きました。
あなたには、ただ一緒にいて、嬉しさも悲しさも一緒に感じたい、と思わせる力が、あるんだと思うと。
でも、それだけじゃなくなってきましたね。
あなた自身が周りの人を理解しようとして支えようとしているから、だからあなたの今がここにあるんだろうということ。
この1年でまた思い知らされたような気がします。
正直にまっすぐに、変わらないその部分を、意固地としてではなく、相手のことをもきちんと考えて行動できるようになってきたからこそ、なんだなぁと。
いや、これまでできてなかったって言ってるわけじゃないですよ(笑)
でも、少し周りの状況を冷静にみて、自分の欲求を抑えるほどには大人になったと思うのです(笑)


でも、嘘のない人生をこれからも歩まれるんだろうと思います。
嘘のない思いを、あなたに届けられたらと思います。
ありがとう。
これからもよろしく。

ザ・インタビューズがおもしろいです。

2011年09月15日 20:29

新しいモン好きのなかはらさんは、また新しいモノに嵌ってしまったわけですが(爆)
突然ツイッターのTLに流れてきた『ザ・インタビューズ』っていうコンテンツなんですが。
昨日未来ちゃんとか瀬里奈ちゃんとも話してたんだけど、しれっとTLに入ってきた流行りモノって感じで(笑)
詳しいことはここを見てもらえればわかるんですが。
ちなみになかはらさんのページはここです。
質問をぱっと言われてそれに応えるのにハマってるんですよね(笑)
いや、ブログでもそれはできるんだろうけど、なんか手軽さなのか…やっぱり新しさなのか(笑)
ただ、質問するにも登録しないといけないので、質問だけしたい側にとっては不便かなー。
そのうち飽きるかもしれないんですが(爆)インタビューされて、質問の答えはもちろん、妄想だったり(笑)それだけじゃなくて文体とか語尾を考えるのもおもしろいし、インタビューする方も匿名性があるのでふざけてみたりとか(笑)ちょっとおもしろい。
もうすぐ(っても大分先だろうとは思うけど)ブログも50万HITがやってくるので、50万HIT記念はなかはらさんに何でも質問していいよ、でもいいけど(笑)
最近はまってるものでした。
もし登録してでも質問したいみたいな凄いありがたい方がいらっしゃればどうぞ(笑)。
「わたしもインタビューズやってます」みたいな方がいらっしゃってお知らせくだされば、どんなタイミングかは別として基本的には質問しにいきますので(笑)

さてさて、関ジャニ∞はですね。
仕分けも始まり←後輩の男のコに「おもしろかったです!」って言われて、ホントに嬉しかったり。
∞er的にはもろもろ心配のある枠に番組内容ではあるんですが(爆)
それを正直に後輩の男のコに告げたところ「大丈夫じゃないですかね?おもしろかったですもん」と言ってもらえて自己満足気味だったりはするんですけど(笑)
なかはらさんは、ジャニ勉とはまた違った感じでのスタッフさんとの距離感も結構好きだったりはするんですけど、こう緊張感がジャニ勉スタッフとはちがってハンパない感じが(笑)
なんかでも妙に、『東京は戦場』っていってたすばるさんの言葉を最近思い出したりします。
いや、東京にも彼らを慕ってくれるスタッフさんがたくさんいるのは確かで、なにもホントに戦っているっていうのを思っているわけじゃないんですけどね。
なんだろーな、あまりにもジャニ勉がゆるすぎて、なんだろうか?(笑)
いやだって、昨日のジャニ勉のヒナちゃん、進行そっちのけで食べてたし。
今日のヒルナンデスなんて、食べないで進行だったし←そこかい、っていうツッコミはなしね(笑)

あと、『おおきに関ジャニ∞』がツボでした、今月っていう話。
コミック派の人もいると思うので、あんまりネタバレはしませんけど、もうね、話の中での役割が、うんうん、って頷く感じで。
ヨコとリョウちゃんが「攻撃・前」で大倉が「攻撃・後」、すばるさんが「攻撃・かく乱」でヒナちゃんが「攻撃・拡散」っていうポジションの分け方がホントにツボv
んでもって、ヤスくんが「守備・回復」でマルちゃんが「守備・パワーアップ」なのも納得。
やっぱりみやうち先生はエイトのことをよく見てくれてるんだなぁと思ったり。
あと、細かいツボかもわからないけど、みやうち先生の書く三馬鹿のセリフに「あれ」が多いのもツボ(笑)
いや、三馬鹿って「あれやな」とか「あれやろ」ってよく言いますよね(笑)

なんか書きたいことあるようでなかなかココに紡げないな。
あ。
草太がそよこを選ぶことに凄い反発があるんですけど、なかはらさんのTL@全開ガールってことで(笑)
ヤンマーbotが「こんなん草太やない!くさたや!」っていうようなことを言い出してから、若葉のことを選ばないでそよことラブラブする草太を「くさた!」ってみんな言うし(笑)
しかし、くさた(笑)と若葉がラブラブにならない展開もあり得るのかと思うと、なんだかちょっと寂しい(笑)
そよこさんを必死に愛そうとしている草太も、無理やり結婚しようとしている若葉もなんていじっぱりなんだ!って思ったり。
そよこさんもしんどう先生も結局かわいそうじゃないかよ、と思うんだよ、なかはらさん。
でもここまできたら、草太と若葉がくっつくよりも平和に終われそうだよ、と思うんだけど、ドラマだからそういうわけにはいかないんだよな。
到底あと1話で終わるとは思えない布石なんですけど、と言ってみたり。

あとは、そうだな。
47CLUBさんを覗いてみたり、年末に会う∞erさんへのお年賀をどうしようかなと考えてみたり。
今はコラージュに嵌ってて、次はすばるさんのを作ろうと思ってたり。
SMAPの北京公演がいよいよだなぁと思ったり、ツアーの申し込みで諭吉さんがどんだけ飛んでいくんだ!って思ったり(爆)
なかなか忙しい毎日です…えぇ、仕事も大概人が足りなくて忙しいのでね(汗)
ともかくも、楽しい毎日です(笑)

BDメッセージ@ヤスくん

2011年09月11日 00:00

前略・安田章大さま

27歳のお誕生日、おめでとうございます。
男っぽいところもどんどん進化しながら、乙女なところも健在で。
益々魅力的になっていくなぁと思ったりもしているんですが。

この1年で、ヤスくんはますます笑顔が『いい笑顔』になりましたよね。
って、ちょっと抽象的すぎますか?
いや、もともと優しい顔をするコではあったんですけど、そこに広さとか強さとか、そういう大きなものがどんどんあなたの強みとなって身についていっているというか。
去年、このメッセージを書いた時に、弱みも苦しみも大切な人に見せることができるようになったから、またあなたの優しさも大きくなったんじゃないか、っていうようなことを描きましたけど。
弱い自分を認めること、悲しい現実に立ち向かうこと、そうやって自分を高めてきたからこそ、今の大きくて深い優しさを、27歳なんていう年で手に入れたのかと思うと、本当に凄い人だと思うのです。
あなたが他人を見る目がどれだけステキなのかってこと、∞erだけじゃなく一般の人が知るきっかけになったのが、24時間テレビ。
あの番組で見せたあなたの顔は、誠実に一生懸命で、いろんな人にあなたの人柄が一瞬で伝わる、そんな顔で。
ますます、いろんな人をこれからもトリコにしていくんだろうなぁと思ったわけで。

まぁ、テレビでは天然だとかアホだとかよく言われていますけど(笑)
そういうちょっと抜けてて、ちょっと残念なところもヤスくんらしくて好きです。
言い方を変えれば「普通の人がもってないようなことをもっている」ってことですからね。
非凡は天才、あなたの場合どんなことをしてても、天才だなぁと思ったりもするんですけどね。
いや、曲作りとか絵とかだけじゃなくて、女装まで天才だったり(笑)
髪型がころころ変わって、だから一般の人になかなか名前を覚えてもらえないんだよ、とか、∞erからは毛根とか頭髪の心配をされたりしてることとか(笑)
個性的なファッションとか誰にも真似できないっていうとかっこいいけど、奇抜すぎて正直普通の人だったらありえないから傍によるなといわれそうなファッションとか(笑)
そういうホントに変わってないところも、あなたの魅力です。

これからライブがはじまります。
でっかいことが大好きなあなたが、ニコニコ笑っている姿が早くみたいな。
なんか、想像がつくんですよ。
小さい身体でめいっぱい飛び回って、そして晴れやかに笑っているあなたの姿が。
そんな姿を見て、エイトもスタッフさんも、そして∞erも、みんなが元気になっていくのです。
これからも、いつまでも、そんな存在であってください。

ありがとう。
これからもよろしく。





********************

昨日のなかはらのお誕生日にこちらにメッセージを下さった方、ありがとうございます!
相変わらず年上にみられているなかはらさんですが(笑)
えっと、8月のコメレスもまだできてないので(汗)ホントはお一人お一人にコメントを返さなければいけないんでしょうけど(汗)とりあえずは今はご了承を。
ありがとうございます!

BDメッセージ@ヒヨコ

2011年09月10日 00:00

前略・内博貴さま

25歳のお誕生日、おめでとうございます。
ますます王子様になったなぁと思う反面、Rockで男っぽい、骨太なところも魅力的になってきたなぁと思ったりしています。
いや、関西人らしいところとか、エイト内でもみせていた天然だけど策士なところとかも、魅力的なところなんですけどね(笑)

正直なところ、今年はあなたへ向けてのメッセージをこの場所に綴るかどうしようか迷いました。
それはもう、随分と前からわかってはいたことではあったけど、今年になってあなたの口から決定打とも言える言葉の数々が発せられたからです。
関ジャニ∞だった自分、NEWSだった自分、そんな自分と戦い続けてきて、漸く言葉にして出せたそれがあったから、∞erが関ジャニ∞のことを中心に書いているこのブログに、あなたへのメッセージを載せることが、少しためらわれました。
でも、前にも書いたように、私の中では「いつかまた8人」ではなくて「いつまでも8人」なのです。
だからこそ、あなたへのメッセージもここへ綴りたくなってしまったのです。
正直なところ、物理的には私自身はあなたを応援する機会自身はどうしても少なくなってしまうと思います。
でもやっぱり気になってしまうんですよね、あなたのこと。

なんて、自分の気持ちは四方山話ですね。
最近はウッチーとかヒヨコとかじゃなくて、ひろき、って呼ぶことの方が多いんですよね。
なんでかなぁって自分なりに考えてみた結果、やっぱりあなた自身が大人になってきたなぁと妙に感じるからだろうなぁと。
やっぱり、前に進みたいという気持ち、自分の大切なものを守りたいという気持ち、そして与えられたチャンスを自分のものにしたいと思う気持ち、そんな強い気持ちが、あなたをどんどん大人にさせていくのでしょうか?
強くなったなぁと思います。
…昔はあんなにヒヨっこだったのに(笑)
身体の線も細くて、心も弱かったあなたが、今、未来へと突き進むのを見ると、今のあなたの目の前に伸びる道が決して間違いではない、と感じるんです。
あの日、あの時、思い描いていた道とは違ったのかもしれない。
それはあなた自身だけでなく、エイトもNEWSも、そして∞erもNEWSのファンも、もっと言えばスタッフさんとかも。
だけど、それを後悔しないで生きていきたいと思うあなたの気持ちは、今、確実にみんなに届き始めていると思います。
それは今のあなたが以前とはまた違った輝きを放ち始めているからです。
ゆっくりでいいからわかってほしい。
そういうあなたの理解者がゆるりと広がっていきますように。
私も陰ながらそう願っています。

ありがとう。
これからもよろしく。




********************

9月10日はなかはらもなかはらのパパ(本名を忠義といいます。うそじゃないのよ、ただよし、なのよ/笑)もお誕生日だったりします。
お互いおめでとう、ってカンジですね(笑)
なかはらが生まれたその時から、うちのただよしパパはお誕生日がなくなった、と言ってはおりましたが(笑)お互い忘れなくていいじゃん、と思ったり(笑)
今年のお誕生日はゆるーり3連休の真ん中なので、今日は何をしよーかなぁと思ったりしていますが、関ジャニ∞初のゴールデン番組が今日からOAってことで、なんか運命的なモノを感じるよな、と勝手に思ったりしています(笑)
あ、そーいえば去年のお誕生日のときに「大台にのった」という話題を出したら、まだそんな年齢だったの?と驚かれることの方が多かったのですが、この1年で実年齢に近くなったかな?それとも更に年老いたかな?と思ったり(笑)
ちなみに職場のじーちゃんばーちゃん(笑)には実年齢より3つ4つは若くみられるよーになったんですよね、髪の毛切って短くしたら(笑)
しばらく髪の毛は短くしておこうかと思っています(笑)
ただ、この1年、何が変わったってわけでもないんだよな、なかはら自身は(爆)
関ジャニ∞がどんどん大きくなっていってるのに、必死についていってるだけで。
あ、でもこの1年でSMAP5人と握手する、っていう大きな大きなことは体験できたし(笑)これからの1年も何か楽しいことができればいいなと思っています。
いや、こんな大きなことじゃなくて、些細な楽しみとか喜び。
もちろんライブに行きたい!とか舞台を観たい!とか、そういうものもあるんだけど。
この1年でまた更に∞erのお友達が増えたので、ちょこちょこいろんなところでみんなにあいたいな。
うん、それが一番の楽しみかもな。
ということで、今年はいっぱい遊びに誘ってね、お友達∞erさん。
よろしくお願いします(笑)

過ぎ行く季節が早すぎて(笑)

2011年09月03日 21:02

なんか半年がやけに早かったなぁ、と感じるオバサンモード全開ななかはらさんですが(爆)
半券チケットのファイルとか眺めてても、今年は去年・一昨年の半分くらいのペースでしかエイトにもあえてないのに、凄く早く感じる。
それだけエイトがいろんなところで大活躍しているということで、しかもこれからもいろんなことをハイペースでやるってことなんですけど。
来週は仕分け番宣も重なって∞erも忙しいですねー。
「一体いつ寝てるんですが??」と後輩の男の子に聞かれましたけど←リアルでもよく聞かれるけど、結構寝たりしてますよね、なかはらさん(笑)

うん、このブログを更新しなかった間に、ひろきの発言があったりとか、僕らの音楽のぴーちゃんの発言でまたまたNEWS嬢から電話があったりとかいろいろあったんですけど。
ひろきの発言についてはツイでも流しましたし、この間も更新したところだから、まぁあんな感じです(笑)
ひろきにあれを言わせてしまった、ってのはなんかちょっと、うんやっぱり戒めたいものがあったりしたところは確かなんですけど。
…本人だって、戻れるものなら戻りたいと思っていた時期がないわけではないだろうから余計。
人によっては、ホントにビジュアルとして8人揃うのをまだ夢見てる、ってか望んでる人もいるんだろうけど。
ファンがタレントに望むことはホントにダメなことなんですか?っていう人もいるだろうけど。
なかはらは、もう望むのは違うんじゃないか、って思ってます。
もう、エゴなんじゃないか、って思ってます。
「戻れるものなら戻りたかった」
そう思ってくれていたと信じているからかもしれませんけど、あのコがそんな自分に絶望していた時期もあっただろうし、そこから抜け出せたのなら、あのコが歩んでいく道が見えてきたのなら、それが一番だと思うんです。
それでも8人、を望んでいる人には、自分で望むのは勝手だけど、押し付けてやるなよ、って思います。
ひろき本人にそれを伝えないでやってくれ、って。
タレントであるから、ファンの期待には全て応えないと、そうひろきもエイトも頑張ってるのは確かだけど、何万も何十万もの人の期待に応えることを一人の人間に望むのがどれだけ残酷か、なかはらはそう思っています。
ただひとりの期待にすら応えられないことも多いなかはらにとっては、あのコたちの凄さと優しさは尊敬するに値します。
なかはらだってあのコたちに何も望んでいないわけじゃないけど、あのコたちの望むことややりたいことはできる限り応援として返してあげたい。
「こうしてほしい」「これがエイトらしい」とファンで決め付けるのではなく、あのコたちの作るものを一緒に感じて一緒に楽しみたい。
少しずつ、いろんなことの区切りがひろきのこの発言でついてくるのかどーなのかはわかりませんが。
メディアがついに「元・NEWS」や「元・関ジャニ∞」ではなく「ジャニーズJr.の」と表記するところが多くなってきたなぁというようなところにも目がいったなかはらさん。
こうして変わっていくモノの中で、8人だった事実は変わらないんだよな、と妙に思ったり。
それからぴーちゃんは…まぁ、罪多き人だなぁと思います(苦笑)
テゴマスがツアーやるけど、エイトがカウントダウンなんだよね、と恨みがましく言われたりしてたんですが(笑)
ぴーちゃんはいろんな意味で誤解される人だとは思いますけど(苦笑)それにしたって、ねぇ(苦笑)
ファンのコたちがどんどん不安になっている状況に更に拍車をかけてしまっている様で←なかはらさんはちゃんと見ていない、というか流し見程度で見ていたから、その真意を図りかねるんですが。
上で「こうなってほしい」と期待ばかりするな、と言いましたが、NEWS嬢はみんな健気に待っているんだから、といってやりたくなるんですよね、ファンのコたちの話を聞いてると。
うん、ぴーちゃんの場合、ぴーちゃん本人が望めばその期待に応えてあげることができそーだから余計そう感じるのかなぁ。
ひろきの一件と違うのはそーいうことなのかも。
実際はいろいろもろもろな都合で望んでもできないことかもしれないんですけど、そう見えてしまう(苦笑)
まぁ、そこにはりょーちゃんも絡んでいってしまうわけですが(苦笑)
なんかね、ちょっとヤです、と書くと端的ですが。
∞erもNEWS嬢も、一部の人たちが争いごとをしてるカンジがあって。
そんな風に争って何が生まれるの、って思うこともしばしばです。
正直、なかはらさんも∞erとしてNEWSとの扱いの違いに悲しんだり悔しんだりした時期はありましたよ。
でもだからって、「早くやめればいいのに」っていう発言がでたりとかね、つぶすとかね、マイナスな言葉が飛び交ってることが、もう、なんというか虚しいというか。
結局、ひろきのこともそーだけど。
おもいやり、ってどこに行っちゃったんだろーな。
こう、話は飛ぶかもしれませんが、最近入ってきた新人のコたちを教育してても思うんですよね。
人の顔色を伺うのは上手だったりするんですけど、だからって誰かのためにこうしてあげようとかっていう気持ちは薄いというか。
何も自分が犠牲になりなさいといっているわけではないけど、オバサンは不思議で仕方ない時がありますよ。
空気よめてないよね、って話になったりするんですけど。
今年の東日本大震災のあととかに話題?になった思いやりの精神が、どこか欠落してるんじゃないか?っていうような人種に出逢うことがね、ありまして。
ネット上だからとか、ただ単に仕事してるだけだからとか、そういうことで人としての思いやりが無くなっていってしまってるのは、悲しいことだなぁ。

って、なんだかちょっとマジメな話??
いやいや、今日はMyojoのツイッターで流れてきた横山さん少食疑惑に驚愕してしまったところなんですけど(笑)
それこそ47やってたころ(余談ですが、レコメンでキスマイが47都道府県94箇所ツアーを決行することになったことをいってるヨコヒナの二人のぼやきがおもしろかった/笑。記録にも記憶にも残れへん!1個くらい残しといてや!っていうヤツ。いや、記録はちゃんと残ってるよ、ってスタッフさんに言われても、そんなん薄なった!っていう二人がいて/笑)長崎とかのMCとかでも言ってましたけど、DVDにも残ってますけど、メタボな3人ヨコマルタツはホントにめっちゃ食べてるイメージがあったのに!って。
お弁当を食べきれない横山さんなんて!と(笑)←お年なのか、はたまたダイエットなのか、それともホントに食べきれないような胃になってしまったのか…。
おーくらもいまやモデル体型で引き締まった身体だし、マルちゃんがちょっとぽちゃっとしたり痩せたりを繰り返すくらいで、ヨコもまぁちょっと太ったなぁとか絞まってないなぁとかあるけど、ある程度キープできてて。
あの頃からするとほんとに不思議なことだと思ったり。
そーいえば昔ヨコは占いで30代からかなり太りやすくなる、って言われてたなぁ(笑)

さ。
もう9月だよ。
来週には怒涛のバースデーラッシュだな。


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。