スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BDメッセージ@おおくら

2018年05月16日 00:00

前略 大倉忠義 さま

33歳のお誕生日おめでとうございます
最近は30代らしからぬ(笑)落ち着きも少しでてきたように感じて、大人になったなぁというよりは「オッサンになってきたなぁ」と思う事もしばしばではありますが(爆)
こうして年齢を書いてみると、「まだまだこれから」ですね

今年の1年、なぜ「落ち着きてきた」と凄く感じるようになったのかというと、たぶん32歳になる前からそうだったんだろうけど(笑)仕事に対しての想いとか、人間に対しての想いとか、そういうのを主にラジオを通して聴く機会、貴方からすると「いう機会」が多くあって、それによって「あぁ、この人しっかりした考え方のある大人なんだなぁ」と感じる場面がたくさんあったからだと思います
「関ジャニ∞」にはじめはなれなかったあの時、そうとう悔しい想いをしていたのはわかっていたはずなのだけど、あの時よりも何倍も貴方はきっといろんな悔しい想いを抱えて、それがあるから今があるんだという事がわかってるんだろうなぁと、きちんと伝わってくる機会が多かった
のと、改めて貴方は「ファンの欲しい言葉をくれるなぁ」っていうのを感じたから

今年はどうしたってすばるさんの事があるので、そこに絡めて考えてしまうけども
「それでもそんなすばるくんを僕は嫌いになれなかった」
あの言葉にどれだけ助けられたのか
きっと嫌いになっていれば楽だったのかもしれない
自分勝手だと怒って泣いて喚いて、関ジャニ∞を「捨てた」すばるさんの事を罵れたのかもしれない。
だけど少なくとも私は、貴方のこの言葉ですばるさんは関ジャニ∞を捨てたんじゃないと思ったし、「捨てられた関ジャニ∞」になる気なんてさらさらないんだ、って事もわかった。
凄い不貞腐れた態度で、自分でも言ってたけどあの場で感情を爆発させていた貴方は「子供みたい」で
だけど、自分たちと歩んでくれない、歩めない、そんな未来を貴方はきっと悔しい、と思ったんだよね
音楽に負けてしまった、それが悔しい、って
でもね、きっとわかっていたはず
その悔しいって気持ちは「大好きだよ」ってのがあるからだって事が
だから「嫌いになれなかった」んだよ、って事が
…この頃貴方は「曲げられない自分」を積極的に表に出すようになったけど、その曲げられない自分を「曲げない」わけじゃないんだよね
大好きなんだよ、って伝えたそれが、私にはそう見えてますよ、勝手な妄想だけど(笑)
そういう所、横山さんとも似てるなぁって思う、すばるさんのいう「長男気質」ってそういう所なのかなぁって思ったりもする
曲げられない思いがある限り、厳しい想いを口にする機会も増えている
だけそれははっきり思いを伝えても、最後の最後には他者の想いを大切にできるから
自分の大切な人になればなるほど、貴方は最後には「頑張ってね」と応援できる人だから
すばるさんの事での一連の発言には、そんな気持ちを勝手に私は感じ取っていました
あっているのかわからないけど、改めてそんな貴方が好きだなぁって思いましたよ
普段そんなにデレないけど(笑)私は貴方を好きになってよかったなぁ、って思ったんです

33歳の貴方の1年はきっと、これまでに見た事のない景色の連続で、自分の見ていた景色がない事の喪失感も新たな景色を見る事での感動もあるのだろうと思っています。
でもきっと、それに「悔しい」と思いながらも、きちんと向き合って「楽しむ」んだろうなぁって思っています
そんな貴方と「過去を忘れることなく」「新たな道を見てみたい」
私はそう思っています
だから、身体には気を付けてね(笑)またお腹壊さないでね(笑)
昨年の舞台以降、演技もまたちょっと良くなったと感じたし(笑)ドラムは言わずもがな、重さが欠点にもなっていた所がどんどん変わってきてるし、「成長」が見えるだけに
時には洗濯物に囲まれたソファーでダラダラして(笑)出前頼んで、みんなに甘やかされる末っ子でいてください(笑)
8割方クマでも愛してるよ(笑)

ありがとう。
これからも、よろしく。
スポンサーサイト

BDメッセージ@ヨコ

2018年05月09日 00:00

前略 横山 裕さま

37歳のお誕生日、おめでとうございます。
結構しっかり、アラフォーですね(笑)
あなたはあなたの思い描いた「オッサン」になれていますか?

36歳の1年は、これまでよりも「着実に」「一歩ずつ」という言葉が、貴方の生き方のキーワードになっていたんじゃないかと思う様子がたびたび見られたように思います。
特にコツコツと練習しなきゃいけないトランペットを「うまくなりたい」と強く思っていたから、ということもあるのかもしれないなぁと思ったりもしますし
人生に過度な「期待」をしなかった貴方が、少し未來への「期待」を持つようになって、余計にその未来を自分が手にしたいと思ったからなのかとも思いますし
とにもかくにも、自分が欲しいものを手にいれるための道を、諦めずに嘆くことなく、確実に手にいれようとしていたんじゃないかと思います

かと思えば、人知れず(笑)新しい事をやったり。
ananの特集は亮ちゃんも恥ずかしがるほどに、大倉くんも喜ぶほどに(笑)とても大胆なものだったと思いますし、魅力的な「プロデューサー」を2通りも演じていたり。
36歳になってすぐのお仕事「上を下へのジレッタ」では、ボイトレのかいあってか高音ものびやかに出るようになり、これまでよりも「支え」のある声になり、ジレッタの大千秋楽を見た私は、貴方の努力の集大成を底に見た気がしていたのに、その後のライブでまた「成長」を見た気がして。
だからこそ見ぬ映画作品『累』ではどんな「顔」を見せてくれるのか楽しみだったり

そう、貴方は確実に一歩ずつ進んで自分の夢を叶えていて。
そんな貴方が「親友とかなえられない夢」を見てしまった36歳という年は、どんな思いですか?
以前私は「関係論」と称して書いた、貴方のすばるさんの関係を「昔は手の届かない思いで見ていたのに、いつの間にか一緒に空を飛んでいた」と称した事があったのですが
また違った、高い高い空に飛びたとうとしているすばるさんを、親友の姿を見て、どう思っていますか?
これは私の勝手な妄想なのだけど
あの時、貴方もすばるさんもジュニアだったあの時、自分はダメでもすばるさんだけでもときっと思っていたあの時の貴方と重なる気がしてならないのです
貴方はすばるさんの「才能」を、いや、すばるさんだけでなく他のメンバーの才能を愛して尊敬しているんですよね
自分の事はいつも二の次で、メンバーや弟の事ばかり考えていた貴方、ようやく自分の事をきちんと考えられるようになったと私は喜んでいたのだけど、やっぱり貴方は自分なんかより他人の事が大事で
きっと、すばるさんの手を放すのはとてもとても苦しい事。
あの日の、会見での貴方の様子を見ているだけでそれは伝わってくる
でも、貴方はいつもいつも、手放してしまう。
親友をすばるさんを大事な人を、自分の手の中において大事に大事に宝物のように仕舞っておくことではなくて、自分の大切なものも人のために与えてしまう事を選んでしまう
その生き方はとても不器用で、でも、貴方がその生き方を選ぶ事を「あなたらしい」と思う事もあって
手放してしまったそれは他人のせいなんかにせず、そしてまた努力して
でもきっと、すばるさんの事は手放すつもりなんてないんですよね、「ずっと親友」という言葉にそれを感じて。
今度ばかりは貴方の言葉に「すべてを手放す」を感じられずに
手放す事で人の幸せをかなえようとすることを、このことを通して「あきらめて」くれたのだと私は思っています。

だから37歳の1年はもっと貪欲になって下さい。
もう何も手放さないつもりで、誰かの幸せのために自分の幸せを切り取るような人生を送らないでください
ちょっとくらいわがままでちょっとくらい我慢しなくたっていいじゃない
貴方が貴方自身の事を1番に思って考えられますように
誰のためでもなく自分のために生きていると貴方は笑って返すとはわかっていても、そう願って仕方がないのです
これは私のわがままです。
だけどどうか、貴方が貴方の幸せを最大限に優先できる1年でありますように、と願っています。

ありがとう。
これからも、よろしく

この3か月くらいのお話

2018年03月03日 19:30

えっと、関ジャニ∞には全くといっていいほど関係ないです(爆)
ホントはFBにでもあげようかなぁと思ったのだけど
私の日常のお話です
久々の更新なのに(爆)とりあえずの記録と思いまして
興味のある人だけ覗いて頂ければ







[ 続きを読む ]

BDメッセージ@ヒナちゃん

2018年01月26日 00:00

前略 村上信五 さま

36歳のお誕生日、おめでとうございます。
年男、ですね(笑)←レコメン聞きながら書いてます。
バリンタン久しぶりに聞いた(笑)キャンジャニ復活してほしい(笑)←余計な感想を(笑)

それにしても35歳の1年は、「躍進」という言葉が似合う1年になりましたね
貴方はひょっとしたら気持ちの中で「運があったからや」って言うのかもしれないけど、冗談で言っているであろう「実力」が、35歳の1年を彩ったと思っていますよ
これまでは「ジャニーズでMCで出てきたから使ってやろう」と思っていた人たちも多かったのかもしれないけど、去年の27時間テレビの司会を経て、きっと「村上信五だから使おう」って思ってもらえるような存在になってるなぁと思います
思わず「うまいなぁ」って唸るような瞬間がある、みたいなMCではないんですけどね、正直(爆)
でも、いつもさりげなく技術も気遣いもちりばめられているMCを貴方はしていると私は思っていて、それは「勉強」だけでは絶対できないことで「人をきちんと見てる」し「人をきちんと認めている」からこそできるMCなんだろうなぁと思っています。
きっとこれからもそのスタンスは崩さず、そして35歳を超えてようやく「自分」との距離感も上手になってきているように思うので、どんどんその道を究めるのだろうなぁと思っています。

究めるといえば、ピアノも随分と余裕が出てきましたよね。
MCのお仕事が多いからって「音楽」を蔑ろにしていない事は十二分に伝わってくるくらいには
貴方の中での「音楽」の位置ってなんだろうなぁって、年始のNHKの番組を見ながら思っていました。
関ジャニ∞を売るための名刺代わりなのか、それともエイターと一緒に楽しむためのツールなのか
でも、貴方の中ではそういうことではなくて、きっと「音を楽しむもの」なんだろうなぁって思う瞬間があって、そういう風に音楽に取り組めるようになった貴方を見ていると、妙に「成長したなぁ」っていう気にされるんですよ。
すんげぇ上から目線だけど(笑)
いやね、やっぱり貴方は「まだまだ、これから」って言いながら、本を読んだり英語に取り組んだり、「知りたい」といろんな話を聞いたり、人一倍練習したり、っていう姿を隠さないじゃないですか。
それが本当にすがすがしくて、これからも変わらないでいてほしいと思う部分でもあり、無理しないでね、って思う部分でもあるんですよ
なぜって?
それはホントのホントに悔しいこととか悲しい事は絶対に漏らさないだろうなぁって思うから(苦笑)
それを隠して「まだまだ頑張れる」ってしてるんだろうなぁと思うと、もう決して若くないんだから、って気分にさせられるんですよ(笑)
もちろん、その辺にいる36歳に比べれば気力も体力も十分持ち合わせている人ではあるけれど、そしてきっと私なんかに言われなくてもわかってはいるのだろうけど

貴方はいろいろ否定するかもしれないけど、MCを武器にといいながらも、一番アイドルだと私は思ってますよ
心がイケメンなんですよね、こうやって書くとすんげえ軽い言葉に聞こえるけど(笑)
普段はそういう所を隠して「演じている」ある意味役者みたいな時もあるんだろうなぁって
だからたまに三馬鹿で絡んで天然が出たりすると、ホントに安心する、ほっこりします
いつまでもそんなヒナちゃんでいてね、って気にさせられます
村上さん、貴方は間違いなく今後の関ジャニ∞を左右する仕事をたくさんしてはいるし、世間もそうやってみているし、周囲もそういう期待をかけてはいるだろうけど、男前でアイドルででも天然な、そんな貴方が関ジャニ∞の中でだけでもいてくれたらいいなぁと一ファンとして思っています
つまりは、あんまり意気込みすぎないで、やってやるぞって思い過ぎないで、貴方があなたらしくいてくれる事を願っています、ってことです
顔をくちゃくしゃにして、思いっきりメンバーしばいてる貴方が好きだよ、って
そういいたいだけ

ありがとう
これからも、よろしく

BDメッセージ@マルちゃん

2017年11月26日 00:00

前略 丸山 隆平さま

34歳のお誕生日おめでとうございます
前日の生放送で、自分のお誕生日をアピールしちゃう所もオッサンやなぁって言われちゃう所もなんだか微笑ましくてかわいらしい、のは貴方の特権かなぁと思ってみていました

いつも賑やかで太陽みたいなマルちゃん、のイメージはこれまでもこれからも消えないのかもしれないけど、「33歳のマルちゃん」は背伸びもし過ぎず等身大なのかなぁと思ってみていました。
私から見ていると「いやいやマルちゃん、そこはもうちょっと頑張らなあかんで」と思う場面があったことは否めないんですが(爆)以前までによく見られていた「めっちゃ必死で頑張らないと」って姿とか「どうせ頑張っても…」みたいなひねくれた様子とか、そういうのがなくて、ナチュラルで
「おぉ言ったか」と思ったことのひとつに「ベースが大嫌いでした」って事があるんだけど
いや、知ってましたけどね、と思いながら聞いたその言葉だったんですが(笑)
ベースが嫌いで向き合えなくて、弾くのも怖くなった。そんなベースが今は楽しい
そう朗らかに言える貴方は程よく肩の力も抜けて、いつまでもわちゃわちゃしてて何だか中学生みたい、と言われる所とはちょっと違って「大人」になったよなぁと
そんな風にベースと向き合えるタイミングで、メトロックでの間違いがあって、あれはホントに自分の中でも反省したんだろうなぁとは思ったけど(爆)そうやって少し転んでも、貴方は他人の力ではなくて自分の力で起き上がって、自分のためにもいきれるようになってきた
…エゴサする貴方の事をメンバーもファンも止めたらいいのに、って思う事はよくあります
が、錦戸さんが言った「いいのも悪いのも見れるってすごいなぁ」ってのがあって
特に自分の力で起き上がれるようになってきたなぁと思えるようになってきてからは、過剰に心配するのをやめました(笑)
貴方はきっと、「必死で頑張らないと」って言う時も、間違った方向に進まないようにしっかり一歩一歩踏みしめて頑張れるようになったから

34歳の貴方に求めることは
もっとナチュラにになってもいいんじゃない?です
ある番組で「いつもおちゃらけてる人が真面目に話してると笑える」みたいなことを言われてましたけど(笑)
メンバーだけが今までは知っていたであろう、無理やりテンション上げてない「マルちゃん」をもっと出していっても、きっとそれは年相応というか、「丸山隆平らしい」というのを奪わないものだと思いますよ
太陽のように明るい、を求められがちだけど、私は貴方に「陽だまりのように暖かい」があるのを知っているから
だから、亮ちゃんをはじめ(笑)メンバーに笑わされる日がたくさんあってもいいのかなぁと思ってます
今少しずつエゴサも含めて(笑)良い風に「頑張れてる」貴方を見ることができているから、余計にそう思います
無理をしないで下さい
きっとあなたが無理をすれば、周りも一緒に「無理をする」
そんな存在に貴方はなったんですからね


ありがとう
これからも、よろしく

BDメッセージ@亮ちゃん

2017年11月03日 00:00

前略 錦戸亮 さま

33歳のお誕生日、おめでとうございます
ついに33歳、なんか私の中の「錦戸亮」は25歳くらいで止まってて(笑)
もう33歳だなんてなんか不思議な感じなんですが

いや、25歳くらいで止まっている、というのは決して成長していないというわけではなくて、33歳ってちょっとずつオッサンになってきても、貴方には「かっこいい」と一緒にかわいい、ってかプリティーがいつも一緒にあるような気がしてて
人を引き付けるかわいらしさ、ってか、ちょっとひねくれた所も「錦戸亮」の魅力を見せるひとつってかそういうのがあって、素直に顔に出たりするところも、信じたものを疑わなかったりするところも「かわいい」から
いつまでも若々しくは見えるのかなぁと思ったり

まぁそれはさておき
31歳の貴方の事を「周りにいる人たちが幸せでいられるために努力してるんじゃないか」と感じていた、と私は去年のメッセージに書いたのだけど、32歳の貴方を見ているとそれも強く感じた上で「そんな自分になかなかなれない事が悔しい」と感じている様子を見て取れたりして、ちょっと心配になったりもしました(苦笑)
これまで、あんなに「売れたい」を意識したことはなかったんじゃないかな、ってちょっと思ったから
ドラマで主役を背負っていい結果を出す事も、アルバムをたくさん売りたいって思うことも、今までもずっと思ってきた事だったのかもしれないけど、それを口に出すようになった貴方
何の心境の変化なのかなぁと思ったりはしたけど、口に出すことで自分のそれを「科す」状態にしてないならいいなぁと思うほどに、いろんなものを背負おうとしてるんじゃないかなぁって

決して悪い事ではないんだけどね(苦笑)
でも私は貴方に、貴方が持ってる責任とか使命とか、そんなものはできるだけ背負わないでいてほしいって思ってて
それはこれまでだってずっと背負ってきて苦しい想いをしていた貴方がいたからで(苦笑)
でもきっと、貴方は、関ジャニ∞が好きで、関ジャニ∞のメンバーが大好きで、だから大好きな人たちの事を世間に認めてほしくて
…自分が認められる事よりも、それを願ってる
だから「認められなくてもいい」っていったすばるさんの気持ちに反発してる様子が見えたり(笑)絶対やってやるんだって心意気が見えたりしてたんだろうな、今年の6月なんか特に、って思ってる(笑)
でも貴方は聡い人だから、自分が「世間で認められる人」になれば、関ジャニ∞が認められる事もわかってる、イタイ程に
だからそんな貴方に「背負わなくてもいいよ」なんて言ったって聞かない事は、私もわかってるのだけど(笑)

でもだからこそ
くったくなく、メンバーと一緒にいれば「安心する」と言えるその環境に、甘えてたっていいよ、って言いたい
外に出れば嫌でもしっかり頑張らないといけない事は貴方自身が一番わかっているのだから
いつまででも甘えてたらいけないよね、って思ってることをわかっててあえていうよ
貴方が甘えられる環境だ、ってことが関ジャニ∞の、もっというと上3人の「安心材料」なんだから
自分の役割も自分がするべき事もすべてわかっているであろう貴方に、これ以上メンバーは何も言わないだろうけど、言わないからってベタベタに甘やかせているわけでもないでしょうよ
あ、でも貴方には年下の大倉ですら甘いのかもしれないけど(笑)
なんだろうなぁ、みんなきっと貴方には甘えてるくらいでちょうどいいって思ってると思ってます、私は
じゃないと、無理しちゃうだろーって所はかわってないから

この33歳の1年はなんといっても大河ドラマという、これまでとは違った「大きな仕事」があるだけに
自分自身に葛藤を重ねる日々が長くなるのかと思うと、オバサンは心配になります(笑)
でも、きっと貴方ならそれでも乗り越えていける力がある、それは信じてます
が、ホント、「自分を大切にして」ね

ありがとう。
これからも、よろしく

BDメッセージ@すばるさん

2017年09月22日 00:00

前略 渋谷すばる さま

36歳のお誕生日、おめでとうございます。
もう「オッサン」ですね。
貴方は貴方の想像していたかっこいい「オッサン」になっていますか?

いや、ホントにね。いい意味で「オッサン」になりましたよね(笑)
若い頃だったら全く受け付けなかったであろう所を受け入れる、というか、聞く耳を持てるようになって、とげとげしい言葉とか態度で武装しなくなって。
未だに貴方の事を誤解している人も根っこがアツくて優しい、そんなのが表に顕著にでてくるようになって。

でも貴方が「アイドル」ということにこだわっているのをみると、なんだろうな、戦う気持ちを忘れていないというか、強い心をもっているというか、なんか「志」を感じるんですよね。
少なくとも、私が見ていた「渋谷すばる」は「アイドル」を嫌っていたはずなのに、と、ふと思う事があります。
それは貴方が雑誌で語ったようにこと日本においては「アイドル」は「何もできない操り人形」のようなイメージがあるからなのかなぁと思います。
貴方は他の誰でもなく貴方の意思でいきているから
それはこれまでもこれからも変わっていないのだけど。
でも、「アイドル」が何もできないヤツなんかじゃない、ってむしろアイドルは「なんでもできるんだ」ってそれを証明するかのように、アイドルであり続けることを選びに選びきったのが、この35歳の1年だったのかなぁと思います。
過去を知っている人間は「すっかり丸くなった」という人もいるかもしれないし「すっかりやわらかくなった」という人もいるかもしれないけど、貴方が選んだ「アイドルとして戦うこと」は実はすごくロックなんだなぁってこの1年で思いました。
「アイドルなんか」って思ってる人たちに「アイドルは凄い」と思わせたい。
そんなロックな気持ち

…こう書いてて、きっと貴方は、貴方自身が「アイドルなんて」って思ってたんだろうなぁって思いました。
ちょっとキメ顔したらファンが「キャー!」って騒いでくれる、そんなの何のうれしさもないのに、とか思ってたのかなぁって(笑)
でも今はそれを逆に楽しんでるんだろうなぁって思います。
楽しんでいられるのはきっと本当に「好きなように自分を受け取ってくれていい」っていう覚悟ができた事、そして長年アイドルを続けてきて、実はアイドルってのは本当に凄いんだ、って自分でなく、周りにいたメンバーとかから感じたんじゃないかなぁって。
辛い事も苦しい事もきっとあるアイドル、だけど、このメンバーでいられるのなら「アイドル」であることを捨てる気はさらさらない、みたいなものを感じる事が、この2回のツアーでありました。
…私の想像なんですけどね、「1個超えたい」とか「先に行きたい」っていう貴方に、メンバーに対する絶対的信頼感と、そして自分の力を信じているんだろうな、ということを感じます。
なんか、それがたまらなく嬉しい。
アイドルであろうとなかろうと、それを信じるんだ、ってきっと思ってるんだろうなぁって。
…さっきから想像の話ばっかしてますけどね(笑)

いやでもホントに、貴方が信じる道を、貴方が信じる仲間と一緒に進んでいってほしい。
この1年を見ていて、今純粋にそう思います。
実は子供が大好きで優しい顔をするのも、ジャニーズなのにエロ師匠とか言われちゃうところも、きのこが嫌いで猫舌で子供みたいなところも、全部「渋谷すばる」で、そんな貴方が行く先はきっと貴方にしかなしえないものがある、と貴方自身が信じていてほしい。
そんな貴方を、貴方たちをこれからも見守らせてもらえればなぁと思います。
…こんなこといっちゃあなんだけど。
強くなったね、ほんとに。
いつか壊れてしまうんじゃないかと思っていたあの頃。
消える、というよりも、砕けてしまうんじゃないかと思っていたあの頃。
支えたい、少しでいいから力になりたいと思っていたあの頃、が嘘みたい。

ただ、ちょっと無理をするところはずっとずっと変わってないから。
ってか、自分の限界を知っているようで、実はあんまり知らないから。
だから、頑張ったらちょっと休憩するのを忘れないようにしてね。

ありがとう。
これからも、よろしく


ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。