スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい!…だけど複雑な気持ち。

2010年08月31日 22:53

8月最後の今日は、∞er的にはかなりのお祭りだったんじゃなかろーか(笑)
まずはどこでもかしこでも話題にはなっていますけど、ツアー決定ってことで。
10月末からカウコンまで、9都市でちょい少なめではあるけれど、待ちに待ったツアーですよっ!
素直に嬉しいな♪
ツアー発表と同時に相方と「福岡に行きたい!」と話していたのに(仕事中/爆)、その数時間後には会議とだだかぶりしていることが判明(泣)
ただその数分後には「あ、札幌やったら休み取れるで!札幌いこうや!」とすばやい切り替え←この独身貴族を許してください(笑)
きたえーる、久々に行きたいな(相方は初めて)ってのもあって、札幌申し込みが濃厚です(笑)
あとやっぱり名古屋に久々に行きたい!
名古屋平日なんやねー、でも冬休みには入ってる?微妙な時期よね??
会議とか出勤しないでよかったら、速攻申し込みをするわけです、はい(笑)
行きたい行きたい!と今から願っているわけですが(笑)
んで、『LIFE』も無事にオリコン初登場1位、25万枚以上を売り上げってことで。
こちらもお祝いですなー。
前回は24万枚代だったし。
PVがよかったから売れたのか、それともドラマの主題歌だから売れたのか、関ジャニ∞が新しい魅力を出しているってことで売れたのか、はどれがどれともいえないけど、やっぱり全部ひっくるめて1万枚くらいアップしたっていう状況を素直に喜ぼうと思ったり。

あ、今日のお祭りには直接的には関係ないのかもしれないけど、今日のJOKER、久遠→伊達への想いの強さが子犬が母犬にまとまりつくみたいなカンジで、めちゃかわいかった(笑)
ってか、ホンマに急展開なJOKERさん。
ますますおもろくなってきたわーっ!!
なかはらさんはそんなJOKERのサントラを聞きながらのブログ更新です(笑)
GMのサントラもゲットしていまいました(爆)
見事にフラゲですけど、何か?(笑)
いや、実はスマ兄さんのドラマのサントラをかなり持っているなかはらさん…ドラマサントラ結構好きなんですよー。
場面がどう、とかじゃなくて、ドラマを盛り上げるために作られた曲だからこそのおもしろさがあるので、あ、映画もそれはそうなんですけど←多分大奥のサントラは即買いだと思う(笑)
今日はJOKER後なのでJOKERを聞いていますが、今回はGMの方が楽しみ。
亮ちゃんがどう、たっちょんがどうってことではなく、もちろんドラマがどうこうってことではなく、なかはらの好みなカンジはGMの方のような気がしているだけなんですけど(笑)
まだGMは聞いてないからなんともいえません(笑)

続きにちょいとタイトルの話。










[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

バタバタな日が続いています(汗)

2010年08月30日 20:11

何だか忙しくないようで忙しい日々ななかはらさんです(汗)
プラベートはそうでもないんですけど、実は仕事がちょいパタパタ。
というのも、今週末が3連休だから、なんですけど←SMAP連休(笑)
しかも今日から会議3連チャンっていうね…でもこれが終わったらSMAPライブだ!と思って頑張っているわけです、はい(笑)

そんな話はさておき。
ブログを更新していない間にいろんなことがまた増えていたわけですけど
そうだな、『LIFE』関連からいきますかー。
PVは…ま、某所でも見れてたってこともあったんですけど、やっぱりかっこいいなぁとそればっかり(笑)
裏側もタイトル決めのところとか、「あぁ、個性が出てるなぁ」と思いました(笑)
亮ちゃんの仕切りとか、クラヤスのシンクロ率とか、それはヨコスバもだけど、みたいなところとか(笑)
TVガイドさんの誌面レポで見ていた部分もあったんですけど、大倉が水にぬれていくとこの「キャーっ」ってカンジとかつっこみたいカンジ満載だったんですけどね、それでも可愛い、と思ってしまう(笑)←最近、ホンマに大倉に盲目的な自分がいるのを感じる、あの昨日のGMのCDプレゼントの情けない姿さえ愛しいんだよ(笑)
んで、パッチですねー。
やっとこさCLUB∞の方とも繋がって、それぞれのキャラクターとかが見えてきて。
言われてみればそれしかない、ってなカンジの配陣だったりするわけですけど、ルックス良し、でたっちょんがやってくる日がくるのは、少なくともデビュー前では考えられなかった、となかはらは個人的に思ってます(爆)
いやでも、ホントにね、最近の大倉さん、イイ仕事させてもらってるからか、イイ顔なんだ、男前なんだっ。←やっぱり盲目的
あ、それていきそうだけど(笑)
あのリーゼントチックな髪型はどうやら不評みたいですけど、なかはらさん、あれすら愛しいと思ってしまう節があるので、最近の大倉に関しての感想はダメダメなカンジだと思うんだよなー(爆)
ヤスくんがかわいかったけど、あぁいうカンジで絡んでいくのがちょっと新鮮でしたー。
ヤスくんっぽいカンジでステキだったけど(笑)
でもなかはらさんは、先週のMステのメガネ男子なヤスくんが好きv←そんな宣言いらない(笑)
ヨコの『トリックスター』はいろんな意味で犯罪だ、横山さんステキすぎる(笑)
ちょっと鼻にかかった甘い声も含めてステキだったわー。
それを引き継ぐヒナちゃん、相方とおもむろに「歌うまくなった?」と…ヒナちゃん、悪い気はないからね、決して(爆)
ちょっと無理やりめにでも少し高い音域の歌を歌わせてもらった方がいいような気がします、うん。
ヒナちゃん、あぁいう曲、素直に似合ってるなぁと思ったもの。
あ、そうそう、ヒナちゃんの、といえば、先週のレコメン@やすばで、すばるさんが「がっしがっし踊ってるやん」っていうようなことを言ってたのが印象的だったのよ。
ホントにあぁいう踊り、しなやかさ、みたいなのを強調する踊りは、新鮮かつ、もっとやってほしいと思ったり。
さて、CLUB∞の方では、またまた焦らされてるわけですけど、カウントダウン、このまま順調にいけば13日ですか?
さぁ、何を発表してくれるんでしょうかねー。
なんとなく展開は読めてますけど(爆)

明日はGMとJOKERのサントラが届きます、楽しみ楽しみ♪
…この際散財していることはあまり気にしないことにしておきます(爆)
あ、そうそう、あんまり書いてないですけど、JOKERもGMもほぼリアルタイムで見れてますよー。
昨日のGMとか、「顔か…」て素でいっちゃう健介くんに、ぽかん、としてしまいましたよ(笑)
でも、女子高生があの看護師さんを見たら惚れちゃうよね、お菊さんに言われるより、パッションに言われたいよね←いつの間にかあだ名がパッションになってて、どうしても『プリキュア』を思い出してしまうなかはらさんです。どれくらいなかはらと同じことを思い出した人がいるかなー?(笑)
コイツ、天然やったんか?って(笑)←ゴローさん呼びも好き(笑)
だんだんと健介くんもチームの一員になってきて、ゴローさんがちょい取り残されてる感もありつつ、きっと最後はファイヤーとゴローさんの話になるんじゃないかなぁと思いつつ。
チームの大切さ、ってホントにね、思いますよ。
正直、なかはらは健介くんの回、第6話かな?を見た時、健介くんと自分を少し重ね合わせて、イタイ想いをしました(苦笑)
「あなたに何ができるのよ」といわれれば、なかはらは健介くん以上に何もできない自分を悔しく思うと思うので。
だけど、だからこその「チーム」なんですよね。
今、なかはらがこうしている間も、部下と呼ばれる後輩たちが「チームの一員」としてがんばってるわけです。
悲しみも苦しみも一緒にある分、喜びも一緒に迎えられたら、ステキだなぁと思うわけです。
だから、昨日のファイヤーの声はいろんな意味で胸にしみました。

と、関ジャニ∞ごとからはちょっと離れるかもしれないけど。
書き留めておきます。
なかはらがあまり名前を出さないで密かに通っているブログというのがいくつかあります。
ま、大手、と呼ばれるようなところ、ウチもアクセスは300くらいあるけど、きっと1000人単位であるんじゃないかなぁっていうトコロが多かったりするんですけど。
そういうとこって、こう悪いムシがつきやすい、っていうか。
難癖つける人が集まってきたりしやすいとは思うんですけど。
もちろんね、ホントに「そんなこと書かれても」みたいなことを書く人もいると思うんですけどね。
でも、ごめん、客観的にみても、「そう思う」って言われてもおかしくないよ、ってな文章を思いっきり書いていて、それでいて「こちらにも非があったと思うけど」みたいなすぐに「けど」って否定系に入ってしまうような文章が続いていたり。
「非があった」と思うなら、なんできちんとその人に対して謝罪しないんだろう、とか。
もちろんキタナイ言葉をかけられて傷ついたりしたかもしれないけど、それはその人に弁償を求めるためにだったら言う言葉ではないと思うし、自分の悪いところを認めた上で、自分の中での改善策をきちんと提示した上で、それで初めて相手にも、改善なりなんなりを求めるモノだと思うから。
そんなのがイヤで、最近、「この人好きだったのになぁ」というようなカンジで、通うのをやめてしまったブログがいくつか出てきてしまって、残念なことに(苦笑)
顔も本名も知らないような、ホントにこっそり通っているだけのところが殆どだから、ホントはそんなところで判断してはいけないのかもしれないんだけど、逆にいうとたった1回のそのことだけで、簡単に壊れちゃうような「オンライン」な関係ってのもあるわけで。
ま、一方的な関係だけど。

こういうことがあると、いつも考えます。
この文章を今よんでいる、あなたのことを。
もちろん実際にあって本名だって知ってるよ、みたいな人が読んでくれたりしていることもわかってはいるんですけど、どっちかっていうと意識するのは、名前も知らない人のことかなー。
時々ね「ずっと前から見てました」っていうようなコメントを頂くことがあって、嬉しいことだなぁと思ったりすんですけど、何をきっかけにコメントしようと思ったのかってとこも含めて興味深々になったりもするんですけど、こういうことを考える時はホントに名前も知らないような人のことを思います。

「なかはらあつみ」はあなたたちと向き合っていますか??

…正直、SMAPブログを表でやらなくなってて、その後にこのエイトブログをはじめた頃は不特定多数の人が見ている状況ってのにホントになれなくて、なかはら自身も言葉のチョイスをいろいろ間違えたりして、しかもSMAPブログをはじめた時よりももっと沢山の人が気軽に「ブログ」という文化を楽しめる状況になっていたから、いろいろ悲しい想いをしたりもして。
だけどそのたび、いろんな人に助けられて、今のこのブログがあって。
名前も顔も知らない人たちが見ているからこそ、そんな人たちと向き合いたいと、思えるようになりました。
じゃぁ、具体的に「向き合う」って何?っていわれそうだな(笑)
いやね、なかはらはこの文章を書いている先に、いつも誰かがいるんだ、ってことをいつも考えていたい、と思っているよ、っていうコトなんですけど。
人によって話し方を変えなきゃいけないのは普通だと思うから、不特定多数に向けた文章って難しいとは思うんだけど(苦笑)
それでも思うわけです、目に見えない人のことを。
…ま、最近は更新をさぼりがちってのが一番ダメダメなトコかとは思うんですが(爆)

さて、コメントレスしちゃいますね。
お待たせしていてすみませんでした(汗)
あ、DVDを待ってて下さっている方、あつみさん、明日編集できれば、と思ったりしています(汗)
少なくとも9月4日(土)は完全にお休みなので、そこでは確実にできるんだけど、できれば早くやれればと(汗)
んでは。
ゆかりさん、はるかさん、ラナママさん、リンダさん、のんさん、瑠羽さん、ゆうかさん、なつこさん、natsuさん、雪紀さん、ありがとうございましたっ











[ 続きを読む ]

ジャニーズステーション

2010年08月26日 23:00

・TOKIO 24時間テレビ 今週末土日にOA
・kinki光一 ソロアルバム発売 来週は光一くんが3時間レコメンに登場
・関ジャニ∞ 『LIFE』が発売

あぁ、来週の今頃はSMAPコンやな、あつみさん(爆)

Mステ情報がとっておきです。
明日も近況やな、とヒナちゃんとヤスくん。

並木さんの初キスの情報に盛り上がるやすば。
ヨコ:「俺らスポンサーやからそれ言うてるだやで」
すばる:「いやいや、俺はスポンサーやなくても並木さんのことが気になるわ」
ヨコ:「俺は完全にビジネスの関係やから。お金だけだしてもらって」
すばるさんは俺は並木さんと一緒にやりたいくらいの勢いです(笑)
これで文化放送ですばるさんのラジオが始まったらいややね、っていうヨコ(笑)

********************
今日はすばるさんのテンションが高い(爆)
すばるさんのテンションが高くてヤスくんに「絶対勝つぞ!」と何度も言ってます(笑)
そしてすばるさんがプロローグパッチ後半をオッサン口調で説明したり、しんちゃんしょーちゃん(すばるさんが命名)は2人きりでお食事に週1ペースで行ってます。
しかもヤスくんはヒナちゃんのお家に泊まりにいったそうで。
番組の打ち上げみたいなので朝になったので、泊まっていけっていう話になったそうです。
ヨコ:「マルに飽きてヤスにいったか!」
えらくそっち系の話になってますが…(爆)

久々のレポで疲れてしまいました(汗)
ので、今日はここまでー。
明日は深夜勤、レスができればレスしまーす…。

本日の企画その1

2010年08月26日 22:47

対決企画 K太郎さんの登場です。

すばる:「やった!K太郎さんやん」
radikoでレコメンを聞いているすばるさん、さわやかあるあるが大好き。
『アンチョビを食べるとちょびっと大人になった気がする』
『飛行機の上から地上を見下ろすと、自分の存在なんてちっぽけだなぁと思う』
を披露するK太郎さん。
すばるさん、それを改めて聴いても「いいっすわ、好きなんすよっ」とお気に入りなすばるさん(笑)

ラブヒゲで対決です。
K太郎さんもヨコに無理やり参加させられている(笑)
すばるさん『全員にあだ名をつける』→○
ヨコ『右となりの人に膝松いて、手の甲にキス』→○ 当たったらすばるさんに
そのあとは指令を読まずに行ってます、流れ作業です(爆)
ヤスが飛ばしました。
『右隣の人の首の匂いをかぐ』
ヤスくんの右隣はヒナちゃん。
よこすばにいじられながらも、3、4回嗅ぐヤスくん(笑)
すばるさんが言うように「イイ出汁」は出てたんでしょうか?(笑)

ガールズランキング

2010年08月26日 22:28

『関ジャニ∞に挑戦して欲しいこと』ランキング

5位:嵐と対決
番組で共演してほしい。
すばる:「出たいな、あのゲームのやつ」
あれ出たいなぁ、と口々にいうメンバー
ヨコ:「ということは、嵐がそれだけ凄いってことやな」
ヒナ:「そりゃそうやわ」
向こうが言うてくれたらすぐやねんけどなぁ、他にも優先があるからなぁ、って(苦笑)

4位:横山村上でイタリアン
やすば:「どういうこと?」
レコメンでの経緯をしゃべろうとするヒナの話を遮って「アマトリチャーナを知ってる?」というヨコ。
ヒナ:「お前、俺が何いうてもしょーもないって言うやん」とヨコに言うヒナちゃん(笑)
アマトリチャーナを番組で食べたときに「ホンマのアマトリチャーナちゃう!」と言われた経緯も話して、だから一緒に行こうやと言っている、ということも。
弟と食べに行ったヨコ、「兄ちゃんこれミートソースと何がちゃうん?」と言われたし。
ヤスくんも食べに行ったそうで、そこのお店のは本当においしいそうです。

3位:全員で映画主演
ヨコは「新宿少年探偵団」でスクリーンデビューをしてるのに、それを取り上げられないヨコ(笑)
相葉ちゃんや松潤、ふかきょん等々と共演して「一番売れていなかったから焦った」ヨコさん。
ヨコ:「よかったわ、笑い話にできて」

2位:24時間テレビ
来年もしやれたとしても、俺はもう30やで?とヨコ。
ヤス:「ヨコちょ、もう30か…」←しみじみ(笑)
30代、40代、50代とやったらいいんですよ、と言うメンバーに
「ねむなる」というヨコ。
すばる:「だんだん寝られへんくなるって!」(笑)

1位:47都道府県ライブ
すばる:「2週目いく?」
ヨコ:「今となってはホンマにやれたん?ってカンジしません?」
すばる:「実感でいうと、あっという間すぎてなぁ…」
ホンマにやったよ、やったんだよ。
あつみさん、毎日MC情報集めたもの(笑)毎日ブログにMC情報アップしたもの(笑)
2回目の方がかみ締められるだろうし、楽しみ方もかわってくるから。
すばる:「3年くらいかけてまわりたいなぁ。オッサンなったらゆっくりやりたいなぁ」
ヨコ:「…オッサンの定義って何なんやろな?10代からみたら30代がオッサンやったやん?今全然大人になれてないやん?40になった時変わる?」
ヤスは今年26、4年前に四捨五入してら30や、と言ってた三馬鹿。
ヤス:「そんなに変わらんって!」
ヨコ:「いや、変わるって。ちょ、ラジオ体操せえへん?」←3人で?

来週は『堂本光一くんの凄いところ』ランキング。
次週は光一くんの登場。

やすばなレコメン、はじまりましたけどもー。

2010年08月26日 22:12

本日のレコメンはやすば出演のレコメンなので、久々にこっちでレポを残していこうと思います。
最近ツイートばかりでごめんね(汗)


********************

すてきなゲスト、とフライング気味なすばるさん。とそれに笑うヤスくん(笑)
ヒナ:「ヘラヘラ入りましたねー」
ヨコ:「どうしたん?なんでそんなに身体が赤いん?」
どうやらヒナちゃんが遊びすぎて日焼けでまっかっかになったそうです。
でも、猿のお尻@すばるさんが言ってる、程赤くなってるそうで。
ヒナちゃんいわく帽子かぶったりしてやけないようにしていたけど、昼間からのフットサルやら海で真っ赤になってしまったらしく。
ヒナ:「これでもマシになったんですよ?」
すばる:「せめてヒゲそってきてくださいよ。顔もまっかやし祭りや、顔が夏祭りや!顔がやかましい、顔が花火大会や!」
ヤスくんはどういう夏を過ごした?とヨコ。
ヤス:「僕はどういう夏をすごしたんですかねぇ」←ヤスくんっぽい(笑)
ヒナちゃんが相当焼けているので、ヤスくんが焼けているように見えない。
ヤスくん自身も夏前半に遊びに行ってたので、少し落ちたとはいってるけど、ヒナちゃんが相当黒いらしい(笑)
明日のMステ、ちょっと注目ですね(笑)
ヨコ:「俺は自転車で東京を散歩してみようと思って」
すばる:「ヨコ散歩や!」
ヨコ:「知らん街、東京やったわ」
一人で自転車に乗っていろんなところに行って、しかも山手線も乗ったりした。
学生のときにかわいい女の子が横に座ったらドキドキしたりした、そんな思いを今回の山手線で感じたヨコ。
ヨコ:「隣に座った女の子がかわいかった。俺のこと好きなんじゃないかな?って思った」そうで(笑)
ヨコ:「出会いって何があるかわからんからな」←声をかけてください、と(笑)
すばるさんは旅行にも行ったし、友達とずっといる、と。
大人になって初めて、8月に時間がある関ジャニ∞。
ヨコヒナスバル、のオッサン3人はヒゲぼうぼうだそうで(笑)
ヤス:「ホンマや、ヨコちょもはえてる…めずらしい」
ヨコ:「いや、俺だってはえるし。はえるのは悪いことじゃないし」
休みは金なくなる、遣うというよこすば(笑)
すばる:「頑張って働かななぁ…」(笑)

本日の企画は、『ヨコヒナvsやすば レギュラー争奪戦』
レギュラーを狙ってるすばちゃんと関ジャニ∞の第2のツッコミのヤスくんがきたからだそうです(笑)
(ただし、ヤスくんはまだ1回もツッコミをいれてません。ヨコいわく「今はまだ沈黙だけやけどな」と)

♪Jackhammer

KAT-TUNコンに行って来ました。

2010年08月22日 20:26

どうも、急な職員の休みで急な勤務変更を余儀なくされたなかはらですけども(苦笑)
久々に今日は深夜勤、しかも今日は健介くんメインのGMなのに、途中で後ろ髪を引かれるようにお家を出なければなりません…(苦笑)
ま、仕方ないと割り切ってしまおうとは思っていますけど、うん。


さてさて、エイト出演のMステとかもあった中、なかはらさんは昨日デビューする前以来のKAT-TUNコンに行ってきましたー。←KAT-TUNさんがデビューする前に行った事があるんだよ。
結局KAT-TUNさんのアルバムをきちんと聞いたのは数回、という状態で見に行った大バカモノですが(爆)しかも、相方の当てたチケットは1塁側の仮設スタンド4列目ということで、メインステージにいるKAT-TUNさんを肉眼で確認でき、その上ステージ花道やらトロッコが妙に間近…というなんとも良席…(爆)
↑実はSMAP2日のチケットもこの仮設スタンド。
位置を確認して、これはまたイイカンジに見えそうじゃないですか、とちと興奮した(笑)
そこで、KAT-TUNさんでもキスマイさんでもなく、ジュニボやバトボ&千ちゃんにテンションあがる人たちをお許しください…ってカンジだったんですが(爆)
そうなのですよ、ツイッターではちらりと書いたんですけど、ジュニボはバックで踊りに来てて、バトボ&千ちゃんはどうやら松竹座終わって速攻でこちらに向かってきたらしく、私服で登場した、っていうことがありまして。
それになかはらと相方はテンションがあがってしまった、っていうね。
「きよったー!!」って(笑)
KAT-TUNコンの後は地元近くで抹茶さんと合流。
KAT-TUNさんの話もしたけど、やっぱり中心は関ジュにエイトでした(笑)
フェチの話なんかもして、かなり盛り上がったカンジ。
相方があんなに爪フェチだったとは…という新発見もありつつ。
もちろんKAT-TUNコンもいろんな意味で楽しかったので、しれっと感想なんかを書いてみようかと思います。
ここにはなかなかKAT-TUNさんファンの方はいらっしゃらないとは思うんですけど、うっかり検索とかで着てしまったKAT-TUNさんファンの方がいらっしゃったら、大変申し訳ない(汗)
完全に∞er目線のKAT-TUNコン、キスマイさんよりも関ジュファンな目線の感想なので、お許しを。
隠すことはないんだけど(笑)続きに書いておきまーす。










[ 続きを読む ]

幸運な人はだれ?

2010年08月16日 23:13

SMAPバクステパス、当然外れるだろうと思いながら見てるのに、何故ドキドキするんだろう?っていう話(笑)
とりあえず、凄い近い番号はあったけど外れていました、なかはらです(笑)
このとこ、ブログ更新がおろそかで申し訳ない(汗)
エイトも動いてるけど、やっぱりツアーやってるスマへの比重が高くなってる模様です(爆)

さてさて。
今ね、ちょっと考えていることがあるんですよ。
何って25万HIT企画もなんですけどね(爆)←もう26万HITになってるのよ、どーしようかと(汗)
これはちょっと固まってきそーなカンジ。
思いっきりなかはらの好みが反映されそーだけど(笑)
さぁ、いつ作っていつから募集しはじめよーかな…関係論もおわってないのに(汗)
その関係論。
前々から考えている関係論を本にして残す、ってのを実現させるかどうか、ってトコもあったりして。
↑いや、もちろん売りはしませんけどね(笑)自分のために手元にきちんと残そうかと思ってるんですよね。
いまや自分のブログ記事を簡単に残せる時代になりましたしねぇ。
あとは、お友達な亮ちゃん担当には何個か作って送っちゃったんですけど、扇子をね。
材料費さえ払ってくれれば地味にコツコツ作れるんだけどな、って思ってたりとか。
↑欲しい人いるのかなー?いたらこっそり?(笑)コメントでもメールでも頂ければ。
ケイタイのアドレスを普通に知ってるようなお友達は、載せて欲しい言葉や画像さえきちんと送ってくれれば、それを反映させることもできますよ。

ってなことを考えてます。
今週結構忙しいんだけどなぁ(笑)
でもそれが楽しかったりするんだよな(笑)

さて、続きにコメントレスです。
もろもろお待たせしてすみません(汗)
のんさん、yuiさん、ことさん、ののさん、揚羽さん、kimidorinkoさん、anさん、ゆかりさん、通りすがりさん、スミレさん、通りすがりですさん、ゆうかさん、なつこさん、香さん、めぐさん、ちぃちぃさん、あやさん、みきさん、kirakiraさん、かのんさん、雪紀さん、ありがとうございましたっ!









[ 続きを読む ]

怒涛の勤務もひと段落。

2010年08月16日 00:12

世間はお盆休み、な中、なかはらさんはずーっとお仕事でした。
えぇ、10日に松竹座行った次の日から今日までずーっと…世間の皆さんとお休みがずれてますが何か?(笑)←ちなみに365日24時間営業(笑)ななかはらさんの職場、今年の夏休みは9月2日からの3連休が実質的な夏休み(苦笑)
ツイッターの方ではちらりと書いたけど、ちょっと仮眠のつもりが6時間睡眠になったりと、ちょいお疲れなご様子です、なかはらさん(笑)

でも、今日のGM、かなりよかったよー!
イケ看が映るたびにドキドキしていた、っていうのは内緒の話で(笑)
いや、大人が諦めずにいること、ってのは体力も気力もいることで←ここへいらしている方も身をもってしっている方の方が殆どだとは思いますが(苦笑)
なかはらは割と、ってか、かなり仕事が好きな人間だと思うのですよ。
あの場所にしか自分の居場所がないとは思わないけど、勝負とかも思ってないけど、やっぱり自分の目標とすることだったり、「どうしたいか」ってとこはあるわけで。
ま、たまにブレたりはしますけどねー(爆)
そこがなんらかの影響でおかされるとしたら、粘れる自信はなぜかあるんですけどね(笑)
来週は健介くんメインの回ですねー。
看護師としての立場から、患者に立ち向かう。
なかなか興味深い視点だなぁと思いつつ。
この日はたぶんかなり疲れて帰るよーな気がするんだけどな…(苦笑)←前日に仕事の後KAT-TUNコンななかはらさんです(爆)

さて、コメレスもたまってることを知りつつ、ちょっとこの間から幼馴染なジャニヲタと話していて、書き留めたいと思っていたことを続きに書きます。
コメレス、ホントにためっぱなしで申し訳ない(汗)
明日はお休みなので、体調不良にならない限り(汗)コメレスしますのでー。











[ 続きを読む ]

8月8日はエイトの日。

2010年08月08日 23:10

ということで、記事を残しておこうと思う(笑)
いや、事実、関ジャニ∞にとって何か特別なことがあった日っていうわけじゃないんだけど(爆)本人たちもDVDでも言うもんだから、すっかりそうなってしまいましたよね。
デビュー8周年の8月8日は特別な日になるんでしょうか?←今からいろんな意味で「激戦」が予想される日なだけに、怖いっちゃ怖いんですけど(苦笑)
なってるといいな、と思いますけど。
いやだって、「88周年」はかなり難しい記録だし(笑)

エイトの日だから、というわけではないんですけど。
この間から、5日からちょっとノスタルジックななかはらさんです。
昨日?今日?ツイッターの方にはちらりと書いたんですが、夜中にね、『8時だJ』とか見てたんですよ。
タッキーを中心に、そこにすばるさんが入ってて、小原くん、翼っち、んでもってヨコヒナがマイクを握っているっていう映像をね、みてたわけですよ。
バックには山Pに斗真。
更に言えば天下の嵐さんたちもマイクを持たないでヨコヒナの後ろで踊っているわけなんですけど。
ヨコソロの時に若い子たちが「え?嵐?!」ってなってたのをちょい思い出しましたが、そうなんですよね、今では考えられないメンツと並びなんですよね(苦笑)
実際、なかはらはあの頃ニノが一番好きだった記憶があります<SMAPは別ね。
あれから10年以上の月日が流れて。
どこでどうハマるもんか、わからないなぁって思ったりもします。
事実、なんでなかはらは『関ジャニ∞』にハマったのか、ということが曖昧だったりします。
『47ツアーがきっかけなんです』とか『PUZZLEがきっかけなんです』とか、大体ライブ時期をきかっけにハマっていった、って人が多かったりするんですけど、なかはらは「これ」といったライブも覚えていません。
マジサマはストーリーが好きだったけど、だからといってそっから熱心に通い始めたわけじゃないし、実際ホントに熱心になりはじめたな、と思うのは2006年あたりなんじゃないかなー←SMAPの活動のペースがとんと落ち着いてきたってのもある。
去年あたりのチケット半券はこの10年くらいで一番多いしな(笑)
んでも、じゃぁ「何がきっかけ」ってのも説明しづらく(汗)
前にも書きましたけど、ずっとジャニヲタなので(笑)それなりに彼らのことを知ってましたし、見てきましたしねぇ。
あとね、関ジャニ∞のドコがすきなの?ってきかれると凄く困るのはなかはらさんだけですかねー。
いやね、おもしろいところとかカッコイイところとか、仲良しなところ、とか簡単にいってしまえばいくらでもあるんですけど、ある程度、ってかほぼ全て、していることを許せる存在だからこそ「おもしろい」とか「かっこいい」とかっていう気持ちが浮かんでくるってのは否めないと思うですよね。
あ、噛み砕いて言うと、関ジャニ∞にハマってるから「おもしろい」と思える、とかそういうことなんですけど。
ヘンな話、ファンじゃないとわからない距離感とかもたまらなく好きなんですけど、じゃぁそれが『関ジャニ∞の魅力』なのか、っていわれると、ちょっと違う気もしたり<大衆戦略にはならないというか。
『関ジャニ∞』をよく知らない人に魅力を伝えるって難しい、とヘンに思ってしまう。
まぁ、いつも『ギャップがたまらんのですよ』というんですけどね(笑)
うん、なかなか小難しいことを考えているなぁと自分でも思ったりしますけど。
皆さんが考える関ジャニ∞のキャッチコピー的なモノも1回聞いてみたいなぁと、思ったりもしますけど。

ま、マジメな話もします。
なかはらの人生の「8月8日」はこれからも何回も訪れるだろうと思います<早死にしない限りはまだ40回くらいはやってくるだろうと思ったり。
その度に『8月8日は関ジャニ∞の日だなぁ』って思うのは間違いないと思うんですよね。
なかはらの中ではかなり当たり前の『9月9日がSMAPの誕生日(デビューの日)』と同じくらい、当たり前のこと。
これって凄いなぁと妙に思ったりします。
いやSMAPと比べてどうこう、っていうわけじゃなくてね。
自分の記念日じゃないんですよ、だって(笑)
エイト関連の日はいろいろ多いんだよ(笑)
メンバーの誕生日もSMAPより人数が多いから当然多いし(笑)デビュー日も2日あるし(笑)8月8日なんていう、実はまだ何も行ったこともない日がいつの間にか記念日になってるし(笑)
でも、こうして「あ、今日はエイトの日だ!」とかって思うんですよね。
普通一般の人から考えたら信じられないかもしれないけど、それだけでテンションもあがっちゃうし(笑)
それだけの存在なんですよね、自分にとっては。
なんか、妙に客観的に見ている自分が「お前、安いヤツやなぁ」と言ってたりもしますけど(笑)それだけで人生をポジティブに送れる自分ってのは、本当に幸せだなぁと思います。
ジャニヲタは…なんて思われることも多かったし、実際今もそう思っている人たちはたくさんいるだろうし、実際凄いヲタで収集つかなくなる人もいたりもするけど(爆)
こんな些細なことでHAPPYになれるヲタの自分が好きだなぁ、って(笑)
こうね、『ジャニ好きです』とか、『関ジャニ∞が好きなんです』っていうのが公表できない人ってのはたくさんいるじゃないですか。
ま、なかはらもその気持ちはわからんでもないんです、実際『ジャニーズ好き』ってだけで偏見の目を向ける人もたくさんいるので、なかなかいえないんだよ、ってのも分かるし。
だけど、なかはらは胸を張って「ジャニーズ好き」っていうし、「SMAPも関ジャニ∞も好き」って周りにいいます。
ま、幸いなことになかはらの周りにはそれを凄く偏見の目でみたり、ののしったりする人がいないってこともあるんでしょうけど。
でも言われるんですよね。
「楽しそうにしてる」「嬉しそうにしてる」「それで頑張れるのっていいですよね」
なんてね。
凄く人生を楽しんでるそうです、周りから見ると(笑)
だから言ってやるんです。
『お金も時間もつぎ込んで、ハマってるモノがあるから、楽しいよ』
ってね(笑)
そういう意味では、ジャニーズに、SMAPに関ジャニ∞に、出逢えた自分の人生に拍手だなー。
もちろん後悔も失敗もたくさんある自分の人生だけど、この出逢いがなかったら、ひょっとしたらダメ人間になってたかもしれないし、ここまで人生を楽しんでなかったかもしれないし。
…うわ、凄く大きな話になってきたぞ(笑)
いや、ホントの話。
SMAPや関ジャニ∞がなかったら知り合えなかった人たち、知らなかったこと、できなかったことは沢山ある。
まさか自分で扇子を作るだなんてね、ってとこも含めて(笑)
5日振り返りの記事にも書いたけど、出逢えてよかった、このひとことにいつも尽きるような気がします。

さ、明日はお休み、明後日松竹座です(爆)
とりあえず、コメレスは明日にします…えぇ、なかはらさん、今日殆ど何も食べていないので、とりあえずご飯を食べることにします。
こんな時間に、といわれそうだけど、いつもあまり時間は気にしていません(爆)








ちなみに、8月8日はこの記事のおばあちゃんのお誕生日です。
103歳おめでとう。
今日晴天だったのは、あなたが笑っていたからかな。

∞の人間関係論 その13

2010年08月07日 22:08

なんと書き出しがなかなかできなくて、PCをスタバにもっていく、というどこぞの作家みたいなことをしたなかはらさんですが(汗)
なんとか書きました。
でもとても抽象的になりました。
イメージを言葉にできなくて、撃沈した感もありますが(汗)
とりあえず興味ある方は読んで下さればと思います。



第10章 見上げた空横山裕×渋谷すばる


+++++++++++++++
※注意※
◆あくまでもなかはら視点での関係論ですので、あんまり本気にしないでください(笑)むしろ「こんな考え方もあるんだなぁ」程度に読んでくださると嬉しいです。想像も妄想も抽象的表現も多大にあると思いますので(汗)
◆意見の違いは出てくると思いますが、あまりにも「それは違うんじゃない?」ってことがあったら、こっそり優しく指摘して下さると嬉しいです。
◆できましたら、読んで下さった方の感想を頂けると嬉しいです。次への糧になるかと思います。
+++++++++++++++







第1節 横山裕からみた渋谷すばるとは?
この2人を語るにあたっては、相当過去へと遡ります。
もう15年になるでしょうか、彼らが出逢ったのは。
初めて出逢った時に、お互いがどんな印象だったかなんて、なかはら自身がはっきり知っているわけではありません。
だけど、少なくとも客観的にみている限りでは、出逢った当時は『渋谷すばる』という存在よりも『横山裕』いやその当時は『横山侯隆』ですね、の方が芸能界という世界では先をいっていました。
ヨコ本人も後に語るように、ヨコは早いうちから目をかけられた存在で、テレビ番組でも活躍する存在でした。
そんな先をいくヨコにとっては、すばるさんは然程目に留まらなかった。
目がギラギラしてたけど、小さくて細いコ、なんてどこかで語っていたこともありましたが、第一印象をヒナちゃんのことを言うことはあっても、すばるさんのことを言っているのをあまり見たことがない、ということはそうなんでしょう。
あの時のヨコには、すばるさんよりも他のメンバー、それはヒナちゃんを含まないメンバー、当時『関西ジャニーズJr.』の第一線をいっていたメンバーがいたから尚更です。
でも、そんなヨコの環境はいつまでも続くことはありませんでした。
第一線と呼ばれていた仲間たちは次々と事務所をやめていき、『渋谷すばる』という存在がどんどん大きくなっていったからです。
もちろんすばるさんだけでなく、ヨコもヒナちゃんとともに3人で「関西出身」ということで大きく取り上げられていました。
だけど、歌のメインをすばるさんがはるようになったり、はたまた『西のすばる』といわれる存在になったりして。
ヨコはそんな状況をどこか客観的に見ていて、でも前々からわかっていたような気がします。
どこでだったか、ヨコが一度言ったことがありました。
『すばるの歌を聴いたとき、俺じゃあかんなと思った』
それに全部が集約されている、つまりヨコはヒナちゃん同様、『渋谷すばる』の才能に気付き、どこか叶わないということを早い段階で知っていたからです。
これはなかはらの想像でしかないんですが、ヨコはすばるさんの歌を聴いた瞬間から、本能的に「コイツはスターになる。注目される存在になる」と知っていた気がしてはならないのです。
と同時に、ヨコは、自分はすばるさんには敵わない存在なんだという認識もしたんだと思います。
…本当は諦めたくなんてなかった、自分の方が優れていると思いたかった、って気持ちもあったと思います。
だけど、本能的に知ってしまった。
どこか劣等感をもちながら、でも、『渋谷すばる』という存在に尊敬している自分もいることに気付いていた。
きっといつか、自分の手の届かないところまで羽ばたいていってしまう存在だと思っていた。
青くて大きい空に、羽ばたく白い鳥。
抽象的にいうとそれくらいの存在だったんだと思います。
だから、ヨコは、すばるさんが挫折する時がくるだなんて、思いもしなかったと思うんですね。
なのに、その時が来てしまった。
ヒナスバの関係論を書いた時に「ヒナちゃんはすばるさんがいつかそうなることをわかっていた」と書きましたが、ヨコは「まさか、すばるがそうなるだなんて思ってもみなかった」んです。
だって、ヨコにとってはすばるさんは絶対的な存在だから。
彼ほどの人がつまはじきにされるはずがないと、信じていたから。
自分の見ていたものが虚像となって、自分すら信じられない時期もあったかもしれません。
だから、すばるさんとの距離のとり方に戸惑った時期もあったと思います。
ヒナちゃんがすばるさんとの距離感に戸惑いがないのを横目で見ながら、どうしていいのかわからない自分もいたと思います。
ヨコにはヒナちゃんのようにすばるさんの考えているであろうことを理解できなかったし、どうしてあげればベストなのかなんてもっとわからなかった。
でも伝えたかった。
『渋谷すばるはこんなとこで立ち止まっている存在じゃないんだ』ってことを。
きっとヨコはすばるさんに対して劣等感もあったし、ヒナちゃんのように傍にいる、とも言ってあげられなかった。
もっと言えば、自分が傍にいることなんておこがましい、彼はもっともっと大きなところへ行くんだと、信じていた。
だけどどうしても伝えたかったんです。
『お前はここで立ち止まってたらアカンねん』
すばるさんにその気持ちは伝わっていたと思います。
でもひとつだけ、すばるさんが気付いていなかった想いがありました。
そしてそれに気付いたとき、距離がまた変わるわけです。
…とはいっても具体的に「ここ」ってのはわかりません(汗)
少なくとも、『Another』よりは後で、デビューよりは前です。
詳しくは第3節に書くことにします。
じらしてごめんね(笑)

第2節 渋谷すばるから見た横山裕は?
再び15年前に遡ります。
すばるさんから見た横山さんの第一印象を聞いた覚えがなかはらにはありません。
ひょっとしたらどこかで言っていたかもしれないんですけど、覚えてないんです。
だから想像の部分も大きいんですが。
少なくとも、すばるさんにとってヒナちゃんとは違って横山侯隆はグループの違う、毛色の違う存在でした。
言葉を変えて言うなら、対立、くらいの関係。
いつぞやの番組ですばるさんが「違う中学のヤツらとかたくさんいて、何やこら、くらいの気持ちだった」みたいなことを言ってましたけど、まさにそんな感じで。
ヨコもそうですけど、ヒナちゃんとは違って人付き合いの下手なヨコとすばるさん。
元来似たところもあって、付き合い始めれば楽な存在になるはずなのに、思春期にはよくあるグループの違いみたいなもので、近づくことはなかった。
だから、あの2人の間にヒナちゃんがいなかったら、今現在の関係までにはなっていなかったかもしれません。
この2人が近づくきっかけとなったのはヒナちゃんだと思います。
完全に同期のヨコヒナ、仲良しのスバヒナ。
ヨコの周りに変化があって、それからなんとなく3人で過ごすようになって、すばるさんが関西ジャニーズJr.の中で注目される存在になって、そしていつのまにか3人がパッケージとして売り出されるようになった。
ヒナちゃんのことは、まぁ普通のお友達くらいのつもりでいた、と前にも書きましたけど、ヨコのことはどうだろうな、少しヒナちゃんと立場が違うというか、友達だけど友達じゃない。
うん、ヨコもすばるさんのことをわかっていなかったけど、すばるさんもヨコのことをわかっていなかったと思います。
表面的というと凄く言葉は悪いけど、仲良しだけど真意はわからない、というような感じだったと思います。
だけどヨコやヒナちゃんといれば楽しい、だから一緒にいる。
でも、そのパッケージがいつの間にか壊れていき、すばるさんは東京で他のメンバーとグループ化されることになります。
タッキー、翼くん、そしてすばるさん。
この3人がメインでステージを飾ることも増えていく。
いつの間にか、すばるさんの横にいるのは、タッキーや翼くんになっていた。
それを当時のすばるさんは寂しいとは思っていなかったと思うし、ヨコやヒナとの関係もそう変わっていないと思っていたと思います。
そんなすばるさんを見ていたヒナちゃんやヨコがどんな思いだったか、っていうのはヨコヒナ関係論のときにでも書きますが(笑)
そして、自分の存在を考えさせられる「あの時」がやってきて。
自分のことに必死だったすばるさんが、第1節で書いたようなヨコの気持ちを理解することはありませんでした。
少なくとも、あの時は。
ヒナちゃんが「俺も傍にいるよ」と伝え続けた横で、ヨコの気持ちはわかっていなかっただろうと思います。
もちろん「立ち止まっていたらアカン」という気持ちは受け取っていました。
だけど、それは表面的な励ましだと最初の方は受け取っていたと思うし、まさか自分と同じような挫折や気持ちがあっただなんて思っていなかった。
きっとヨコはこんな自分を嘲笑っているに違いない、大げさに言えばそれくらいの気持ちがすばるさんにはあったんじゃないかと思います。
だから当然、わかっていなかった。
まさか、そんな自分にヨコが劣等感を抱いているだなんて。
ヒナちゃんに支えられて、少しずつヨコの気持ちも伝わるようになってきて、『Another』が開幕するころには、自分にもヨコにもヒナにも、同じ気持ちがあるんだ、ということがわかったすばるさん。
これからこの2人と一緒に、長い人生という道のりを歩いていくんだ、と決めた、『命の次に大切な存在』の2人。
そう心に決めたすばるさんに思いもよらなかったのは、『横山裕の劣等感』だったわけです。
なにをきっかけに知ったのか、なかはらにはわかりません。
だけど、雰囲気が変わったなぁと感じたのは、デビューしたくらいだったかな?
そのあたりに何かあったんだろうと思います。
そのときはじめて、すばるさんはヨコが自分に劣等感があるということに気付いて、驚いた、というのが最初でしょう。
だけど、違うんだ、ということを伝えたかった。
伝えなければならないと思った。
…第3節に続きます(笑)

第3節 横山裕×渋谷すばる
ヨコにとってすばるさんは『見上げた空を飛ぶ、大きな白い鳥』であることは、実はあの『挫折』があってからも変わっていなかったと思います。
実際、『渋谷すばる』は自分の目の前で「翼を取り戻した」わけで。
やっぱりすばるだなぁ、と、ヨコはすばるさんの歌を聴くたびに思っていたんじゃないかなぁと思います。
自分が思い描いた光景がそこにある、と。
同時に劣等感も寂しさも、いろいろ横山さんは抱えていたと思います。
だけど、それをおくびにも出すことはありませんでした。
すばるさんはまぶしくて、いつか自分の手には届かなくなると思いながら。
そんなヨコに気付いたすばるさん。
ビックリした、というのが本音でしょう。
なんたって、すばるさんはヨコが自分のことを嘲笑っていてもおかしくないと思っていたからです。
と、同時に悲しい思いもしたんじゃないかな。
自分にとって横山裕、いや横山侯隆という存在は『命の次に大切』なモノ。
なのに、その相手は、いつか自分のもとから離れていく、と思っている。
そう思わせてしまった自分というものを情けなく思った時期もあったし、悔しかっただろうと思います。
だから、伝えた。
自分は見上げた空を飛ぶ鳥なんかじゃないんだ、今一緒に、お前の見る空を、見上げているんだ、と。
…随分抽象的ですが(笑)
すばるさんはヨコと同じ場所に立っている、そしてこれからも一緒に歩いていきたいんだ、と伝えたんだと思います。
伝えられて、それを信じられない思いはヨコにはあったでしょうね。
ヒナスバのときにも書きましたが、まさか自分があの『渋谷すばる』と一緒にたって、歩んでいけるだなんて思ってもいなかったからです。
そんな気持ちを伝えられて、初めこそ戸惑いはあったものの、ヨコがすばるさんに近づくにつれて、今度はすばるさんがどこかヨコのことを「見上げる」ようになっていった時期もあります。
デビューして、そうだな、2年くらいかな。
すばるさんが自分のやりたいことを表現できないでいたとき、そんな自分をまたもどかしく思って、何を信じてやればいいのかわからなくなってしまった時。
そんなすばるさんから見れば、ヨコの存在は自分よりもずっともっと輝いていたでしょうね。
決してヨコも自分のやりたいことが実現できていたかといわれればそうではないと思うんです。
だけど、ヨコのやりたいことってのは、基本はファンを楽しませることだから、ファンの人が楽しいといってくれたら、それが自分のやりたいことになる、から。
そんな風に考えられるヨコのことをすばるさんは凄いと思っているし、自分はそんな風にはなれないと思った。
すばるさんは思っていたでしょうね。
ヨコは劣等感を感じていたというけど、俺の方がよっぽどなさけないよ、と。
でも、そんなすばるさんにいち早く気付いたのはヨコだったと思います。
それだけ近い存在に、ヨコはなっていたんです。
『ゆっくり、すばるのペースでやればいいよ』
自分にはそんなこだわりがない、だからすばるは凄いんだよ。
ヨコは純粋にそう思って、そしてそう伝えたんだと思います。
そしてまた、同じ空を2人は見上げるわけです。
照りつける太陽も、雲がかかる月も、大きく羽ばたく鳥も、一緒に見ている。
彼らは同じところから、同じ空を見上げている。
同じ夢に向かって、同じように前進するときもある。
でも、やりたいことが違うこともある、一緒にできない夢もある。
立っている場所が違うこともある。
だけど、いつも見上げた空は一緒、行く先は一緒、そう気付いたのはつい最近なんだろうな。
仕事抜きで考えると、自分たちは気を遣わないでイイ、楽な存在なんだなぁ、と気付いたのも最近だと思います。
この1年くらいでまた2人の空気感が変わってきてますからね。
彼らはいろんな思いを食い違わせながら、でも通わせ、そしてどんどん近づいていって、今はいろんな意味で「楽な存在」になったんだろうな。
だからこれからは、何があっても、崩れはしない関係なんじゃないかなぁと思います。
いつも『見上げる空』が一緒である限り。

結論。
横山裕と渋谷すばるの関係は
『歩く道は違っても、行き着くところは一緒な2人』


以上、なかはらあつみでしたー。
あかん、読み返しても凄い抽象的だなー(汗)
次は1位のヨコヒナの前に番外編です。
関係論もあと2本。
てか、25万HIT企画は…(爆)
また考えておきます。
あ、コメレス、明日以降になりますが、ご容赦をっ(汗)

書こうかどうしようか迷ってたけど、書いてみようと思う。

2010年08月06日 08:58

朝から電話がかかってきて、そっから二度寝もできず、な残念ななかはらさんですけどもー(爆)
昨日はレコメンで『蒼写真』が初公開ってことで。
早速ヘビロテですわー(爆)
『LIFE』のカップリングがこれ、ツイッターでもちらりと書いたんですが、『関ジャニ∞=コミカル』という認識の人に是非すすめたいシングルだなぁと。
ふり幅がでかくてギャップ萌えするだろうな、っていう予想なんですが(笑)
すばるさんの『泣き』が効いてる曲ですよね←大サビ。だってBメロは亮→すばる→丸山&安田のラインだからなのか、間のすばるさんはやわらかテイスト。
最近はAメロ大倉が多いですな、音域の問題か?
にしてもなににしても、ビックリなのは、横山→村上の歌割りラインだよ!
でもこの歌割り、かなり正解!ってカンジだし、曲によっては横山&村上のサビが出てくるかも。

ま、そんなこんなでタイトルの話。
別に隠さなきゃいけない話でもなんでもないんですけど、タイトルみたいな心境なので(笑)
でも、昨日、ってか今日だな。
『蒼写真』を聴きながら、思ったりしたこと。








[ 続きを読む ]

グッズを黙々と作成中(笑)

2010年08月04日 12:16

眠れない夜は抱きしめてあげる
…ってな甘いカンジはなく←いや、暑いやろ(笑)
昨日は明日休みだからー、と思ったからかなかなか眠れず、寝たのは5時で起きたのは7時(爆)
最近眠れない夜は黙々とグッズ作り、ってことで(笑)
28日の関ジュコンの時に作っていたのはステッカーとタトゥーシール。

ステッカー

これがまずステッカーね。
クリアファイルに貼ってます、これは。
ヨコトラばっかり作りすぎて(笑)ハチも作ってみようと思い、作ってみた、ってカンジ。

んでタトゥーシール

SMAPタトゥー

透明で作ったけど、白で作った方が目立ちそうなので、また作る予定。
9月の京セラの時は貼ってやろうと勝手に思ってるんです(笑)
ちなみに自分の足に貼ってるので、この背景は無視していただければ(汗)

んで、昨日の夜眠れなかったから作ってたもの。
まずはベースとなるコイツ。

やすべえ01b

ちょんぷり、やすべーさん。
横にグッズを並べて、ペンタブで必死に模写…ってか、取り込んだ方が早かったんじゃなかったのか…と後になって気付く…(苦笑)
色が無意識のうちに鶴岡さま色になったのはご愛嬌(爆)
んでこれを元に作ったのがこれ。

せんす

裏。

せんすうら

扇子ははじめて作ったけど、結構難しいです(汗)
アイロン扱うのが久々すぎた(爆)
さて、相方の分をどーするかなー、と相方と相談しなきゃなんですけどね(笑)←自分で仕上げをやってもらおうかなぁ(笑)

と着々といろんなモノを作り始めているけど、なかなかここまでには慣れません…(苦笑)

クマレンジャー

28日にあおちゃん&しずかさんが連れてきてくれたので3ショット。
いつか全部の色が揃ってるのを見せてもらえそーだなぁ。
ここまで行くには時間がかかります…
あ、便箋も着々と作ってます(笑)
なんか、こういうことばっかりしてると、またのんさんがエマちゃんに「このお姉さんは忙しいはずなんやで」って諭しそうで怖い(笑)

もちろんGMもおしゃれイズムも、お試しかっも、JOKERも全部チェックしてますよー、いつ寝てるん?って言われそうだけど(笑)
GMの健介くん、だんだん出番が増えてきたけど、ふてぶてしい部分も愛らしい、と思ってみるなかはらさんは、もう既にヨコシマな見方をしていることは否めない(爆)
後田さんのキャラが出来上がってるカンジがかなりよかった、第3話。
これからひとりずつスポットがあたっていきそうなカンジなので、健介くんの回もきっとくるだろうなぁと今から楽しみにしているところも、もう既にヨコシマ…(苦笑)
ただ、普通に見ればこの第3話でとりあげられたのだと、患者さんが今後どうなっていくか、っていう結末は見えないわけで。
総合診療のお医者さんって『完治』を見ることは意外に少ないのかなーって思ったりも←そうなると看護師さんもそうで。
益々大変なお仕事だなぁと思わずにはいられない。
おしゃれイズムはねー。
ツイッターのTLに一体いくつの『ホーリーと越後屋』が並んだか(笑)
あれは結構衝撃的だったなー(笑)
いや、ホンマに広い部屋に住んでるなぁとか、噂のトイレットペーパーも含めてね(笑)、一人になるとテキトーな部分が見え隠れするな、とか、ほら、ずっと背もたれにもたれながら「なんでしょう」「はい」が多いカンジとか←きっとテンぱってるんだろうけどさ(笑)
そういう部分もめちゃ楽しかったんですけど、なかはらさん、「えっちゃん」にもっていかれてしまいました…(笑)
鼻水のくだりとか、アイドル発言じゃないですよ、錦戸さん(笑)
おためしかっ、は、どうしても食べ物を苦しそうに食べなきゃいけないカンジが苦手ではあるんですけど(苦笑)←今回だって、ヨコさんとすばるさん、ホンマに苦しそうだったし…(苦笑)
でもま、ピンポイントでツボってるとこはありましたけどねー。
最後に当てるってのは関ジャニ∞の定番になるのか(笑)そういうトコが関ジャニ∞らしいですよね(笑)
アイドルっぽくないのが「アイドル」っていわれているのにアイドルっぽくないのが、良かったちゃあ良かったです(笑)
いや、「自分ジャニーズっす!」とかね(笑)あれは結構名言ですよね(笑)
なかはらさん的ツボは2箇所目だったかなー?野菜の直売所みたいなところで、ヨコスバが入っていて「見て!ナスが5本で100円」みたいなことをヨコがいったところ。
…上手になったよ、横山さん、前々から上手だけど(笑)MAPとかでも鍛えられつつあるのかなーと思ったり(笑)
…っていう微妙なトコがお気に入りだったりする(笑)
んで、JOKER
すっかり気持ちはやすべーさんに持っていかれてたので、昨日の久遠さんは別人(あたりまえ)だったよ(笑)
ヘラヘラしたOP(←言葉が悪い/爆)が可愛くって仕方なかったのさ(笑)
昨日はSMAPのミュージックアワーもあって、しかもどっちもリアルタイムで見ていないっていう残念なお知らせだったけど(爆)OPだけ3回くらい見ちゃったよ(笑)
こういうふり幅がステキだな、錦戸亮。
7upのCMもカッコイイしっ。
まだ現物は飲んでないけど(爆)
炭酸飲料かー、スポーツ飲料じゃなくてよかったと思いつつ(SMAPとかぶるから)買ってこようかなー。
お昼過ぎたらお出かけだなー。

では続きにコメントレス+拍手レスです。
レス中のBGMはSMAP
札幌のセトリ順に曲を並べたら全44曲。
すっごい多い…関ジャニ∞だとコントがなければ30曲くらい、コントがあると20曲強のときもありますからね(笑)
ゆかりさん、とうかちゃん、kimidorinkoさん、はるかさん、yuiさん、ゆっちさん、ラナママさん、しーのさん、香さん、もみじマークさん、かずみさん、揚羽さん、なつこさん、ゆうかさん、ありがとうございましたっ。









[ 続きを読む ]


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。