スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽配信について考えてみた

2017年05月08日 19:09

久々の記事(横山さんのお誕生日があるので、数時間後には記事も更新するのだけど)がこんなタイトル←
いや、Twitterでは実は何やかにやとつぶやいているのだよ、元々気になっているのだよ。
しかしながら自分が呟いた事でさらに気になりすぎたのか、夢にまで数字が並ぶようになってしまったので(爆)いったん書き落としてみようと思う。


突然ですが
ジャニーズって音楽配信してないよね!!
うん、知ってた、わかってた(笑)
一度スマ兄さんで配信があったことがあったけど、文化がなじめなかったのか、あれだけCDになってなかったからなのか、CDに入れてください、ってめっちゃなったのは覚えてるけど、あと、着うたをやってるのも知ってるけど、基本的には某配信なんちゃたちゅーんとかでも買えない。
実際私は、某なんちゃたちゅーんで音楽を買うこともあるし、ジャニーズも配信やったらお手軽に買えるんじゃない?って思ったりもしてた。
今も「手軽さ」とか「便利さ」の点でいうとそっちの方が明らかに有利だと思うし、今やスマホの普及で「そもそもCD聞ける環境が家にないよ」なんて人もいる事も知ってるので、配信をしない=「遅れてる」「世間の人が聞くきかっけを失っている」「広くに知れ渡りにくい」っていうマイナスポイントがあるのもわかってる。
せっかくメンバーがいい曲作ってもバンドでいい演奏してもそれを知ってもらうきっかけがなかなかないって事もしってる
(今はありがたい事に、エイトには「関ジャム」っていういろんなコンテンツを扱ってる番組があるから、演奏できるのね、ってことはだんだん広まってきているけども)
時代の波は音楽配信サイトで手軽に音楽をダウンロードして、もっというと定額配信サイトでいろんな曲をシャッフルしてきく、っていう所だってのも重々わかっている。

しかしながらいつも思うのだよ
配信はお金にならないんだよ!!
って。

広く知られたらそれだけ曲を手に取ってくれる人が増えるわけでしょ?何でお金にならないのよ?って思う人もいるかもしれない。
ので、うだうだ昼間に考えていた数字の話をここに置いておくね←

※6/28発売、関ジャニ∞ニューアルバム『JAM』の場合
・アルバムを1枚3000円、配信がもしあったとした場合、1曲250円と設定(某なんちゃたちゅーん設定)
・細かいマージンはもちろん変わってくるのは承知で、でもどんな設定になってるかなんてヲタクは知る由もないので、それぞれ10%が売り上げとして返ってくる、という事にしておく。つまり、アルバムは1枚につき300円、配信は1曲につき25円
・『JAM』は3形態発売、初回Aと初回Bにはそれぞれ映像特典付き、通常版は楽曲が3曲追加されている。初回の2枚にはそれぞれどれにも入ってない「ユニット曲」が1曲ずつ入っている。
・どの形態にも「シングルとしてリリースした曲」が5曲、とアルバムでの新曲6曲、が入っている。

それをヲタが買ってみる、ということを想定してみる

①ヲタが映像特典ほしさに、初回の2枚を購入。配信で通常版の追加曲3曲を購入した場合
CD2枚×300円+楽曲3曲×25円=675円
②曲だけ揃ったらいいかな、と思って全部の曲を配信でそろえた場合
たぶんヲタはシングルの時点でシングル曲は持っている(だろう)から
25円×(6+ユニット2+通常3)=275円
③配信がなくて全部の映像も曲もみたいとなった
300円×3枚=900円

エイトのアルバムの売り上げは前作を見ると3形態で31万枚ほどなので、仮にヲタ1人が3枚買ってると仮定すると10万人が楽曲を購入している、ということにしておく

と、現状の③と比べて配信が始まると
①との差は2250万円、②との差は6250万円もの売り上げの差がでる。
いろいろ条件があるだろうからこれが正しい予測や数字とは絶対いわないけど、何千万単位で「儲けが違うやないかい!」ってなるわけでして。

きっとこの何千万かの違いでライブができたり、CDやDVDにヲタクの欲する特典を付ける事が出来てたり、メンバーが作った曲がきちんと円盤になったり、って言うことになってるのは何となく伝え聞いてる先輩方のファンの方々のお言葉もあって知っている。
もっというと、こういう円盤の売り上げがあるから、ライブ1回舞台公演1回の値段がある程度抑えられてる可能性だってある。
ジャニーズは特に大人だけじゃなくて小中学生だって好きなコンテンツなわけだから、あんまり値段を上げ過ぎると「直接会える機会」が減ってしまう可能性だってある。
から、現場だけでなく、ヲタがいろんなコンテンツを楽しみたかったら、やっぱり買い支えしなくきゃいけない。

ただいろんな人が曲を聴いて「お、これいいかも」って手軽に曲を買ってくれる状況だって魅力的で「ファンになるきかっけ」にだってなるし、売り上げだってCDを買うほどではないかもしれないけど伸びるわけだし。
要は上に書いたような状況だってヲタクが知ってて、「配信があってもヲタクがちゃんと円盤を買えばいい」わけですよ、そしたら配信どんどんやってください、な状況になるわけでしょ。
配信やらなかったら儲かってたお金が保証された状態なら、配信を新たなコンテンツとして利用できるわけで。
今のところ「配信は(CDに比べて)お金にならない」のはジャニーズだけじゃないと思うので、どこの界隈のヲタもそうするのが当たり前、みたいになれば、別に何も障害はないだろうし、むしろ配信が宣伝媒体となって効果が出る、方向に行くわけで。

でもヲタクだってお金が無尽蔵にあるわけじゃないし、どっかに金の生る木を植えているわけでもないし、宝くじ当たりまくってるわけでもないので「自分にとって必要なものが安く手に入る」のならそっちに行くでしょうよ!
実際今、関ジャニ∞ってコンテンツは、去年から今年にかけてのライブがDVDとBlu-rayになって発売されるし(5/10発売です、宜しくお願いします)舞台作品に出ているメンバー3人もいるし(チケット代1万円前後)、アルバム発売日近辺にメンバーが主演した映画のDVDとBlu-rayが発売されるし、そうしているうちにツアーが始まって、ツアーが終わったらメンバー主演の映画が2本控えてる、っていう「お金どこから捻出すんねん」状態なわけでして、苦渋の決断をもって買い控える時もあるわけですよ。
食費切り詰めたり洋服買わなかったりできることはしているとしても、やっぱり「これはま、いいかなぁ」と思ったりするものもあるわけですよ。
実際、今回の『JAM』だって、通常盤にメンバー作詞作曲の曲が3曲追加されている、っていう事が今日発表になるまでは、「通常盤は(今は)いらないね」って思ってた人多数だと思う。
だから発表されてこういう↓ことが起こったんだと思う(笑)




…ヲタクってちょろいよね(爆)
そういう所バレてるんだと思う、いやバレてるのなんてとっくの昔にわかっていたけど。
どう考えても「こんなのあるよ」って情報が入ってくるのは一般人よりヲタク、たぶん今日はヲタクがまた数字を動かしたと思う。

何度でもいうけど、もちろん「配信」にメリットがあるのは知っている。
CD聞くための機器がお家にないっていう層があることも、ブックレットとか、もっというとCDの置き場所とかもないよ、邪魔だよっていう層がいることも知っている。
何万歩も譲って、今そこに興味ない人が「配信ないと手軽に買えない」だから買わないってのは納得できるのよ。
でもヲタクは好きなアーティストがこれからも自分を楽しませてくれたり幸せにしてくれるものを提供するために、「お金を落として」いこうよ、って私は思う。思ってる。
じゃ、邪魔なら、いったん買ってから売るなり捨てるなり(ファンとしてはそんなことされたら複雑だけど)してくれていいから円盤かって…
ファンじゃない人も興味があったらネットぽちっとしたりしてくれたら嬉しい。嬉しいです。

書いてて難しいなぁと思ったよ、思ってる、今も
私はアホみたいにヲタ歴が長いので(爆)生活の何かを削ってヲタク事にお金を落とす事にあまり躊躇はないし、周りからみたらいい歳した大人がそこにお金かけてどうするって思われがちってのも長いヲタ歴の中でわかっている(笑)
でも長いヲタ歴で私は彼ら(スマやエイト)に幸せにしてもらった事も沢山あるし、自分の人生で大切な言葉や、いろんなものももらったし、ヲタじゃなかった人たちと出会ってお友達になって、っていう何にも代えがたい縁もあった。
そういう生活嫌いじゃない、ってか好きなんだよ!←(笑)
あと欲深いからあれもこれも見たいって思ってるんだよ!(あんまり食わず嫌いはしない(笑)ファンは与えられたものを享受するものと思ってるし、ちっぽけな私の頭で考えた方向性がいいとも思えない←)
好きなものをたくさん愛でて、笑って楽しんで、幸せになりたい、っていう自分の幸せのために、アイドルにお金を払ってるんだよ。
でもそれが万人に当てはまらないのはわかってるし、出せるお金もそれぞれ違うわけだから、「配信があれば、CD3枚買えなくても曲を買って貢献できる」ってところもあるのはわかってる。
だから「配信はやめた方がいい」と強くも言えないし、だからって「配信どうぞどうぞ!」とも言えない。
難しい(´-`).。oО←
うまく共存できたらいいのだけどなー

ってうだうだ言ったけど、
関ジャニ∞NEWアルバム『JAM』6月28日発売です!!!


スポンサーサイト


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。