FC2ブログ

BDメッセージ@亮ちゃん

2018年11月03日 00:00

前略 錦戸 亮 さま

34歳のお誕生日おめでとうございます
この1年、特に後半は常に「頑張らないと」と自分に言い聞かせている1年になって、しまいましたね
頑張る、ことが悪いことだとは思っていないけど、一時期の横山さんみたいに「頑張るをがんばる」貴方をとても私は心配していました。

この1年は貴方にとって大きな事が重なった1年であったことは確かです。
主役、というポジションの映画からのわき役としての大河出演、そして再び月9の主演へ
主演も助演もできる、求められる「役者」になるべく奮闘している貴方をみていて、やはりお芝居が好きなんだろうなぁと思いましたし、脚本家の人や演出家の人が「使いたくなる」と褒めて下さる度に、天性の才能だけではない貴方の「努力」の部分をとても感じて、「演技」でグループの名を世に広める立場、を背負っていきたいのかなぁって
…貴方がNEWSであった頃、貴方はお芝居のお仕事の事を「唯一、NEWSの名前も関ジャニ∞の名前も背負っていない、錦戸亮としての仕事だ」と語ったことがありました
だから私は、関ジャニ∞ひとつに絞っても、お芝居というお仕事が「錦戸亮」の仕事である、ということが変わらない事に不満は持てませんでした。
結果的に錦戸亮=関ジャニ∞とならなくても、貴方のお芝居は認められ「錦戸亮」が世の中に広まるのが一番だと思っていました。
だけどいつからか、貴方は貴方のお芝居を通して「関ジャニ∞」の名前が知られるようになればいい、と思ってるんじゃないかなぁと感じる事がありました。
今年はそれをわずかながら、いやわずか、というには十分すぎるほどに感じていて
…でも、関ジャニ∞が「お笑いだけじゃないんだぞ」って信じてほしい、関ジャニ∞はかっこいいんだぞ、って知ってもらいたい、とずっと思っていたのは、貴方だったことも思い出して
貴方はいつもそうやって「関ジャニ∞への愛」をちょっと隠す
…隠す、って言い方は悪いかなぁ、表には出そうとしない

だけど。
すばるさんがいなくなって、貴方が純粋に「寂しい」と言ったあの日
「背負っていくよ」と言ったと語ったあの日
十分すぎる程の愛情を表に出したあの日
嬉しいという気持ちとは裏腹に、貴方はどれだけ大きな物を背負ってしまったのか、と少し辛くなってしまったのも、私の中ではありました
とても身勝手な思いなのだけど
エースでセンターで、それでいてブレイン的なものをも背負おうとしていた貴方を見ていると、そんなに頑張りすぎないでいいよ、って本当に思ったんですよ
きっと貴方はヨコヒナに支えられている自分を悔しいと思って、皆を支えられない自分を不甲斐ないと思って、ってしてるんだろうけど、メンバーは貴方に十分すぎるくらい助けられているはずなのにそれを信じようともしないで奮闘してるんじゃないか、って心配になったんですよ
それくらい貴方は、「頑張りすぎてた」
そして今も「頑張ろう」って凄く言い聞かせてる
いつかそれがぷつんと切れてしまうんじゃないか、と本当に心配になる

でもきっと、そんなに弱くはないんでしょうね、貴方は
見事にチャレンジしたことを自分のものにしていくんだろうなぁという風にもどこかで思ってるんですよ
それは随分とあっさりしているようにも聞こえた「これからは切り替えていかなれけばならない」と語った、ライブ中の言葉でした。
きっとね、きっと
大倉がすばるさんの横でもう一度歌いたかったな、って思う想い以上に、貴方は、すばるさんの横でずっと歌っていたかったんだなぁってライブを見ていて思ったんです。
「永遠なんてないって心底わかった」なんて悲しい事を貴方は言ったけど、きっとずっとすばるさんの横で歌っていたかったのに、と今でも少し思っているんじゃないかなぁって思って聞いていたのに
貴方は言いましたよね、「誰かが歌うくらいなら俺が歌いたい、歌わせてくれ」と頼んだんだ、と
…全然切り替えていけないような心を背負って「切り替える」なんて言葉を放って、貴方はすばるさんが重ねて作ってきた「関ジャニ∞」を絶対に否定せずに新しい物を作ろうとしているんだ、って思ったら
きっとやれる、と信じるしかなかったんですよ、私は

「頑張るをがんばる」状態は、横山さんを見ていてもとてもつらかったし、こっちも見ていてハラハラする
だけど、そう決めたであろう貴方を、私は精一杯応援したい
きっと貴方ならできる
いや、貴方ならできないなんてことはない、と信じています


ありがとう
これからもよろしく

BDメッセージ@すばるさん

2018年09月22日 00:00

前略 渋谷すばる さま

37歳のお誕生日おめでとうございます。
まずは……元気ですか?
ちょこちょこっと見る目撃情報なんかでちゃんと生きてるってことはわかってはいるのだけど、メディアで見る事がなくなってもうすぐ3か月
やっぱり「元気ですか?」と話しかけてしまいますね(笑)

36歳のお誕生日のメッセージを書いた時、まさか37歳の貴方をこのまま見届けられないのかもしれない、なんて思ってもいなくて
そう、あの「嘘みたいな日」から、もう半年が立とうとしています。
貴方が関ジャニ∞を旅立つと会見した、あの日から
正直、村上さんばりに「何でや、いやや」と思うしかなかったあの日。貴方がそんなことを言っているのだなんて嘘だと言ってとしか思ってなかったあの日、に比べれば私は心が穏やかです
音楽が貴方を関ジャニ∞から奪ったのだという人もいるし、関ジャニ∞の枠ではアイドルの枠では収まるような人ではもともとなかった、という人もいるし
すっかり意識していなかったけど、安定なんて望んでいない、のはずっとだったのにね
いつもフラフラしてて、ファンはライブのたびに貴方の機嫌をうかがってた。
声の調子を心配して、ダンスが多少やる気なくても「今日は疲れてるのかな」とかこわごわ思ってた(笑)
気分屋でファンまで振り回してた(笑)
いつも安定してなかったし(爆)それ以上に貴方は「現状に満足してぬくぬく生きること」を嫌ってた。
だから自分のやりたい事をやりたい、という意思が変わらない事もわかっていた。
2009年のあの時期を乗り越えたから、もうその夢は関ジャニ∞にあるのだと信じて疑わなかったのは勝手な私の想像で、というか勝手な私の願望で。
渋谷すばるの人生は、アイドルとしての人生だけじゃないんだってことを、忘れてた。

昔々、お遊びで書いていた「関係論」にも少し書いたことがあったんですが、「高く空に舞う鳥のような歌」は、手元にいつまでもいてくれる、だなんて思っていなかったんですよね
でもいつの間にか、すっかりそんなことは忘れていました
内くんの事があったのにも関わらず、私は「永遠」をいつの間にか信じていました。
だから亮ちゃんがいった「永遠なんてないってやっとわかった」という言葉はとてもずしんと来ました。
それでも私は「永遠」だと思いたかったのに、と

今も思います。貴方がここにいてくれたら、と
でも一方で、貴方がいない関ジャニ∞もやっぱり私は好きで貴方がいないから「物足りない」なんてことは殆ど感じずにいて
やっぱり関ジャニ∞と一緒に歩む人生は楽しくて、関ジャニ∞を通して出会った人たちと歩む道のりは嬉しくて
なんだろうな、うまく表現できないのだけど、関ジャニ∞に貴方がいないという事実は「許せないもの」になるのかと思っていたのだけど、もっというと「勝手に関ジャニ∞から離脱した渋谷すばるは許せない」のかと思っていたのだけど、何で関ジャニ∞だったらダメなんだろうってもっと思うのかと思っていたのだけど、なんで貴方は「大切な人たち」を苦しめたりするんだろう、ってもっともっと貴方を責めるんじゃないかって思ってたけど、それでもやっぱり思うのは
「すばるさんは、今日も元気で笑っているかな」
っていうことで。
どうしてこんなに嫌いになれないんだろうね、すばるさん。
ホント悔しい。

貴方が言ってくれた言葉をそのまま返します
「あなたを生きて」
どうかあなたを、あなた自身を生きて下さい。
この道を選んだことを絶対後悔なんてするんじゃないよ、そしてすばるさんを20年以上見守ってきた私みたいなファンの端くれに、後悔させないでね、絶対に、だよ
きっと楽しいだけじゃない、辛い事も悲しいことも貴方に降りかかってしまうのはわかっている
だけど、少なくとも私は、そんな悲しい事や辛い事なんか一切貴方に降りかかりませんように、と願うしかできないから
だからせめて、後悔しないあなたを生きてほしい、と願う事だけは許してほしい

これから貴方が一人で自分の夢を追いかけている様子が、また私も見る事ができるのか、今はわかりません。
だから、きっとしばらくこのメッセージは書けないかなぁって思ってます。
だから一端今年で終了するけど、私はまたこのメッセージをここに書ける日を楽しみにしています。
ありがとう、ありがとうね、すばるさん
これからもよろしく、とはっきり言えないのはちょっとつらいけど、あなたはあなたらしく、あなたを生きてくれることを願っています。







続きは関ジャニ∞のことだよーって
[ 続きを読む ]

BDメッセージ@ヤス

2018年09月11日 00:00

前略 安田 章大さま

34歳のお誕生日おめでとうございます
少しずつ体の調子が戻ってきているのを見ながら早く全力で踊れるようになれればいいな、と思っています

うん。
そうなのよ、去年の今日、メッセージを書いている時にはまさか貴方の身に「大病」が起こっていただなんて知る由もなく、でも去年のメッセージに「貴方の「生きていくための芯の強さ」をホントに本当に感じました。それは覚悟なのかな。」なんて私は書いていたのよ。
まさかまさか、貴方の身にそんなことが起こっているとはつゆ知らず、だけど確実に何かの変化を感じ取っていた私
だけど、正直な所をいうと、大病が原因で知ってしまったことは、貴方に知ってほしくなかった、とは思っています。
貴方は私たちに向けて、病気をしたことは自分の人生にとって必要だった、というけれど
確かにそれが生きていく上での何か大切なモノにつながっていっているのかもしれないけど、「死んでしまうのかもしれない」なんていう状況に追い込まれることなんて、そんなことなんてなければいい
それは一ファンとしての当然の気持ちだと受け止めてほしい。
ごめんね、そんな気持ちも負担になるかもしれないと思いながらも、やっぱり書かずにはいられなかったよ。

だけど、去年の私が感じ取っていたように、33歳の貴方は「生きる」ことに対してとても誠実で、言い方は悪いのかもしれないけど、いつ死んでも後悔のないような生き方をしているよに思っていました。
そんな中でまた怪我をしてしまった時、そしてそれを公表しようと思った時、貴方がどんな気持ちだったのかは、伝えてくる言葉から想像するしかないのだけど
貴方はとても強い。それはしなやかな強さで、大きな衝撃をも受け止めて、優しく包んで癒してくれる。
そんな強さをこの1年で更に身につけて「しまった」
いや、なんでこんな書き方をするかというと
私は貴方に「強くなってほしい」って実は思っていませんでした。
貴方は「病気で怖かったこと」や「全力で踊れない自分」を見せて「弱さ」を見せている気になっているのかもしれないけど、それを見せられるような強さを身にはつけてほしくなったんだ。
泣きたいときに泣いて、泣き叫んで、わがままいって、人に当たって、ってしてほしいって思ってた。
辛い悲しい苦しいって素直に言ってほしいと思ってた。
だから「死んだらそれまで」みたいな気持ちになった貴方の病気を、私はやっぱり恨んでる
貴方がもともと「しなやかな強さ」を持っている事はわかっているけど、恨んでる
だけど、それがあなたらしさでもあるんだと思うと、どこかちょっとほっとしてる。
なんかとても複雑な気持ちなんです
まぁ一方で、大倉や村上さんの言葉を見ていると、貴方は私が望んでいる「弱さを見せる」もきちんとできているように思うってのもあるのかもしれないけど

私が貴方に望むことはない、といいたいところだけど、実はたくさんある
痛いとき苦しいとき悲しいとき、貴方はできるだけそのままの感情を出してほしい
私たちファンが悲しむんじゃないかとかって気にしないで、貴方が貴方の心と体を健康で保つために、きちんと表に出してほしい
きっと自分で処理できるんだろうけど、それでも知らぬうちに負担にならないように、誰かのために生きるんじゃなくて、自分のために生きてほしい
34歳になったばかり、とは思えないほどにいろいろ達観した感じになっているのは否めない貴方
だけど、まだ34歳、だから
これから先まだまだ長く生きて、貴方の見ている世界を私たちもまだまだ見たいから
だから、楽しいよ、って気持ちだけでなくて、悲しいよ、って気持ちも時々でいいから私たちに見せてね。
貴方が許してくれるなら、ずっとまだまだ一緒に、生きていきたいんだ。

通常モードに戻すと(笑)
去年も感じていたことだけど、歌はホントにうまい、ますますうまくなった
ギターも含めて「自分の求める位置」がとても高くなっているのを感じています
そんな向上心はとても貴方らしい
それがすばるさんがいなくなって余計に思っている事なのかもしれないけど、でもあなたはすばるさんがいたとてそう思ってたんじゃないかなぁって思ってます
しばらくお芝居やらバラエティーのレギュラーやらはゆっくりめに考えてもらって、とは思ってるけど、お芝居する貴方も、来年の秋以降くらいには見たいなぁ、なんて欲を持っててもいいよね?
貴方に対していろんな「欲」を私は持っています。
だから、とても「期待」しています。
きっと貴方はそんな期待を裏切らないのでしょうね
それくらい、今の貴方は「完全じゃないのに完全」だよ
ほんとこの1年で余計に「芯の強さ」を感じていますよ
そう、とても貴方の「未来」が私は楽しみなんだ
私も頑張っていきるからね(笑)

ありがとう
これからも、よろしく

すみません

2018年07月24日 02:18

広告よけの記事をあげたかっただけです←
ツアー初日終わったら書こうかと思ってたんですけど、結局うまく言葉になってないから

だけどひとつ言えるのは、関ジャニ∞楽しいよ、ってことだな、うん
変わったようで変わらないところもあって
痛むようでいてそれは傷ではなくて
そんな日々をありがたくも過ごしています

うん、やっぱ言葉にできないわ(苦笑)

BDメッセージ@おおくら

2018年05月16日 00:00

前略 大倉忠義 さま

33歳のお誕生日おめでとうございます
最近は30代らしからぬ(笑)落ち着きも少しでてきたように感じて、大人になったなぁというよりは「オッサンになってきたなぁ」と思う事もしばしばではありますが(爆)
こうして年齢を書いてみると、「まだまだこれから」ですね

今年の1年、なぜ「落ち着きてきた」と凄く感じるようになったのかというと、たぶん32歳になる前からそうだったんだろうけど(笑)仕事に対しての想いとか、人間に対しての想いとか、そういうのを主にラジオを通して聴く機会、貴方からすると「いう機会」が多くあって、それによって「あぁ、この人しっかりした考え方のある大人なんだなぁ」と感じる場面がたくさんあったからだと思います
「関ジャニ∞」にはじめはなれなかったあの時、そうとう悔しい想いをしていたのはわかっていたはずなのだけど、あの時よりも何倍も貴方はきっといろんな悔しい想いを抱えて、それがあるから今があるんだという事がわかってるんだろうなぁと、きちんと伝わってくる機会が多かった
のと、改めて貴方は「ファンの欲しい言葉をくれるなぁ」っていうのを感じたから

今年はどうしたってすばるさんの事があるので、そこに絡めて考えてしまうけども
「それでもそんなすばるくんを僕は嫌いになれなかった」
あの言葉にどれだけ助けられたのか
きっと嫌いになっていれば楽だったのかもしれない
自分勝手だと怒って泣いて喚いて、関ジャニ∞を「捨てた」すばるさんの事を罵れたのかもしれない。
だけど少なくとも私は、貴方のこの言葉ですばるさんは関ジャニ∞を捨てたんじゃないと思ったし、「捨てられた関ジャニ∞」になる気なんてさらさらないんだ、って事もわかった。
凄い不貞腐れた態度で、自分でも言ってたけどあの場で感情を爆発させていた貴方は「子供みたい」で
だけど、自分たちと歩んでくれない、歩めない、そんな未来を貴方はきっと悔しい、と思ったんだよね
音楽に負けてしまった、それが悔しい、って
でもね、きっとわかっていたはず
その悔しいって気持ちは「大好きだよ」ってのがあるからだって事が
だから「嫌いになれなかった」んだよ、って事が
…この頃貴方は「曲げられない自分」を積極的に表に出すようになったけど、その曲げられない自分を「曲げない」わけじゃないんだよね
大好きなんだよ、って伝えたそれが、私にはそう見えてますよ、勝手な妄想だけど(笑)
そういう所、横山さんとも似てるなぁって思う、すばるさんのいう「長男気質」ってそういう所なのかなぁって思ったりもする
曲げられない思いがある限り、厳しい想いを口にする機会も増えている
だけそれははっきり思いを伝えても、最後の最後には他者の想いを大切にできるから
自分の大切な人になればなるほど、貴方は最後には「頑張ってね」と応援できる人だから
すばるさんの事での一連の発言には、そんな気持ちを勝手に私は感じ取っていました
あっているのかわからないけど、改めてそんな貴方が好きだなぁって思いましたよ
普段そんなにデレないけど(笑)私は貴方を好きになってよかったなぁ、って思ったんです

33歳の貴方の1年はきっと、これまでに見た事のない景色の連続で、自分の見ていた景色がない事の喪失感も新たな景色を見る事での感動もあるのだろうと思っています。
でもきっと、それに「悔しい」と思いながらも、きちんと向き合って「楽しむ」んだろうなぁって思っています
そんな貴方と「過去を忘れることなく」「新たな道を見てみたい」
私はそう思っています
だから、身体には気を付けてね(笑)またお腹壊さないでね(笑)
昨年の舞台以降、演技もまたちょっと良くなったと感じたし(笑)ドラムは言わずもがな、重さが欠点にもなっていた所がどんどん変わってきてるし、「成長」が見えるだけに
時には洗濯物に囲まれたソファーでダラダラして(笑)出前頼んで、みんなに甘やかされる末っ子でいてください(笑)
8割方クマでも愛してるよ(笑)

ありがとう。
これからも、よろしく。

BDメッセージ@ヨコ

2018年05月09日 00:00

前略 横山 裕さま

37歳のお誕生日、おめでとうございます。
結構しっかり、アラフォーですね(笑)
あなたはあなたの思い描いた「オッサン」になれていますか?

36歳の1年は、これまでよりも「着実に」「一歩ずつ」という言葉が、貴方の生き方のキーワードになっていたんじゃないかと思う様子がたびたび見られたように思います。
特にコツコツと練習しなきゃいけないトランペットを「うまくなりたい」と強く思っていたから、ということもあるのかもしれないなぁと思ったりもしますし
人生に過度な「期待」をしなかった貴方が、少し未來への「期待」を持つようになって、余計にその未来を自分が手にしたいと思ったからなのかとも思いますし
とにもかくにも、自分が欲しいものを手にいれるための道を、諦めずに嘆くことなく、確実に手にいれようとしていたんじゃないかと思います

かと思えば、人知れず(笑)新しい事をやったり。
ananの特集は亮ちゃんも恥ずかしがるほどに、大倉くんも喜ぶほどに(笑)とても大胆なものだったと思いますし、魅力的な「プロデューサー」を2通りも演じていたり。
36歳になってすぐのお仕事「上を下へのジレッタ」では、ボイトレのかいあってか高音ものびやかに出るようになり、これまでよりも「支え」のある声になり、ジレッタの大千秋楽を見た私は、貴方の努力の集大成を底に見た気がしていたのに、その後のライブでまた「成長」を見た気がして。
だからこそ見ぬ映画作品『累』ではどんな「顔」を見せてくれるのか楽しみだったり

そう、貴方は確実に一歩ずつ進んで自分の夢を叶えていて。
そんな貴方が「親友とかなえられない夢」を見てしまった36歳という年は、どんな思いですか?
以前私は「関係論」と称して書いた、貴方のすばるさんの関係を「昔は手の届かない思いで見ていたのに、いつの間にか一緒に空を飛んでいた」と称した事があったのですが
また違った、高い高い空に飛びたとうとしているすばるさんを、親友の姿を見て、どう思っていますか?
これは私の勝手な妄想なのだけど
あの時、貴方もすばるさんもジュニアだったあの時、自分はダメでもすばるさんだけでもときっと思っていたあの時の貴方と重なる気がしてならないのです
貴方はすばるさんの「才能」を、いや、すばるさんだけでなく他のメンバーの才能を愛して尊敬しているんですよね
自分の事はいつも二の次で、メンバーや弟の事ばかり考えていた貴方、ようやく自分の事をきちんと考えられるようになったと私は喜んでいたのだけど、やっぱり貴方は自分なんかより他人の事が大事で
きっと、すばるさんの手を放すのはとてもとても苦しい事。
あの日の、会見での貴方の様子を見ているだけでそれは伝わってくる
でも、貴方はいつもいつも、手放してしまう。
親友をすばるさんを大事な人を、自分の手の中において大事に大事に宝物のように仕舞っておくことではなくて、自分の大切なものも人のために与えてしまう事を選んでしまう
その生き方はとても不器用で、でも、貴方がその生き方を選ぶ事を「あなたらしい」と思う事もあって
手放してしまったそれは他人のせいなんかにせず、そしてまた努力して
でもきっと、すばるさんの事は手放すつもりなんてないんですよね、「ずっと親友」という言葉にそれを感じて。
今度ばかりは貴方の言葉に「すべてを手放す」を感じられずに
手放す事で人の幸せをかなえようとすることを、このことを通して「あきらめて」くれたのだと私は思っています。

だから37歳の1年はもっと貪欲になって下さい。
もう何も手放さないつもりで、誰かの幸せのために自分の幸せを切り取るような人生を送らないでください
ちょっとくらいわがままでちょっとくらい我慢しなくたっていいじゃない
貴方が貴方自身の事を1番に思って考えられますように
誰のためでもなく自分のために生きていると貴方は笑って返すとはわかっていても、そう願って仕方がないのです
これは私のわがままです。
だけどどうか、貴方が貴方の幸せを最大限に優先できる1年でありますように、と願っています。

ありがとう。
これからも、よろしく

この3か月くらいのお話

2018年03月03日 19:30

えっと、関ジャニ∞には全くといっていいほど関係ないです(爆)
ホントはFBにでもあげようかなぁと思ったのだけど
私の日常のお話です
久々の更新なのに(爆)とりあえずの記録と思いまして
興味のある人だけ覗いて頂ければ







[ 続きを読む ]


ENTRY