ネタギレ感はまったくなし。

2009年02月28日 13:11

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

eighterがお祭り騒ぎなのが、どこに行ってもわかる状態だなぁ、なんて思いますが(笑)
いや、どこのブログさんでも、ってか、テイチクさんでも詳細は書いているので、今更ここで詳細は記載しませんけど、やってくれたよテイチクさん!ということで。

09.04.15 (wed) NEW RELEASE ALUBM 『PUZZLE』

……こうやって書くと、ものすっごいカッコイイ感じに見えるのはなかはらだけでしょーか(笑)
日本語が混ざってない感じが、エイトじゃないみたいだけども(笑)
最初にこの発売日を聞いた時に何かひっかかる日にちだなぁと思ってたんですけど、1stアルバムが3月15日発売だった、っていうだけでした(笑)
日付が被ってるなーって思ってたんだけど、1ヶ月違うし(笑)
それにしても。
どこでも書いてますけど、これだけの特典をつけられちゃったら、初回も通常も買うしかないもんなぁ……保存版とか買う人は大変(傷つけてもまぁ、仕方ないなぁって思っちゃうタイプ…愛が足りない?(苦笑)でも歴代SMAPも全部持ってるけど、そんなお金があるころからファンじゃなかったから、保存版を買う習慣は持ち合わせていないんですよねー)だろうけど、そんな中でどっちも3000円代に抑えてくれたテイチクさんにホンマに感謝ですよー。
レコメンでヨコが「売れなかったら……」発言してましたけど、このお祭り騒ぎ状態、もう既に売れる手ごたえを感じて頂けてるかと思いますが(笑)
1年10ヶ月ぶりのアルバムリリース……もうちょっとマメに出してくれてもいいんじゃない、とは思いつつ(爆)でも、それだけ待たされたから、いろんな想いをみんな持って購入に走るかと(笑)

さぁ、このアルバムを持って、5周年記念ライブツアーですか?←なかはらの中ではほぼ決定事項。
「○周年ってどうやって数えるのが本当なのかなぁ…」なんて思いつつ、嘘だったら嫌だし、と思って、ちゃんと調べたので(笑)関ジャニ∞は今年9月22日でデビュー5周年(関西デビューはややこしいので、きっとこっちだと思っておきます、えぇ。未だに関西でしか活動してないんだったら8月25日だと思いますけど、全国区だし、いまや。やっぱり全国でお祝いしたいですしねー)
春にはツアーをやらないのは、夏に5周年記念をやってくれるから、と信じておこうかなぁ(笑)
どこだかのブログで、ライブ中にユニットもソロもやるのは大変、みたいなことを書いてましたけども、ソロ+ユニット、ってのは、去年の春ツアーでやってましたよね、ソロがかーなり短いバージョンでしたけど。
ま、ユニットは全公演、1部2部でソロを分けてやる、ってのが妥当なところなのかなぁ……ってか、1部2部のライブはまだやってくれますよね、関ジャニ∞さん!(笑)
年とったから、って小さいところでも1回しかやらない、ってことは出てこないですよね(笑)

なんて、なかはらも大盛り上がりなのがわかってもらえるかと思うんですが(笑)
亮ちゃんファンさん(そーでなくても、かもしれないけど)は『流星の絆』をもう既に購入すると決めていた方もいると思いますし、正直なかはらも、J-Rockやら『カゴツルベ』で結構の出費を蒙ってるわけですけども……えぇ、これでウッチーのにも行きたいし、って思ってたりもするんですけどねー(苦笑)
すばるさんの仰るように「キツイ」ですけど(苦笑)
でもね、楽しみには変えられませんよ。
あ、ってか、もう東京遠征の予約しなきゃ、青山劇場1ヶ月きってるよー(爆)


ってな感じなので、以下の話は本当は必要がない話なのかもしれないんですけど、一応総まとめというか、やっぱりきちんと書いておこうかと思います。
先日のこの記事に関してなんですけど。
長くなるのでスルーしたい方はスルーしてください。
あ、続きにコメントレスありますよー。


怒涛のラジオ記事の前にも書きましたけども、なかはら自身はJ-Rockというものが凄く好きでウエルカム状態、もちろん彼らのよさを伝えていきたいってのもありますし、彼らにしかできないこと、ってのはあると思います。
すばるさんがwebで書いていたように、見に行ってあげてほしい、って思います。
お金がキツくても(笑)それだけの価値はあると、なかはらは思っています。
このまま彼らを支える『Family』が大きくなっていけばいいな、って思っています。
だから、そのよさを、なかはらは伝えていくだけです。
だけど、です。
あの記事にも書いたように、関ジャニ∞を、渋谷すばるを好きな人すべての人が、この活動に首を縦に振れるのか、というのであれば、そうではない、んだろうと思います。
どんなに考えてみても、この活動よりもこっちの活動を優先して欲しいのに、と自分の中で納得できない人っていうのは、いるんですよね、きっと。
…なかはら自身もFFFのライブを最初に見たとき、いろんな想いを持ちました。
どう自分の気持ちを表していいのか、わからなかったんですよ。
FFFの曲の中に『Flower』という曲があるのですが、確か去年のFFFのライブの感想で、これでないた、泣いてしまった、みたいなことを書いたような気もするんですが。
この曲はね、本当に複雑な気持ちでした。
渋谷すばる、FFFとしての活動をしている渋谷すばる、としてこの歌詞を見て、この曲を聴けば、その涙は嬉し泣き。
やりたいことができているという喜び。
ただ、関ジャニ∞の渋谷すばる、を知っている自分にとっては、『遠回りした10年』『空回りした8年』というフレーズは、正直心苦しかった。
渋谷すばる、が関ジャニ∞でいた、その何年間は、無駄だったのか、と捉えられてもおかしくなフレーズですしね、正直。
もちろん、すばるさんがそう言ったわけではないし、後のFFFとしての活動を見ていても、関ジャニ∞の活動を見ていても、webでのすばるさんの発言をみていても。
そしてここへ来て下さっている皆さんが『関ジャニ∞あっての活動なんじゃないか』ってことを後押しして下さって、そんなことはないとなかはらは思いましたけど。
あのFFFの渋谷すばるは、強烈です(苦笑)
それだけのパワーを持っていて、ちょっと小心者のなかはらのような人は、すばるさんの幸せを願うのなら、あの活動だけでもよかったんじゃないのか、なんて思ったりしてしまうわけです。
でも、関ジャニ∞としての渋谷すばるも好きだから、関ジャニ∞の活動をちょっとくらい嫌なことがあってもして欲しい、って思う気持ちがどっかにあったり。
そんな風に思ってしまう自分が嫌になったり、哀しくなったり。
結局は彼らが幸せであることを願っているのにもかかわらず、関ジャニ∞がなくなったら嫌なんだ、って言われているような気がしたりして。
こんな風にいろんな想いを重ねてしまうのは、何事も複雑に考えてしまうが故なのかもしれないんですけどね(苦笑)
今は、なかはら自身は『渋谷すばる』がやりたいこと全部ができればいいな、って思っています。
その中に、FFFはもちろん、関ジャニ∞の活動も入っていますように、と願うしかないかな、って。
ってか、勝手に不安になってゴメンね、ってところもありつつ(苦笑)
…物事をいろんな側面から見たら、やっぱり違う印象、想いっていうのは必然的に出てくるわけで。
一人の人の中でもこんな風に葛藤があるわけだから、ね。
他の人と想いを寄せるってことが、どれだけ大変なことか、って思います。
うまく話せない人、書けない人、だっているでしょうね。
だからスルーしちゃった、って人もいるかもしれない。
ブログというほぼ公の場所には、そんな想いを書けない人もたくさんいるでしょうね。
でも、確かに何も言われないことも怖いんですよね(苦笑)
それなら自分のブログで自分なりに意見を書いて、引き出すようにしなきゃいけないけど、自然とかけるように、書きたくなるように、引き出す技術みたいなのを、身につけなきゃいけないんだなぁ、って……ブログをコミュニティーにするって大変(笑)
こうして書くと「コメントが少ないよー」と嘆いていた自分の稚拙さが浮き彫りになってしまいますが(苦笑)ともすれば、自分の想いが否定されるかもしれない、っていう怖さは誰にでもあるってのは、ブログ生活をしていて思ったりしますしね。
…こういうことを書こうと思ったきかっけの記事、彼女の想いもよくわかるんですよ。
だからこそいろいろ考えたんですけど、上にも書いたように、あの渋谷すばるは強烈だったとしかいいようがないんですよね(苦笑)
人によっては真正面から向き合えないほどの強烈な光、というか。
強烈だからこそ、ストレートプレイに出られないというか(苦笑)
だけど、『否定』だけはしないで欲しい。
関ジャニ∞の活動すべてを暖かく見れなかった人も、逆にいうと自分の想いの中にいない活動をする関ジャニ∞も。
誤解のないようにいっておきますが、きかっけの記事に『否定』が書かれていたわけではないのでね、前の記事を読み返していて、ひょっとしたらそんな印象を受けた人もいるのかなぁ、って思ったりもしたので(苦笑)
他のブログがJ-Rockについて触れてない、っていうことを嘆くはちょっと違うかな、って思ったりもしましたけど。
だけど、最近は完全に『否定』しているのを、ふらっと立ち寄ったブログなんかで見かけたりします。
自分の中でいろいろ思ったけど、これだけはムリ、受け入れられない、ってことで小さく遠慮がちに書いているのならまだしも、「何があったん?」と逆に聞いてしまうくらい、強烈に「これは受け付けない!」と堂々と書かれている文章をね、見ることがあるので。
アレは辛いな、哀しいな、って。
愛を持って応援してあげてほしいな、って。
すべてを受け入れることはできなくても、読んでいる人を、相手を思いやった発言をしてほしいな、って。


……こういうことを書いていると、この場所にできるだけ負の感情を出さないようにしよう、って思ったりもするんですけどね……えぇ、気を引き締めてはいますが。
そうなれない日もある……せめて関ジャニ∞に関する負の感情は出さないようにしてるつもりなんですけど(ってか、関ジャニ∞に負の感情は殆ど抱かないのでね)他のeighterだったりには、この負の感情を書くこともしばしばなのでね(苦笑)
生真面目に、頑張っていこうかと思います(笑)


さてさて、長くなってしまいましたが(苦笑)
続きにコメントレス&拍手レスです。
抹茶さん、あかりさん、はるかるなさん、kimidorinkoさん、めぐみさん、あっこさん、あおいさん、kirakiraさん、Mikeさん、natsuさん、ありがとうございましたー!!









[ 続きを読む ]

ヤッターマンの話は?(笑)

2009年02月27日 01:18

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

翼くんのコーナーの間に、翔くんを交えて3人で話をしていた、と。
その話の中でヨコが「年賀状来てたよ」って話をしたそうなんですが(笑)「みんな同じこと言ってる」と言われてしまったそう(笑)
16人目、だそーです(笑)
ヨコは「みんなと同じこと言うてるんや」とヘコんでしまったそうです(笑)

『ヤッターマン』関連の人、スーツ族が来ているので、ということで『ヤッターマン』の話をしようとするんですけど、なかなかそういう話にならず(笑)
本日ジャパンプレミアだったという翔くんに、「俺もそういうこと言いたいわ」とヨコ(笑)
今映画関連の人がたくさんいるから、俺らもチャンスだ、と(笑)
でも、結局は「嵐は凄いなぁ」という話に(笑)
去年から今年のカウントダウンコンサートも凄かった、と。
関ジャニ∞はカウントダウンライブデビューが遅かったけど、その最初のときにキンキさんの曲を聴いたときの感動と同じ感動を、去年の嵐に感じた、とヨコ。
鳥肌が立った、と。
ヒナ:「今年の目標、って聞かれてるのに、ヨコ、『嵐になりたい』って言うてたからな」
でも、と翔くん。
ズッコケ男道とか、会場に一体感がでる曲が関ジャニ∞にある、凄い好きなんだ、とエイトのことを褒めてくれる翔くん。
ヨコ:「これも好感度があがるやないかい!そして俺がひがむ、この方程式」
櫻井:「でも、この方程式の入り口はヨコだからね」
なんてことも言われつつ、ヨコはカウントダウンライブで『100年先も~♪』と聞いたときに、嵐についていこう!って思った、と告白(笑)
ヨコ:「もうちょっと距離が近かったら、兄さん!って呼ぶと思う」(笑)

しょーくんに勝てるところ。
【9】ヨコは『横山会』という会のトップにいるということ。櫻井会はないと思うので、翔くんも横山会に入ってみれば?
→櫻井:「実在するの?」
ヨコ:「ないです!俺の妄想です!」(笑)
でも実際相葉ちゃんやニノと仲がいいよね、と翔くん。
相葉ちゃんとはよくお風呂に入っていた、とヨコ。
んで、「似てるなー」って会話をしてたそうです、何とはいいませんけど(笑)
んで、ニノとかもヨコヒナ(&すばる)が合宿所にいたときに、よく合宿所にいたので仲がよかったけど、翔くんはランクが違った、怖かったと(笑)
ヨコの方が怖かったよ、と翔くんには言われていましたけど(笑)
翔くんが、ほぼ一緒の世代で、一緒の時期にジュニアをしていた、と言うも、ヨコが嵐は凄い、相葉とかも全力疾走で駆け抜けていった、みたいなことを言ってました(笑)
あと、デビュー曲の『A・RA・SHI』に代表されるように、ジャニーズの中のラップ革命を起こしたのは、翔くんだ、と。
あれはみんなが歌いたいところなんだ、と力説するヨコに「アツイね!」と翔くん(笑)
ちなみに、「チキソウソウ」と歌ってるところは、プロデューサーさんにそういう風に歌え、と言われただけで、言葉になって文字になっているところを見たことがないそうです、翔くんも。
だから未だにどんな意味かはわからないそうです。
あと、翔くんは、あるCDショップのポップで『そうさ僕らはsuperboy 自分たちでそういえる嵐に乾杯』みたいなことを書いてあるものに出会って、ちょっとブルーになったことがあるらしい(苦笑)
でも、そんな翔くんを盛り上げるヨコ、翔くんのラップは相葉も歌いたい、カラオケで相葉も歌ってた、と(笑)
翔くんも『Love so sweet』の大サビ(マツジュンソロ)を歌っても本物感が出なかったみたいな話をするんですけど、俺らの曲は9割すばる、歌番組でも抜かれる回数も俺らは少ない、みたいな、だから本物感はまったくないから、カラオケも盛り上がらない、みたいな話をします(苦笑)
櫻井:「でも歌番組とかで、2人が抜かれたときの存在感はハンパないよ」
ヨコヒナいわく、少ない回数で(嵐だと1/5なのが、エイトだと1/7、更に歌ってないから抜かれない…)どんだけ目立つか勝負だから、気合が違うらしい(笑)

【10】笑い声のでかさ

なんていうくだりがあったんですけど、その話もそこそこに『ヤッターマン』の話。
3月7日公開、舞台挨拶もするんでしょうけど、今テレビもいっぱい出てるでしょー、と。
翔くんいわく、自分がいつも見ている番組に出るので、不思議な感じがする、明日放送の徹子の部屋も、みたいなことを言う。
ヨコ:「正直、徹子の部屋は僕らも出させてもらいましたけど……」
櫻井:「俺見たよ、車の中で!笑ったわーっ」
セキジャニ、のくだりや、ヒナちゃんが懸命に説明してるのに、黒柳さんに「あなたよく喋るわね」って言われてるところとか、見て大笑いしたそうです(笑)
ヨコ?:「徹子は偉大やったわ」
あとはヨコが『ヤッターマン』を如何によく知っているか、という話(笑)
『ヤッターマン』=『水戸黄門的な話』の例えを使ったり(これは俺の表現だから、勝手に使わないでくれ、って言ってました/笑)、映画の特集番組を見たことを懸命に伝えるヨコ。
そんなヨコにビックリしながらも、きっちり「大人も子供も楽しめる」と宣伝は外さない翔くん。
あとテーマ曲も忘れず宣伝、タツノコプロさんに協力してもらったPVもお楽しみに、と漏れない翔くん、さすが(笑)

んな中のED。
まさかのマルちゃん登場!(笑)4週連続!!(笑)
ヨコにここはお前の憩いの場じゃないといわれつつ(笑)ヨコヒナ翔くんで、「マルは本当にアホやろ」って話をしていた、ということを言われ、マルちゃん「ありがとうございます!」 櫻井:「いや、褒めてないから!」
年末の幕張メッセでの言動を見ていてそう思ったらしいです、翔くんは(笑)
あまりにもイタイ子マルちゃんに(笑)「絡んだら怪我する、すべるから」とヨコヒナ(笑)
そんな中で翔くんの宣伝、「水戸黄門的な……」を使ったんだけど、マルちゃんが絡んだお詫び、とヨコは怒らず(笑)
ヨコ:「俺、翔くんに借りつくっといてよかったー」(笑)
そんな状況でも『歌のお兄さん』の宣伝は忘れないマルちゃん(笑)
でも、マルちゃんはK太郎さんに櫻井くんが来てるのに出ていい?と何度も相談してたらしいんですけどね(笑)

今日は楽しかったね、また話そうね、シングル出るたびに遊びにきてね、と翔くんに伝えるヨコヒナ。
「来たいから、後でまたエライ人に言う」という翔くんを最後まで疑いながらも(笑)番組はにこやかに終了しました(笑)
にしても、今回はアルバムの発表が大きかったなー。
できれば全国ゾーンで、みんなが聞いてる状態で発表だとよかったんだけど。
これから毎週、アルバムの情報が楽しみです。

全国ゾーン・翔くん登場

2009年02月27日 00:13

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

ここでもじらしますか、ここでじらしたら怒られるよ、と早々に翔くんの紹介(笑)
こんばんワンツー、櫻井翔です、と自己紹介があってすぐ、ヨコのひがみは始まる(笑)
ヨコ:「『ヤッターマン』も世界に出たでしょ?(翔くんがN.Y、と言ってました)あと、ZEROもあって(先週のすばるさんの『ICHI』と言った件は本人にヨコから伝わりました/笑)翔くんは自分の欠点どこやと思ってる?」
櫻井:「ジャニーズの人に言われるとは思ってなかったわ。芸人さんには(すごいなぁ等と)言って頂けることもあるけど、身内に言われるとは思ってなかったわ(笑)」
そんな感じなんですけど、ヨコは「勉強もできるし、不満もないやろ」的なことを畳み掛けます。
ヒナちゃんが「ここから僻み始めます」とかなんとかフォローしつつ(笑)
ヨコはVS嵐も最近は好きでよく見ている、と。
あの番組の中で翔くんができなさそうな感じを出しているけど、(番組の内容を細かく喋れたヨコに対して、翔くんが「どんなで見てるんだよ。コアだなぁ」みたいなことを言ってましたが/笑)あれも全部計算やろ、全部計算済みやから、それをヨシズミって呼ぼうかと思ってんねん、みたいなことを言い出すヨコ。
櫻井:「その方程式があってるのかどうなのかもわからないし」
ヒナ:「いや、間違ってるから、間違ってるって言うてあげて」
↑完全にフォローに回ったヒナちゃんがいとしい(笑)

ヤッターマンの話を軽くして(大野くんは全然知らないらしいですが、ヨコは結構ばっちり知ってました/笑)翼くんのコーナーです。

アルバム発売!

2009年02月26日 23:59

10分間、急遽時間をもらいました、ここでお話しますね、と言っておきながら、また3分ほどじらすヨコ(笑)
楽しみ、って思ってる人も多いんだろうなぁとか、メールの『待てません!ドSですね』っていうのにも「これを楽しんでいる人がいるんですから」とじらしにじらして、3分。
でも翔くんが来たら絡めないので(あ、書き忘れましたが、翔くんがきて話してなかったらどうするの?というヒナちゃんの質問に、ヨコは「そりゃ、額から血が出るまで謝るよ」と言ってました。翔くんがいる横では話せないらしい/笑)ここで話ます、というまでに3分(笑)

関ジャニ∞ Newアルバム 『パズル』(すみません、英語表記なのか、カタカナなのかはわかりません) 4月15日発売!

以下ヨコヒナの話を整理。
初回限定盤はCD+DVDの2枚組+パズル(←これがどんなものかはわかりませんが/笑)
通常盤はCD+CDの2枚組
今回はイチから関ジャニ∞がアルバム製作に参加、去年の11月くらいから、じっくり時間をかけて作っていたそうです。
今まで時間がない中(1ヶ月半くらい)でアルバムを作っていたし、散々テイチクさんに「特典が傘とか、コースターとかありえへん」等と文句を言ってたので、これで売れなかったらテイチクさんに怒られる、と(笑)
でアルバムの中身なんですけど。
Mステスーパーライブ(去年の12月ですね)の日に、グーチョキパーを使って、メンバーをユニットわけ。
すばるさんいわく、来年(2009年、つまりは今年)の関ジャニ∞を占うほどの、世紀のジャンケン大会(笑)
3つのユニットに分かれて、それぞれが自分たちをプロデュース。
1つ目:マルちゃん、ヒナちゃん
2つ目:ヨコ、ヤス
3つ目:すばるさん、たちょ、亮ちゃん
マルちゃんとヒナちゃんは「またお前か」みたいな感じになったようですが(笑)、ヨコヤスはアイコンタクトでよしやるぞ、みたいな感じになったそう。
すばりょたちょ、が最初は一番困ってたみたいですよー(笑)
んで、そのユニットに分かれて、それぞれ1曲を自分たちでプロデュース。
そして、そのユニット1つ1つでPVを作成、初回限定盤のDVDにそのPVが収録されるそうです!
んで、通常版には、7人分のソロ曲を収録!!
ホンマにすっごいニュース!!めっちゃ嬉しい!!

んで、ここからは聞いている人の特典、と言ってましたが、全国からしか聞けない方も多いので、ちょこっとだけ(笑)
ヒナマルのユニット曲は、ふざけてない、真面目な感じ。踊る?という話になったけども、踊りにもいろいろあるし、と。真面目なしゅっとした感じのものを作ったそうです。
ヨコヤスのは、webで作詞をした、と書いていましたが、ヨコが作詞をしたのはこのユニット曲だそうで、ヤスが作曲だそうです。
2人で曲を作るのは初めてじゃない(3兄弟)ので、やり方は変わってなかった、と。メールと電話でやり取り、ヨコが詞を書いて「こんな感じの曲作って」とヤスに注文、ヤスが曲を持ってきてくれる、という感じだそうですが。
でもアレンジの段階になって、ヤスがアレンジャーさんと相談している姿を見て、ヨコは「ヤスがめっちゃ成長してた!」と感動したそうです。
「ヤス、すげーっ!」と。

15分ほど喋ってましたけど、これから発売までに情報を小出しにしていくそうです(笑)
また真面目にきかなきゃ、とか思いましたよ(笑)
ちなみに4月15日はヘイセイの有岡くんの誕生日だそうで、まさかの報告メールがきた、とヨコヒナ(笑)
「ジャニーズの何かといつもかすってるなぁ」って言ってました。
さぁ、もうすぐ翔くんの登場ですね。
あるなし大辞典はどうやらなかはらのレポサイクルでは真面目に聞けない様子です(爆)
あと、今日は太一くんのフリも聞き逃してしまいました(苦笑)

ジャニーズステーション

2009年02月26日 23:41

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

・嵐 両A面シングル発売 3月4日
・相葉雅紀 舞台『グリーンフィンガーズ』青山劇場にて開幕
・ジャニーズ事務所公認カレンダー 2月28日より順次発売

ここでも嵐、凄いね、と二人(笑)
『グリーン~』会見での相葉ちゃんの発言『僕は嵐でいるので、心が折れない』というのに対し、ヤスの最近の会見はどーだった、という話に(笑)
ヨコ:「『僕、濡れ場やりたいですねん』って」←アホっぽい言い方(笑)
ヒナ:「比べたらあかんって!」
カレンダーの話もさらっと流し、とっておきニュースへ。
ヨコ:「ここで言うやろ、と思ってるやろうけど、ここでは言えへん!」と(笑)
んで、『ありがとう、オカン』DVD発売の話に。
ヨコはもうこのDVDを頂いたそうなんですが、まだ見てないそう(笑)
特典映像はどんな映像かが気になるヨコ。
ヒナちゃんが真面目にインタビューを受けたり、すばるさんと二人で喋っているところもある、という説明をすると、ヨコ:「いやや、そんなん絶対見られへんわ!家で2人の裏映像とか見る気がないわ!思うのも嫌やし!」と(笑)
ヒナ:「俺やってそんなんの感想、聞きたくないわ!」(笑)
特典映像は見なくていいから、本編はみてね、とヒナちゃん。
それでも、ヨコは「特典映像は勘弁してもらっていい?」とか「ボケてるん?」とか「(ボケてないと言われて)それは耐え難い映像やわ!」とか(笑)大層特典映像が気になってる様子でしたけども(笑)
2月25日に発売されているので、よろしくね、という話でした。



しょーくんに勝ってるところ。
【7】貧乏なところ。
→正直、ジャニーズ(アイドル)は貧乏ってのはあかんやろ、キラキラしてて夢を売る仕事やから、とヨコ(笑)アイドルはそういうことを言わないようにしなきゃね、と(笑)
【8】放送ギリギリなところ
→ヨコが話す話はプライベートやらなにやらを隠さない感じとそれを気にせずとめることもないヒナちゃん、と。嵐のファンの方がメールを送ったようなのですが、謙譲語とかをきちんと使っているメールで「嵐のファンの人はメールもキレイ」と言われていました(笑)

でもこの不景気の中、この番組は6年半(4月で7年)も続いているのは凄いことなんだ、という話に。
この番組が続いている要因として、ヨコがスタッフさんとお話した結果『持ち前の明るさ』と『ギリギリの下ネタ』というのが要因だ、ということになったらしい(笑)
テレビ番組も「お金がない」という理由で次々と終わっていく中、頑張ってる、と。
どうもヨコは下ネタの方を推したいみたいですが(笑)
翔くんは下ネタを言わないだろう、とヨコヒナ。
言っても「おっぱい」くらいだ、とヨコ(笑)
ヒナ:「あんたそれは通常やもんな」(笑)

とっておき!

2009年02月26日 23:22

4月15日 関ジャニ∞アルバム『パズル』発売決定!
また詳細は追って連絡はします。

嵐・櫻井翔くんに勝っているところは?(笑)

2009年02月26日 23:13

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

本当のタイトルを把握してませんが、↑が本日のテーマトークです(笑)
【1】ヨコは『ゲーム愛』が勝っているところだと思います。
→確かにゲームやってるイメージはないよな、とヨコヒナ。
【2】ヨコのプライベートで海外に行った回数
→ヨコ:「逆に哀しいわ……」
【3】絵。櫻井画伯の絵は現代では受け入れられないようです(笑)
→俺らもそないに『絵』はうまくないしな……とヨコヒナ(苦笑)
なんで翔くんが来る前からこんなにブルーになるんやろ、なんか敗北感を感じるわ、とヨコ(笑)
【4】ヒナちゃんの自慢の筋肉
→翔くんはきっと太りやすいタイプだと思う、自分も太りやすいタイプだからそれはわかる、太った?痩せた?みたいな会話をたまにする、とヨコ。
これはまぁまぁそうかな、とヒナちゃん。
【5】ヒナちゃんのヒゲが生えるスピード
→これはジャニーズ1じゃないでしょうか、というコメントに「バカにしとるやろ!」とヒナちゃん(笑)これは男性ホルモンの関係やからなぁ、と(笑)
【6】二人のオッサン度。
→同い年やけども、それは偏見、先入観やって!と(笑)俺らだってキャピキャピしてるよ!と(笑)ひょっとしたら俺よりヒゲがボーボーかもしれへんし、と(笑)

ここから、翔くんの話に。
櫻井翔、といえばイメージがいいよね、と。
慶応ボーイだし、ニュースキャスターとか、映画主演。
おまけに「嵐」で(笑)去年はCDもオリコンNO.1。
CMもエイブルに、年賀状、予備校。
ヨコ:「去年、俺んとこに翔くんから年賀状きたで。コピーのやつやけど。俺だけちゃうん?」←(笑)
って、ところで、翔くんの欠点はなに?と。
vs嵐とかでも「できへん感じ」を出してるけど、あれも母性本能をくすぐる作戦だ、とヨコ(笑)
どこをどうしたらいいのか、あれだけ頭がいいから計算済みだし、悪いところもけなさないだろうね、と。
ヨコ:「もう、よしずみ、って呼ぶわ」←なんでイシハラヨシズミになったのかは、不明(笑)
自分のことをきちんと全部わかってるだろうし、ホンマの大人、勉強もしてるだろうね、と。
ヨコ:「俺も慶応いっとけばよかった」
ヒナ:「今から行けばいいやん」
ヨコ:「いや、正直、今から慶応は違うやろ。ガメつさが出るやろ。慶応っていうブランドが欲しかったんや、みたいな。小さい頃からそういうレールに乗ってないと。普通に乗った電車が特急やった、みたいな。……俺らは廃車や、後ろから人が押してるよ」
ヒナ:「たくさんの人に押してもらおう」

その後翔くんがきたらどーする?という話に。
ヒナ:「けなしたったらええやん!」
ヨコ:「お前、それ貧乏の発想やで!」
という会話をはさみつつ、逆に褒めたおしたら困るんじゃないか、とヨコ。
ヨコ:「俺ら、褒めるってことないからな。滅多に褒めへんで」
ヒナ:「(笑)確かになぁ」

ガールズランキング

2009年02月26日 22:32

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

今週のランキングは『親へのひとことフレーズ』
5位 『声がでかい』
ヒナ:「たいてい声が大きいときっていうのは、怒られてるときやからな」
4位 『門限が早い』
ヨコヒナは門限らしい門限はなかったそーです。
ヨコ:「心配されてる証拠やって」
ヒナ:「大人になったらわかるよな」
3位 『お小遣いが少なすぎる』
ヒナちゃんはお手伝い制で、食器洗い(一通り)1回5円、風呂掃除1回10円、という形だったそうです。
そんなヒナちゃんの話を聞いたヨコ、「貧乏やな!」(笑)
ちなみにヨコは中学生の時は、月に5千円もらってたそうです。
その頃は31階建てのマンションの4階、4LDKのお部屋に住んでいて、それなりに金持ちだったそうなんですが、16歳の時に和式便所、寝ていても夜中にトイレに起きた人間に足を踏まれる、冬は風が吹いたら窓がカタカタゆれる、というようなお部屋に引っ越したそうです(苦笑)
ヨコ:「めっちゃ四季を感じたもん」←なかはらはこの言い方が好き(笑)
2位 『注意のタイミングが悪い』
「宿題したん?」「今からやるわ!」みたいな会話はしたよなぁ、とヨコヒナ(笑)
その言い方が、なんていったらいいのか、ちょっとトんがった言い方なんですけど、大阪弁使う人にはわかるかな?最後の「わ」にアクセントがある感じ(笑)
ヒナ:「たいていそういう時は子供もやる気はないねんな」(笑)
1位 『勝手にケイタイを見るな』
今はそういう時代になったんですね……としみじみレコメンズ(苦笑)
ヨコが中学生くらいの時は、丁度コードレスが出始めて、友達から電話が掛かってきても、その電話を親機で聞かれていたなぁ、というようなことをお話していました。
ヒナちゃんは小学生の時グルグル(ダイヤル部分がグルグル回すヤツ、あれなんていうの?)だったけど、親もそれが普通だと思っていた、と。
友達の家に言ったときにピッポッパッ(←と言っていた/笑)を見てこんなんなんやなぁ、って感心したそうです、ヒナちゃん(笑)
で、そこから再び貧乏話に。
ヨコは小5から15歳頃までがバブルだったそうで、そこそこ裕福から貧乏になったらめっちゃつらい、と(苦笑)
和式トイレになったとき、当時7歳か8歳だった弟が、水を流すためのヒモをちぎってしまった、でも実は大の最中で、トイレから「にーちゃん、流されへん!」と大きい声で叫んでた、なんていう哀しいエピソードとか(苦笑)
ヒナちゃんは、小学校を卒業した後の春休みに、家族でニュージーランドへ旅行に行ったが、その後はバブルが崩壊した、と言ってました(笑)
哀しくなるからやめよ、と二人で慰めあってましたけど(笑)

レコメン始まりましたけどもー。

2009年02月26日 22:09

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

なぜか最近の天気の話から始まった、レコメン(笑)
でもすぐにwebに今日は予告したよ、とヨコが話しはじめます。
ヨコはわざわざラジオが始まる前に、eighterがどんな感じになってるかチェックしたそーで(笑)
「ざわついてるよ」と(笑)
しかも「もう言っちゃおうかなぁ」なんて言っておきながら「まだ言わへんよ」とできるだけじらす攻撃にでるヨコ(笑)
ちなみに嵐・櫻井翔くんは12時代に登場するそーで(しょーくんともなると、全国ゾーンしかでませんか/笑)、そのしょーくんの邪魔をしないように、関ジャニ∞の重大発表をするそーです(笑)
ヒナ:「翔くんもいろんなところで『ヤッターマン』の宣伝してるし、そんなんええんちゃうん?」
ヨコ:「あかんよ。嵐の勢いはそんなもんちゃうよっ。『そんなんええんちゃうん?』はNGワードやで」
ってな話も挟みつつ(笑)
関ジャニ∞の重大発表は「ホンマにビックリするようなこと」@ヨコみたいで。
あ、ドラマや映画、ではなさそうな感じです(笑)
ヨコがそれをばらしてしまったので(笑)

時間があまりないので(苦笑)

2009年02月26日 21:39

※『カゴツルベ』チケット譲渡のお知らせはこちら

今日はレコメンの日なので、もう時間がないんだけども(苦笑)
えっと、昨日の記事の話なんですけど、また明日以降にきっちりお話しますが。

なかはら自身はFFFやJ-Rockのことをすっごく受け入れてる、というか、もう『カゴツルベ』とダダ被りしていようが、行きたいの!どーにかしなきゃ!っていうくらい、ハマっているモノなんですけどね。
いろんな人がいればいろんな考え方があって、いろんな想いがある、ってことが言いたかっただけで。
それに、公の場にいえない想いとか、言葉にできない想いってのはある、ってことが言いたかったんですけど、なかなかうまく伝わっていないところもあるのかなぁと思ったりしたので。
ま、明日以降にきっちり書きます(爆)
今日はレコメンレポで手一杯になりそうなので。

あと、相方とも喋ってたんですけど、『カゴツルベ』のチケット譲渡について、反応がないねーって(苦笑)
ま、条件的にも厳しいものがあるので仕方ないのかもね、と言ってますが(苦笑)それにしても寂しいわー(苦笑)
あんまりにも反応がなかったら、早い目に締め切って、チケット掲示板で掲示しようかなぁ、って相方とお話しています。
ま、どーなるかわかりませんけどね(苦笑)
えっと、今からレコメンまでにご飯食べまーす。
明日は早出ですけど、今日はwebのヨコの意味深発言もあるので、3時間きっちり聞くつもりではいるのでねー。
できるだけこまめにレポできるように頑張ります(汗)

お知らせ。

2009年02月25日 11:26

ひとつ下の記事が記事なだけに(苦笑)こんなタイトルにすると驚かれる方もいらっしゃると思うのですが、至って明るいお話なのでご心配なく(笑)
えっと、先日からちらほらお伝えしていた『カゴツルベ』のチケットの件なんですよ。

PCで注意深くこのブログを見て下さっている方の中では、気づいて下さっている方もいらっしゃると思うのですが。
なかはらは『カゴツルベ』の4月19日、千秋楽に縁あってお誘い頂くこととなりました。
相方と一緒に、千秋楽を見ることができそうです。
チケット取れない、時間に都合がつかない、と仰っている方も多い中、『カゴツルベ』は3回も観覧させてもらうことができそうです。
で、ですね。
実は、そんななかはらの手元(というか、相方の手元なんですけどね)には、行けない日のチケットが2枚、残っております。
ここまで言うとわかりますよね、きっと(笑)
以下、ご都合つく方、ご検討頂ければと思います。

【お譲りします】
・『カゴツルベ』3月29日(日)13時開演公演(東京・青山劇場) S席(FC枠)1階中程列 2枚

条件というほどの条件はないと思うのですが、(でも、確認しておくことが多いってことは多いのか…/汗)以下ご確認の上、ご都合つく方はコメント(メールアドレスを最初から記入して頂けると助かります。隠しコメントでもOKです)もしくはメールにて、お問い合わせ頂けると嬉しいです。
メールの際は件名に『カゴツルベチケット』とご記入下さいませ。
条件等問い合わせに関しましては『カゴツルベチケット問い合わせ』とご記入の上、メールにてお問い合わせお願いします。

・チケットは2連番ですので、2枚ともまとめて引き取って下さる方。
・チケットの名義が男性名義ですが、それを了承頂ける方(ご希望の方には譲渡書も用意致しますが、会員証や身分証の貸し出しは考えていません。また、チケット半券の返却は求めません。)
・大阪府もしくは兵庫県でしたら、事前手渡しも可能ですが、基本的には代金引き換え郵便にての譲渡を考えているので、それを了承頂ける方。
・引渡しの際の代金がチケット代(9500円×2枚=19000円)+振込み手数料(850円)=19850円となります。代引き等に掛かる費用はこちら負担とさせて頂きます。
・問い合わせ、申し込み期限を3月3日(火)15時までとし、そこから相方との相談の結果譲渡先を決めたいと考えているので、それ以降にチケットを発送(もしくは事前手渡し)となります。ギリギリの発送というわけではないですが、それを了承頂ける方。
・チケットの転売や他者への譲渡、マナー違反をしないと誓って下さる方。

※チケットの引渡し相手ですが、今回の舞台『カゴツルベ』を1回も見る機会に恵まれなかったという方を優先にしたいと思っています。ただし、普段から仲良くして下さっているブロ友さんやリン友さんからのお申し出があった場合はそちらを優先する可能性もあります。
※安田担当云々は別に関係ありません。というか、担当という言葉があんまり好きではないので(爆)純粋に楽しんで頂ける方にお譲りしたいと思っています。


ということですので、宜しくお願いいたします。

あるブログ記事を見て思ったこと。

2009年02月25日 11:13

おはよーございます。
今日は夕方だけ休日出勤のなかはらですけどもー。
何か、なかはら居住区は今週は雨ばっかりで、家から出る気をそがれるんですけど(苦笑)買い物だけは行かないと、家にある米が尽きてしまう……という(笑)

さて、タイトルのお話をします。
『あるブログ記事を見ていて思ったこと』というタイトルなんですが、まぁ、きっかけはその記事だったわけなんですけど、彼女の言わんとしていることもわかった上で、他にもあるブログを見ながら思ったこと、なんですけどね。
∞ファン、eighterのスタンス、というか、そういうことについて、なんですけど。

えっと、きっかけになった記事の中の話。
『J-Rock』に参加してきた自分、だけど周りの人間は驚くほどそのことに関心がなく、むしろなかったことかのように何も書かれていないことが多かった、と。
自分はすばるさんのファンだから、といわれれば仕方がないのかもしれないけど、他のメンバーの担当の人が、J-Rockに参加しなかった人が「お疲れ様」とか「頑張れ」とか、そういう風に言う雰囲気がまったくない、それが寂しい。
他の人はどう思ってるの?
勝手に頑張れって言われている気がして寂しかったの。
音楽的には受け入れられない音楽はしていないはず。
なのにどうして?

確かに、なかはらも他のブログ様に遊びに行かせてもらって、すばるさんファンですばるさんのやることすべてを応援している方のブログやJ-Rockに参加した方のブログ以外で、「お疲れ様」「頑張れ」っていう言葉を、ほとんど見ませんでした。
でもそれはすばるさんだけでなく、ヒナちゃんの舞台の時だってそういう感じがなかったとは言えない状況だったわけで。
つまり、実は今に始まったことではなかったような気がします。
渋谷すばるだから、FFFだから云々というわけではなく、ね。
かく言うなかはら自身も、そうマメな性格ではないので、舞台やソロが始まったり終わったりする時にいちいち日付を確認して「頑張れ」や「お疲れ様」を言う方ではないですし、むしろ「あ、そういえば始まっていた…」っていう感じも否めないです。
自分が参加しないイベントにそう興味を持てないことや関心を持てないことは、決していけないことではなくて、むしろ普通なこと。
∞のメンバーのやってることだから、知らないといけない、応援しないといけない、なんてことはないわけで、自分の応援したいところ、自分が支えていきたいところ、がそれぞれあるわけで。
それを捻じ曲げてまで『関ジャニ∞』という存在を応援する必要性はまったくないわけで。
よく昔からのファンの人の記事に見かけるんですけど「昔はそんなことなかった」って。
他のメンバーのことも「頑張れー」って応援する人は多かったんだ、今最近ファンになったコたちはそういうことすらいえない、って。
結局は自分の担当しか応援できないんだ、って。
これだから、新しいファンは、何もわかってないな、って。

そういうのを見ると、昔からのファン、関ジャニ∞のファンのおごりじゃないけど、そういうのを感じることもあります。
いいじゃん別に、それだけ関ジャニ∞のメンバーがやることが多様化してきた、ってことだよ、って。
彼らメンバーの個性がはっきりと明確になってきて、受け入れられることと受け入れられないこと、の境目がはっきりしてきた、っていうだけのこと。
究極の話、○○くんは好きだけど、関ジャニ∞は嫌い、っていう人がいてもおかしくないんだよ。
みんなドラマだ舞台だ、ソロだっていって活動しているわけだから、それをきかっけに好きになった人がいてもおかしくない状況なんだから。
J-Rockだってそう、これをきかっけに渋谷すばるを、FFFを好きになった人はいるかもしれないけど、あの場所に関ジャニ∞はいないから。
関ジャニ∞の存在すら知らない人はいるかもしれないし、関ジャニ∞の印象はよくないのにこっちはスッゲーいいじゃん!もったいない、って思っている人もいるかもしれない。
関ジャニ∞での活動なんてやめて、こっちに専念すればいいのに、って思った人もいるかもしれない。
つまりは。
関ジャニ∞の一人ひとりのメンバーが自分のやりたいことを言えて、それを実現できる状況になった、そして、『関ジャニ∞』としてだけではなく、個人でも、または別の顔でも戦える武器をみんな持っている、っていうことで。
なかはらは、それを凄くいいことだと思うし、いろんな面をこれからも見せて欲しいと思う。
それを受け入れられるのか受け入れられないのかは、正直その時になってみないとわからないから。

正直、このJ-Rock、まぁ、FFFを受け入れるまでに、なかはらにも紆余曲折はあったわけで(苦笑)
いや、このブログを見て下さっている方の中には去年の9月事件を覚えてらっしゃる方もいらっしゃるとは思うんですけど(苦笑)
関ジャニ∞でいる限り、渋谷すばるのやりたいことは実現できないんじゃないか、っていう漠然とした不安。
=関ジャニ∞という存在は、渋谷すばるにとって必要がなかったのかもしれない、っていう、凝り固まった想い。
それは受け入れられないんだと、そんな自分がいけないような気がしてならなかった、日々。
全て吐露して、ここへ来て下さっている方に、解き解されて、あの渋谷すばるは、関ジャニ∞があるからこその渋谷すばるなんだ、と自分の想いを固めるまでの葛藤。
……ひょっとしたら、すばるさんは、関ジャニ∞はそんな風に思っていないかもしれないけど、それはなかはら自身にはわからないこと。
そう信じるしかなかった、自分。
急に楽しくなった、素直に感じることができるようになった、FFFの音楽。
うれしい、楽しい、そんな陽な気持ちを感じることができるようになった自分。
今じゃあ、FiVeも聞きたいの!なんていろんな手まで広げている始末(笑)

……自分の中の『何か』が変わってしまうかもしれないとあやふやにでも感じることを、直視することができない、ということは、決して『弱さ』ではないんですよ、誰しもが持っていることで。
正直なところ、FFFで、J-Rockファミリーである渋谷すばる、というのは、他の誰のソロ活動よりも、強いエネルギーみたいなものを感じて、↑にも書いたなかはらの感情じゃないけど、いろんな想いを煽られて、言葉にできない人もいるかもしれないなぁ、って思います。
最初に挙げた記事には暖かく見守って欲しい、って書かれてあるんですけど、見れないんだよ、正直なところ。
彼らを見たいと思っていても、FFFで活動している彼を見たいと思っていても、「ひょっとしたらすばるさんは関ジャニ∞じゃなくなっちゃうかもしれない」なんて思ったら、そこから目をそらしちゃうんだよ。
「そんなことあるわけないじゃん」って思う人もいるけど、それを真剣に考えている人だっているんだよ。
どんだけ頑張っても、関ジャニ∞で活動している渋谷すばるだけを受け入れられる人間だっているんだよ。
不安なんだよ、自分の持っている何かが壊れちゃうんじゃないかって。
だから、今まで自分の知ってる『渋谷すばる』の印象が変わるかもしれない、FFFのことを直視できない、そんな人がいてもおかしくはないわけで。
そうなると、ブログなんていうところで、そういう自分の気持ちをかけない人もいるだろうし、渋谷すばるのことを好きでも、自分の中に渋谷すばるはFFFの渋谷すばるはいない、っていう人もいるでしょうし。
人の想いがひとつになることなんて、果てしなく難しいことだし、いろんなことがぶつかってくるんだよ。

本当にね、どこがきかっけでそうなるかだなんて、わからない、わからないんですよ。
だけど、忘れないで欲しいことがあるんです、ひとつだけ。
関ジャニ∞の、誰か一人だけでも好きな人、その先には、他の誰か一人を好きな人もいれば、関ジャニ∞であることに意味を感じて、それを好きな人もいるんだってことを。
もっと言えば、J-Rockファミリーで、FFFである渋谷すばるだけを好きな人もいれば、俳優である大倉忠義だけを好きな人もいる、Newsである錦戸亮だけを好きな人もいるんだよ。
だから、それを否定しないで欲しい。
暖かい目で見れないから、ってそれを嘆かないで欲しい。
時として、そんな自分を責めている人だっているんだから。
そして、いろんな顔を見せる関ジャニ∞を、関ジャニ∞メンバーのやっていることを、否定しないで欲しい。
見てあげてほしい、見れないかもしれないけど、見てあげて欲しい。
彼らのやろうとしていることを、やっていることを。
受け入れられることが全てではないだろうけど、受け入れてみようという気持ちは大切にしてほしい。
受け入れようと思って頑張っても受け入れられなかった人を、否定しないでほしい。
関ジャニ∞にも、他のファンの人にも、思いやりを持って欲しい。
きっと、だけど。
なかはらは思っています。
『eighter』という言葉は、関ジャニ∞のメンバーに、そして彼らの誰かの、どこかの面のひとつでも好きな他の人に、思いやりを持って優しくなれるひとに与えられる言葉なんだと。

……ひとつじゃなかったなぁ(苦笑)
なかはら自身は『担当』という言葉はあまり好きではないです、正直なところ。
なかはらの中では誰が一番、誰がNo.1だなんて決められない人たちなので。
しいて言えば、彼らはOnly1の集団で、その集団自体もOnly1、ということになるかと思います。
いろいろ葛藤することもありますが、結局は無条件で好きな人たちなんだろうなぁ、って。
いつの間にか、こういうことになってしまいましたけども(笑)
だけど上にも書いたように、同じ対象物に、人はいろんな想いを重ねています。
その想いは、受け入れられなくても、否定はしちゃダメなんだと、思っていたいです。

それにね、まだ出会ってない彼らはいっぱいあると思います。
出会いたいな、ってなかはらは思います。
…辛くて哀しい思いをすることがあるかもしれませんけどね(苦笑)


さぁ、長々と書きましたが、このエントリーのすぐ後に『カゴツルベ』チケットについての記事をアップします。
なので、TOPエントリーは重たい記事じゃなくなるなぁ、と(笑)
最後までお付き合い頂いた方、ありがとうございました。


本日2回目の更新。

2009年02月23日 22:37

チケット(半券用の)ファイルをパラパラと眺めながら、「今年はハイペースだなぁ……」と思ったなかはらです(爆)
いやね、高校生の時とかはもっとハイペースだったんですけど(爆)働き始めてから時間の都合がなかなかつかなくて、あと、働き始めのころはほとんどSMAPのライブのみ、ってカンジだったのもあって、なかなか年間のライブ参戦数も伸びてないような状態だったんですけどね。
今年はもうすでに4枚が終了、これから参戦の決まっているチケットもまだ手元に残っているよーな状態…去年は4月終わった時点で3枚、今年は無事に参戦できたら、4月終わった時点で7枚+希望としてはあと2枚(爆)だったんで、どー考えてもハイペースなんですよね……(苦笑)
これは年明け早々、いろんなところに顔を出している証拠なんですけど……まぁ、ハマったものも見に行きたいものも多いってことは、きっと幸せなんだと思います。
えぇ、行きたいものが多すぎてどーなることやら……とは思っていますが。
いやね、ウッチーの大阪公演にも行きたいんだよ、FiVeのホワイトデーライブも。
大阪だったら手軽にいけるわーとか思ってしまうのも、なかなか欲望を抑えられない原因かと。
いやね、この間、ってか大阪城ホールのライブのときに相方と話してたんですけどね。
相方共々仲のよいeighterな友達っているんですけどね、その友達とかにね「余ってるからおいでー」とかって、1日前とか気軽に言えない人が多いんですよね(苦笑)
いや、名古屋とかね広島とか、そういう新幹線でつながってるところだったら、都合さえよければどうぞ、ってなるんだろうけど、って。
四国とか東北のお友達も結構いましてね(苦笑)
飛行機とかじゃないと難しいとか、1日だけ開いてても日帰りはできないところに住んでるとか、そういうことでね、大阪(もしくは東京)にはなかなか行けないんだよ、っていう。
今回のJRockのツアーが地方もあって、漸くeighter的には「地方公演!」ってカンジじゃないですか?
いや、ヒナちゃんの舞台もしょーちゃんの舞台も、もっとさかのぼればたっちょんのソロコンも、FFFのファーストライブも、みーんな、東京と大阪でしかなかったから。
カウントダウンライブも東京、マッチさん企画も東京・大阪。
地方住みの人にとったら、東京、大阪に、もしくはその均衡に住んでる人間なんて、恵まれているわけで。
なかはらは兵庫県住みですけど、しょーちゃんの地元で、大阪は目と鼻の先、みたいなところに住んでるのね……本当に恵まれているなぁって思います、ふらっと行ける距離でたくさんいろんなイベントをして頂けるっていうのは。
だから感謝しなきゃいけないことなんですけど、どうも欲望に弱い人間には危険な地域だなぁっていう(爆)
いや、もう、最近また歯止めが利いてない自分がいるのを痛感してるわけですよ(苦笑)
番協とかも、実は結構手軽にいける距離でやってるわけで、それとかにも行きたいなぁとか思い始めてる…だけど、まぁ、そんなところまで手を伸ばしていたら、1個前の記事の話じゃないけど、休む暇がありません(笑)
ってか、お金を稼いでも稼いでも、足りません(泣)

まぁ、そんな話はさておき。←おくのかよ(笑)
ポポロ4月号さんのお母さんの話にほろりとキタのはなかはらだけではないはず←180度話が変わった(笑)
いや、他のブログさんでも書かれているところは多いと思うんですけどね。
みーんな、お母さん好きですよね、∞のメンバーって。
ストレートプレイで、みんな好き。
あ、でもヨコはちょっと照れてる感じが抜けないですけど(笑)
この間、たちょのパパが取材されてるのを見ましたけど、みんなビジュアルについて『にてなーい』っていいますけど、ちょこちょこもらってるところあると思ってるのは……どーやらなかはらだけみたいですけど(笑)
いや、ママ似だってことは前から本人も言ってましたしね。
ママが入院しました、手術します、っていうときの、たちょのレンジャー更新は忘れられないなぁ。
あれは結構インパクトありましたよね、なかはらたち読んでいる方まで心配になって、どーにかなっちゃうんじゃないか、って思うくらい。
あと亮ちゃんやすばるさんのママはかなり息子のことを溺愛系ですよね。
それに反した態度だけど、ちゃんと息子のことを愛しているっていう感じなのはヒナちゃんとヨコのママ、って感じ。
マルちゃんやしょーちゃん、たっちょんのママがどうだ、ってことでもないんですけど、いや、みんな愛されて育ってるから、多くの人のことを考えられる人間になるわけでしょ、って思ったりするんですよね。
ウッチーのママの話もそーですけど、いや、ママだけじゃなくて時折出てくるパパの話も。
関ジャニ∞のメンバーって家族のこと好きで、家族のこと大切にしてる、ってわかるから、それが微笑ましくもあり、嬉しくもあり。
いや、一番身近な人たちを幸せにしてあげてほしいなぁって思うんですよね、やっぱり。
身近な人たちが幸せなことを、自分の幸せだと感じられる人たちだと思うし、そうであって欲しいと思うからかもしれないですけど。
それにしても、今回のこのインタビューは、どっか本音じゃないところがあったとしても、ママにとっちゃあ宝物だろうなぁ。
……にしても、みんな髪の毛長いなぁ……←そこ?(笑)

あ、あとね。
今日は久々の予定がないお休みだったんですけど、ブログリストをちょこっと編集したんですよ。
んで、『LINK+likeit+』(すみません、PCの方しか表示できないんですが)に、最近ちょこちょこお伺いしているブログさんを、ちょこっと追加したんですよー。
密かにお伺いしていて、いつのタイミングでコメントしようかなぁと悩んでいるんですけど、お友達のところにもロクにコメントできてないのに(爆)、こう「この記事コメントしたい」って思う記事も結構あったんですよねー。
正直な話、お友達になってください、って言ってもコメントに伺える状況はそう多くない、って感じもありますしね(苦笑)
ただ気に入ってお伺いしているんですよねー、これってどういうタイミングでお伺いするのがいいんだろう……っていう(苦笑)
ってか、その前にお友達宅にせめて「行ってますよー」ってなご報告をさせてもらわないといけないんですけどね(汗)
それ以外のことでしたことってほとんどないんですけど(爆)
今日は自炊も完全にお休みしちゃったし……いや、お家にいるだけだと、そうお腹が空かないので、今日はパン1枚なの、よくよく考えると、食べたものっていうのが…あ、チョコレート1/2枚くらい食べたけど。
うわ、どこからか、怒られそーな気がする(笑)
と、とりあえずお風呂入って、それから、そ、それから考えます(笑)

続きにコメントレス+拍手レスです。
はるかさん、ゆうさん、はるかるなさん、ゆうりさん、agehaさん、雪紀さん、ありがとうございました!!






[ 続きを読む ]

ご報告が遅れましたがー。

2009年02月23日 10:36

おはよーございまーす。
Jロックライブのご報告遅れてしまいましたが、元気にやっておりますなかはらですけどもー。
いや、ライブ終わってご飯を相方と食べて、それから家に帰ってきて聞くジャニ聞いたら、あまりの眠さに撃沈したわけでして(苦笑)
昨日は新人研修1日目で、いろんな意味で気疲れしてしまい(苦笑)早々に寝ました。
ということで、今日感想、となったわけですけども。

FFFの渋谷すばるは、大阪だからとか他のところだとかでテンションの違いはあんまりでないかなぁ、なんて書いてライブに参戦してきたんですけども……すばるさん、というより、なかはらのテンションが上がった!(笑)
いやね、すばるさんが「騒げおおさかーっ!!」って叫ぶもんだから、それがあがった要因かと(笑)
なかはらがいたブロックは明らかにマッチさんのファンの方が多くって、それでちょっと遠慮してる感もなかったとは言い切れないんですけど(苦笑)あれを聞いてしまうとねぇ。
……ま、エイトのライブはいつかなーと頭をよぎったのも確かですが(爆)
正直なところ、音響に関しては武道館よりも大阪城ホールの方がいいので、聞きやすかった、ってのもあるのかもしれませんけど、気持ちよかったなぁ。
ということで、心なしかすばるさんのテンションがアップしてた感もありました(爆)
すばるさんも大分緊張が解けてきたのか、声もよく出ていましたしねぇ。
∞の時やFFF単独の時に比べると、MAXテンション、ってカンジでもなかったですけど(やっぱりどこかしら緊張はしてるんでしょうよ。「やったれ」精神は感じることはできるんですけどね。フラフラのテーマ中も「失礼します!」といいながら言ってるカンジは、やっぱりちょっとよそよそしい/笑)いいお仕事やらせてもらってるんだろうなぁ、と思いながら、見れる感じというか。
ちょっとキッツい話も混じってるかもしれませんが。
先日の武道館の後の感想にも書きましたけど、やっぱりQUESTION?とFiVeにはまだまだ実力の違いがあるのかなぁ、と。
いや、あの空気は確かに盛り上げるのは大変だったと思いますよ、正直なところ。
マッチさんのファンも多くて、自分たちが出て行っても立ち上がってすらくれない、それどころか、「???」みたいなカンジのお客さんも多くて。
あと順番なんかも関係してると思いますけど、やっぱりね、贔屓目と思われても仕方ないんですけど、FiVeは時間が掛かったけど、どうにか「もってこれた」って感はあったんですよねー。
ビジュアル的には、やっぱり申し訳ないけど、Question?の方がジャニーズ顔ですよ、ホントにそこは。
みんなかわいらしい顔してますしね。
FiVeはガキ様(@Question?呼び/笑)がいらっしゃるのでね……って明言は避けますけど(笑)
リッキーなんてジャニーズの顔してない、って散々いじられてましたし(笑)
だけど、やっぱりなかはらは音楽的にはFiVeの方が断然好きだー。
すばるさんと一緒にやってるとかやってないとか、そういうところはまったくと言っていいほど関係なく、FiVe単体として聞いていても、心地いいんだもん。
ホワイトデーのライブに深夜勤前でも行こうかしら?とか本気で考えるくらい。
スケジュール的にはかーなり厳しいので(何せその1週間後には再び『カゴツルベ』のために東京進出なので。しかも夜中は仕事だし/爆)本当はあきらめた方がいいんだろうけど、Jチケで申し込み受付しているのとかを見ると、どうやったって行きたくなる、っていうくらいのテンションが…きっとギリギリまで迷ってるんだろうなぁ……。
すっかりめっきりFiVeのとりこになってしまった感がある、この2回のライブだったわけですけども。
もちろんFFFもね、すばるさんのファンも多かった感はあるのでなんともいえませんけど、FFFになると、なかはらの隣のブロックの座ってみていたお姉さん方(結局最後まで立ち上がるがほとんどなかったブロック…)が「おっ」とちょっと前のめりになったり、関心をもってる様子が伺えたりで、パワーがやっぱり凄いなぁ、と。
『手』の時と『フラフラのテーマ』の時にお客さんがライブに参加する感が一気に出るんですけど、フラフラのテーマの、リッキーが作ったあの曲のインパクトも大なのかもしれないんですけど、やっぱりあそこがね、印象強くなると思うんですよ、どのファンの方にもいろんな意味で。
マッチさんには「俺のファンの人が傷つくでしょー」とか言われながらも(笑)よっちゃんさんに「耳に残るねー」なんていわれる、フラフラのテーマですよ。
お二人ともライブが終わったらしばらく口ずさんでしまうそうですよ、「フラフラフラットフラワー」って(笑)
その後に『Pray』でしょ。
あの『Pray』ですよ。
……って聞いたことない方にはもの凄くわかりにくい表現だと思うんですが、武道館のときに書いたみたいに、あの曲はいろんなモノを持っていかれます。
最初になかはらがこの『Pray』を聞いたのは2002年だったんですけど、やっぱりそこから進化していってる感があって、そしてこれからもこれは進化していく曲なんでしょう。
いろんな経験といろんな想いを重ねながら、進化していく曲。
お隣りのブロックから、「すごいなぁ」っていう声が聞こえてきて、自分のことのように嬉しくなってしまいました。きっとマッチさんのファンの方も多かったと思うので。
マッチさんの曲『Z』のカバーとかでもね、食いつきがやっぱりよくて。
切なかったもん、『Z』。
『I won't you Baby』って歌うすばるさん、うわぁ、って、鳥肌が立つカンジ。
オリジナルの、マッチさんが歌う『Z』が聞きたいなぁと思いつつ、Sonyさんに行ってみたんですけど、視聴はなく(苦笑)
まぁ、いろいろマッチさんのファンの方にとっては頂けないこともあったかと思いますが(苦笑)MCも面白かったです。
14日の時と違ってよっちゃんさんがいてるので、MCも結構あったしねー。
マッチさんとマッチさんのファンにペコペコってカンジで謝っているすばるさんもかわいかったし(笑)
(↑いやね、フラフラのテーマのことを突っ込まれた時にリッキーと二人でペコペコ謝ってたの、あれがかわいかったv/笑)
あとね、よっちゃんさんとJRockがコラボしたジェフベックの『REDBOOT』はね、よっちゃんさんがかっこよくてっ!
もちろんマッチさんもかっこいい場面はたくさんあったわけですけど、この曲はリッキーもすんごいかっこよかったってのはあるんですけど(だって、よっちゃんさんとリッキーのコラボ、あれすごかったもん)、それにプラスして、帰宅してからどーにか間に合った(OPには間に合ってないけど)『聞くジャニ』でこの曲のオリジナルをすばるさんが流してくれた、ってのも大きいですねー。
オリジナルを流してくれてるんですけど、やっぱね、今さっきライブで聴いたヤツのほうがかっこいいよ、とか思ってしまって。
あの聞くジャニは贅沢だったなー、さっきまで見てたライブに対するすばるさんの想いとかも聞けたってのが。

って、かーなり取りとめもなくかいてますけど(苦笑)ともかくよかったんです。
そして、今度のJロックのツアー決定のニュースも、かーなり喜びました!
が、しかしっ!
「思いっきり『カゴツルベ』とかぶっとるやないかーい!」状態なわけでして(苦笑)
この日程ではお休みがとれねーぜ!とか思いつつ(いや、だって本当は名古屋に行きたかったんですけど、去年の3月から名古屋も行ってないし。でも、17日と19日にお休みを取る予定なので、15.16日なんてとてもじゃないけどムリー/泣)広島の申し込みをJチケでしてきました(爆)
そしてこのツアー、大阪の日程がどーやら5月末らしいですねー。
嬉しくもあり、エイトのライブは6月以降か……っていう悲しい事実もあり(苦笑)
まぁ、仕事人が6月まで放送っていう時点で、エイトのライブは6月以降かなぁ、っていうのは頭にはありましたけど(苦笑)
ゆうちんが何かソロで活動してくれないかなぁ、って思ったりしてます。
ライブとか舞台とかは正直これ以上やられると、休みも早出終わりもぜーんぶ費やしても「行けないよー」ってなるので、そこではなくてドラマとか映画とか、そういうので!←勝手なお願い(爆)
ゆうちんに会えないのは確かに寂しいんですけど、ゆうちんがお仕事しているのがレギュラーしかない、ってのがちょっと寂しいのよ、なかはらさんは(笑)
もちろんゆうちんソロだけでなく、関ジャニ∞としてのお仕事をずーっとずーっと待ってるわけですが。
レコメンとかで早く発表してくれないかなぁと待ち望んでいる日々……。

コメントレスは後にしますね、すみません。
あ、あと近いうちに『カゴツルベ』のチケットについてのお知らせをします。
もう少しだけ待っててくださいねー。

今日も深夜勤ですけど、なにかー。

2009年02月20日 21:20

今日も今日とて深夜勤ですけども(苦笑)
えぇ、今日もお仕事頑張って参りまーす。
そして明日のJRockライブ、目一杯楽しんでやるんだいっ!
明日も深夜勤明けだけども、先週の移動を含む参戦よりはマシだよねー、と(爆)
昨日のレコメンでも元気を頂いたので、なんとかお仕事頑張ってこようと思います。
それにしても、昨日のレコメンのたっちょんのしょーちゃん溺愛っぷりはかわいかったなー(笑)

こんなに仕事頑張ろう、がんばろー言うてるのは、正直、上司をドつきたくなることが起きたから(苦笑)
まぁ、ポジションが上がればあがるほど、孤独に耐えないとやってられないところだということはわかってはいますがね…こーんなに連勤していることも、職場拒否とも取れるアレルギー反応を示していて体がしんどいことも知らないんだろうな、あの人は。
まぁ、そういうとこありますけどね…昔っから。
私のこと、放ったらかしにしてても大丈夫だと思ってる節が。
放ったらかしないで、状況みて、って言ってるんだけど、彼の中では私は部下というよりは、同士的な感覚があるらしい。
いや、ポジションは彼の方が上なわけだから、褒めるのもけなすのも中途半端はよくないと思うんだけどねぇ。
知らないんだ、突然やめてやるーとかいって驚かせてやるんだ、なんて思っていても、新しい資格を取るのは、その上司の手助けでもあるという矛盾点。
ある意味愛情だよ、ここまでくれば(笑)
ぜーったいに付き合いたくないタイプの男なのにねー(笑)

そんなこんなでお仕事頑張ってきます(苦笑)
今日は相方も夜勤なんでねー、まぁ、ちょこちょこいい感じの話をしながら、ということで(笑)

『関ジャニ∞ 八不思議SP』その2

2009年02月20日 01:23

全国ゾーンにて

【8】ヒナちゃんはヤスと結局食事にいけたのか?
→2008年は結局一度もいけず(爆)
裏付け捜査をして、次に何もなく明日もオフだという日も断ったんだ、とヒナちゃん。
ヤスは「何か予定あったんやろうなぁ」と悪びれもせず仰っていましたが(笑)
すばるさんがヒナのこと嫌いなのか、とヤスくんに聞いてましたけど、それをフォローしたのはたっちょん。
なにやらヒナちゃんにヤスがいたずらされていたらしいんですが、そんなことされるから嫌になるんだ、っていうようなことを言ってました……やっぱりヤスのことになると饒舌(笑)
ヨコ:「とりあえずみんなで焼肉いけへん?」←行ってください、報告待ってます!

【9】関ジャニ∞の中で一番のヘタレはたっちょんだということがわかったけど(爆)一番男らしいのは誰?
→大倉以外やろ@亮ちゃん
たっちょんもそれを素直に認めていましたけどね…(苦笑)
ロケとか行っててもみんな男っぽい、って。
ヨコが亮ちゃんとのロケの話をしてくれたんですけどね。
山ロケで、『落石注意』とかいう看板があるところを通ったらしいんですが、ヨコが冗談で「落石があってもアッパーで砕いてやるよ」みたいなことを言ってたらしいんですけど、亮ちゃんの顔の横5cmに両手で抱えるほどの石(ってか岩ですよね)が落ちてきたらしく(苦笑)
本当に危なかったらしいのですが、その時デレクターさんだかが言ったことが『カメラ回してた?』だったらしい……すばるさんが「逆にプロやわー」みたいなこと言ってましたが…いや、ホンマに危ないって(苦笑)
『落石注意には注意してください』って亮ちゃん……当たり前(笑)

【10】ヤスの描く絵は凄いと思うけど、時々何を書いているのかがわからない。どんな時に書いてるの?絵の意味はなに??
→ヤス:「最近は、子供と、精子と卵子の絵を描いてますね」
……あまりにも普通に言ったもんだから、エイトのメンバーも、そしてリスナーも、ちょっとビックリ(笑)
すばるさんが、「生命の誕生」みたいな、っていうようなことを言ってくれたので、なんとか助かりましたが、ヨコに『言葉のチョイスがおかしい』と言われてました、またまた(苦笑)
「なんでその言葉を使ったん!」って(笑)
前にラジオ局の偉いさんの前で「ラジオなんて聞かんやろ」って言ったこととかをね。
場所をわきまえろ@ヨコ(苦笑)

【11】たっちょんは食べ物を「マズイ」と言わないのはホント?
→おいしいときはおいしいっていうし、まずいときは口に合わないって言いますよ、とたっちょん。
メンバーもその辺はしっかりしてるな、って言ってました。
ちなみに、ヨコはたっちょんが食べているのを見ると安心するそうです(笑)
マルちゃんも「おいしそうに食べるしなぁ」って言ってました。

【12】関ジャニ∞の中で一番負けず嫌いなのは誰?
→『ここまで残ったってことは、みんな負けず嫌いなんやないかな?』@マル
確かに!
でも、たっちょんから始まって、ヨコが一番負けず嫌いじゃないか、という話に。
「負けず嫌いっていうか、無理やりでも勝とうとする」@ヒナちゃん
「キタない手まで使う」@すばるさん
なんていう意見もありましたけど、1位になりたい願望は強い、とみんなで意見一致。
ヨコは「そんなつもりなかった」なんて言ってましたけど、最後には「どーも、負けず嫌いでーす」みたいなことを言ってました(笑)

【13】自分が女性なら、関ジャニ∞メンバーの中で付き合うのは誰?(自分以外で)
→たっちょんが、みんなそれぞれイイところ(魅力って言ったかな?)が違うので、と。
たっちょんいわく
ヤスは毎日電話してくれる、マメ。
ヒナちゃんは引っ張っていってくれる、ツッコんでくれる。
マルちゃんは甘えてくれる←だったと思う、ごめん曖昧(苦笑)
このあたり聞きづらかったんですけど、この後は亮ちゃんの話だったんですかね?
優しい笑顔ってやつ。←どーやらマルちゃんの話らしい。
朝起きたときにその顔を見るだけでいい、ってやつ。
ヨコは「めっちゃおもろい!」←そこ?(笑)
すばるさんは歌うまい…すばるさんに、ショック、仕事やん、みたいなことを言われて、ヨコからむちゃブリされるたっちょん(笑)
「この中で一番愛してくれる」(←それは基準や尺度が違うから、といわれる)「おしゃれ」(←必死で弁解するも「外見やろー、内面で」と振られる)「背丈が丁度」(←「お前が彼女やろ?デカっ!ってか外見やんか!」と非難をうける/笑)
そんな中で最後に「ツンデレ」と言われて、ヨコがすばるさんに「ツンデレやって!」とむちゃブリ。
「そんなんない!めっちゃ腋汗かいた、わき汁すごい!」とすばるさん(笑)

ってなカンジで、あっという間の3時間。
みんなそろってるけど、大人の事情は解禁にならず(泣)
ツアーなのかなぁ、あのカンジだと……早く解禁になってほしいなぁ……。
にしても、3時間聞いていて思ったのは、久々のスタジオ出演のりょーちゃんがほとんど声が聞こえなかった…たっちょんは割と喋った印象があるのになぁ(笑)

放送中にキーワードについてご指摘頂いた方ありがとうございました。
以後気をつけます。←他ブログさんでも書いてるし、いっか、と軽い感じで書いてしまいました、ごめんなさい(汗)

太一くんより。

2009年02月20日 00:24

『誰の家に行きたい?』
↑ごめん、ちゃんと聞いてなかったけど、こんなカンジのフリでした(笑)

ヤス→森田剛くん、私生活が見えないから。
ヨコ→長野くん、私生活が見えないから(笑)おいしいもん食べてるよ、とヒナちゃん(笑)
亮→太一くん、なんとなく←このあたりでヨコが長野くんじゃなかった、みたいなことを言い出すの、ちょっと危ない(笑)
たっちょん→長瀬くん、ドラム関連の何かを買ったので見に来いといわれているが、まだ行けてないから。
ヒナちゃん→東山さん、興味があるから。なんか「ひがしさん」ってヒナちゃんが言ってたんですけど、スタッフさんの中にひがしさん、がいらっしゃるらしく、身内しかわからないボケをすばるさんがしてました(笑)
マルちゃん→大野くん、歌のおにいさんで競演中だし……とここでも番宣(笑)
すばるさん→長瀬くん、ギターもたくさん持ってるし、古着もたくさん持っているという噂だから。

なんと長野くんじゃなかったんだ、長瀬くんだったんだ、と言い出したヨコ(爆)
後に失礼なことを言った……と反省していましたけど、長野くんはフォーティンブラスとか見て「優しい感じの人」と認識しているし、尊敬している、と必死でフォローのヨコさん。
といううことで、全国のOPは「粗相のないように!……2時間粗相ばっかりだったけど、ソソメンやん」ってことになったのです(笑)

『関ジャニ∞ 八不思議SP』

2009年02月20日 00:17

【1】たっちょんはヤスの話になると饒舌になり強気になるのはなぜか?
→幼馴染みたいだから@たちょ。ということで。
ヨコが「(ヤスには)幼馴染がいっぱいおるなぁ」なんて言ってましたけど(笑)
すばるさんが、突然『ヤスと大倉はどっちがどっち?同い年』みたいな質問してましたけど(苦笑)たっちょんがヤスは幼馴染みたいなもん、といってました(笑)
ちなみにマルちゃんは結構年上だよね、という話になって、何かヘンなカンジ、みたいな話題に。
マルちゃんはマツジュンやニノと同い年、マルちゃん自身も「何かが違う」と思っているらしい(笑)
マル:「松本さんは何かいいにおいするし…」……そこ?(笑)
【2】ジュニア時代のインタビューで、すばるさんが「村上はニューヨーク育ち」だと言ってましたが…?
→すばる:「村上はNYスタイルだからね、NYからの贈り物だからね」なんて(笑)
ちなみに、I Love NYと背中にかかれたTシャツ(アイ ハート エヌワイ)を20枚くらい持ってるし、なんてことも言ってましたけど、すばるさんはこれを言った覚えは一切ないそうです(笑)
【3】Jwebでのヤスのタイトルの意味は何?
→先々週の『しろながしくちながしじゅばん』は舞台をやっているので、着物を着ることが多く、着物の下に着ている下着のようなものの名前を書いた、と。
なぜかそれに嵌ってしまったマルちゃんは大笑いしていて、マルちゃんの笑い声がうるさい(笑)
そのうるささにヨコが「コブラツイストするぞ!」とか「キンニクバスターするぞ!!」って強い口調で言ってましたけど(笑)
ちなみに今日の『ぐばた』はケイタイでその文字を打つ位置をつなぐと「8」になるそーで。
確かに斜め向きの「8」になりますなぁ。
あんまり意味はない、とかいいつつ意味はある(笑)
【4】マルちゃんはすべるとわかっていて、なんてギャグをするの?
→マル:「すべったことないよ」
だ、そーです(笑)この質問をした人の優しさかもしれないけど、これからすべるかも、っていう。
ただ、これまではすべったことない、と強気のマルちゃん(笑)
むちゃブリされて『ポリネシアン九官鳥』とかわけのわからんこと言ってましたけど、なぜか笑えました(笑)
スベリ知らずのマルちゃんです(笑)
【5】Jwebで亮ちゃんは最近自炊をしている、と書いてありましたが、何を作ってる?
→亮:「昨日外食した!」だそーですが(笑)カレーなんかを作っているそう。
一度すばるさん(+ヒナちゃん)がWiiをするために遊びにいった際は、ご飯は食べさえてもらえなかったそーで。カップラーメン食べたそうです。
あんまりボキャブラリーというか、カレー以外の料理名が出てこなかったので、「ホンマに作ってるん?」と疑いの声が出ていましたけど(笑)
【6】ヨコヒナだけでやっているレコメンは、他のメンバーは聞いているの?
→大体はきいてる@すばるさん
というのは、まぁ、冗談で(笑)基本的には聞かないよ、移動車とか乗ってたら聞くけど、みたいなカンジだそうです(笑)
【7】ヒナちゃんのツッコみは痛い?
→ヨコは最初からよけるそーなのでわからないと。
よく叩かれているのはマルちゃんやヤスだけど、どーか、という話になり。
マルちゃんいわく、いい音のときは痛くないそうです(笑)
あとたまにフリップの角とかで叩かれるときがあるそうで、それは痛いと。
でも加減はしているよなぁ、と。
ヨコはたっちょんが叩かれているイメージはない、と言うんですが、たっちょんは「叩かれてる、叩かれてる」と(笑)
「いい音のときは痛くないけど、腹たつなぁ、っていう時は痛い」んだそうです。
ちなみにたっちょんのことをよく叩いている実感のあるヒナちゃん(笑)でもたっちょんのことは叩きすぎてカットされているらしい(爆)←原因はたっちょんが寝たりしているからだ、と言ってましたが(笑)
その話から、『CAN!ジャニ』の滝行の話に。
このロケのとき、たっちょんはグチばっかりだった、とヨコがばらしてました(笑)
「もうムリ!帰る!車のキーかして!」とグチグチ言ってたらしいですけど(笑)
でもそのテンションでご飯と食べたので「うまい!」と半泣たっちょん(笑)
あのOAをテレビで見ていたヨコ。
最後にたっちょんがヨコに向かって「ごめん」と何度も謝っている時、あまりの寒さに声が出なかったヨコはそれに応えられなかったんですが、それをヨコは客観的にみて、「あんなにも大倉がごめんって言うてるのに、何で俺何も言えへんねん!お前、「大丈夫」くらい言えよ」って思ってたらしい。
でも人間の極限状態になって、人を気遣えるようになったら凄いよ、とメンバーに窘められていましたけど。
大丈夫、何もいえないくらい凄い厳しかったんだ、ってことはきっとみんなわかってると思うから。
ヨコは悔しがってましたけどね、男前だなぁー。
あとたっちょんは、ヨコの声が滝行中にどんどん小さくなっていってたことに対して「横山くん、死んだ」と思ってたらしく(爆)それくらいの状態だったみたいで。
それで何度もゴメン、と言ってたらしいのですが。
ヨコは「お前、もう1回修行いけ!」と自分を客観的にみて思っていたそーなんですが、それを受けてたっちょんは「もう滝は行かれへんけど…」みたいなことを言ってました(笑)
「たつ、お前はもう1回行かなあかんで、何も変わってないもん」@ヒナ

続いて太一くんのふりー。

ジャニーズステーション。ってか追いつかん(爆)

2009年02月19日 23:37

・J-Rock 今週末大阪でも開催
・たちょ『必殺仕事人』、マルちゃん『歌のおにいさん』O.A中。『必殺仕事人』は好評につき、6月まで放送決定
・ヤス舞台『カゴツルベ』、初日まで1ヶ月を切る

J-Rockについては、楽しくやってますよー、ってすばるさん。
マッチさんは第3者的な、客観的に見てくれるらしく(ヒナちゃんが俯瞰って言葉を使ってました、使いたい年頃なのかしら/笑)、ライブが終わった後に楽屋とかに挨拶にいっても、「あそこよかったよー」とか優しく言ってくれるらしいです。
ただ、マッチさん本人とマッチさんのファンがいるところで、マッチさんの曲をカバーするのは、凄く緊張する、と。
でも勉強になっている、と。
まぁ、そうだろうなぁ……。
ヨコはマッチさんのディナーショーを見にいった時に、紹介してもらって前に出たら、マッチさんのファンの方々はソフトタッチで触ってきてたそーで。そんなエピソードも踏まえつつ(笑)
たっちょんのドラマ、好評でよかったね、決め台詞を言って、とヨコ。
決め台詞なんてないもん、とたっちょん、それでもしつこく言うヨコに、いえないたっちょん(笑)
そんな二人をみていたマルちゃん、「セリフがないのに、めっちゃ笑ってる」とたっちょんのことを指摘(笑)
たっちょんいわく「久しぶりにむちゃ振りされたなぁと思って」とのこと(笑)
極度のMだなぁ、って誰かが言ってましたけども(笑)
ちなみにマルちゃんのドラマの決め台詞は『パピプペポン』らしい(笑)
どんぐりになってたねぇ、とたっちょん。チェックしてるのねー。
ここでもマルちゃんは番宣をきっちりやっていて、隙間埋めるなぁ、なんて言われていましたけども(笑)
明日はうららとケンタがヤバイらしいです(笑)
ヤス舞台にも決め台詞があるらしく、言え言え、と言われて言おうとするヤスに、止めるたっちょん(笑)
「お前はできの悪い旦那の嫁か!」とヨコに突っ込まれていましたけど(笑)結局言っちゃうヤス(笑)
ネタバレだからダメだ、っていうけど、チラシに書いてあるから、と。
なかはら、聞き取れなかったんですけどー(泣)
『花魁よ あんまり……』の後は一体なに??

とっておきニュースは『関ジャニ∞ どーですか?』@すばるさん、ではなく(笑)
来週26日のレコメンは、嵐・櫻井くんが生出演ということで、しょーくんのコメントがありました。
ずばり、『ヤッターマン』の宣伝で出るそうなんですが(笑)
ヨコヒナが何気に同い年だから楽しみにしてる、みたいなこと言ってましたね。
そんなしょーくんから、エイトへ質問。
『関ジャニ∞で一番裏表があるのは誰ですか?』
その質問あけ、ヨコ:「大倉、しょーくんがコメントし始めてすぐに『ゼーロー』っていうのやめて?(笑)その後すばるも『イーチー』って」と(笑)
ちなみに、裏表については、「ウチはあんまりないなぁ」@すばるさん、だそうで、他のことは何でもいうけど、これだけはない、だそうです(笑)
そこをついてくるだなんて、さすがしょーくん、みたいなことを言ってました(笑)

TVガイドからのお知らせは、来週の表紙が関ジャニ∞、ってことと、来週木曜日のズームインSUPERで取り上げられますよ、って話。
並木さんよく出てるね、売れっ子だね@ヤス、売れっ子っていうか忙しいやろ、みたいなツッコミされてましたけど(笑)

ちなみにSPウイークのキーワードは『』@たっちょん。
よく出てきているから、だそうですが、ヨコいわく「今日は『』か『風間』やろ」と(笑)
↑ご指摘あったので隠し中。ただし、他ブログやサイト様で公開しているところもあるので、探すとわかるかも。

レポが追いつかないー。
聞き取りにくいから、聞きながらレポはできないのです(苦笑)
覚えるのも追いつかないですよー(苦笑)
これ終わったら、今日のテーマである『関ジャニ∞ 八不思議SP』をレポっていきますので。
あ、あるなし大辞典は聞き流してしまいました(爆)

レコメン、全員集合。

2009年02月19日 22:35

……ということで、誰がいるのかなぁ、って話なんですけど。

全員いるーっ!!!

ということで、正真正銘の全員集合です。
あんまり電波はよくないんですけど、思わずラジオの前で叫んでしまった(笑)
最初はマルちゃんかたっちょんがドラマのためにこれないかも、って話だったそーなんですが、たっちょんは丁度撮休だったらしく、参加できることに。
そしてマルちゃんは、まさかの3週連続出演ということで(笑)
先週勝手にきたことをレコメンズに暴露されていましたけど、マルちゃんは平気で「この番組のおかげで(歌おにが)11%でました!ありがとうございます!!」とご報告。
でも、あのドラマ、深夜ドラマにしたら面白いから、だと思うんだけども。ヨコも「この番組のおかげじゃない」って言ってたし(笑)
いい数字でてよかったね、マルちゃん。
あとOPはヤスの『カゴツルベ』の話に。
ヨコの『笑福亭カゴ』も「ちがうよー」って軽い感じでヤスくんは流していましたけど(笑)
丁度「あら通し」という、舞台を全部つなげて通すという稽古に入ったところらしいヤスくん。
ちなみに風間くんとは「ヤス」「カザポン」と呼び合っている『幼馴染みたいな関係』らしい←しかもお互いがそう思っている、とのこと(笑)
ただカザポンは他の共演者の前でそう呼ばれるのが嫌だそうで(爆)そこでは「シュン」と呼んでくれ、と言ってるらしい(笑)
ちなみにヤスはヤスのまま、だそうですよ。
あと、昨日エイト全員がいる楽屋でマネージャーさんとヤスが舞台のカーテンコールについて相談していたそうで。
でも、部屋の隅と隅にマネージャーさんとヤスがいたそうで、みんなその話を聞いていたそうな。
ヤスいわく「面倒くさいからええかなぁと思って」らしいですが、相談っていうより報告だった@ヨコらしい(笑)
話に舞台用語はちょいちょい出てくるヤスくん、「うかれてんのか?」って聞かれて、「浮かれてないけど、楽しいです」って言ってたんですけど、「うかれてもいいよ」みたいなことを言われてました、ヤスくん(笑)
すばるさんのJ-Rockの話もあり。
ヨコは新聞でよっちゃんさんとマッチさんと翼くんとすばるさん、という並びをみて不思議な感じがした、武道館凄いなぁって思った、って言ってました。
今週末が楽しみーっ。
あと、亮ちゃんはかーなりお久しぶりだそうで、いつ振りかわからないくらいだそーです、ずっと電話だったので。
そんなこんなで、本当に全員そろってのレコメン、聞き取りにくいし、ヒナちゃんはいつもの6倍大変みたいだけど、嬉しいよん♪

レコメンガールズランキングがイケてる男の子の必需品ランキングだったんです。
5位 ハンカチ
4位 鏡
3位 サングラス
2位 ワックス
1位 香水
鏡とかワックスはメンバーの評判はすこぶる悪かったです、ヤスは「えー、いややー」ってめっちゃ大きな声で言ってました。
すばるさんも「逆に気にしすぎっていうて嫌じゃないんかなぁ?」みたいなこと言ってました。
あと、すばるさんはハンカチを持ち歩いているそうですが、トイレの後、大の時以外は手を洗わないそうです(爆)なんでも免疫がある程度ついているからだとか(爆)
サングラスは、マルちゃんが時々奇抜なモノをしてくるらしく(笑)
メンバー全員が覚えているのは、黒のジャージに紫のサングラスをしてきた時、だそーで(爆)
マルちゃん自身は「(紫のサングラスは)挿し色だ」といってはばからなかったんですけど、おしゃれさんのすばるさん、ヤスは「挿し色て」みたいなカンジでしたよー(爆)
あと1位の香水の話。
違う番組(ジャニ勉だよね、昨日のまだ見てないよー)でヒナちゃんがクイズの答えのヒントを出すために、「大倉がよく使っている」と言ったところ、ヨコは悲しいかな、一番最初にでてきた答えが「ベビーパウダー」だったそうです(笑)
たっちょんいわく、夏場限定で、あせもが酷いからだそーなんですが、マルちゃんも使ってるんだとか。
腋にもベビーパウダーを振るので、『腋見大福』みたいになっている@すばるさん、だそーです(笑)
ちなみに、ヨコのライブの時に悲しくなる瞬間は、この「大倉がベビーパウダーを使っているとき」と「すばるが柔軟しているとき」だそーです。
すばるさんは、さして柔らかくもないのに、ゆーっくりちいさく柔軟をしているそうで、それを見て悲しくなるそーです(笑)

追ってまたご報告していきまーす。
めっちゃ聞き取りにくいので、誰が喋ったかわからなくなってしまうけど(泣)

何だ、この忙しさはー(苦笑)

2009年02月18日 00:41

今日も職場のコが一人ダウンしてしまい(苦笑)残業の上にまた人がたりーん!と(苦笑)
そんな忙しい日を送ってきたなかはらです(笑)
お風呂入って、遅めのご飯を食べまして。
もう正直眠たいんですけど、ちょこっと更新しておこうかなぁと思いまして(笑)

えっと、ロックライブの話。
ちらほらWSで見ましたよーっていうご報告を頂いたんですけど、なかはらが住む関西では、『なるトモ』さんがやってくれましたよー。
すばるさん見切れてたとか、そういうご報告を聞く中、きちんと「渋谷すばるさん」とお名前も紹介していただいて。
声こそ聞けなかったものの、黒のシャツを着てマッチさんの横で会見を受けている姿とか、白のノースリーブでギターを弾き歌っているところも映して頂いて。
少しですけど、FiVeもQuestion?も映ってましたしねぇ。
いつかFFFも含めて下のコたちがメインで紹介される日が来ますように、と思いながら見ておりました。
んで、大阪のチケットが漸く届き。
まぁ、Jチケさんなんでめっちゃ前、とかではないですけどね。
感覚では見やすい位置なはずなんですけど(笑)
土曜日楽しみだなぁーっ!
また感想をご報告しますねーっ。

ってか、それ以外のほかのメディアにはついていけてないんですけどね(苦笑)
ドラマとかもたまってたまって(苦笑)今日はメイちゃんと雫くんをまだ見てないですしねー(苦笑)
でも明日も7時からお仕事なので(苦笑)とりあえずコメントレスしたら寝ます(爆)
短い更新で申し訳ない(汗)
続きにコメントレス+拍手レスです。
はるかるなさん、milkyさん、なたくさん、kimidorinkoんさん、菜架さん、あおいさん、kirakiraさん、ありがとうございましたーっ!






[ 続きを読む ]

ご報告が遅れましたー(汗)

2009年02月16日 01:13

こんばんわー、こんな時間ですみません(汗)
なかはらは無事に夕方には地元へ帰ってきてたんですけど、それからなにやかにやと用事をしまして、自炊も忘れず、そして勉強をして(このくそ忙しいのに新しい資格を取ろうと思って勉強を始めたトコロなんですよー。宣言しとけば続けられるかなぁ…/笑)たまっていたドラマ類を見終わったら、こんな時間になってしまった、っていうね(苦笑)
明日は8時から仕事、しかも風邪気味なので(爆)詳しいご報告とはいきませんが、とりあえず。

J-Rockライブin武道館、参加して参りましたーっ!
すばるさんはもちろん、今回はリッキーにかーなり惚れて帰ってきたカンジです(笑)
いや、冗談抜きにね。
もともとFiVeの音楽は好きだったんですけどね……まぁ、そう数を知っているわけではないんですけど。
今回は武道館という場所もあって、神掛かっていたんでしょうかねぇ……いや、もうねぇ、なんとも言えんですけど。
思わずマッチさんが「歌、うまいねぇ」なんてライブ中に言っていまうくらい。
リッキーに、ってかFiVeには、いろんな意味で泣かされてしまいましたよ。
相変わらずなマッキーにも癒されたしっ(笑)
正直なところ、正直な話。
Question?の音楽にはほぼ触れたことがなかったんですけど、彼らの音楽にもいろいろ感じることはあったんですけど。
なんかね、FiVeがやってくると、なかはらの中では大幅にそれを上回るものがありまして。
ベタな言い方すると、心にくるものがあったのは、やっぱりFiVeだった、ってことかなぁ。
『手』には、今回完全にやられてしまいました。
聞いたことない人は、始まったところからビックリするよーな歌詞なんですけどね(笑)
『想うがまま』もやっぱりいい曲。
中江川力也。
この人すげー人ですよ。
もちろん、上里亮太、石垣大祐、そして牧野絋二。
凄いな、凄いよ。
4人が出会ってくれてよかった、ジャニーズっていう、バンドマンにとっては特殊な環境かもしれないけど、出会ってくれて、本当によかった。
ライブ中にはマッチさん(いろんな意味で懐かしい曲とか聞けて面白かったっ!後ろにいたマッチファンのお姉さま方はマッチさんのことがきちんと見えたかしら?マッチさんがちょいちょい歌ってるときは一応背を低くしてみたんだけども…)だけでなく、タッキーv
ってか、タッキーは別の意味でロックだったよ(笑)
いや、だって、あのバンドバリバリのライブの中、『愛・革命』を思い切ってやりましたからねー(笑)
本人も言ってましたけど、あの空気にあのセリフは相当きついもんがあったと思います(笑)
だけどやりきった、凄いぜ、ロックだぜ、ってカンジです(笑)
そして、カメちゃん。
びっくり、びっくり。
去年のスマライブに引き続き、またまたカメちゃん…モモコさんに次ぐ遭遇率(笑)
カメちゃんも、相変わらず斜めに帽子をかぶり(笑)いい感じにマッチさんと青春アミーゴを歌い(それにしても、マッチさんが「翼になりたい!」ってタッキーと歌ったり、「山Pになりたいv」って歌ったりする姿は、随分と可愛く見えたvこんな風にいうのもどーかと思うけど/笑)そして、「息が続かないから」といきなりなのに『僕らの街で』をチョイスで歌いきる、っていうところが、カメちゃんの真面目さを伺ったような気がします(笑)
だからEDはカメちゃん、すばるさん、マッチさん、タッキー、っていう並びに……うわぁ、凄いな、凄いぜ、こんなん他では見れないぜ、って並びでした。
んで、すばちゃん。
でてきたその時から、輝いてて。
みやうち先生の話じゃないけど、1曲1曲で、歌うその声の表情が違って。
もちろん、顔の表情だって違ったけど、目を閉じていても、自分の身体の中に入ってくる音で、いろんなものが満たされていくカンジ。
FFFのライブ、去年の9月のあのライブの時に感じた、ある意味焦燥感に近いような、あの感情は、一切なくて。
ただただ、うれしいと、そう思える、そんなライブで。
『starlight』は相方のお気に入りです。『window』はなかはらのお気に入りです。
『フラフラのテーマ』今回も楽しかったです。
挑戦した80代がいなかったのはちょっと残念だったけど(笑)70代の方がいらしていたのは、FFFだけが開いたライブじゃなかったから、J-Rockファミリーという、あの場所があったから。
「ジャニーズ事務所に入ってよかった」っていう言葉を貴方から聞いたときのなかはらの気持ち、きっと貴方にはわからないだろうけど、凄く凄く……嬉しいを通り越してしまって…もう、なんていったらいいか、わからないよ。
FFF最後の曲、『Pray』は、その名の通り、祈り、をその場に。
曲の最後の、言葉にならない、すばるさんの、いやFFFの祈りは、きっとあの場所にいた誰もが、そして武道館というその場所が、一緒に感じて、そして一緒に祈ったと、信じていたい。
「来年もやりたい」と、いつも言葉少なな、伝えたい想いは音に乗せる、FFFのすばるさんが、ちょっとドモりながら、だけど伝えたその想い。
きっとまた、叶えられるようにと、祈る気持ち。
……正直何を書いているのやら、わからなくなってきましたが(爆)
欲目だと思われても仕方がないけれど、あの場所で一番輝いていたのは、渋谷すばる、貴方でした。
あの『Pray』は、忘れられません。

そんなステージを、また今週末に大阪で見られる機会があることを、めっちゃ嬉しく思います!
大阪、ってだけで渋谷すばる、ちょっと違うのかなぁ、なんて思ったり。
でも、意外とそーでもないのかも。
FFFの渋谷すばるは、そんな風な気がします。

結局なーんのレポにもなっていない感想ですが(爆)お付き合い頂いた方、ありがとうございました。
正直、Question?の曲は知らないのでレポることは難しいですし、FFF1stライブの時同様、あの音をどうレポすればいいのやら、この感情をどう書けばいいかをあぐねいている自分には、できる気がしないので(苦笑)
ともかく、いいライブでした!
毎年続けてくれる、っていうんだったら、また行きますよー。
もちろん、CDとかDVDだって首を長くして待ってます。
生でしか感じられないモノもあるだろうけど、落ち込んだときとかに聞きたい曲とかいっぱいあったし、純粋に音楽楽しいんだろうな、ってあの雰囲気をちょっとでも持ち歩けたら、って思ったりもするんですよね。
どうにか考えてくださいよ、ジャニーさん(笑)
ついでといっちゃあなんだけど、すばるBandも、ね。
あの曲たちをいっぱい世に出してあげてほしいなぁ。
きっと心が助けられる人が、ジャニーズってだけで聞いてくれない人たちの心だって、助けられると思うのに。

もうすぐ仕事ですが。

2009年02月13日 21:03

いろんなところで『カゴツルベ』のフライヤー(広告)がいいよー、って言われるので、こっそりヤフオクで確認。
めっちゃ男前、しょーちゃん!!!
この舞台の元となっているお話の内容を見たときに「花魁やってくれたらいいのになぁ……」なんて呟いていたことを謝らないといけません、はい。
花魁にならなくとも、なんて艶っぽいっ!
パンフレットが凄く楽しみになってきた♪

『必殺仕事人』が始まったんですけど、もう少ししたら家を出なくてはいけません(泣)
えっと、それまでにお知らせ。
明日のスケジュールが確定しないのでなんともいえないのですが、会場には1時間前ほどにはいると思います。
お会いできる方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡くださいませ。
抹茶さん、はるかるなさん、改めてこちらからメールしますねー。
時間的には余裕ないのでちょっと辛いかもしれませんけど(爆)

もろもろお伝えしなければいけないことが…

2009年02月13日 09:39

おはよーございます。
昨日はレコメンの日だったのに、朝の8時から深夜0時までお仕事をしていたなかはらです(泣)
ぼちぼち新卒の研修が始まるので(2月下旬から新卒はオリエンテーションが始まるんですよねー)それの準備+監査があったり、新しいシフト作ったり…で、やることだらけ…でも人は少ないので、事務仕事ばっかりしてられない、ということで(苦笑)
一応0時過ぎに家には帰れたんですけど、もう何もする気がなくなって(爆)とりあえず湯船に浸かる…みたいな感じで、レコメンは昨日聞けてないんです(汗)
早速ミニレポできなくて、すみません(汗)

んで、2つ目のお知らせ。
『カゴツルベ』のチケット、3月21日分、見つかりましたです、はい。←思わずヤス口調(笑)
PG枠ですけど、座席問わず、と周りのお友達にも知らせていたら、譲ってもらいました……いつもいつも申し訳ない、ホンマに(汗)
一体どーいう方法でPG枠をGETするんだ、と聞いたら「気合と根性」といわれました…うーん、これは想像がつくことをしているな、すげぇ、と(苦笑)
昔っから、SMAPも含めてなかはらに凄く協力をしてくれる友なんですけど、FC枠もね、カード並べたら凄いんじゃないか、っていうくらい、いろんなところに入ってる人で(苦笑)
なかはら以上にネットワークも持っている、という。
実はヒナちゃん舞台もこの人からだったわけなんですけど……最強だなぁ…ホンマに。
ただ交換するチケットは相方のチケットなので、しかも相方は安田担(もどき)なので、他の大阪公演に交換希望を出すのか、それとも譲るのかは相方に委ねました。
相方がどーする、って決めたら、ここにまたご報告しますねー。
東京⇔大阪は結構難しいと思うんですけどねぇ(苦笑)
だから見つかったら譲ろうか、って言ってたんですけど、彼女、Rockライブ(しかも明日なのに)よりも何よりも、今、心の支えにしているのが『カゴツルベ』なので(爆)
お仕事大変な時期なのは上司(笑)としてもよくわかっているので、座席がわかってから動くってこともありえますけど。

あと、関東では来週なのでどーかと思うんですけど、今週の『ジャニ勉』を見て思ったこと。
……たつよし、女の子みたい……(爆)
あんまり詳しくは書きませんけど、ゲストの『クールポコ』さんのサプライズ演出に対するコメントがね、あまりに素直な上に(笑)女性目線というか(笑)
いやぁ、『Can!ジャニ』でも、なかなか女性的なところを見せてますけど、↑のコメントには、ヤスもすばるさんも、たっちょんの方を見て「うわぁ、言ってもうた」みたいな感じで笑ってましたからねー(笑)
嫌そーな顔しているたっちょんが、あまりにリアルで笑ってしまいました(笑)
んで、まぁ。
『Can!ジャニ』をリアルタイムで見たいので、明日の東京行きをそれに間に合うように設定したっていう、ね(爆)なかはらのオチもあったりするんですけど(爆)
タイミングがいいのか、松岡くんのラジオにもたっちょんが出演する、ってことで。
これが14日なのでねー。
もうスケジュール的には、『Can!ジャニ』→『J-Rockライブ』→『TOKIOナイトクラブ』って感じなのです…深夜勤明け参戦なのにねー(爆)
まぁ、こんな予定をきちんとこなせるかどーかはわからないんですけど(爆)そーなったらいいなぁ、ってことで。

あ、ジャニーズとは全然関係ない話なんですけどね。
あゆの新アルバムがUSBメモリーでの発売なんですってね。
なんか、これ1つにブックレットやら映像(6つって言ってたっけかな?)やら、もちろん曲も入ってるらしくて、デザインも可愛かったですけど。
これを見ながら、ファンの家には一家に一台PCがあるもの、として発売するのかなぁ、とか思っちゃいましたけど。
まぁ、それはさておき、いくらくらいするかとかは知りませんが、ジャニーズさんもやってくれてもいいんじゃない?とかちょっと思いました。
ライブDVDとかでやられるとちょっと辛いですけど(苦笑)特にテイチクさん(笑)
エイベックスさんの手法をぱくっちゃいましょーよ(笑)
アルバム曲にPV集入れてみるとか、まぁ、ぶちゃけDVDでつけてくれてもいいんですけど、なんかあゆの話を聞いていると、いろんなものが入ってるんだなぁ、ってちょっとお得感があったんですよね。
朝ちらっと聞いただけで、本当は「えー?」っていう内容なのかもしれないんですけど(爆)

ということで、今夜は深夜勤です。
相変わらずなスケジュールですけど(爆)頑張ってきまーす。
……今日は一番大変なユニットの夜勤なのよ、よりにもよって(爆)
続きにコメントレスです。
kimidorinkoさん、ゆっちさん、ありがとうございましたっ!!








[ 続きを読む ]

急やねんっ

2009年02月11日 08:08

昨日はお友達とご飯を食べに行っていたので、自炊はお休みだったなかはらですけどもー。

えっとね、タイトルのお話は、ウッチーですよっ。
いろんな想いを持ってみたことは確かなんですけど(苦笑)Rockな仲間たちライブ、第2弾が決まった、ってことで。
いや、今回は行きたいよーって思ってたんだけどさー。
なんでこんなに急なのよー(泣)
7日8日、なんか、もうシフトも作っちゃってるところで、どーにもならないようなトコなんだけどー(泣)
しかも2月に武道館行く、3月も青山劇場に行く予定で、その間のところで…だなんて、お休みが取れねー(泣)
大阪でやってくれないかなぁ…大阪だったら最悪仕事終わりでも半休ででも行けるのになぁ……って思ってるんだけど。

えっと今日は仕事です。
会議です、会議です…(苦笑)
そんな中でこんな宣言をしていくのはどーかと思うんですが。
以前も少し書いたと思うんですが、『カゴツルベ』の東京公演なんですが。
3月29日1部のチケット2枚を3月21日2部のチケット2枚と交換して下さる方を探しています。
こんなピンポイントであるかなぁと思ってるんですが(苦笑)
29日のチケットはY&J枠ですが、21日のはPG枠でもなんでも、座席は問いません。
東京に行く日程として、ここしか開かないんです(泣)
もし交換できる方がいらっしゃいましたら、コメントかメールにてご連絡いただけると嬉しいです。
コメントの際はメールアドレスを忘れずにお願いします。

調子にのって。

2009年02月09日 23:06

コロッケ揚げれた?ってコメントもらったので、調子にのって写真なんぞを載せてみたいと思います(笑)
昨日揚げて、保存してたヤツ、つまりは2日連続コロッケ…一人ぐらいの悲しい性(苦笑)がこれ↓

korokke.jpg

キャベツが切れたので付け合せがレタスっていうね……これも微妙なところですが。
普通のポテトコロッケでございます。
俵型した方がカレー風味になってるくらい。
なかはらのお家、つまりはなかはらママは料理がうまいのですよ、娘がいうのもなんだけど(笑)
なかはらは、なかはらママの作るコロッケが好きで、無性に食べたくなることがあるんですけど。
いろいろ伝授された中でもなかなかかなわないのがこれなんですけどね。
揚げるのは普通に揚げれますよ、2回目に揚げた分がちょっと揚げすぎちゃったんですけど(苦笑)
別にはじけて割れているわけでもないですし、おいしくはできました(笑)
コツ、というほどでもないですけど。
たまねぎとひき肉をいためるときにしっかり下味をつけてます。ナツメグ入れたりします。
本当はじゃがいもを丸のままゆでてつぶした方がおいしいと思うのですが、ウチはこふき芋にしてからつぶします。手間が省けます(爆)
タネは混ぜる前に荒熱をとって、成形してから再び冷まします。時間がない時や夏場、暖房をつかっていれば冷蔵庫で。ウチのキッチンは基本寒いので昨日も冷蔵庫感覚で常温冷蔵したけど(爆)
コロッケを揚げるときによく衣がはじけちゃうとか言う話も聞きますけど、どうやら油の温度が要因らしいですね。
なかはらはいちいち測ってないんですが、180度くらいらしいです、えぇ。
それでさっと揚げるのがいいらしいのですが、一人暮らしは揚げ油がもったいないので、深めフライパンに少なめの油で、ちょっと頭が見えるくらいの油の中で、転がして揚げました(爆)。
2回目は片付けながら揚げていたので揚げ過ぎたっていう(苦笑)
基本、揚げ物は結構得意なのかも。てんぷらとかもうまいですよ、なかはら、自分でいうのもなんだけど(笑)
ということで、ご報告でした(笑)

密かに『鏡花水月』のPVのこととか語ってませんよねぇ(苦笑)
えーっと、なんだかいろいろ愛しかったです、たっちょんが(笑)
先輩にいじられている姿も、ターンにふらつく姿も、モノを常に食べている姿も、かわいかったし。
かと思えば、監督も「かっこいいでーす」と思わず言ってしまうほどのかっこよさもあったし。
いろいろ体育会系の場面も見受けられて、たっちょんは結構なじめない体育会系な感じって場面もなきにしもあらず、でしたけど(爆)
なかはらは、昭和なリアクションをしているたっちょんが好きです(笑)

あと話がとびとびですけど、週末のラジオは深夜勤+その後の眠たさで聞けず(苦笑)
でも深夜勤で聞けなかった、聞くジャニは聞きたかったなぁーっ!
だってヤンマーコンビだったんだもん。
えっとねぇ、以前ここにも書いたと思うんですけど、相方ともお話してたこともあるんですけどね。
関ジャニ∞関係論、というか。
SMAPの中居さん木村さんも独特の同級生感ありますけど、リョウヤスも独特…うーん、どういうのが一番イイのかわかりませんけど。
簡単に言うと、そうだなぁ。
普段のイメージ、関ジャニ∞でいるときや個人で活動しているときは、亮ちゃんが男前、ヤスくんが可愛い、ってキャラだと思うんですね。
一般的に見てそういう感じだろうって思うんですよ。
ただ、なかはらは二人になると途端に逆な感じが浮き彫りにされるような気がしてならないんですよね。
ヤスくんが男前で、亮ちゃんが可愛い、っていう。
……ってか、なかはらは実は関ジャニ∞でいる時はの二人のスタンスはこうだと思って憚らないんですけど、その感覚は一般的ではないと思うので(苦笑)
亮ちゃんは関ジャニ∞にいると、年下の方になるからか、三男坊気質がでるというか、いたずらっこ気質が出るというか……まぁかっこいいんですけど、可愛いですよね、そういうとこ。
ひょっとしたら計算してるのかもしれないですけど(爆)闇雲に突っ走っていって守られるタイプっていうか(笑)
なんていうのが一番いいのかわかりませんけど、ともかく『男前』とか『かっこいい』っていうイメージよりも『可愛い』って感じの亮ちゃんがいて。
んで、ヤスくんは基本年下(たっちょんやウチくん、それから関西の後輩たち)には基本男っぽくなって、兄貴な感じになりますよね。
ついてこいよ、じゃないけど、強い感じすらする、っていう。
実は関ジャニ∞の中で一番男気があるのはヤスくんだと思いますし。
顔やら、していることは可愛いって思うこともありますけど、やっぱり基本的には『男前』っていう言葉が似合うイメージなんですよ。
んな二人が二人になると、ヤスくんが亮ちゃんを見守っている図、もしくは器を大きくして待っている図、みたいな感じで、二人は同級生なんだけど、ヤスくんが凄く大人に見えるときがあります。
同級生なんだけど、亮ちゃんが追いつけない位置にヤスくんがいる、みたいな。
それはなかはらの感覚で、ひょっとしたら実際は逆なのかもしれないんですけどね。
『果テナキ空』の大サビの歌詞、『今度会えるまでに 強くなっていよう 心から大切な人のために』ってところが、なかはらの言いたいリョウヤスの関係、って感じもあるんですけど、これだと伝わりにくいような気もするしなぁ(爆)
えっと、旅立っていく亮ちゃん、待っているヤスくん、ヤスくんを含む亮ちゃんの大切な人たちのために、亮ちゃんはこれから頑張っていくんだ、みたいな……妄想(爆)
二人で歌っている曲だから余計なのかもしれません(笑)


そんな妄想はどーでもいいですね(爆)
続きにコメントレス&拍手レスです。
あおいさん、kimidorinkoさん、みんさん、はるかるなさん、高里ちぃさん、Mikeさん、みかんちゃんさん、抹茶さん、ゆっちさん、スミレさん、ありがとうございました!
特に拍手レスで遅くなった方、申し訳ありませんでした(汗)







[ 続きを読む ]

『If or…』レポ【後】(2009年1月31日2部&2月1日2部)

2009年02月08日 18:41

さぁ、Rockライブまで1週間の今日、先にレポ仕上げないとまずいなぁ、ということで(爆)
あ、ちなみに武道館のチケットは最後列という、ある意味プラチナチケット(笑)
日本武道館には何回か行ったことがありますが、たぶん後ろは初めて。
どんな感じで会場が見えるのか、楽しみではあるんですけども。
そんな話よりもまずはレポですねー(苦笑)


※※※ 以下ネタバレ含みますのでご注意下さいませ ※※※

2月1日分のみ少しメモを取りながらみていましたが、基本的には舞台レポは難しいです(苦笑)
何かいているのかあんまりわからないメモを見ながら作成するので、舞台に参加なさった方で「これは違う!」というところがあれば、ご指摘お願いいたします。

【もしも村上がグラビアアイドルだったら】
・何かと話題になっていた、グラビアアイドルがここで登場です(笑)画面にはタイトル『真冬のホットファンタジー 村上信子』の名前が←グラビアアイドルだけど「信子」(勝手にのぶこって呼んでるけど、しんこさんなのかしら?/笑)
・明らかに冬だと思われる海岸でパレオつきビキニ。まぶしそうに日を浴びている姿になっていますが、きっと寒い(笑)ビキニでヨコも真っ青の腋見せ、腋毛ぼーぼー(爆)ロングの髪がなびいているけど、気になるのは腋(爆)
・あとは、白のワンピース+白の帽子、そして手には小説(だったと思う)のショット。これが服を着ているせいか、まだマシに見えた(笑)顔のラインをロングの髪で隠してしまえば、それなりに女の子の顔に見えなくもない…。
・最後はベッドの上(!!)ヒョウ柄のビキニを身にまとった信子ちゃん。何か怪しげなホテルみたいなところで、シーツと戯れていました(笑)上目遣いに「きゃー!」と会場の女性たちが色めき立ったんですが、一番色めき立ったのは、手のアップのシーン。なんで?って思うでしょ。いや、ね。白のシーツを「きゅ」って握るっていう、いかにもグラビアアイドルのDVDにありそうなシーンを再現していたので…ちょっとエロかった(笑)
・ちなみに、NowonSaleだそーで(笑)値段は980円、やすっ!(笑)

【M-1グランプリ】
・世の中にはさまざまなM-1グランプリがあるが、これは村上No.1を決めるM-1グランプリだ、と。8枚の写真を戦わせて、お客さんの投票(拍手)で、一番いいものを決定しよう、というものです。
今週のWebにも総合結果が書いていましたけども、まぁ……あの順位で納得かなぁ。なかはらが入った2回はどちらもBパターンでした。
※ お手元に↓の雑誌がある方は、その時のヒナちゃんの写真を確認していただけると、会場で出された写真がわかります(笑)『Wu』は『Wink up』、『M』は『Myojo』です。
※1回戦の内容と結果のみ記載します。2回戦以降であがった途中途中であがったコメントとか印象に残ったところは、その写真のところで紹介します。
・1回戦第1試合 インテリ気取り村上(2008年Wu12月号)vsセクシー村上(2007年Wu12月号)
→なかはらは断然インテリの方が好きなんですけど、セクシーはやっぱり白いバスタオルをまとって、子猫ちゃんみたいな感じもありつつ、色気もある、って感じで人気でしたねー。1日目はセクシー、2日目はインテリ勝利だったと思います。ちなみにセクシーが勝ち進んでいったとき、1日目のハイヒールモモコさんはセクシーをかなり押してました(笑)いや、凄い勢いで拍手してはったので(笑)
・1回戦第2試合 お祭り村上(2005年M8月号)vs板前村上(1999年M1月号)→第1試合とは打って変わって、ちょっと面白い系(笑)これで勝ち進んだ方がセクシーかインテリと戦うんだから、2回戦の時にそのギャップに笑わざるを得ないっていう(笑)ちなみにお祭りのときは忙しかったのか、やせてて、あと写真の左下にヤスの頬だけ写ってるの(笑)「頬だけでわかるって凄い」的なことを言ってたと思います(笑)あと、板前村上は、ミックスパーマをかけてるんですけど、板前の帽子(?)からそのパーマの髪の毛がはみ出してるわ、若いから今よりも線が細い上に真っ黒に焼けてるわ、で結構面白い姿に(笑)例えるなら、アンパンマンのジャムおじさん(笑)←2日目は『アンパンマン村上』って途中から言われてましたし(笑)
(この当時はやっていたものをすべて取り入れていたらしいヒナちゃん(笑)ちなみにヨコも一緒に日焼けサロンに行って肌を焼いていたそーなんですが、ヨコは焼けずに真っ赤になっただけだったとか/笑)
2日目は男性中心に意見を聞いていましたが、男性には人気だったとか。1日目はお祭り、2日目は板前、だったと思います。
・1回戦第3試合 俳優気取り村上(2008年M1月号)vsモデル気取り村上(2007年M11月号)
→俳優の方は『ありがとう、オカン』を撮影した頃に撮ったものだそうで、髪の毛短くて黒かったです。まぁ、去年のヒナちゃんなのでそう風貌も変わらず(笑)モデルの方はねぇ、これまた結構出た瞬間に笑いとも悲鳴ともつかない声があがったりして(笑)かっこいいんだけどポーズが微妙(笑)捕らえられた宇宙人的ポーズというかなんというか(笑)たぶん両日ともモデルだったと思うんですが、どの会場、どの公演でもモデルが圧倒的勝利を収めるみたいで、ヒナちゃんが「俺の写真が滑ったみたいになってる」って言ってました(笑)
・1回戦第4試合 初めての海外村上(1998年Wu4月号)vs初めてのおもしろポーズ村上(1997年M12月号)
→面白ポーズのほうはMステに出してもらえないだのなんだの言ってた時、といってたし年齢が17歳、と出たので、1999年だと思うんですが、どーなんでしょ?もしくは15歳の間違いだったか、どっちかですけどね。スタジオの隅っこみたいなところで、言うなればさんまさんのパーでんねんのポーズみたいなポーズをとってるヒナちゃん(笑)元気のある感じで、と言われてガッツポーズをしていたけどOKがでず、「面白いことして」みたいなことを言われてひねり出したポーズみたいです(笑)初めての海外は可愛いの。標識のポールにつかまって、楽しいでーす、って感じ全開のうそを知らない顔、って感じで(笑)ちなみにヨコは一緒に行ってたと思うけど、すばるさんは行ってなかったと思う、わからん、ってなことを言ってました。2日目に男性が『危険なところにあえていってるのがいい』と標識(波が高いから気をつけて、的な標識だったと思います)に注目したところから(笑)背景をしっかり見て!みたいなあおりをヒナちゃんはしていました(笑)
・優勝は1日目がセクシーで、2日目が板前だったと思います。あれ?1日目はモデルだっけかなー。ゴメン、勝者をすっかり忘れてしまいました。どちらにしろ一番はヒナちゃんだもん(笑)

【クイズ村上を探せ!~もしも村上が○○だったら~その2】
・1本目は打ち合わせ室に男性5人。こんな狭い空間にヒナちゃんが隠れられるはずがない!と思っていたらテーブルの上におかれている缶コーヒーに描かれている似顔絵がヒナちゃん、という答えでした。……なかはらはその缶コーヒーに気づいたんですけど、いや、これ微妙だし、と思って外した、という、かなり微妙な似顔絵でした(爆)
・2本目は公園。結構木々が多い公園で、子供たちも遊んでて、滑り台越しにいろんなところを映してたんですけど、ぜーんぜんわからず。正解は『木』。木と同じ色の全身タイツを着て、顔も茶色に塗って木に紛れていました、ちょービックリした(笑)子供たちが異変に気づいて(笑)寄っていくと、その子供たちを「わっ!」って感じで脅したり(笑。子供たち逃げてたし/笑)正解をお知らせしたときのにこって笑って、白い歯だけが見える、みたいな状況とか、ちょっと怖かったです(笑)

【もしも村上が売れないミュージシャンだったら】
・舞台は何かのオーディション会場という設定。確かオーディション番号は314だったかと。チャラいレゲエな感じの衣装をきて、サングラス、ボンゴを片手にやってきて、「それでは聞いてください。『It's go my on』!」と、いきなり歌おうとして審査員にとめられる(笑)
・名前を聞かれ、『ボブ・レノン』と何度も応えるミュージシャン(笑)最後には「あぁ、村上です。はい」と応えてましたけどね(笑)そんなボブレノンさんのジャンルは「ない」そーで。なんでも「まぁ、しいて言うなら俺自身がジャンル」ってなことらしい(笑)夢は「世界平和、みたいな。そう、『Stop the war』的な?…子供には笑顔しかいらないと思うんすよねーっ」だし、ちょっとウザいレゲエ野郎気取り(笑)
・たぶん面接官から今は何をしているのかを聞かれたと思うんですが、TUTAYAで働いているそーです(笑)しかも週7で(笑)泊まってることもあるとか(笑)No.1っつーか0nly1になりたいはずのボブレノン。まぁ、音楽関係で働いているだけでもマシなのか(笑)ソウルとハートを伝えていきたいんだ、みたいなことを言ってたと思いますが、正直うざい、の印象が強い(爆)
・このオーディション、喜連瓜破素人歌謡祭だったらしいということがこのあたりで判明(笑)
(『喜連瓜破』とは『きれうりわり』という地名です。大阪市平野区にある駅で、別に高槻は絡んでないんですけど、何かインパクトがあるからかしら?/笑)
・作詞はやるんですか、的なことを聞かれたボブレノン。「作詞?あぁ、リリックっすか。自分っす。作曲はやらないんすよ、斉藤さんつって先輩がやってくれるんすけどね、斉藤さんすげーっすよっ!まぁ、金曜日の夜が多いんすけど、キャバクラに連れてってくれるんすよっ!自分なんかは隅の方でチビチビやってるんすけどね、こう斉藤さんは(ソファーに)でーんと(大の字に)座ってて。あの緑の瓶、ほら眞露(※じんろ…韓国のお酒。焼酎です)ってやつっすよ。あと斉藤さんってすげーんすよっ。PCガンガンにつないで、ネットサーフィン的な?そんな感じで、かっけーんっすよ。その斉藤さんが、言ったんですよっ。『ギガがバイトだな』って。…パネエ(半端ない)ぜっ!斉藤さん!」ってな感じで大興奮(笑)
・ここで歌を披露してください、ってことになって、審査員に「ばってもいいですか?」って何度か聞くボブレノン。どうやら「スタンバイしてもいいですか」ってことらしい(笑)ボンゴを片手に踊りだすボブレノン。『♪おかん、おかん、なんでやねん!』っていう節が一杯ちりばめられた歌でした(笑)なかはらが一番気に入ってるフレーズは「友達にチューペットばっかり出すなや」です(笑)ヒナちゃん家がそーだったのかなぁ、って(笑)エッチな本もみるやろ、とか歌ってたら、「ありがとうございました」という非情なアナウンスが(笑)
・このあと「勝手に作ったPVがあった!」ってことで映像が流れます。その映像は『合コンver.』でした。無駄に遅れてきても意味がない、とか。頼んだ大根サラダを残すな、とか(笑)2次会に誘ったけど女の子が「明日はやいから」と無難な感じで断ったり、連絡先だけでも交換しよう、って提案したら「ケイタイない」ってありえへん理由で断られたり……どうやらその後は吉牛で反省会らしいです(笑)

【ED】
・再びOPのセットに。ただし違うところは、棚の上にひなじいの遺影が!手前に座っているのは赤のスカジャン+ジーンズの孫(=ヒナちゃん)アルバムを眺めながら、「こんなことになるんやったら、話を聞いとけばよかった」と、ボソボソと悲しそうにいってます。しかも、27歳の孫、はまた仕事をやめたらしく(苦笑)「自分が何をしたいのか、何をしていればいいのか。本当に自分がしたいことなのか」がわからなくて、続かないんだ、って。頑張ろうとは思ってるんだけど、続かない。どう頑張ればいいのか。そう悩みをアルバムに向かって打ち明けていました。
・そして孫は「ばあちゃん帰るわな。ご飯?ええよ、俺もう帰るし。ありがとうな」なんて言いながら、棚にアルバムを戻し、そしてそこにあったビデオカメラを発見します。「ばあちゃん、こんなん持ってたん?知らんって?これ見ていい?うん、大丈夫。」といいながらビデオを再生します。
・VTRに現れたのはひなじい。「ばあさん?映っとるか?ホワイトバランス?そんなんええねん」とか言いながら、「おい、孫」と語りかけます。お前は仕事を頑張ってるんか、また辞めたんちゃうか?と。
・ひなじい:「じいちゃんもな、アイドルなんか簡単な仕事やと思ってた。そやけどな、自分よりも凄いひとはたーくさんおるって気づくんや。俺の居場所はどこにあるんや?ってな。…もうな、おかしなもんで、歌が上手なヤツは小さいころから上手やねん。踊りもそう、芝居もそう。もともと持ってる才能っていうのの違いを感じるねん。じいちゃんもな、もう端っこで踊りながら、そんなヤツを見ててな。そやけど、そんなじいちゃんを見ててくれたある先輩がおってな。『頑張れ、一生懸命頑張れ。自分にできることをやれ。見ててくれる人は必ずいる』って。じいちゃんは嬉しかった。こんなじいちゃんのことを見ててくれる人がおったって。」
・ひなじい:「おい、孫。人生というのはな、もしも、の連続じゃ。毎日もしも、って。小さい『もしも』もあれば大きい『もしも』もある。そやけど最後に決めるのは自分じゃ。前に進むかどうか決めるのは自分じゃ」←ヒナちゃんっぽいと思いません?確かにそーなんですよね。最後は自分で決めるんだから、ね。誰かに「これを頑張れ」って言われても、自分がそれを拒否していまえばその道はないわけだし。もしもそうだったら、って考えれば考えるほど、向き合うってことから逃げてるのかもしれませんね。
・ひなじい:「ホテルで、一人で泊まってたとき。普段は泣けへんねんけど、テレビから流れてきたこの曲をきいて、涙があふれてな。何で泣いたのか未だにわからん。そやけど、その曲をよかったら聞いてやってなぁ」
・とここで、ヒナちゃんのためにピアノが登場。そして披露、『戦場のメリークリスマス』……拙いっちゃあ拙いんです。でもやっぱり一生懸命演奏している姿が、今まで頑張ってきた『村上信五』と重なってて、ちょっとウルウルしちゃいました。指1本から始まったキーボード生活も、ここまできた、ヒナちゃんはどんな努力をこれまでにしてきたんだろう、って。他人からみれば「ヘタやん」って思われるかもしれないような、ところどころ詰まってる指がいとしくって。

村上信五の何がわかっているわけでもないなかはらがこんなことを言ってはいけないのかもしれないんですけど、彼はいろんな葛藤をここまで抱えてきて、そしてこれからもその葛藤を抱えながら、それでも自分の生きる道を自分で選び取って生きていく、ってことをピアノの演奏中に思いました。
(葛藤、それはきっと、関ジャニ∞メンバー全員に対する嫉妬とも取れる気持ちだと思います。特にすばるさん、ヨコにも。ヒナちゃんはいろんな意味で2人のことを見守ってきたけど、きっと2人の才能に追いつけない自分が悔しかった時期もあったと思います。決してヒナちゃんに才能がないってわけじゃないんだけど、人のことがうらやましく見えるというか。人それぞれだということはわかっていても、辛くて悲しいってこともあったと思います。ヒナちゃんって外には言わないけど、ポジティブの裏に隠されたいろんな想いを持っているって勝手に思っています。舞台中のセリフにも出てきましたけど、きっと小さい頃から持っていた才能なんて自分にはなかったんだ、って思ってるんじゃないかな、って。そういうところから始まって、彼は実はネガティブなんだけど、それを隠すために表向きはポジティブで頑張ってるんじゃないか、って。虚勢はってるんじゃないか、って思うときもあります。もちろん偽りなくポジティブだ、ってこともあるんでしょうけど。)
なんか、そんなことを演奏中に自然に考えました。
ヒナちゃんが思っているよりも、ヒナちゃんのことが好きで、ヒナちゃんの才能と努力を認めていて、ヒナちゃんに支えられている人はたくさんいるんだけど、彼は鈍感なのか、それとも貪欲なのか、まだまだ、と自分を追い込んで。
努力するってことはいいことだし、きっとヒナちゃん自身もそんなヒナちゃんを見てくれている人がたくさんいるんだ、ってことはわかってるでしょうけど。
貴方の一挙一同に、こうして何かを感じて、明日からまた頑張って生きていくんだ、と思う人がここにいたことを、どうか励みにしてください。
無理はしないでね、本当に。
……なんて、ちょっと切ない気持ちもありつつ(苦笑)


【EDメイキング映像】
・『戦場のメリークリスマス』の演奏が終わると暗転、そしてEDの映像が流れるんですけど、その時にグラビアアイドルのメイキングも流れるんですけど……スタンバイしに行く背中姿が……ガニ股でかーなりおっさんくさかったです(爆)やっぱりオッサンなんだなぁ、って思いました(爆)あとは化粧している姿とか、ちょっとリアルに可愛い角度とかありました(笑)
・映像が終わるとヒナちゃんが黒のスーツ姿ででてきて「本当に今日はありがとうございました。」的な挨拶をして、そして振り返ると……背中側は全部切れててヒモでつないでいるような状態、白のブリーフ丸見え、みたいな感じでした(笑)
・その後、ジーンズにTシャツで再び出てきて、挨拶、MCです。


ってな感じでしたー。
『The村上信五』な舞台であったことには間違いないんですけど、頑張って生きていこう、自分と向き合って生きていこう、って思った舞台でした。
千秋楽(ってとっくの昔に終わってしまったけど)お疲れ様でした。
アンケートにも書きましたが、ピアノを弾くときに右手の親指をほとんど使わないとか(笑)、愛しいヒナちゃんがそこにいました。
きっとこの舞台で、できる限りのことをしたんだと思います。
だけどこれで満足するような貴方ではないこともわかっています。
また、志向を変えつつ、一人舞台とか見せてくれると嬉しいです。

さて、今から下準備しておいたコロッケ、つくりまーす(笑)
コメントレス等々遅れててすみません(汗)。
明日からも連日残業なんですが(汗)ボチボチアップしていけたらと思っているのでご容赦ください。
今日はもう疲れたぞー(爆)

23時代のケツから

2009年02月06日 00:11

うたおにの話をずーっとひっぱっているんですけども(笑)
ドラマの現場では『パーン』はやってないらしいですけど、他のギャグで次の日に引きずるくらいまで片瀬さんが笑ってくれたものもあるらしい、楽しい現場、ということで。
ヨコが「マルちゃんが楽しんでるのが一番うれしいこと」なんて、関ジャニ∞のパパ的発言をしていましたけども。
(ちなみにヨコが「ほんまにアホやな」ってなことを言ったら、マルちゃんは「ポーン」みたいな音をギャグとして返す予定だったんですが、それを忘れていて1回目はうまくいかなかったりもしましたけど/笑)
あとは全国ゾーンOPで第3話の見所をうまく説明できないマルちゃん(爆)
「俺らしいところがでます」という説明をして、ヨコに怒られる(笑)
「グルメリポートとかでも「俺好み」とかいうけど、視聴者に向けてそういう説明をするのはやめなさい」と←確かに(笑)
マルちゃんの今後の課題です(笑)
第3話は矢野くん(大野くん)にとっても大きな変化となる話なので、お楽しみに、とのことです。

今日もまた

2009年02月05日 23:32

ヒナちゃんのための企画だったはずの今日(まぁ、オッサンボーダーなんていう、本人にしたら解せない企画かもしれませんけど)、マルちゃんがゲストで来ていることで、結構マルちゃんが持っていってる感もあり(苦笑)
くしゃみの後になにやら言葉をつける人はオッサンだという話になり、マルちゃんが再現。
ヨコが「韓国語がついたら」や「中国語がついたら」とむちゃブリをするも、それに応えるマルちゃんは男前(笑)
次第にお話はマルちゃんのドラマの現場でのお話に(苦笑)

マルちゃんは現場でいじられまくっているらしく、片瀬さんにも木村さんにも、そして12歳の子役の女の子にもいじられていて、それを楽しんで、喜んでいるらしい(笑)
竹刀でつつかれたり、楽屋にいれさせないようにされたり、っていうエピソードを聞いて「いじめられてないか?」とちょっと心配なのか、レコメンコンビ(笑)
あと黒ヒゲ危機一髪はかーなり現場で重宝されているらしい←エピソードにいちいち絡んでくる黒ヒゲさん(笑)
現場での大野くんは主演たる感じなのかといわれれば、「みんなお友達」って感じ、と。
まぁ、それが主演たるものなのかもしれませんけど、「すごいな、嵐」ってヨコが言ってました。
ヨコはすぐ隅っこでゲームしちゃうから、と(笑)
有閑倶楽部のときは、赤西、田口に年代も近い若いコたちばっかりだったし、自分が一番年上だったし、まぁ、やりやすかったけど、マルちゃんはどうしてるのかなぁ、と←結局心配にしか聴こえない、ヨコの言葉

ちなみに第3話は今までと内容ががらりと変わるらしいです。
明日23時15分(地域によってはだいぶ違いますが)おたのしみに、とのことでーす。

ジャニーズステーション

2009年02月05日 23:14

・小山くんの舞台『コール』が開幕
・The SHIGOTONINの『鏡花水月』リリース
→先日ガイさんに付き合ってもらって、パソコンを買いに行ったその日。
大きなダンボールをもって、しかもジャージの格好のヨコの目の前を、『鏡花水月』の宣伝用のトラックが通ったそうで、切なかった、と(笑)
先輩やメンバーが仕事をしていて、自分がしていなかった、という時の切なさったらないよね、と(苦笑)
「でーあーい」とヨコヒナが何回か歌っていて、ちょっと面白かった(笑)
・安田章大『カゴツルベ』製作発表会見
→ヨコ:「『笑福亭カゴ』?」←どことんねん、って感じですけど(笑)何回も言ってるうちに嵌ったのはマルちゃん(笑)
ヨコとヒナちゃんはスポーツ紙やwebで会見の内容を確認したらしいのですが、「見てないから知らんけど、あいつ絶対テンぱって早口になってたわ!」と言ってはばからない(笑)
濡れ場がなくて残念とかなんとか、マネージャーが勘違いしたとかなんとか、言ってたけど東京ヨリみたいなノリで、と(笑)
でも慣れてないから記者さんたちにも「なんでやねん」って早口でツッコんでたんだろうなぁ、と(笑)
(ただし、ヨコはフォローなのかなんなのかわかりませんけど、優しくてサービス精神が旺盛だから、なんとかしなきゃと思って、テンパっている、っていうようなことも言ってました/笑)

とっておきニュースは、2月19日放送のレコメンは、関ジャニ∞全員集合、ということで。
いつものごとく、全員集合って言ってるけど誰が来るかはわからない。
ってかマルちゃん、スペシャル感を出すんだったら、今日は来たらあかんかったんちゃうん?@ヨコ
ひょっとしたらマルちゃんもドラマでこれないかもよ、的な煽りあり。
全員集合って言っててマルちゃんがいなかったことはないので、逆に新鮮かも、とヨコヒナコンビ。
マルちゃんは寂しそうでしたけどね(笑)
ヤスが代わりに面白いことを言ってくれるかも、らしい(笑)

明日は報道ステーションでヨコヒナスバルが結構喋ったらしいけども、報道番組だからどこまで流れるかは不明らしい。
ヨコヒナもどんな感じになっているのかは全然知らないそーな。

あと、マルちゃんの話。
ドラマはただいま第5話を撮影中←そんなことはいらん、裏話的なことが聞きたい、とヨコに一喝されていましたけど(爆)
撮影から1ヶ月たったけど、大野くんはじめ共演者とは1回もご飯に行ったことがないマルちゃん。
ヨコに「もう1回くらいは行ってる時期やろ」的なことを言われて「え?そんなもんなん??」とマルちゃん←連ドラ初めてだもんね(笑)
スケジュールが微妙に合わないらしい(苦笑)
ドラマの空き時間に黒ヒゲ危機一髪とかして、その場をヘン顔やリアクションでは盛り上げているらしいが……
仲間はずれにされていないことを願います(笑)


ENTRY